ApplePay(アップルペイ)のデビットカード対応予定はいつ?登録できない?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:


本記事では、ApplePayがデビットカードに対応しているのかについて解説していきます。

本記事を読めばApplePayのデビットカードに関する対応状況について把握する事ができます。ApplePayをデビットカードに登録して使いたい!と考えている人は是非参考にしてみてください。

※今なら“期間限定”JCB CARD Wのオトクな20%キャッシュバックキャンペーン開催中!!

jcbバナー



ApplePay(アップルペイ)でデビットカードは対応されている?

出典:Apple

iPhoneから便利にキャッシュレス決済ができるApplePayですが、「ApplePayはデビットカードにも対応しているの?」といった声が多くあります。

ApplePayは主要なクレジットカードやプリペイドカードなどには対応しているものの、デビットカードにも対応しているのでしょうか?

結論から言うと・・・

基本的にApple Payはデビットカードに対応されていませんが、みずほ銀行の発行するデビットカードである「Smart Debit」であれば利用可能です。

みずほ「Smart Debit」ならApple Payで利用可能!

「クイックペイで」と伝えてスマホをかざしている写真

出典:みずほ銀行

2019年8月29日、みずほ銀行の発行する「Smart Debit」がApple Payに対応し、事実上Apple Payでデビットカードが使えるようになりました。

Smart Debitは「みずほWallet for iOS」と呼ばれるiPhone専用のアプリを通してバーチャルカードを即時発行でき、みずほ銀行の口座を持っていれば、JCBもしくはQUIC Pay加盟店でApple Payを使って支払いできます。

なお、2019年12月15日までなら、Smart Debitの利用でもれなく20%がキャッシュバックされます。

みずほWallet かんたんエントリー Smart Debitのご利用でご利用金額の20%をもれなくキャッシュバック!! ご好評につき期間延長! iPhoneをご利用の方は、Mizuho Suicaの新規発行でさらに20%キャッシュバック!

なので、Apple Payでデビットカードを使いたいと考えていた方は、この機会にみずほ銀行の「Smart Debit」を使ってみてください!

▶︎みずほ「Smart Debit」に関する詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)では三井住友のデビットカードは対応されていない

ApplePayは三井住友のデビットカードにも対応していません。

バーチャルカード、銀聯カード、ローン専用カード、法人カード、一部の提携カード、三井住友カードが発行するプリペイドカード、およびSMBCデビットカードなどでは、Apple Payの設定・利用はできません。
※引用:三井住友カード

なので、デビットカード以外のクレジットカードを設定してみてください。

ApplePay(アップルペイ)ではJCBのデビットカードも対応されていない

ApplePayではJCBのデビットカードも利用する事ができません。

・Apple Payの設定について

現時点では、JCBデビットカード、JCBプリペイドカード、JCBプレモカード、法人クレジットカードおよび一部の個人クレジットカードは追加や利用ができません。
※引用:JCB

JCBグループが発行するクレジットカードであればApplePayに追加して利用する事が可能ですが、デビットカードは利用する事ができないので注意しておきましょう。

ApplePay(アップルペイ)ではVISAのデビットカードも対応されていない

ApplePayではVISAのデビットカードにも対応されていません。

こちらもJCBと同様で利用不可能となっているので、他のクレジットカードを利用するようにしましょう。

ApplePay(アップルペイ)ではりそなのデビットカードも対応されていない

ApplePayではりそなのデビットカードにも対応されていません。

りそなにはVISAが付帯した「りそなデビットカード」と呼ばれるものがありますが、それらは全てApplePayでは利用不可能となっています。

基本的にApplePayはクレジットカードで利用する仕様となっている

「なんだ、ほとんどのデビットカードはApple Payで使えないのか…。」

と残念に思った方も多いのではないでしょうか。

みずほの「Smart Debit」こそApple Payに対応されていますが、基本的にApple Payはクレジットカードを組み合わせて使える仕様になっています。

クレジットカードは比較的高めの還元率が設定されているので、デビットカードよりもお得です。

なお、「お金を使いすぎないか心配…。」という方でも、使える上限額を設定すれば使い過ぎを防げるので、是非クレジットカードを利用してみてください!

ApplePay(アップルペイ)におすすめのクレジットカードは?

ApplePayに対応するクレジットカードの種類は様々ですが、

「一体どのクレジットカードを選べば良いの…?」

と疑問に思うかもしれません。

ですが、Apple Payに登録するクレジットカードは『ポイント還元率』の高いものを選びましょう。

各クレジットカードごとに独自のポイント還元率が定められていますが、そのポイント還元はApple Payを利用しても適用されます。

201910月より消費税が10%へと増税されましたが、ポイント還元のあるクレジットカードを使えば増税対策も可能です。

Apple Payで利用すれば20%還元される「JCB CARD W」

「とにかく高い還元率を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたに断トツでおすすめなのが「JCB CARD W」です。

何を隠そう、JCB CARD Wは現在期間限定の「豪華キャンペーン」を開催しており、Apple PayにJCBを利用するだけで、全員にもれなく20%がキャッシュバックされます!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年2月15日まで)
キャンペーン
  • Apple Pay、またはGoogle Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCB CARD Wでは、現在20%という度肝を抜くような大規模還元キャンペーンを開催していますが、本キャンペーンを活用して、JCB CARD Wに設定したApple Payで支払いすれば、あなたが普段から買っている食べ物や飲み物、そして前々から欲しいと思っていた「あの商品」も、その全てが20%OFFとなります。

さらに、それだけではありません。

今ならポイントが最大30倍となる期間限定キャンペーンも開催されている為、実質のポイント還元率をもっと底上げすることも可能です。

JCB CARD Wで20%以上の還元を受けながら買い物をしていれば、2019年10月より10%へと引き上げられた増税の対策にも繋がるでしょう。

「Apple Payでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」

「消費税の増税に備えて、これから高い還元率をキープしておきたい!」

そう考える方は、JCB CARD W一択で決まりでしょう!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

jcbバナー

ApplePay(アップルペイ)がデビットカードに対応していないのはなぜ?

なぜApplePayにデビットカードが対応されていないのかについてですが、デビットカードはクレジットカードとは異なり、支払時に銀行口座との紐付けが必要であるという事が大きな理由として考えられます。

そもそもデビットカードとクレジットカードとではその支払い方法が異なっており、支払い時にカード会社が立て替えてくれて「後払い」が出来るクレジットカードに対し、デビットカードは支払いの際に即時で銀行口座から引き落としされます。

デビットカード クレジットカード
支払い方法 銀行引き落としによる即時払い 後払い
発行元 銀行などの金融機関 クレジットカード会社や銀行などの金融機関
カード発行時の審査 なし あり

ApplePayでは現在ユーザーの銀行口座との関連付けができない事もあり、金融機関の発行するようなデビットカードのApplePay搭載はまだ普及がしにくいのだと考えられます。

Suicaを使ってApplePayでデビットカードを使う方法

「じゃあ、実際ApplePayでデビットカードを利用するのって難しいの・・・?」

と思われるかもしれませんが、実は未対応のデビットカードをApplePayで使う為の方法があります。

モバイルSuicaからデビットカードを使ってチャージし、ApplePay内に搭載したSuicaを使えば、間接的にデビットカードを利用できます。

上記の流れのように、Suicaのモバイルアプリである「モバイルSuica」を経由すれば、クレジットカード以外にもデビットカードを使ってチャージできます。

なので、デビットカードで入金したSuicaをApplePayで使えば、実質的にデビットカードをApplePay内で利用する事が可能となります。

▶︎ApplePayのSuicaにチャージする方法の詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)にデビットカードが対応される予定は?

ApplePayに、みずほの「Smart Debit」以外のデビットカードがいつ対応されるのかについてですが、現状それについての公式的な発表はまだされていません。

ですが、もしもデビットカードが対応可能となれば、クレジットカードと違って銀行口座の残高以上の利用はできないので、お金を所持金以上に使い過ぎてしまう心配や、万が一不正使用された時のリスクなども極力小さくできます。

また、デビットカードは審査無しで誰でも発行出来るので、クレジットカードを持っていない人でも気軽に発行してApplePayに搭載できるといったメリットも想定できるでしょう。

なので、今後ApplePayにデビットカードが普及される事を祈るばかりです。

まとめ:ApplePay(アップルペイ)はデビットカードではなくクレカを登録しよう!

以上、現状ApplePayで登録できるデビットカードはみずほ銀行の「Smart Debit」のみとなっており、それ以外のデビットカードは登録できません。

しかし、モバイルSuicaにデビットカードを使ってチャージし、ApplePayに搭載したSuicaを使えば実質的にデビットカードが利用可能となります。

ですが、Apple Payを本格的に利用していきたいのであれば、クレジットカードを作って利用するのがおすすめです。

Apple Payにクレジットカードを使えば、お得にポイント還元率を稼ぎつつスマホから便利に決済できるようになるので、あなたにとって最も便利でお得な方法を選んでみてください!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

jcbバナー

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー