ApplePay(アップルペイ)はICOCAに対応している?【登録もチャージも利用不可】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、Apple Payを使って交通系電子マネー「ICOCA(イコカ)」を使えるかについてを解説していきます。

Apple PayでICOCAを使いたいと思ってた…。

という方は、是非参考にしてみてください!

目次

    Apple Pay(アップルペイ)はICOCAに対応していない

    出典:ICOCA

    てか、ICOCAってApple Payで使えへんの…?

    ICOCAを利用していて、こういった疑問を持っていた方も多いと思います。

    iPhoneから便利にキャッシュレス決済が可能なApple Payですが、Apple PayはICOCAでも使えるのでしょうか?

    結論から言うと、2019年11月現在、Apple PayはICOCAに対応されていません。

    現状Apple Payに対応されているのは以下のマークが付いている「iD・QUIC Pay・Suica」などに限り、ICOCAは未対応となっています。

    出典:Apple

    Apple Pay(アップルペイ)で使える交通系電子マネーは現状Suicaのみ

    出典:JR東日本

    Apple Payに対応している交通系電子マネーはSuicaのみとなっており、それ以外のICOCAやPASMO、PiTaPa、SUGOCAといった電子マネーには未対応です。

    SuicaならApple Payを使って全国で利用できる

    出典:Apple

    SuicaであればApple Payに登録することが可能ですが、SuicaならApple Payを使って全国各地で改札をくぐり抜けることができる上、対応の店舗で支払いもできるようになります。

    Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単!

    Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単なので、是非お手元のiPhoneを使ってSuicaを登録してみてください。

    Apple PayはSuicaカードを持っていなくてもバーチャルで発行できます▼

    その方法ですが、まずはWalletを開いて右上にある「+」をタップし、「続ける」を押します。

    ※現在エブリプラスの発行は終了しております。

    そして、カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップしてください。

    利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaへチャージして使えるようにしましょう。(※VISAブランドのカードだとSuicaにチャージできません。)

    これで、Apple PayからSuicaを使っていけるようになります!

    Apple Payをお得に使うなら最大12,000円までの20%還元がある三井住友カードがおすすめ!

    どうせなら、お得にSuicaを使う方法を知りたい…。

    とお考えの方は、三井住友カードを使うのがベストです。

    なぜなら、三井住友カードを新規申込して使えば、今なら12,000円を上限とした”20%還元キャンペーン”が開催されているからです!

    なので…Suicaのチャージに三井住友カードを利用すれば、支払いが実質12,000円分がタダに。

    なお、今なら三井住友カードをApple Payに新規設定すれば、期間限定で1,000円分の支払いがタダとなります!

    実際に僕もApple Payに三井住友カードに登録してますが、普通にかっこいいカードです。

    これからポイント還元率を重視した支払いをしていくなら、三井住友カードを一枚は持っていて損はありません。是非この機会に三井住友カードを使ってみてください。

     

    三井住友カードの概要

    還元率
    • 20%(※最大12,000円)
      通常0.5〜2.5%
    年会費
    • 初年度無料(※2年目以降も1回の利用+「マイ・ペイすリボ」への登録で無料)
    開催中キャンペーン
    • もれなく最大12,000円還元キャンペーン
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
    • ショッピング補償:年間100万円まで

    Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードを登録する方法

    Apple Payにカードを設定する方法は動画でも解説しています▼

    ApplePayでクレジットカードを設定する方法ですが、まず「Wallet」を開いて「+」をタップします。

    ※現在エブリプラスの発行は終了しております。

    そしてカードの種類で「クレジットカード」を選択し、カメラからカードの情報を読み取る、またはカード情報を手動で入力してください。

    その後は画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させましょう。

    iPhoneでICOCAを使えるようにするやり方はないの?

    現状、ApplePayにICOCAを登録することはできませんが、iPhoneケースを使ってICOCAのICカードを格納すれば、実質的にiPhoneを使ってICOCAで決済できるようになります。

    例えば「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースを使えば、iPhoneの裏側にICカードを格納できます。

    出典:Yahoo!ショッピング

    なお、iPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れず用意しておきましょう。

    電波干渉防止シートとは、iPhoneから発生される磁気を防ぎ、ICカードの読み取りを可能にする為に用いられるシート。

    iPhoneでは磁気が発生しており、それがICカードの読み取りを妨げる要因の一つとなっていましたが、電波干渉防止シートを使えばそれを防止できます。

    なので、iPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

    まとめ:現状ApplePay(アップルペイ)でICOCAは設定できない

    • Apple PayはICOCAを登録して使えない
    • SuicaであればApple Payに登録して利用できる
    • Suicaにビューカードを登録してチャージすればポイントが3倍付与される

    以上、現状ICOCAをApple Payに登録することはできず、今後いつ対応されるのかも不透明となっています。

    なので、「どうしてもApple Payを使って駅の改札を通過したい」という人は、SuicaをApple Payに登録して使ってみてください。

    なお、Apple Payで少しでもお得に支払っていきたいのであれば、現在最大12,000円までの20%還元を実施中の三井住友カードを使ってみてください。

    是非この機会に三井住友カードを使ってみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元