メルペイをApplePayに設定する方法【クレカを登録するのが最もお得!】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、メルペイをApple Payに設定して支払う方法や、お得なポイント還元率について紹介していきます。

「Apple Payにメルペイを使っていきたいと考えていた…。」

といった方は、是非参考にしてみてください!


【※朗報!※】今なら招待コードを入力して本人確認を登録するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」が開催中!

こちらから「KMCTYX」が入力された状態で登録して本人確認を行えば、すぐに1,000円分のポイントを使ってメルペイで決済できます!※本キャンペーンは予告なく終了される場合があるのでお急ぎください!

 

目次

【期間限定】今ならメルペイで1,000円分がタダで使える「すすメルペイ」開催中!

11月6日以降、メルペイに登録している人から招待コードを受け取った人が初めて「本人確認」を行うことで、招待した人と招待された人のそれぞれに1,000円相当のポイントが付与される「すすメルペイ」がスタートしました!

その方法は簡単!こちらからメルペイの画面へアクセスして「アプリで登録する」からメルペイを開きます。

そしてすすメルペイのキャンペーン画面にて、招待コードである

KMCTYX

が入力されていることを確認し、「銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」のいずれかで本人確認を進めてください!

※今後継続的にメルペイを使っていくなら「銀行口座の登録」がおすすめです!

▶︎メルペイに対応している銀行口座や登録方法はこちら!

そして本人確認完了後は1,000円相当のポイントが付与されます。

この機会に是非招待コード「KMCTYX」を入力し、1,000円分を使って買い物してみてください!

メルペイはApple Pay(iD)に登録して決済していくことが可能!

メルペイの「iD決済」を設定すればApple Payから利用できる

フリマアプリ「メルカリ」から利用できるスマホ決済サービスのメルペイですが、メルペイはApplePayと連携すればiDの対応店舗で決済できます。

iDと言えば、NTTドコモが運営する電子決済プラットフォームですが、メルペイで「iD決済」を設定すれば便利にApple Payから支払えます。

メルカリで得た売上を使ってApple Payから支払うことも可能

メルペイなら、「メルカリ」で得た売上金を使ってApple Payで決済することも可能です。

メルカリの売上金をお店で使う場合、従来なら登録した振込先口座に出金して現金化する必要がありましたが、メルペイの誕生により、売上金を「iD決済」や「コード決済」からそのまま店舗で使えるようになりました。

「そういえば、随分前にメルカリでいくらかモノを売ったから、売上金が少し残ってたな…。」

といった方は、今すぐメルペイを使えるようにして支払ってみてください!

メルペイをApple Pay(iD)から支払えばポイント還元が得られる?

現状メルペイでポイント還元率は定められていない

「メルペイをApple Payで使うと何かポイント還元は得られるの…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、結論メルペイではポイント還元率が定められていません。

例えば、PayPayなら支払い方法を「PayPay残高」または「Yahoo! JAPANカード」に設定することで常時1.5%、楽天ペイなら常時1%の還元率がそれぞれ定められていますが、現状メルペイではそういったポイント還元がありません。

メルペイでは随時お得なクーポンが配信されている

しかし、メルペイではポイント還元の代わりに、随時お得なクーポンが配信されています。

クーポンの配信内容は期間によって随時変更されますが、執筆時点である11月24日現在は、マクドナルドで使えるお得なクーポンが配信されています。

こういったクーポンは抽選によって当選すれば使えるのですが、筆者が実際に抽選に参加してみたところ、しっかりと当たりを引くことができました。

なので、あなたも最新のクーポン状況をチェックして、お得にクーポンを使ってみてください!

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%が還元される!

現在日本ではキャッシュレス・消費者還元事業が実施されており、同還元事業の対象店舗でメルペイを含むキャッシュレス決済を使えば、支払額の2〜5%が還元されます!

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2020年6月までの間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

対象加盟店舗で決済すれば中小店舗で5%、フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドなどで2%が還元される。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

なお、キャッシュレス・消費者還元事業は他のスマホ決済サービスを利用しても適用されますが、各サービス毎のポイント還元率を比較すると以下の通りとなります。

(還元率は2020年1月時点)

通常の還元率 「キャッシュレス・消費者還元事業」と合算した時の還元率
1.5%
※支払い方法を「PayPay残高・Yahoo!JAPANカード」に設定すれば1.5%が付与される
最大10%
0.5〜2%
※マイカラープログラムによって還元率が異なる
最大7%
還元率なし
※ただし随時お得なキャンペーンやクーポンがある
最大5%
5%(〜3/2) 5%
0.5%
※auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
最大6.5%
ネットでの決済:1%
実店舗での決済:0.5%
最大6%

メルペイ以外にもお得なスマホ決済サービスが多数存在しているので、是非試してみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

メルペイ以外でApple Payにおすすめのクレジットカードは?

