【海外で使える】ApplePayはマスターカードも登録可能【おすすめクレカも紹介】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ApplePayに対応しているマスターカードやおすすめのクレジットカードについて解説していきます。

本記事を最後まで読めば、ApplePayに登録できるマスターカードや、海外でもマスターカードを登録したApple Payが使えるのかについて知れるので、是非参考にしてみてください!


【※Apple Pay利用者必見※】

Apple Payに三井住友カードを使えば
最大20%が還元される!!

しかも、今なら年会費が“永年”無料

▼“最短5分”で今すぐ使えます!

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

目次

    Apple Pay(アップルペイ)はMasterCard(マスターカード)にも対応している!

    出典:Apple

    iPhoneやAppleWatchなどからキャッシュレス決済ができるApplePayですが、Apple Payは代表的な国際ブランドである「MasterCard(マスターカード)」の付いたクレジットカードにも対応しています。

    Apple Payで使えるマスターカードは「iD」や「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクトレス)決済」などに対応されているクレジットカードです。

    出典:Apple

    「ん?iD?QUICPay…?」

    と迷われてしまったかもしれませんが、各クレジットカードによって「iD」や「QUICPay」といったような電子マネーが付与されており、これらの電子マネーを使ってApple Payから決済します。

    (※一部のクレジットカードはこれらの電子マネーに対応していないものもあります。)

    仮にあなたがMasterCardを持っていたとすれば、上記の電子マネーに対応しているか確認して登録してみてください!

    今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%が還元される!

    出典:キャッシュレス・消費者還元事業

    現在日本では政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されていますが、対象店舗でApple Payを含む「キャッシュレス決済」を行えば、支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます。

    【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

    2020年6月までの間、政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

    同還元事業に加盟する中小店舗で決済すれば5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどで決済すれば2%が還元されるので、現金での支払いよりもApple Payの方がオトクです!

    MasterCardコンタクトレス対応のカードを登録すれば海外でもApple Payが使える

    「MasterCardをApple Payに登録して海外でも使えるの…?」

    頻繁に海外旅行へ行く方ならこんな疑問もあると思いますが、結論「MasterCardコンタクトレス」に対応するマスターカードなら海外でもApple Payで利用可能です。

    MasterCardコンタクトレスはマスターカードの決済サービスであり、以下のようなマークがあるお店ならApple Payに設定して決済できます。

    なお、MasterCardコンタクトレス決済に対応しているクレジットカードは三井住友カード ビューカードジャックスカードと様々であり、Apple Payに登録すればすぐに海外で利用可能です。

    Apple Payにクレジットカードを登録するならVISAよりMasterCardがおすすめ

    Apple Payに対応するクレジットカードの国際ブランドは「VISA」や「MasterCard」や「JCB」と様々ですが、Apple Payの機能を堪能したいなら、できるだけVISA以外の国際ブランドを使うと良いでしょう。

    え、なんで…?

    と思われたかもしれませんが、VISAは以下3つのサービスがApple Payで使えません。

    VISAはアプリやWEBサイトでApplePayの支払いに使えない

    2019年12月現在、ApplePayではVISAブランドのカードを使ったアプリやWEBサイトでの支払いができません。

    本来ApplePayはWEBサイトやアプリ内での課金やショッピングにも使えますが、現状VISAではそれらの支払いに未対応なので注意が必要です。

    VISAだとApple PayからSuicaにチャージできない

    VISAだとApplePayからSuicaへのチャージにも使えません。

    Suicaの専用アプリである「モバイルSuica」ならVISAでも登録してチャージできるので、VISAをお持ちの方はモバイルSuicaからチャージしてみてください!

    ▶︎ApplePayのSuicaに関するチャージ方法の詳細はこちら!

    VISAだとApplePayを使って海外で支払えない

    VISAだと海外でApplePayを登録して支払うこともできません。※2019年12月現在

    現状海外でもApplePayが使えるとされているのは「JCB」「MasterCard」「アメックス」といったブランドとされており、VISAでは使えないので注意が必要です。

    ApplePay(アップルペイ)でおすすめのMasterCard(マスターカード)は?

    では、以下よりApple PayにおすすめなMasterCardブランドで発行可能なクレジットカードを紹介していきます!

    Apple Payにおすすめなのは20%還元がある「三井住友カード」

    とにかく高還元を維持しながらApple Payを使いたい…。

    そんなあなたにオススメなクレジットカードが三井住友カードです!

    三井住友カードは、4/30まで最大12,000円が“もれなく”キャッシュバックされる20%還元キャンペーンを開催中です!

    そして、三井住友カードは4/30までの期間中であれば、なんと年会費が期間限定で“永年”無料。

    三井住友カード 一部のカードは年会費ずっと無料キャンペーン キャンペーン期間:2020年2月3日~2020年4月30日 キャンペーン期間中に対象カードを新規にお申し込みいただくと、年会費が永年無料! ※「三井住友カード」「三井住友カード(学生)」「三井住友カード デビュープラス」「三井住友VISA SMBC CARDクラシック」が対象です。

    通常三井住友カードは初年度以降は1,250円(税抜)の年会費がかかっていましたが、本キャンペーン中に申し込めば毎年の年会費も不要です。

    しかも三井住友カードをVisaのタッチ決済で使えばもれなく最大1,000円がキャッシュバックされるので、20%還元があってお得な三井住友カード“年会費永年無料”で作れるチャンスは今しかありません!

    それだけではなく、三井住友カードは”最短5分”で即時発行し、カードの到着を待つことなく、すぐApple Payに登録できるんです!

    つまり、あなたは三井住友カードを申し込んだあと、速攻で20%還元を受けれるということ。

    「カードの到着はまだなのか」と首を長くして待つ必要もありません!

    どうせなら、Apple Payを使って20%還元をゲットしたい…。

    という方は、是非安心と信頼の三井住友カードに登録してみてください!

     

    三井住友カードの概要

    還元率
    • 20%(※〜4/30までで最大12,000円)
      通常0.5〜2.5%
    年会費
    • 永年無料(※〜4/30まで)
    開催中キャンペーン
    • もれなく最大12,000円還元キャンペーン(※〜4/30まで)
    • 1/50の確率で全額タダチャンキャンペーン(※〜4/30まで)
    • 年会費ずっと無料キャンペーン
    • Visaのタッチ決済を利用でもれなく最大1,000円までタダ!
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
    • ショッピング補償:年間100万円まで

     

    ※あと 日後にキャンペーンが終了してしまうのでお急ぎください!
    ※4月にカードを発行すれば6月30日までの買い物で20%還元が適用されます!
    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

    ドコモユーザーなら「dカード」もおすすめ!

    なお、Apple Payへ登録するならdカードもおすすめでしょう。

    dカードをApple Payに初回設定すれば、今ならもれなく1,000ポイントが受け取れます。

    さあ、dカードでApple Payを はじめよう! 初回設定でもれなく1,000ポイントプレゼント!

    dカードは利用につき1%のdポイントが貯まりますが、ドコモユーザーなら毎月のドコモ利用料金の1%をプラスで貯められたり、最大1万円までのスマホの補償を受けられたりします。

    なので、「あ、俺ドコモユーザーだった…。」と今ふと思った方は、今すぐdカードの登録を急ぎましょう。

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • dカード1万円以上ご利用総額1億円還元キャンペーン
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    Apple Pay(アップルペイ)にマスターカードが登録できない場合

    「あれ、マスターカードがApple Payで使えない…。」

    という方は、自身のiPhoneやApple Watch、そして登録しようとしたクレジットカードがApple Payに対応しているか確認しておきましょう。

    Apple Payに対応しているiPhoneデバイスは、「Face ID」または「Touch ID」が搭載されたもののみで、Apple Watchの場合だApple Watch Series1および2以降となっています。

    また、Apple Payに対応するクレジットカードは「iD」や「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクト)決済」などの電子決済に対応しているもののみなので、お使いのクレジットカードがそれらに対応しているのか再度確認してみてください!

    まとめ:MasterCard(マスターカード)からApple Pay(アップルペイ)でお得に決済しよう!

    以上、今後Apple Payを使っていくなら、iDやQUICPay、タッチ決済などに対応したマスターカードのクレカを登録して支払っていきましょう。

    そして上述の通り、今なら三井住友カードdカードのようにApple Payへ登録するだけで実質無料でキャッシュバックされるキャンペーンが開催されているカードもあるので、この機会に是非申し込んでみてください!

     

    ※あと 日後にキャンペーンが終了してしまうのでお急ぎください!
    ※4月にカードを発行すれば6月30日までの買い物で20%還元が適用されます!
    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン yモバイル