ApplePay(アップルペイ)にnanaco(ナナコ)はいつから対応される予定なの?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開:2019-01-08 最終更新:2019-07-23

本記事では、電子マネーの「nanaco(ナナコ)」のApplePayでの対応状況や、今後いつ対応されるのかについてを紹介しています。

「ApplePayでnanacoを利用したいと思っていた」という方は、是非参考にしてみて下さい。




ApplePay(アップルペイ)はnanaco(ナナコ)に対応してるの?

出典:nanaco

今やキャッシュレス決済アプリの代表格となったApplePay(アップルペイ)ですが、

「ApplePayはnanacoにも対応してるの…?」

という声が多くあります。

「nanaco(ナナコ)」とは、日本のコンビニでお馴染みの「セブンイレブン」を手掛ける「セブン&アイ・ホールディングス」が展開している電子マネー。

そんなnanacoは、ApplePayに対応しているのでしょうか?

 

結論から言うと・・・

 

2019年5月現在、ApplePayはnanacoに対応していません。

なので、nanacoをApplePayのWalletに設定して決済する事は現状不可能となっています。

ApplePay(アップルペイ)にnanaco(ナナコ)が対応されるのはいつからの予定?

ApplePayでnanacoを利用することはできないと説明しましたが、nanacoの公式サイト内にある「よくある質問」では、以下のように回答されています。

Q:iPhoneでnanacoモバイルは使えますか?

A:iPhoneにはおサイフケータイ機能がないため、ご利用いただけません。

Apple Payにはnanacoは対応しておりません。

※出典:nanaco

nanacoはAndroidに対応したモバイル専用のアプリが既にありますが、上記の公式の回答のように、現状iPhone(ApplePay)では「おサイフケータイ機能が無いため」に利用できないとされています。

「じゃあ、nanacoはApplePayにいつから対応されるようになるの…?」

そんな問いに関してですが、現状いつApplePayでnanacoが利用できるかは公式からも発表されておらず、今後の予定や詳細も不明となっています。

代わりにセブンイレブンはスマホ決済サービスの「7Pay(セブンペイ)」をスタート!

出典:7pay

2019年7月1日より、セブンイレブンは新たなスマホ決済サービスである「7pay(セブンペイ)」をリリースしました!

※2019年7月8日追記:現在セブンペイでは、一部アカウントの不正アクセス発生に伴い、新規登録&全てのチャージサービスが一時停止されています。

このセブンペイは全国のセブンイレブンにて、スマホを使ったQRコード決済ができますが、自身の貯めていたnanacoを使って決済したり、支払いでnanacoを貯めたりすることが可能です。

なので、「iPhoneからnanacoを使いたい」と悩んでいた方は、今後この7payを使って決済していくことが得策となるでしょう。

▶︎セブンペイの使い方やキャンペーンに関する詳細はこちら!

7pay(セブンペイ)の還元率は?

しかし、気になるセブンペイのポイント還元率は200円につき1ポイント(nanacoポイント)の実質0.5%だと発表されており、100円につき1ポイントが付与されていたnanacoから改悪される形となります。

ここがnanacoユーザーにとってはデメリットとなり得ますね。

7pay(セブンペイ)での支払いでnanacoポイントが2倍になるキャンペーン実施中!

出典:7pay

ですが、2019年7月1日〜10月31日までの期間中、セブンイレブンにてセブンペイを使って支配することで、nanacoポイントが2倍付与されるキャンペーンが実施されています。

また、セブンペイは2019年10月を目途に外部加盟店への利用拡大、そして2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリとの連携も予定されています。

▶︎セブンペイの使い方やキャンペーンに関する詳細はこちら!

ApplePayと組み合わせて還元率を求めるなら楽天カードがおすすめ!


「セブンペイの還元率0.5%って、思ったよりも低いな…」と思った方も多いのではないでしょうか。実は、ApplePayに還元率の高い『楽天カード』を組み合わせる方が、お得にお買い物できます。ApplePayに『楽天カード』を組み合わせれば、還元率が1%なのに加えて、新規入会で5,000ポイントをプレゼントしています!コンビニなどでの普段使い用として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

楽天カードのスペック

国際ブランド MasterCard / VISA / JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
キャンペーン 新規入会&利用でもれなく5,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 最高2,000万円

そもそもApplePay(アップルペイ)とは?

出典:Apple

そもそもApplePay(アップルペイ)とは、2016年より日本で開始されたキャッシュレス決済アプリであり、iPhoneやAppleWatchなどから利用することができます。

ApplePayの公式サイトはこちら!

ApplePayは様々なクレジットカードや電子マネーを読み込む事が可能であり、物理的なカードを不要にして、「スマホ一台」から決済できるようになります。

出典:Apple

▶︎ApplePayの使い方についての詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)に対応している電子マネーは?

ApplePayに対応している電子マネーは「Suica」や「QUICPay」、「VISA・MasterCard・iD」のマークが付いた「auWallet」「SoftBankカード」「dカード」などであり、上述した「nanaco」や「Edy」「Pasmo」「WAON」などは利用不可能となっています。※2019年5月現在

このように、一部の電子マネーが使えない事がネックですが、今後更に利用できるものが増えるかもしれないので、公式からの最新情報を追っておきましょう。

GooglePay(グーグルペイ)は既にnanaco(ナナコ)に対応している

ApplePayはnanacoに対応していないと上述しましたが、実はAndroid専用のキャッシュレス決済アプリである「GooglePay(グーグルペイ)」ではnanacoへの対応がされています。

出典:GooglePay

GooglePayはnanacoをはじめ、ApplePayでは未対応である「Edy」や「WAON」にも対応している点が強みです。(※2019年5月現在)

GooglePay ApplePay
対応している電子マネー Suica
nanaco
Edy
WAON
QUICPay
Suica
QUICPay
auWallet
softbankカード
dカード

なので、GooglePayであればnanacoのキャッシュレス決済を実現できるようになっています。

しかし、iPhoneを使用している人はGooglePayでのキャッシュレス決済は利用が限られているので注意しておきましょう。

▶︎GooglePayのアプリはiPhoneでインストールして使える?

まとめ:ApplePay(アップルペイ)でnanacoは対応されないかもしれない

以上、結論として、nanacoはこのままApplePayには対応されないのではと考えられます。

なぜなら、今後は上述した「セブン・ペイ」がnanacoに代わるスマホでの決済手段として確立されていくと考えられるからです。

なお、コンビニが独自のキャッシュレス決済アプリを開発する流れは勢いを増しており、大手コンビニである「ファミリーマート」も2019年7月より「ファミペイ」を開始しました。

▶︎ファミペイのメリットに関する詳細についてはこちら!

このように、日本国内では様々な決済アプリが乱立しており、それぞれの決済業者が消費者による「キャッシュレス決済」のパイを奪い合っているのです。

なので、今後キャッシュレス決済を利用する際、「結局どれを使えば良いのか分からない」と思う方は、

  • 使えるお店が十分にあるか
  • 不便なくスムーズに決済ができるか
  • お得なキャッシュバックやポイント還元があるか

の3つのポイントなどを総合的に判断して選ぶようにしてみて下さい。

▶︎おすすめのキャッシュレス決済アプリについてはこちら!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。 新卒でSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとして主にキャッシュレス決済や仮想通貨に関するライティングを手掛けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。