メルペイをApplePayに設定する方法【クレカを登録するのが最もお得!】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、メルペイをApple Payに設定して支払う方法や、お得なポイント還元率について紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください!

目次


    【招待コードでメルペイ500円分獲得!】

    メルカリをダウンロードして、
    招待コード」を入力すれば...

    メルペイに500ポイントゲット!

    ▼紹介コードはこちら
    KMCTYX

    こちらからメルカリをダウンロード!

    メルペイは「iD決済」を設定すればApple Payから利用できる

    フリマアプリ「メルカリ」から利用できるスマホ決済サービスのメルペイですが、メルペイはApplePayと連携すればiDの対応店舗で決済できます。

    iDと言えば、NTTドコモが運営する電子決済プラットフォームですが、メルペイで「iD決済」を設定すれば便利にApple Payから支払えます。

    メルカリで得た売上金もApple Payから支払える

    メルペイなら、「メルカリ」で得た売上金を使ってApple Payで決済することも可能です。

    メルカリの売上金をお店で使う場合、従来なら登録した振込先口座に出金して現金化する必要がありましたが、メルペイの誕生により、売上金を「iD決済」や「コード決済」からそのまま店舗で使えるようになりました。

     

    編集長
    「メルカリでモノを売って売上金が残っていた」という方は、今すぐメルペイを使えるようにして支払ってみてください!
     

    メルペイをお得&便利に使うなら「PayPay銀行」に登録しよう!

    これは結論ですが、あなたがメルペイをよりお得で便利に使っていきたいのであれば、PayPay銀行でチャージするのがおすすめです!

    PayPay銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料

    PayPay銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されていますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、いつでも何回でも手数料無料となります。

    ご覧のように、主要なコンビニに設置されているコンビニATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料。

    今まで「コンビニのATMだと手数料がかかっちゃう…。」といって、わざわざ地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、PayPay銀行ならある程度まとまった入出金をすれば、コンビニのATMで24時間手数料無料で便利に使っていけます!

    メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる

    なお、PayPay銀行はメルペイ以外にもLINE PayやPayPayのチャージにも使えるので、複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できます。

    最近では、各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける機会も多いと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージをしてるとお金の管理がしにくくなりますよね。

    なので、「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方は、主要なスマホ決済に対応しているPayPay銀行を選ぶと良いでしょう。

    Visaデビットを利用すれば毎月500円が当たる!

    それだけではありません!

    今ならPayPay銀行のVisaデビット機能を1ヶ月に2万円以上使えば、抽選で500円が当たります!

    以上のように、PayPay銀行はメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、ぜひこの機会に口座開設してみてください!

    もちろん発行手数料は無料で、最短5日でカードが届きます!

    PayPay銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • 毎月1回目は0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
       
    • Visaデビットの利用で毎月抽選で500円が当たる
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    メルペイをApple Payに設定して支払う方法

    では、メルペイをApple Payに設定して支払っていくまでの方法を紹介していきます。

    まずはメルペイに銀行口座を登録してチャージする

    メルカリのアプリを開き、「メルペイ」を選択して「お支払い銀行口座を登録する」をタップし、「銀行口座を登録する」を選択してください。

    登録したい銀行を選択後は必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。

    銀行口座を登録後、メルペイの画面から「チャージ(入金)」を選択し、次の画面でチャージする金額を選択してください。(※チャージ金額は1,000円〜200,000円までで可能。)

    金額を入力後は「チャージする」をタップして完了です。

    ▶︎メルペイに対応している銀行口座の詳細はこちら!

    メルペイでiD決済を設定する

    「メルペイ」の画面から「iD」のロゴをタップします。

    その後は「次へ」をタップして「設定をはじめる」を選択し、SMSに送付された4桁の認証番号を空欄に入力します。

    「電子マネーの情報を追加する」をタップし、利用規約に同意しましょう。

    するとApple Payにメルペイが追加されます。

    メルペイの「iD決済」を使ってApple Payから支払う

    メルペイにiD決済を設定後、お店の店員さんに「iD(あいでぃー)で」と伝え、自身のiPhoneからApple Payに追加したメルペイを提示しましょう。

    上記の画面を支払い端末にタッチすれば支払い完了です。

    まとめ:メルペイをApple Payに設定して便利に支払いしていこう!

    • メルペイはApple Payに登録して支払いできる
    • メルカリで得た売上金をApple Payで支払うことも可能
    • Apple Payでお得にポイント還元を受けたいならクレジットカードを登録して使うのがおすすめ

    以上、メルペイは「iD決済」を通してApple Payから支払いできる上、メルカリで得た売上金もApple Payから便利に利用可能です。

    なお、あなたが銀行口座を使ってメルペイ残高へチャージしてApple Payで支払いたいとお考えなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「PayPay銀行」がおすすめです。

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    PayPay銀行はメルペイ以外にもPayPayやLINE Payでのチャージで使えるので、口座開設しておいて損はありません。

    是非ネット銀行を活用してスマホ決済を有効活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元 クレジットカード診断 クレジットカード診断