ApplePay(アップルペイ)にPASMO(パスモ)の定期は設定できる?対応状況やチャージは?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

applepayとpasmo
本記事では、交通系電子マネー「PASMO(パスモ)」のApplePayでの対応状況について解説していきます。

「ApplePayでPASMOを利用したいと思っていた…。」

という方は、是非参考にしてみてください。

※今なら“期間限定”JCB CARD Wのオトクな20%キャッシュバックキャンペーン開催中!!

jcbバナー



ApplePay(アップルペイ)はPASMO(パスモ)の定期などに対応している?

出典:PASMO

「ApplePayはPASMOに対応しているの?」

PASMOを持っていて、このような疑問を持っていた方も多いのではないでしょうか。

iPhoneやApple Watchから便利にキャッシュレス決済ができるApplePayですが、PASMOにも対応しているのでしょうか?

結論から言うと…

2019年11月現在、ApplePayはPASMOには対応されていません。

現状ApplePayに対応されている電子マネーは以下のマークが表示されているものに限り、PASMOは使えません。

出典:Apple

▶︎ApplePayの使い方やメリットについての詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)で使える交通系電子マネーは現状Suicaのみ

PASMOに限らず、交通系電子マネーにはSuicaやICOCA、PiTaPa、SUGOCAといった様々な種類がありますが、現状ApplePayで利用できる交通系電子マネーはSuicaのみとなっています。

出典:JR東日本

ApplePayでSuicaを利用するメリットは主に以下4つ。

  • スマホからSuicaを使って改札を通過できる
  • Suicaの残高をApplePayからチャージできる
  • Suicaの残高や利用履歴をスマホで確認できる
  • 定期券の購入や更新もスマホ上でできる

SuicaをApplePayに搭載すれば、日々の通勤で通る改札をスマホ一台で通過できる他、スマホ上から決済の利用履歴やSuicaの残高も全て確認する事が可能です。

さらに、Suicaへのチャージに ビューカードを設定しておけば、オートチャージしながら支払える上、ポイントも3倍となります!

なので、Suicaも持っている方であれば、PASMOではなくSuicaをApplePayに搭載して利用してみてください。

▶︎Apple PayのSuicaをクレジットカードや現金でチャージする方法はこちら!

どうしてもApple Pay(アップルペイ)を使いたいならクレジットカードを登録しよう!

「PASMOは諦めるけど、とにかくApple Payを使って決済していきたい…。」

そう考える方は、Apple Payにクレジットカードを登録して利用することをおすすめします。

Apple Payで利用するクレジットカードの選定基準は主に以下の3つです。

  • ポイント還元率が高いかどうか
  • クレジットカードで得たポイントを活用できるかどうか
  • お得なキャンペーンなどが開催されているか

特にクレジットカードの「ポイント還元率」は、クレカ選びをする中で最も重要だと言って過言ではありません。

201910月より消費税増税が8%から10%へと引き上げられましたが、ポイント還元のあるクレジットカードを使えば、悩んでいた2%の増税対策も簡単にできてしまいます。

Apple Payには20%が還元される「JCB CARD W」がおすすめ!

「とにかく高い還元率を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたに断トツでおすすめなのが「JCB CARD W」です。

何を隠そう、JCB CARD Wは現在期間限定の「豪華キャンペーン」を開催しており、なんと、Apple PayにJCBを利用するだけで、全員にもれなく20%がキャッシュバックされます!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年12月15日まで)
キャンペーン
  • Apple Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCB CARD Wは現在20%という度肝を抜くような大規模還元キャンペーンを開催していますが、JCB CARD Wに設定したApple Payで支払いすれば、あなたが普段から買っている食べ物や飲み物、そして前々から欲しいと思っていた「あの商品」も、その全てが20%OFFとなります。

さらに、それだけではありません。

今ならポイントが最大30倍となる期間限定キャンペーンも開催されている為、実質のポイント還元率をもっと底上げすることも可能です。

「Apple Payでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」

「消費税の増税に備えて、これから高い還元率をキープしておきたい!」

そう考える方は、JCB CARD W一択で決まりでしょう!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

jcbバナー

なぜApplePay(アップルペイ)でPASMO(パスモ)に登録やチャージができないの?

