ApplePay(アップルペイ)はICOCAに対応している?【登録もチャージも利用不可】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、Apple Payを使って交通系電子マネー「ICOCA(イコカ)」を使えるかについてを解説していきます。

「Apple PayでICOCAを使いたいと思ってた…。」

という方は、是非参考にしてみてください!

※今なら“期間限定”でJCB CARD Wのオトクなポイント30倍キャンペーンが開催中!!

Apple Pay(アップルペイ)はICOCAに対応していない

出典:ICOCA

「てか、ICOCAってApple Payで使えへんの…?」

ICOCAを利用していて、こういった疑問を持っていた方も多いと思います。

iPhoneから便利にキャッシュレス決済が可能なApple Payですが、Apple PayはICOCAでも使えるのでしょうか?

結論から言うと、2019年11月現在、Apple PayはICOCAに対応されていません。

現状Apple Payに対応されているのは以下のマークが付いている「iD・QUIC Pay・Suica」などに限り、ICOCAは未対応となっています。

出典:Apple

Apple Pay(アップルペイ)で使える交通系電子マネーは現状Suicaのみ

出典:JR東日本

Apple Payに対応している交通系電子マネーはSuicaのみとなっており、それ以外のICOCAやPASMO、PiTaPa、SUGOCAといった電子マネーには未対応です。

SuicaならApple Payを使って全国で利用できる

出典:Apple

SuicaであればApple Payに登録することが可能ですが、SuicaならApple Payを使って全国各地で改札をくぐり抜けることができる上、対応の店舗で支払いもできるようになります。

Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単!

Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単なので、是非お手元のiPhoneを使ってSuicaを登録してみてください。

その方法ですが、まずはWalletを開いて右上にある「+」をタップし、「続ける」を押します。

そして、カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップしてください。

利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaへチャージして使えるようにしましょう。(※VISAブランドのカードだとSuicaにチャージできません。)

これで、Apple PayからSuicaを使っていくことができるようになります!

Suicaと「ビューカード」を組み合わせればかなりお得に使える!

SuicaをApple Payに登録して支払っていくのであれば、Suicaへのチャージでポイントが1.5%付与される ビューカードが断トツでおすすめです!

ビューカードはApple Payでも直接利用可能な上、Suicaへのチャージでお得にポイントが貯まります。

国際ブランド MasterCard / JCB / VISA
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%(Suicaへのチャージや定期券の購入などの場合は1.5%)
キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

ビューカードをSuicaへのチャージに使えばポイント3倍!

1000円ごとに5ポイント、オートチャージ設定でポイント3倍

ビューカードは通常1,000円の利用につき5円相当のJRE POINTが貯まりますが、Suicaへのチャージに使えばポイントが3倍の1.5%となります。

なお、貯まったポイントはそのままSuicaへチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

さらに!

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%のポイント還元があるので、「Suica×ビューカード」の組み合わせで支払えば最大6.5%の還元率も実現可能です。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎詳しくはこちらで解説!

また、 ビューカードはSuicaへオートチャージできる機能も備わっていますが、オートチャージの利用可能エリアは「首都圏Suica・PASMOエリア、仙台エリア、新潟エリア」のみとなっており、ICOCAの利用エリアである中国・関西エリアではオートチャージできません。

今なら期間限定でもれなく5,000ポイントが付与される

「やけど、ビューカードって年会費かかるし、その辺がコストになるんちゃうん…?」

ビューカードは年会費が税込で524円かかる為コストの心配をされる方も多いですが、2020年1月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされています。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

上記の条件を全てクリアしてポイントを受け取るのが難しくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの年会費4年分は賄えるでしょう。

さらに、 ビューカードをSuicaのチャージに使えばポイントが3倍付与されるので、長期的にSuicaを利用するなら損をすることもないと言って良いでしょう。

「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

その他Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード

「う〜ん、ICOCAは諦めるけど、とにかくApple Payを使って決済したい…。」

と考える方は、Apple Payにクレジットカードを登録して利用していきましょう。

なので、以下よりApple Payにおすすめのクレジットカードを紹介します。

期間限定でポイントが30倍(15%還元)になる「JCB CARD W」がおすすめ!

「とにかく高い還元率を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたにオススメなのが「JCB CARD W」です。

JCB CARD Wでは新規入会者を対象に期間限定でポイント最大30倍の豪華キャンペーンを開催しており、2019年12月31日までに“カードを申し込むだけ”で、入会後3ヶ月間はポイントが最大30倍となります。

JCBカードの通常還元率は0.5%ですが、JCB CARD Wだとボーナスがついて常時1%、さらに期間限定のポイント30倍を全て適用すれば、MAXで15%の還元を“3ヶ月間”受けられます!

しかも、これに加えて「キャッシュレス・消費者還元事業」にる還元も上乗せされるので、最大20%の還元だって実現可能です。

2020年の買い物は、JCB CARD Wで是非オトクに支払ってみてください!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 通常1%
※期間中は最大実質15%も実現可能
キャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント最大30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

 

dカード

なお、 dカードもApple Payへの登録におすすめのクレジットカードです。

dカードをApple Payに初回設定することで、今ならもれなく1,000ポイントが受け取れます。

さあ、dカードでApple Payを はじめよう! 初回設定でもれなく1,000ポイントプレゼント!

dカードは100円のお買い物につき1ポイントが貯まりますが、ドコモユーザーの方であれば毎月のドコモ利用料金の1%をプラスで貯められたり、最大1万円までのスマホの補償を受けられたりします。

なので、「あ、てか俺ドコモユーザーやん。」と今ふと思った方は、今すぐ dカードの登録を急ぎましょう。

年会費 永年度無料
ポイント還元率 1%(dポイント)
国際ブランド VISA・MasterCardに対応
対応電子マネー iD(Apple Payにも搭載可能)
キャンペーン
  • 新規入会限定キャンペーン(最大8,000円分プレゼント)
その他主な特典 ・dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
・お買い物安心保険(年間100万円まで)
・海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードを登録する方法

ApplePayでクレジットカードを設定する方法ですが、まず「Wallet」を開いて「+」をタップします。

そしてカードの種類で「クレジットカード」を選択し、カメラからカードの情報を読み取る、またはカード情報を手動で入力してください。

その後は画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させましょう。

iPhoneでICOCAを使えるようにするやり方はないの?

現状、ApplePayにICOCAを登録することはできませんが、iPhoneケースを使ってICOCAのICカードを格納すれば、実質的にiPhoneを使ってICOCAで決済できるようになります。

例えば「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースを使えば、iPhoneの裏側にICカードを格納できます。

出典:Yahoo!ショッピング

なお、iPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れず用意しておきましょう。

電波干渉防止シートとは、iPhoneから発生される磁気を防ぎ、ICカードの読み取りを可能にする為に用いられるシート。

iPhoneでは磁気が発生しており、それがICカードの読み取りを妨げる要因の一つとなっていましたが、電波干渉防止シートを使えばそれを防止できます。

なので、iPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

まとめ:現状ApplePay(アップルペイ)でICOCAは設定できない

  • Apple PayはICOCAを登録して使えない
  • SuicaであればApple Payに登録して利用できる
  • Suicaにビューカードを登録してチャージすればポイントが3倍付与される

以上、現状ICOCAをApple Payに登録することはできず、今後いつ対応されるのかも不透明となっています。

なので、「どうしてもApple Payを使って駅の改札を通過したい」という人は、SuicaをApple Payに登録して使ってみてください。

なお、Apple PayでSuicaを使っていくのであれば、Suicaへのチャージで1.5%の還元が得られる ビューカードがおすすめです。

ビューカードならSuicaだけでなくApple Payからも利用できるので、気になる方は是非 ビューカードも登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー