スマホでPASMOが使える「モバイルPASMO」がスタート!【オートチャージや定期券購入にも対応】

キャッシュレス決済のニュース 公開日:

待望の「モバイルPASMO」が遂に始動!

交通系電子マネーのPASMOだが、3月18日(水)から、Android端末でPASMOが使用できる「モバイルPASMO」をスタートした。

同サービスは、対応端末にアプリをダウンロードしPASMOの発行や利用設定を行うだけで、従来のカード式PASMOと同様に電車やバスの利用、PASMO対象店舗での決済ができる。

その対象店舗だが、PASMOマークのある店舗をはじめ、Suica、Kitaca、manaca、TOICA、ICOCA、nimoca、はやかけん、SUGOCAなどのマークがつく店舗も対象だ。

モバイルPASMOのチャージ方法は「クレジットカード」と「現金」の2種類で、一部の対応クレカを使えばオートチャージにも設定できる。

それ以外にも、残高や履歴の確認、定期券の購入などもスマホから簡単に操作できてしまうのだ。

なお、PASMOカードをモバイルPASMOに移行することはできないので、利用開始時はカードの有無に関わらずPASMOを新規で発行することになる。

また、現時点での対応機種はAndroid6.0以降のおサイフケータイに対応した端末に限り、iOS端末には対応していないので注意が必要だ。

▶︎Apple PayにPASMOは対応している?

無料会員登録でモバイルPASMOはもっと便利に!

同サービスの会員登録は任意となっているが、クレジットカードチャージやオートチャージ、定期券の購入など、一部のサービスを利用するには会員登録が必要だ。

会員登録をすることで、上述したサービスに加え、定期券の区間や種類の変更や払い戻し、端末の紛失や故障時の再発行手続きなども利用可能になる。

会員登録は無料であり、モバイルPASMOアプリ上で簡単に操作できるので、定期の購入や払い戻しなどをスマホアプリから行いたいという方は、この機会に会員登録をしておくと良いだろう。

毎日の通勤や通学に使うPASMOを、カードではなくスマホから使いたいという方は、この機会にモバイルPASMOを導入してみてはいかがだろうか。

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン yモバイル