【2019年】Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカードを紹介【ポイント還元率が高いものを選ぼう】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開:2019-07-06 最終更新:2019-09-10

本記事では、Apple Payに対応しているおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

「Apple Payを本格的に使っていきたいけど、どのクレジットカードを使うのが良いのか分からない…。」
「Apple Payに登録するクレジットカードを選ぶ基準を知っておきたい。」

本記事を最後まで読めば、上記のような疑問を全て解決できます。是非参考にしてください。



Apple Pay(アップルペイ)はクレジットカードを登録して使おう!

出典:Apple

iPhoneやAppleWatchからスマホ決済が可能なApple Pay(アップルペイ)ですが、Apple Payを利用するならまずはクレジットカードを登録しましょう。

Apple Payに自身の持つクレジットカードを登録することで、以下のマークが付いている主要なコンビニ、飲食店、ショッピングなどの支払いに利用できるようになります。

Apple Payはクレジットカード以外にもSuicaのような交通系電子マネーに対応していますが、ポイント還元率の設定されているクレジットカードを利用すれば、さらにお得な決済が可能です。

▶︎Apple Payのメリットや使い方について先に知っておきたい方はこちら!

Apple Pay(アップルペイ)に登録できるクレジットカードは?

ApplePayに対応するクレジットカードは種類が様々ですが、その一部を一覧に表すと、主に以下の通りです。※2019年7月時点

  • イオンカード
  • American Express
  • アプラス
  • セディナ
  • クレディセゾン
  • エポスカード
  • ゆうちょ銀行
  • JCB
  • KDDI(au WALLETカード)
  • ライフカード
  • 三菱UFJニコス
  • 三井住友カード
  • 楽天カード
  • りそなカード
  • リクルートカード
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン・カードサービス
  • ジャックス

上記の一覧以外にもまだまだ対応しているカードはありますが、基本的に以下の電子マネーに対応していればApple Payを使えます。

なお、自分の持っているクレジットカードがApple Payに対応しているかを確認したい場合、こちらから確認してみてください!

Apple Pay(アップルペイ)に利用するクレジットカードを選ぶ基準は?

「Apple Payに登録するクレジットカードって、どんなものがおすすめなの…?」

Apple Payに登録して利用するクレジットカードを選ぶ基準ですが、それは主に以下の3つです。

  • 1:ポイント還元率が高いかどうか
  • 2:クレジットカードで得たポイントを活用できるかどうか
  • 3:お得なキャンペーンなどが開催されているか

1:ポイント還元率が高いかどうか

Apple Payに登録するカードは、ポイント還元率が高いものを選びましょう。

このポイント還元率こそ、クレカ選びをする中で最も重要だと言って過言ではありません。

なぜなら、Apple Payでの支払いでも、各クレジットカードに定められているポイント還元を受け取りできるからです。

なので、Apple Payにクレジットカードを登録する際は、なるべく『ポイント還元率が高いもの』を選ぶようにしましょう。

※ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードについては後述します。

2:クレジットカードで得たポイントを活用できるかどうか

次に、クレジットカードから得たポイントを、自分の日常生活で利用できるかどうかを考える必要があります。

なぜなら、いくらポイントが高還元のクレジットカードがあっても、それをあなたが日常の買い物などで利用できなければ、ポイントを貯める意味が無いからです。

というのも、各クレジットカード会社によって定められているポイントはどれもバラバラ(楽天ポイント、WAONポイント、nanacoポイントなど、ポイントには様々な種類がある。)で使えるお店も異なっています。

なので、自分に合ったポイントが得られるカードを選んで行かなければなりません。

3:お得なキャンペーンなどが開催されているか

なお、各クレジットカード会社によって『お得なキャンペーン』が開催されているかも判断基準の一つとなり得ます。

例えば、新規登録した時にお得にポイントがキャッシュバックされたり、対象店舗での支払いでポイント還元率が倍増したりと、その特典は各社様々です。

そういったキャンペーンも、今後クレジットカードを利用するあなたにとって大きなメリットとなり得るので、しっかりとチェックしておいてください。

Apple Pay(アップルペイ)でおすすめのクレジットカード3選

では、以上を踏まえてApple Payに登録するべきおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

  • JCBカードW
  • オリコカード
  • 楽天カード

JCB CARD W

「とにかく高い還元率を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたに断トツでおすすめなのが「JCB カード W」です。

何を隠そう、JCB カード Wは現在期間限定の「豪華キャンペーン」を開催しており、なんと、Apple PayにJCBを利用するだけで、全員にもれなく20%がキャッシュバックされているんです!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年8月16日〜12月15日まで)

※通常時は1,000円につき1ポイント(実質還元率0.3〜0.5%)

キャンペーン
  • Apple Pay、またはGoogle Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大13,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント10倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCB カード Wでは、現在20%という度肝を抜くような大規模還元キャンペーンを開催していますが、そのキャンペーンへの参加方法は、

  1. Apple Payを使えるように設定する。
  2. キャンペーンへの参加登録をする。
  3. JCBカードをApple Payに設定して使う。

のたった3ステップで完了します。

本キャンペーンを利用すれば、JCB カード Wに設定したApple Payで支払いすれば、あなたが普段から買っている食べ物や飲み物も…、そして前々から欲しいと思っていた「あの商品」も….その全てが20%OFFとなるんです!!

