ApplePayでのiDの使い方やポイント還元を解説【今ならキャッシュバックあり】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ApplePay(アップルペイ)にiDを設定して支払う方法、そして両者の違いやポイント還元までを解説します。

ApplePayにiDを導入したいと考えている方の為に、お得なポイント還元やキャンペーンのあるクレジットカードも紹介していくので、是非読み進めてみてください!

目次

    Apple Pay(アップルペイ)ではiDに対応したクレジットカードを登録できる!

    iPhoneやAppleWatchからキャッシュレス決済ができるApplePayは、代表的な電子マネーの「iD」にも対応しています。

    iDは日本全国の主要なコンビニやショッピング、レストランなどで利用できるので、Apple Payと組み合わせればスマホから簡単かつ便利に決済できるようになります。

    そもそもApplePay(アップルペイ)とiDの違いとは?

    「そもそも、ApplePayとiDって何が違うの…?」

    と疑問に思う方も多いでしょうが、iDは「電子マネー」であり、ApplePayは電子マネーではありません。

    というのも、ApplePayはクレジットカードや電子マネーをアプリ上に登録してスマホで決済する為の「プラットフォーム的存在」です。

    実際にお店で決済に使うのはApplePayに追加したクレカや電子マネーであり、ApplePayそのもので支払いするわけではありません。

    つまり、ApplePayは電子マネーを「スマホ上で決済する為の手段」であり、電子マネーそのものではないのです。

    Apple Payに登録する上でiDとQUIC Payに何か違いはある?

    Apple PayではiD以外にも「QUICPay」といった電子マネーが使えますが、両者はそれぞれ違った電子マネーであり、使えるお店が異なっています。

    iD・・・NTTドコモが運営する電子決済サービス
    QUICPay・・・JCBが運営する電子決済サービス

    以下のように、自身が登録するクレジットカードによって対応する電子マネーは異なっていますが、基本的な決済機能に違いはなく、端末にタッチするだけで便利に支払い可能です。

    ただし、対応店舗は両者それぞれ異なっているので、詳しくはiDQUICPayの両サイトで確認してみてください。

    Apple Pay(アップルペイ)にiDのクレジットカードを登録して支払うメリット

    では、Apple PayでiD搭載のクレジットカードを登録して支払うメリットを紹介します。

    財布不要でスマホからスピーディに決済できる

    Apple Payを使えば、財布を不要にしてスマホからスピーディーに決済ができます。

    Apple Payならお釣りをジャラジャラと小銭で受け取る必要がなくなり、支払いにかかる時間を圧倒的に縮められるでしょうし、近所のコンビニにふらっと行く程度であれば、もはや財布を持ち歩く必要すら無くなります。

    お得にポイント還元を得られる

    ApplePayから各クレジットカードや電子マネーを利用すれば、支払い毎にお得なポイント還元を受けられます。

    ポイント還元の定められたクレジットカードをApple Payに登録して使えば、支払い毎に一定のポイントを受け取れる上、今ならiD支払いに設定するだけでお得にキャッシュバックを受けられるようなものもあります!

    ※詳しくは後ほど紹介していきます。

    ▶︎Apple Payのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    ApplePayで使えるおすすめのiD付帯のクレジットカード

    では、Apple PayでiDが使えるお得なクレジットカードを紹介していきます!

    2万円の買い物で25%が還元されるdカードがおすすめ!

    Apple Payを使って少しでもオトクに決済したいなら、現在25%還元キャンペーンを実施しているdカードがおすすめです!

    dカードの25%還元キャンペーンにおける最大還元額は5,000円なので、20,000円までの支払いで実質5,000円がタダ。

    しかも!

    今ならdカードでマイナポイントを申込んで買い物すれば、5,000円を上限に支払額の25%が還元されます!

    ▶︎マイナポイントについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

    最大5,000円相当の還元に加え、dカードの限定特典として500円が付与されるので、dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

    合計10,500円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

    どうせなら、50%OFFで決済したい…。

    という方は、是非安心と信頼のNTTドコモが提供しているdカードに登録してみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    Apple Pay(アップルペイ)で設定したiDの使い方

    最後に、Apple PayでiDを設定して支払う方法を見ていきます。

    まずはApple PayにiD支払いの設定を行う

    Apple Payにカードを設定する方法は動画でも解説しています▼

    iPhoneから「Wallet」アプリを開き、以下赤枠内にある「+」をタップします。

    次に「クレジットカード/プリペイドカード」をタップすればカードの読み取り画面が表示されるので、そこから追加したいカードを読み取れます。

    その後は画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させてください。

    コンビニなどでのお店でApple PayからiDで決済する方法

    Apple PayのiDを使ってお店で支払う場合、レジにて店員さんに「iDで(あいでぃーで)」と伝え、以下の画面を表示させてレジの決済端末にかざしてください。

    これでiDでの決済は完了します。

    Apple Pay(アップルペイ)にiDのついたクレジットカードが登録できない場合

    「あれ、iDがApple Payで登録できない…。」

    という方は、自身のiPhoneやApple Watchや、登録しようとしたクレジットカードがApple Payに対応しているか確認しておきましょう。

    Apple Payに対応しているiPhoneデバイスは、「Face ID」または「Touch ID」が搭載されたもののみで、Apple Watchの場合だApple Watch Series1および2以降となっています。

    また、Apple Payに対応するクレジットカードは「iD」「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクト)決済」などの電子決済に対応しているもので、中にはこれらに対応していないクレジットカードもあります。

    お使いのデバイスやクレジットカードがそれらに対応しているのか再度確認してみてください!

    まとめ:Apple Pay(アップルペイ)にiDを設定してお得かつ便利に支払いしよう!

    以上、Apple PayにiDの搭載したクレジットカードを設定すれば、財布不要でスマホから決済できるようになります。

    Apple Payをいつでも使えるようにしておけば、

    「財布を忘れてしまった…。」

    といった緊急事態の時も安心ですし、今ならJCB CARD Wdカードを新規登録すればお得なキャッシュバックだって得られます。

    この機会に是非、Apple Payを利用してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元