ApplePay(アップルペイ)で高いポイント還元率を狙えるクレジットカードは?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、Apple Payで高還元が狙えるクレジットカードについて紹介していきます。

Apple Payでの支払いで、どうせなら高いポイント還元率を狙いたいと思っていた…。

と考えていた方は、是非参考にしてみてください!

dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

目次

    Apple Pay(アップルペイ)を使うならポイント還元率の高いクレジットカードを選ぼう!

    iPhoneやAppleWatchからキャッシュレス決済ができるApplePayですが、Apple Payを使っていくならポイント還元率の高いクレジットカードを登録しましょう。

    そもそも、Apple Pay自体にはポイント還元率が定められていません。

    え、Apple PayってPayPayやLINE Payみたいにポイント還元があるわけじゃないの…?

    と少し混乱されたかもしれませんが、ApplePayはクレジットカードや電子マネーをWalletアプリに搭載してスマホで決済する為の「プラットフォーム的役割」を果たしています。

    なので、「Apple Payにチャージして支払う」というわけではなく、実際にお店で決済しているのはApplePayに追加したクレカや電子マネーであって、ApplePayそのもので支払うわけじゃありません。

    なのでApple Payで高還元を狙うなら、還元率の高いクレジットカードを登録すると良いでしょう。

     

    Apple Pay(アップルペイ)の概要

    還元率
    • 通常のポイント還元なし
    特長
    • Appleによって提供されており、iPhoneやApple Watchから利用できる
    • iD、QUICPay、Suicaなどに対応しているお店で利用可能
    • アプリ内に「クレジットカード」や「電子マネー」を登録して使うことができ、その利便性は抜群に高い
    支払い方法
    • Suicaなどの電子マネーで支払う
    • クレジットカードで支払う
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート

    飲食

    マクドナルド / すき家 / タリーズコーヒー / ガスト / かっぱ寿司

    居酒屋

    和民 / 魚民 / 笑笑 / 千年の宴 / はなの舞

    家電量販店

    エディオン / Joshin / ヨドバシカメラ / ビックカメラ
    セキュリティ体制
    • 毎回Face IDやTouch IDによって本人確認が要求される
    • クレジットカードの情報はApple Payのサーバーで暗号化される
    • スマホ紛失時も即座に利用停止できる
    こんな人におすすめ!
    • iPhoneをお持ちで、できるだけ様々なお店でスマホから決済していきたい方
    • Suicaをスマホに登録して使っていきたい方
    • 汎用性や利便性を最重要視していきたい方
    ▶︎Apple Payのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    Apple Payでとにかく高いポイント還元率を狙いたいならdカードがおすすめ!

    Apple Payを使って少しでもオトクに決済したいなら、現在25%還元キャンペーンを実施しているdカードがおすすめです!

    dカードの25%還元キャンペーンにおける最大還元額は5,000円なので、20,000円までの支払いで実質5,000円がタダ。

    しかも!

    今ならdカードでマイナポイントを申込んで買い物すれば、5,000円を上限に支払額の25%が還元されます!

    d払いでマイナポイントに申し込めば6,000円が還元される!

    d払いで「マイナポイント」を申し込んでチャージまたは買い物すれば、5,000円分を上限に支払額の25%が還元されます!

    ▶︎マイナポイントについて詳しく知りたい方はこちら! 

    さらに、マイナポイントにd払いを選択して買い物&チャージすれば、最大1,000円分のdポイントも上乗せされます。

    d払いで合計6,000円相当の還元を受け取りたいなら、期間中にマイナポイントに登録し、d払いで2万円分のチャージまたは買い物をしましょう。

    dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

    合計10,000円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

    どうせなら、50%OFFで決済したい…。

    という方は、是非安心と信頼のNTTドコモが提供しているdカードに登録してみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(合計最大8,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    「Suica×Apple Pay」でポイントの二重取りを狙うなら最大3.5%還元の「ビューカード」がおすすめ!

    Apple PayでSuica利用しながら「ポイントの二重取り」を狙うなら、Suicaへのオートチャージが可能で、ポイントも3倍に倍増する ビューカードがおすすめです。

    Suicaのチャージに ビューカードを使って電車に乗れば、ポイントを二重取りして合計3.5%のポイントを獲得できます!

     

    ビューカードの概要

    還元率
    • 0.5〜1.5%
    年会費
    • 524円(税込)
    開催中キャンペーン
    • 新規入会&利用で最大5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年7月31日)
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    対応電子マネー
    • Suica
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

    Apple Payから「Suica×ビューカード」で電車利用すればポイントを二重取りできる

    出典:Apple

    JR東日本が発行する交通系電子マネーのSuicaですが、SuicaはApple Payに登録可能な上、JR東日本の鉄道で利用すれば最大2%の「JRE POINT」が還元されます。(※JRE POINT WEBサイトにて登録する必要あり)

    従来の「ICカード型」のSuicaを使った利用した場合はポイント還元率が0.5%ですが、「モバイルSuica」や「Apple Pay」でSuicaを使った場合は2%となり、ポイント還元率4倍となるので断然お得です。

    なお、Suicaで適用されるポイント還元の対象は以下。

    • Suicaの残高でJR東日本の在来線に乗車する時
    • Suicaグリーン券を購入する時
    • モバイルSuica定期券を購入する時

    そしてこのポイント還元率に加え、Suicaへのチャージにポイント還元のあるクレジットカードを使えば、「Suica×クレジットカード」でポイントの二重取りが実現します。

    Suicaにオートチャージできるのはビューカードのみ

    Suicaへオートチャージすることができるのは ビューカードのみです。

    いつもSuicaの残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。

    残高不足で改札で止められることがしょっちゅうあるし、面倒くさいと思ってた…。

    こんな悩みを抱えていたあなたも、 ビューカードでオートチャージの設定をしておけば、今後二度とSuicaが残高不足で困ることもなくなるでしょう。

    Suicaへのチャージに使えば「ポイント3倍」が付与される!

    ビューカードでは通常0.5%のJRE POINTが貯まりますが、Suicaへのチャージや定期の購入に使えばポイントが3倍貯まります。

    つまり、 ビューカードからSuicaへチャージすればポイント1.5%還元。

    SuicaでJR東日本の電車に乗ればさらに2%のポイントが付与されるので、合計還元率は3.5%となります。

    今なら期間限定キャンペーンで最大6,000ポイントがもらえる

    「ビュー・スイカ」カード入会キャンペーン ご入会&ご利用で最大5,000円相当ポイントプレゼント!要エントリー 入会申込期間 2020年8月1日(土)~10月31日(土)

    でも、ビューカードって年会費かかるし、その辺がコストにならないの…?

    ビューカードは年会費が税込で524円かかるので、コスト面の心配をされる方も多いでしょうが、2021年1月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で6,000円相当のポイントがプレゼントされています。

    そのキャンペーン内容は以下の通り。

    • 新規入会&Web明細ポイントサービス設定で2,000ポイント
    • モバイルSuica・Apple PayのSuicaで入金(チャージ)、もしくはオートチャージ1,000円以上の利用で200ポイント
    • オートチャージ3,000円以上の利用で300ポイント

    利用金額に応じて最大2,000ポイントプレゼント

    • カードの利用額5,000以上〜5万円以下で500ポイント
    • カードの利用額50,001円以上〜10万円以下で1,500ポイント
    • カードの利用額10万円以上で2,000ポイント

    これらを全て受け取るのが難しくても、新規入会&Webサービスに設定するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの年会費およそ3年分は賄えます。しかも、30歳以下の方なら入会特典でさらに500ポイントも受け取れます。

    また、オンライン入会・JCBブランド限定の特典として、オンラインから申込んだうえにJCBブランドを選択した方は、 1,000ポイント受け取れるのです。

    ※JCB入会キャンペーンは、「ビュー・スイカ」カード入会キャンペーンとは別にエントリーが必要なので注意が必要です。

    さらに、 ビューカードをSuicaのチャージや定期購入に使えばポイントが3倍付与されるので、長期的にSuicaを利用するのであれば、ほぼ損をすることはないと言って良いでしょう。

    なお、期間中にJR東日本の駅内にある券売機またはモバイルSuicaで定期券を2万円以上買えば、抽選で50,000ポイントがプレゼントされる特典も開催中なので、この春から新しく定期を購入する予定だった方は必見です!

    Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。

    より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。

    と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

    まとめ:Apple Pay(アップルペイ)を使うならポイント還元率の高いクレジットカードを選ぼう!

    というわけで、今後あなたがApple Payをメインの支払い方法として使っていくなら、ポイント還元率の高いクレジットカードを登録しておくのがおすすめです。

    特にdカードであればApple Payに初回設定するだけでもれなく1,000ポイントが付与されます

    この機会に、是非Apple Payをお得に使ってみてください!

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元