さらに、それだけではありません。

今なら「新規入会限定ポイント10倍キャンペーン」が開催されており、期間中にJCB カード Wに入会すれば、なんと入会後3ヶ月間の利用はポイントが10倍となります。

JCBカードは通常1,000円につき2ポイント(実質還元率0.6〜1%)のポイント還元率となっていますが、スターバックスの他にもセブンイレブン、アマゾンなどで使えば、ポイント還元率が3倍になるといったメリットもあります。

なので、20%キャッシュバックのキャンペーンを過ぎても安定したポイント還元を維持できるでしょう。

「Apple Payでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」

「キャンペーン期間を過ぎても高いポイント還元率をキープしたい!」

そう考える方は、このJCB カード Wの一択で決まりでしょう!

オリコカード

そして、次におすすめなのが『オリコカード』です。

Apple Pay対応の国際ブランド MasterCard / JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%(入会後6ヶ月間は2%)
キャンペーン 新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典
  • 入会後6ヶ月間はオリコポイント2%還元
  • ETCカードも年会費永年無料で利用可能

オリコカードは通常のポイント還元率が1%と比較的高めに設定されていますが、なんと入会後6ヶ月間はそのポイント還元率が2倍の2%となります。

なお、オリコカードで貯めたポイントは以下のようなお店や商品、ポイントに交換可能なので、『せっかくポイントを貯めたのに使える場所がない』といった心配もほとんどありません。

このように、オリコカードは他のクレジットカードと比較しても特に『ポイント力』が強く、入会してから6ヶ月の間ならかなりお得にApple Payを活用できるでしょう。

さらに、オリコカードは以下の『オリコモール』に該当するネットショップで買い物をすれば、通常の1%還元に加えてさらに0.5%〜1.5%が加算されます。


なので、オリコカードはApple Payで使う以外にも使い道が盛りだくさんです。

また、オリコカードはETCカードも無料であり、もちろんポイント還元率も通常1%、そして入会後6ヶ月の間はしっかりと2%が還元されます。

「とにかく高還元のポイント還元があるクレジットカードをApple Payで使いたい!」

そう考える人は、オリコカードの一択で決まりでしょう。

楽天カード

そして、ポイント還元率も高く万能に使えるのが『楽天カード』です。

Apple Pay対応の国際ブランド MasterCard
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
キャンペーン 新規入会&利用でもれなく5,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 最高2,000万円

楽天カードを利用すると1%の「楽天スーパーポイント」が還元されますが、なんと楽天カードでは、楽天市場でのお買い物でポイント還元が『最大15倍』になる”とんでもない”プログラムまで用意されています。

さらに、楽天カードを『楽天ペイ』のチャージに利用すれば、合計で1.5%のポイント還元率を維持できるので、Apple Pay以外にもたくさんの利用価値があると言えるでしょう。

「普段から楽天グループのサービスを頻繁に活用している。」
「安定的に高いポイント還元率を維持したい。」

上記に当てはまる方は、是非楽天カードを利用してみてください!

Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードを登録する方法

ApplePayでクレジットカードを登録する方法ですが、まずは以下のWalletアプリをタップして開きましょう。

そして画面右上にある「+」をタップして「続ける」を選択してください。

そのあとは「クレジットカード/プリペイド」を選択し、次の画面にてカードをカメラから直接読み込むか、手入力でカードの情報を入れましょう。

読み取ったカードの情報を確認した後は、画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させてください。

すると、以下のようにApple Payにて自分の登録したクレジットカードが使えるようになります。

まとめ:Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを登録してお得に決済しよう

Apple Payに利用するクレジットカードを選ぶ基準

  • ポイント還元率が高いかどうか
  • クレジットカードで得たポイントを活用できるかどうか
  • お得なキャンペーンなどが開催されているか

Apple Payでおすすめのクレジットカード

以上がApple Payにおすすめのクレジットカードについてでしたが、Apple Payで利用するクレジットカードはなるべく還元率が高いものを利用した方がお得です。

例えば、上述したJCBカードWであれば、期間限定で20%のキャッシュバックがありますし、オリコカードであれば入会後6ヶ月間は2%のポイント還元率が得られるので、「とにかく高いポイント還元率をキープしておきたい」と考える人にはそれらのカードはかなりおすすめです。

自分に合ったクレジットカードを選んでみてください。



この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。 新卒でSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとして主にキャッシュレス決済や仮想通貨に関するライティングを手掛けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。