メルペイはApple Payに対応しているものの、その支払いで一定率のポイント還元を得ることはできません。

そこで、少しでもお得にポイント還元を得ながらApple Payを使っていきたいのであれば、ポイント還元のあるクレジットカードを使っていくのがおすすめです。

以下では、Apple Payにおすすめのクレジットカードを紹介していくので、是非登録して使ってみてください!

JCB CARD W

「とにかく高還元を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたにおすすめなのが「JCB CARD W」です。

JCB CARD Wでは新規入会者を対象に期間限定のキャンペーンが開催されており、2020年3月31日までに“カードを申し込むだけ”で、入会後ポイントが最大で24倍(12%)となります。

JCB CARD Wの通常還元率は1%ですが、今なら期間限定キャンペーンで常時2%、さらにAmazonやセブンイレブン、ビックカメラ、スターバックスといった特約店で支払えば+10倍のポイントが上乗せされます!

2020年の買い物は、JCB CARD Wで是非オトクに支払ってみてください!

 

JCB CARD W

還元率
  • 1〜12%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • JCBオリジナルシリーズパートナー利用で、ポイント10倍キャンペーン!
  • 新規入会限定!スマリボ登録&利用でポイント10倍キャンペーン!
国際ブランド
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典や特徴
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円
jcbバナー

dカード

また、ドコモグループが発行する dカードもApple Payでの利用におすすめのクレジットカードです。

結論、 dカードドコモユーザーなら必ず一枚は持っておいた方が良いでしょう。

2020年3月31日までの期間中、 dカードに「dカードお支払割」が適用されていれば、お支払い時のポイント還元率が合計5%となるキャンペーンが開催されています。

dカードお支払割5%還元キャンペーン

【dカードお支払割とは?】
定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約し、利用料金の支払い方法をdカード/dカードGOLDに設定すると、2年間定期契約と同じ月額料金となる割引制度のこと。

さらに、ドコモユーザーの方なら毎月のドコモ利用料金の1%をプラスで貯められる上、最大1万円までのスマホの補償も受けれます。

また、 dカードをApple Payに初回設定することで、今なら買い物で使える1,000ポイントがもれなく全員に付与されます。

さあ、dカードでApple Payを はじめよう! 初回設定でもれなく1,000ポイントプレゼント!

「あ、俺ドコモユーザーだ…。」と思った方は、今すぐ dカードの登録を急ぎましょう!

 

dカード

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(最大6,000円分プレゼント)
  • dカードお支払割5%還元キャンペーン
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど
dカード

メルペイをApple Payに設定して支払う方法

では、メルペイをApple Payに設定して支払っていくまでの方法を紹介していきます。

まずはメルペイに銀行口座を登録してチャージする

メルカリのアプリを開き、「メルペイ」を選択して「お支払い銀行口座を登録する」をタップし、「銀行口座を登録する」を選択してください。

登録したい銀行を選択後は必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。

銀行口座を登録後、メルペイの画面から「チャージ(入金)」を選択し、次の画面でチャージする金額を選択してください。(※チャージ金額は1,000円〜200,000円までで可能。)

金額を入力後は「チャージする」をタップして完了です。

▶︎メルペイに対応している銀行口座の詳細はこちら!

メルペイでiD決済を設定する

「メルペイ」の画面から「iD」のロゴをタップします。

その後は「次へ」をタップして「設定をはじめる」を選択し、SMSに送付された4桁の認証番号を空欄に入力します。

「電子マネーの情報を追加する」をタップし、利用規約に同意しましょう。

するとApple Payにメルペイが追加されます。

メルペイの「iD決済」を使ってApple Payから支払う

メルペイにiD決済を設定後、お店の店員さんに「iD(あいでぃー)で」と伝え、自身のiPhoneからApple Payに追加したメルペイを提示しましょう。

上記の画面を支払い端末にタッチすれば支払い完了です。

まとめ:メルペイをApple Payに設定して便利に支払いしていこう!

  • メルペイはApple Payに登録して支払いできる
  • メルカリで得た売上金をApple Payで支払うことも可能
  • Apple Payでお得にポイント還元を受けたいならクレジットカードを登録して使うのがおすすめ

以上、メルペイは「iD決済」を通してApple Payから支払いできる上、メルカリで得た売上金もApple Payから便利に利用可能です。

ですが、現状メルペイには一定のポイント還元率が定められていないので、少しでもお得にポイント還元を受け取りたい方は、上述したJCB CARD W dカードといったクレジットカードを利用していくのもおすすめです。

また、今なら招待コードを入力して本人確認するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」も開催中です。

銀行口座を登録すればメルカリの売上金をポイントへ交換する手間が省けますが、銀行口座へ登録するならお得にポイントをゲットできる「今」が絶好のタイミングでしょう。

無料で1,000ポイントをゲットして買い物したい方は、招待コード「KMCTYX」をアプリから入力して使ってみてください!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在はFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー