【厳選】スマホ決済×クレカで最強に得する組み合わせ5つ【最大50%還元!?】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

これは結論ですが、スマホ決済を使っていくならそれぞれに合ったクレジットカードが必須です。

なぜなら、以下のようなメリットを得られるから。

  • ポイントを多重取りできる(スマホ決済の還元+クレジットカードの還元)
  • お得なキャンペーンに参加できる

 

編集長
各スマホ決済に適切なクレカを組み合わせていけば、今よりも何千円も得する可能性があります!ハッキリ言って、スマホ決済を単体で使っていくのは大きな損ですよ…。

本記事では、あなたに最適な「スマホ決済×クレジットカード」のベストな組み合わせを紹介するので、しっかりチェックしておいてくださいね!

スマホ決済×クレジットカードのお得な組み合わせ5つ

各スマホ決済ではそれぞれ「最強の組み合わせ」が存在していますが、今回は厳選した5つのパターンを紹介します。

その組み合わせがこちら。

スマホ決済 おすすめのクレジットカード メリット
dカード
  • 合計還元率:1.5%〜2%
  • 今なら最大還元率50%超え
  • d払いのキャンペーンに参加できる
楽天カード
  • 合計還元率:1.5%
  • 今ならもれなく5,000Pもらえる
三井住友カード
  • 還元率:1%
  • 今なら最大11,000円相当がもらえる
 

ヤフーカード

  • 還元率:0.5%〜1.5%
    ※ヤフーカード以外のクレカは還元なし
  • 唯一クレカチャージが可能
  • 今なら最大7,000円相当がもらえる
au PAYカード
  • 合計還元率:1.5%
  • 最大10,000ポイントもらえる

1:d払い×dカード

今回紹介する組み合わせで最もお得だと言えるのが、「d払い×dカード」。

d払いの通常還元率は実店舗で0.5%、ネットで1%ですが、dカードと組み合わせればポイントの二重取りが完成し、常時1%〜1.5%の還元率を得られます!

なお、d払いは他のクレカも登録できますが、随時開催されるキャンペーンでは「dカード以外のクレジットカードが対象外」とされるケースが多いのが難点。

 

編集長
キャンペーンをフル活用してより多くのポイント還元を受けていきたいなら、選択肢はdカード一択でしょう。

今なら最大11,000ポイントが還元される!

しかも、現在dカードでは2つのキャンペーンが開催されており、それらを活用すれば合計11,000円相当のdポイント還元を得られます!

まず1つ目が、dカードへ新規入会&利用した方が対象の「25%還元キャンペーン」。

 

編集長
本キャンペーンにより、25%還元×2ヶ月=合計5,000円相当のdポイントが”無料”でもらえちゃうんです!

そして2つ目が、dカードまたはd払いを使えば5,000円を上限とする25%還元を受けられる「マイナポイント」のキャンペーン。

d払いでマイナポイントに申し込んだ場合は、限定特典として+1,000円が付与されるので…

 

編集長
25%還元キャンペーンとマイナポイントを組み合わせれば、合計最大11,000円相当のdポイントが付与されます!しかも、その還元率は50%超え。

正直、ここまでの還元率を実現できる組み合わせは「d払い×dカード」のみ。各キャンペーンが開催している今のうちに、是非申し込んでおいてください!

 

dカードの概要

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(合計最大8,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
  • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

2:楽天ペイ×楽天カード

2つ目におすすめするのが「楽天ペイ× 楽天カード」の組み合わせなのですが、まずは楽天ペイで2020年7月からスタートした新還元制度の内訳をご覧ください。

 

編集長
つまり…楽天ペイで最大還元率の1.5%を得るためには、 楽天カードが必要不可欠なんですね。※内訳:楽天ペイ0.5%+楽天カード1%

今なら5,000ポイントがもれなくもらえる!

さらに、今なら 楽天カード新規入会&利用で5,000ポイントが”もれなく”付与されます!

 

編集長
新規入会するだけで2,000ポイント、そしてカードを使うだけで3,000ポイントなので、ややこしい条件をクリアする必要はありません。

筆者も 楽天カードはずっと愛用していますが、楽天ペイ以外にも楽天ポイントがザクザク貯まる仕組みが満載であり、楽天経済圏の方なら絶対に所持しておくべきカードだと思います。

年会費も”永年無料”なので、今回を機に 楽天カードを手に入れましょう!

 

楽天カードの概要

還元率
  • 1.00〜3.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
  • 旅行傷害保険:最高2,000万円

3:Apple Pay×三井住友カード

あなたがApple PayやGoogle Payを使っているのであれば、三井住友カードがおすすめです!

今なら三井住友カードで総額最大11,000円を受け取れる!

現在三井住友カードでは、総額11,000円相当が還元されるキャンペーンを実施中です!

キャンペーンの詳細は以下の通りです。

  • 新規入会で1,000円分のギフトコードがもらえる
  • 入会月+2ヵ月後末までの利用金額に対し10,000円を上限とする20%を還元

つまり、新規入会で1,000円が”無料”でもらえるうえ、期間中に5万円利用すれば20%の1万円が返ってくるということ。

 

編集長
もちろん同キャンペーンはApple Pay・Google Payからの支払いや、電子マネー・QRコード決済のチャージも対象です!※お問い合わせデスクで確認済み&筆者も実際に実践しています。

最短5分で即時発行できるのでカードの到着を待たずすぐ使える!

しかも、三井住友カードは最短5分で即時発行できるので、カードの到着を待つことなく、すぐにApple PayやGoogle Payに登録して使えます。

そのプロセスはめちゃくちゃ簡単。カードを申込後、5〜10分の審査を経て電話認証してカード番号を確認するだけ。

これでもう、「カードの到着はまだか」と首を長くして待つ必要はありません。

つまり、あなたは申込後すぐに1,000円分のギフトコード+最大10,000円までの20%還元を受けられるということ。

どうせなら、Apple Payで高還元を狙いながら買い物していきたい…。

という方は、ぜひ安心と信頼の三井住友カードに登録してみてください!

 

三井住友カードの概要

還元率
  • 通常0.5〜2.5%
年会費
  • 初年度無料(※2年目以降も1回の利用+「マイ・ペイすリボ」への登録で無料)
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ショッピング補償:年間100万円まで

4:PayPay×ヤフーカード

現在爆発的な普及をみせているスマホ決済サービスのPayPayですが、PayPayの登録に最もおすすめなクレジットカードはヤフーカードでしょう。

PayPayでヤフーカードを使えばポイント還元が最大1.5%!

PayPayの支払いにヤフーカードを使うと、最大で1.5%のペイペイ残高が還元されます。

※Yahoo!JAPANの対象サービスで支払った場合は基本還元分が1%で合計最大2.0%となる。

 

編集長
しかも、クレジットカードを使ったPayPayでの支払いで最大1.5%の還元が得られるのはヤフーカードだけ。

つまり、ヤフーカード以外のクレジットカードを使っても還元率は0%です

今なら最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!

現在ヤフーカードでは、最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンが開催されています。

その詳細を簡単に説明すると、ヤフーカードに新規入会で2,000円、さらに3回利用して5,000円相当のボーナスが付与されるというもの。

ご覧の通り、特に複雑な付与条件などはなく、PayPayボーナスはそのままPayPayで使えます。

編集長
PayPayを長期利用していく予定の方は申し込んでおいて損はないんじゃないかと思いますね!

ヤフーカードは唯一PayPay残高にチャージできるクレカ

しかも、ヤフーカードは、唯一PayPay残高へチャージできるクレジットカード。

PayPay残高へチャージして最大1.5%のポイント還元を受けられるうえ、お得なキャンペーンにも参加できるようになります。

なお、PayPayのお得なキャンペーンでは「PayPay残高以外の支払い方法は対象外」とされることが多いので、PayPayをお得に使い倒すならいつでも残高にチャージできるヤフーカードがベストでしょう。※他のクレジットカードはPayPay残高にチャージできません。

Tカードと連携すればTポイントも一緒に貯めれる!

ヤフーカードはTカードと一体型で発行できるので、ヤフーカードをそのままPayPayと連携して使えます!

筆者も実際にヤフーカードを申し込みましたが、カード券面に「Tカード番号」が記載されており、この番号を使えばTポイントを貯めれます!

まさに、PayPayをお得に使う為の条件を全て満たしていると言わざるを得ません。

PayPayで日々の生活をやりくりしていくなら、ヤフーカードはまさに必須の一枚でしょう。

 

Yahoo! JAPANカードの概要

還元率
  • 1.00〜3.00%
年会費
  • 永年無料
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
  • 動産・総合保険
  • 盗難保険
  • ショッピング補償またはプラチナ補償月額費490円(税抜)
こんな人におすすめ!
  • PayPayで残高の還元やキャンペーンを受けていきたい人
  • 普段からTポイントを貯めている人
  • Yahoo!ショッピングで頻繁に買い物する人

5:au PAY×au PAYカード

最後に紹介するのが、「au PAY×au PAYカードの組み合わせ。

 

編集長
通常還元率が0.5%のau PAYでau PAYカード を使えば還元率が1.5%に底上げされる上、au PAYと同じ「Pontaポイント」で還元されます!

上記の通り、au PAYからのチャージで1%、au PAYの利用で0.5%、合計1.5%がゲットできるので、普段からPontaポイントを貯めているなら必要不可欠な組み合わせでしょう。

今なら新規入会後〜翌々月までの支払いでPontaポイントが倍増!

しかも、現在au PAYカードでは、新規入会&利用でPontaポイントが2倍となるキャンペーンも開催されています!

 

編集長
ポイント2倍の対象となる支払いは「カード入会の翌々月まで」なので、その間の実質還元率は2%ということに!※最大10,000ポイントまで

もしもすでにau PAYを利用していて、カードの連携が済んでいないなら、au PAYカードを入手して組み合わせていきましょう!

 

まとめ:スマホ決済はクレジットカードを使ってお得に決済しよう!

スマホ決済 おすすめのクレジットカード メリット
dカード
  • 合計還元率:1.5%〜2%
  • 今なら最大還元率50%超え
  • d払いのキャンペーンに参加できる
楽天カード
  • 合計還元率:1.5%
  • 今ならもれなく5,000Pもらえる
三井住友カード
  • 還元率:1%
  • 今なら最大11,000円相当がもらえる
 

ヤフーカード

  • 還元率:0.5%〜1.5%
    ※ヤフーカード以外のクレカは還元なし
  • 唯一クレカチャージが可能
  • 今なら最大7,000円相当がもらえる
au PAYカード
  • 合計還元率:1.5%
  • 最大10,000ポイントもらえる

以上が各スマホ決済アプリにおすすめのクレジットカードについてでしたが、今後自身が使っていきたいと考えるスマホ決済アプリには、それぞれお得なクレジットカードを利用していきましょう!

 

編集長
あなたがお得にポイントを貯めたりキャンペーンを活用したりしていきたいのなら、「お得な合わせ技」を知っておかないと絶対に損ですよ。

この記事を何度も見返しながら、あなたに最適なクレジットカードを選んでみてください!

▶︎高還元キャンペーン中のクレカを知りたい方はこちら!

執筆者プロフィール

ペイ編集長

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

クレジットカード診断 クレジットカード診断 dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

クレジットカード診断 dカード+マイナポイントで最大50%還元