では、なぜPASMOはApplePayに対応しておらず、モバイル版のPASMOも存在しないのでしょうか。

Engadget日本版によると、PASMOがモバイル化に対応されない大きな理由として、

  • 技術的ハードル
  • 予算的ハードル

といった2つが掲げられています。(※2017年10月時点)

特に問題とされているのが、PASMOやSuicaを含む交通系ICカードの仕様に関する部分であり、単一のiPhone上のアプリケーションにSuicaとPASMOを共存させる事が難しいとされています。

また、PASMOの潜在的なモバイルユーザーに対し「アプリやシステムの開発と運用のリターンを得られるのか」といった予算的部分も懸念点であるとされています。

※参考:Engadget日本版

他にも、ネット上では以下のような声もありました。

・エリアの会社が多すぎて足並みを揃えられないからでは。

・金がかかりすぎて難しいでしょう。モバイルSuicaはJR東日本のように、資金力が桁違いに高い企業だからできたことです。

・モバイルSuicaさえ会員数が頭打ちになり、JR東日本がAppleにヘルプを求めたくらいなので、PASMOは無理でしょうね。

※参考:Yahoo!知恵袋

よって、2019年以降も引き続きPASMOのApplePay対応や、モバイルPASMOの実現は難しいのではないかと考えられます。

10月2日追記:PASMOでポイント還元サービスがスタート!

出典:PASMO

2019年10月1日より、PASMOの利用でもポイントが還元されるようになりました。

PASMOでポイント還元が適用されるのは、以下のようなマークがついた「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店舗であり、各店舗によって2%、または5%の還元をゲットできます。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

  • キャッシュレス・消費者還元事業とは?

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎キャッシュレス・消費者還元の詳細はこちらで解説!

なお、PASMOでポイント還元を受け取る為にはポイント還元サービスに登録する必要があるので、気になる方はこちらから登録してみてください!

「モバイルPASMO」が商標出願?いつApplePayにも対応される?

とは言うものの、2017年には株式会社パスモによって「モバイルPASMO」が商標出願されています。

その商標出願2107-122035によると、モバイルPASMOは腕時計型携帯情報端末、スマートフォンなどを対象とし、Suicaと同様にモバイルアプリやApplePayなどで利用可能なサービスが想定されているようです。

では、果たして本当に「モバイルPASMO」という名のサービスが誕生するのでしょうか?

しかし、以下のTweetによると、どうやらこの商標は先行して登録を行っただけだとされており、計画こそあるものの、現時点(2017年時点)で何も進んでいないとされているようです。

今後PASMOがモバイル版で登場するのかはまだ定かではありませんが、最新の情報には常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

iPhoneでPASMO(パスモ)を使えるようにするやり方はないの?

ApplePayのアプリ内にPASMOを搭載させる事は現状難しいですが、iPhoneケースを使ってそこにPASMOのICカードを物理的に格納すれば、実質的にiPhoneを使ってPASMOで決済する事が可能となります。

例えば、「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースを利用すれば、iPhoneの裏側にICカードを格納する事ができます。

出典:Yahoo!ショッピング

なお、このようにiPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れずに用意するようにしましょう。

電波干渉防止シートとは、iPhoneから発生される磁気を防ぎ、ICカードの読み取りを可能にする為に用いられるシートです。

iPhoneでは磁気が発生しているので、それがICカードの読み取りを邪魔する一つの要因となってしまいます。

なのでiPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

まとめ:現状ApplePayでPASMO(パスモ)を設定することはできない

  • 2019年4月現在ApplePayはPASMOに対応されていない
  • 交通系電子マネーでApplePayが利用できるのは現状Suicaのみ
  • 「モバイルPASMO」という商標が出願されているものの、実際のサービスの実現は不透明となっている

以上がApplePayに関するPASMOの対応状況についてでしたが、現状交通系電子マネーでApplePayに対応されているのはSuicaのみであり、今後いつPASMOが対応されるのかも不透明となっています。

Suicaで定期券を発行する為には、その通勤の期間にJR東日本の路線が挟まれないといけない条件もある為、私鉄沿線でPASMOを利用するユーザーにとってはここが不便となります。

ですが、今後PASMOが無事モバイル化してApplePayに搭載される可能性もあるかもしれないので、常に最新情報をチェックするようにしておいてください。

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

jcbバナー

 

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー