ApplePay(アップルペイ)にPASMO(パスモ)の定期は設定できる?対応状況やチャージは?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

applepayとpasmo
本記事では、「PASMO(パスモ)」のApplePayでの対応状況について解説します。

「ApplePayでPASMOを利用したいと思っていた…。」

という方は是非参考にしてみてください。


【※結論※】Apple Payで交通系電子マネーを使うならSuicaと ビューカードを組み合わせて使おう!


 




結論:ApplePay(アップルペイ)はPASMO(パスモ)の定期に未対応…

出典:PASMO

「ApplePayはPASMOに対応しているの…?」

PASMOを持っていてこんな疑問を持った方も多いでしょうが、結論ApplePayはPASMOには対応されていません。(※2020年1月現在)

現状ApplePayで使える電子マネーは「iD・QUIC Pay・Suica」などであり、PASMOは使えないので注意しておきましょう。

出典:Apple

ApplePay(アップルペイ)で使える交通系電子マネーは現状Suicaのみ

出典:JR東日本

PASMOのみならず、交通系電子マネーはSuicaやICOCA、PiTaPa、SUGOCAと様々ですが、現状ApplePayで利用できる交通系電子マネーはSuicaのみです。

SuicaならApple Payを使って全国で利用できる

出典:Apple

SuicaならApple Payに登録して全国各地で改札をくぐり抜けることができる上、対応店舗でスマホ決済に使うことも可能です。

ApplePayでSuicaを利用するメリット

  • スマホからSuicaを使って改札を通過できる
  • Suicaの残高をApplePayからチャージできる
  • Suicaの残高や利用履歴をスマホで確認できる
  • 定期券の購入や更新もスマホ上でできる

PASMOをお持ちで「Apple Payを使いたい」と考えていた方は、代わりに新しくSuicaをApplePayへ登録してみてください!

Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単!

Apple PayでSuicaを新規発行する方法はとても簡単で、まずWalletを開いて右上にある「+」をタップして「続ける」を押します。

カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップします。

利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaの残高へチャージしましょう。(※VISAブランドのカードだとSuicaにチャージできません。)

これで、今日からあなたもApple PayにてSuicaが使えるようになります!

SuicaをApple Payで使うなら「ビューカード」でチャージするのがおすすめ!

SuicaをApple Payに登録して使うなら、Suicaへの「オートチャージ」が唯一可能な ビューカードが断トツでおすすめです!

ビューカードはApple Payでも直接利用可能な上、Suicaへのチャージでポイントが3倍(1.5%)貯まります。

 

ビューカード

還元率
  • 0.5〜1.5%
年会費
  • 524円(税込)
開催中キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • Suica
  • QUICPay
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

Apple PayのSuicaにオートチャージできるのはビューカードのみ

Apple PayでSuicaにオートチャージできるのは ビューカードのみです

「いつも残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。」

今までこんな悩みを抱えていたあなたも、 ビューカードでオートチャージを設定しておけば、もう二度と残高不足で改札であたふたするることはなくなるでしょう。

ビューカードをSuicaへのチャージに使えばポイント3倍!

1000円ごとに5ポイント、オートチャージ設定でポイント3倍

ビューカードは通常0.5%のJRE POINTが貯まりますが、Suicaのチャージに ビューカードを使えばポイントが3倍の1.5%となります!

なお、貯まったポイントはそのままSuicaへチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

今なら期間限定でもれなく5,000ポイントが付与される

「だけどビューカードって年会費かかるし、その辺がコストになるんじゃないの…?」

ビューカードは年会費が524円(税込)かかるのでコストの心配をされる方も多いですが、2020年1月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされます。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

上記の条件を全てクリアしてポイントを受け取るのが難しくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの“年会費4年分”は賄えるでしょう。

さらに、 ビューカードをSuicaのチャージに使えばポイントが3倍付与されるので、長期的にSuicaを利用するならほぼ損はしません。

「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

なぜApplePay(アップルペイ)でPASMO(パスモ)に登録やチャージができないの?

では、なぜPASMOはApplePayに対応しておらず、モバイル版のPASMOも存在しないのでしょうか。

Engadget日本版によると、PASMOがモバイル化に対応されない大きな理由として、

  • 技術的ハードル
  • 予算的ハードル

といった2つが掲げられています。(※2017年10月時点)

特に問題とされているのが、PASMOやSuicaを含む交通系ICカードの仕様に関する部分であり、単一のiPhone上のアプリケーションにSuicaとPASMOを共存させる事が難しいとされています。

また、PASMOの潜在的なモバイルユーザーに対し「アプリやシステムの開発と運用のリターンを得られるのか」といった予算的部分も懸念点であるとされています。

※参考:Engadget日本版

他にも、ネット上では以下のような声もありました。

・エリアの会社が多すぎて足並みを揃えられないからでは。

・金がかかりすぎて難しいでしょう。モバイルSuicaはJR東日本のように、資金力が桁違いに高い企業だからできたことです。

・モバイルSuicaさえ会員数が頭打ちになり、JR東日本がAppleにヘルプを求めたくらいなので、PASMOは無理でしょうね。

※参考:Yahoo!知恵袋

よって、2019年以降も引き続きPASMOのApplePay対応や、モバイルPASMOの実現は難しいのではないかと考えられます。

PASMOでポイント還元サービスがスタート!

出典:PASMO

2019年10月1日より、PASMOの利用でもポイントが還元されるようになりました。

PASMOでポイント還元が適用されるのは、以下のようなマークがついた「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店舗であり、各店舗によって2%、または5%の還元をゲットできます。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

  • キャッシュレス・消費者還元事業とは?

2020年6月までの間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎キャッシュレス・消費者還元の詳細はこちらで解説!

なお、PASMOでポイント還元を受け取る為にはポイント還元サービスに登録する必要があるので、気になる方はこちらから登録してみてください!

「モバイルPASMO」が商標出願?いつApplePayにも対応される?

とは言うものの、2017年には株式会社パスモによって「モバイルPASMO」が商標出願されています。

その商標出願2107-122035によると、モバイルPASMOは腕時計型携帯情報端末、スマートフォンなどを対象とし、Suicaと同様にモバイルアプリやApplePayなどで利用可能なサービスが想定されているようです。

では、果たして本当に「モバイルPASMO」という名のサービスが誕生するのでしょうか?

しかし、以下のTweetによると、どうやらこの商標は先行して登録を行っただけだとされており、計画こそあるものの、現時点(2017年時点)で何も進んでいないとされているようです。

今後PASMOがモバイル版で登場するのかはまだ定かではありませんが、最新の情報には常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

※1/21追記:AndroidでモバイルPASMOが2020年春スタート予定も、iPhoneへの対応は未定…

2020年1月21日、PASMO協議会はPASMOをスマホで使える「モバイルPASMO」を2020年春に導入すると発表しました。

「モバイルPASMO」2020年春スタート スマホでチャージ&定期券購入OK

※参考:「モバイルPASMO」2020年春スタート スマホでチャージ&定期券購入OK

対応する端末はAndroid6.0以上がインストールされた「おサイフケータイ」に対応するスマートフォンの予定であり、iPhone(iOS)に対応したモバイルPASMOの導入は現状未定とされています。

なお、おサイフケータイに対応したモバイルPASMOは2020年の3月下旬に発表される予定です。

iPhoneでPASMO(パスモ)を使えるようにするやり方はないの?

ApplePayのアプリ内にPASMOを搭載させる事は現状難しいですが、iPhoneケースを使ってそこにPASMOのICカードを物理的に格納すれば、実質的にiPhoneを使ってPASMOで決済する事が可能となります。

例えば、「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースを利用すれば、iPhoneの裏側にICカードを格納する事ができます。

出典:Yahoo!ショッピング

なお、このようにiPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れずに用意するようにしましょう。

電波干渉防止シートとは、iPhoneから発生される磁気を防ぎ、ICカードの読み取りを可能にする為に用いられるシートです。

iPhoneでは磁気が発生しているので、それがICカードの読み取りを邪魔する一つの要因となってしまいます。

なのでiPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

まとめ:現状ApplePayでPASMO(パスモ)を設定することはできない

  • 2019年4月現在ApplePayはPASMOに対応されていない
  • 交通系電子マネーでApplePayが利用できるのは現状Suicaのみ
  • 「モバイルPASMO」という商標が出願されているものの、実際のサービスの実現は不透明となっている

以上がApplePayに関するPASMOの対応状況についてでしたが、現状交通系電子マネーでApplePayに対応されているのはSuicaのみであり、今後いつPASMOが対応されるのかも不透明となっています。

Suicaで定期券を発行する為には、その通勤の期間にJR東日本の路線が挟まれないといけない条件もある為、私鉄沿線でPASMOを利用するユーザーにとってはここが不便となります。

ですが、今後PASMOが無事モバイル化してApplePayに搭載される可能性もあるかもしれないので、常に最新情報をチェックするようにしておいてください。

なお、Apple PayでSuicaを使っていくのであれば、Suicaへのチャージで1.5%の還元が得られる ビューカードがおすすめです。

ビューカードならSuicaだけでなくApple Payからも利用できるので、気になる方は是非 ビューカードも登録してみてください!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在はFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー