ApplePayでSuicaを使えばポイント2%【ビューカードでチャージすればポイント3倍】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ApplePayに追加されたSuicaを使って得られるポイント還元率について解説していきます。

どうすればSuicaで高いポイント還元率を実現できるの…?

少しでもお得にSuicaを使える方法を知りたい…。

こういった疑問をお持ちの方もご安心ください。

本記事を読み終える頃には、どうすればSuicaをお得に活用できるかを全て理解できるようになっているでしょう。是非参考にしてみてください!


※Suicaへチャージするなら ビューカードを選ぶとオートチャージができてポイントも3倍!

目次

    Apple Pay(モバイルSuica)からSuicaで電車利用すれば2%のポイントが還元される!

    2019年10月1日より、JRE POINT WEBサイトにて登録された「Suica」をJR東日本の鉄道で利用することで、最大2%の「JRE POINT」が還元されるようになりました。

    上記のように、カードタイプのSuicaを利用した場合は200円ごとに1ポイント(0.5%)ですが、モバイルSuicaやApple PayのSuicaを利用した場合は、50円ごとに1ポイント(2%)が付与されるので、ポイント還元率4倍となり断然お得です。

    なお、10月1日よりSuicaで適用されるポイント還元の対象は以下です。

    • Suicaの残高でJR東日本の在来線に乗車する度、その利用額に応じて還元される
    • Suicaグリーン券を購入する度、その購入額に応じて還元される
    • モバイルSuica定期券を購入する度、その購入額に応じて還元される

    また、このポイント還元率に加え、Apple PayからSuicaへのオートチャージが唯一可能な「 ビューカード」を用いれば、合計3.5%のポイント還元を受けることも可能です!

    Suicaで2%のポイント還元を受ける為には、事前に「JRE POINT」のサイトにて自身の持つSuicaの番号を登録しておく必要があり、無記名式のSuicaは対象外となるので注意しておきましょう。

    ApplePay(アップルペイ)のSuicaを使って得られる「JREポイント」は様々な場所で使える!

    Suicaを活用して得られる「JREポイント」ですが、JREポイントには様々な利用用途があり、Suicaのチャージへ充てたり、実店舗やオンラインショップで決済に使ったりすることが可能です。

    貯めた「JREポイント」はそのままSuicaにチャージできる!

    Suicaの利用で貯まったJREポイントは、JRE POINT WEBサイトからチャージ申し込めば、1ポイント1円としてSuicaからそのまま利用することができます。

    なので、貯めたポイントをSuicaの残高に移行してまた電車に乗ることも可能です。

    その他にも様々なお店やオンラインショッピングで利用できる!

    それ以外にも、JREポイントは首都圏にある様々な加盟駅ビルや、東京駅のお店などで利用できます。

    なお、以下のようなマークがあるお店でSuicaを使えば、最大1%のポイント還元を得ることも可能です。

    また、JREポイントは「JRE MALL」と呼ばれるショッピングモールでもポイントを使ってお得に決済できます!

    出典:JRE MALL

    Suicaを使うならApple Payで最大3.5%還元の「ビューカード」がおすすめ!

    なお、これからSuicaをApple Payで利用していこうと考えている方にとって、「使わないと損」と言っても過言ではないほどのクレジットカードがあったことをご存知でしょうか?

    それが、Suicaへのオートチャージが可能で、ポイントも3倍になって返ってくることで定評の「 ビューカード」です。

    Suicaへのチャージに ビューカードを用いて電車に乗れば、合計3.5%のポイントを獲得することもできます!

     

    ビューカードの概要

    還元率
    • 0.5〜1.5%
    年会費
    • 524円(税込)
    開催中キャンペーン
    • 新規入会&利用で最大5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年7月31日)
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    対応電子マネー
    • Suica
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

    Apple PayのSuicaにオートチャージできるのはビューカードだけ!

    Apple PayでSuicaを使う場合に、オートチャージすることができるのは ビューカードしかありません。

    「いつもSuicaの残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。」
    「残高不足で改札で止められることがしょっちゅうあるし、面倒くさいと思ってた…。」

    こんな悩みを抱えていたあなたも、 ビューカードを使ってオートチャージの設定をしておけば、今後二度とSuicaが残高不足で困ることもなくなるでしょう。

    Suicaへのチャージに使えば「ポイント3倍」が付与される!

    ビューカードでは通常1,000円の利用につきJRE POINTが5ポイント貯まりますが、Suicaへのチャージや定期券の購入に使うことで、そのポイントが3倍貯まるようになります。

    Suicaへのチャージも、オートチャージも、定期券の購入も、全てポイント3倍です。

    つまり、 ビューカードからSuicaへのチャージでポイント1.5%還元。

    そして、SuicaでJR東日本の電車に乗ればさらに2%のポイントが付与されるので、あなたが受け取れるポイントは合計3.5%となります。

    その上、貯まったポイントはそのままSuicaへとチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

    ビューカードと組み合わせて合計3.5%の還元を受けながらSuicaを利用すれば、2019年10月より10%へと引き上げられた消費税の増税対策にも繋がるでしょう。

    今なら期間限定で最大5,000円相当のポイントが付与される

    ご入会&ご利用で最大55,500円相当ポイントプレゼント! 「ビュー・スイカ」カード 春の入会キャンペーン 要エントリー 入会申込期間 2020年2月1日(土)~4月30日(木)

    でも、ビューカードって年会費かかるし、その辺がコストにならないの…?

    ビューカードは年会費が税込で524円かかるので、コスト面の心配をされる方も多いでしょうが、2020年7月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされています。

    そのキャンペーン内容は以下の通り。

    • 新規入会&Web明細ポイントサービス設定で2,000ポイント
    • オートチャージ3,000円以上の利用で300ポイント
    • カードの利用額5,000以上〜5万円以下で500ポイント
    • カードの利用額50,001円以上〜10万円以下で1,500ポイント
    • カードの利用額10万円以上で2,700ポイント

    これらを全て受け取るのが難しくても、新規入会&Webサービスに設定するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの年会費およそ3年分は賄えます。

    さらに、 ビューカードをSuicaのチャージや定期購入に使えばポイントが3倍付与されるので、長期的にSuicaを利用するのであれば、ほぼ損をすることはないと言って良いでしょう。

    Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。

    より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。

    と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

    ApplePay(アップルペイ)でSuicaを設定する方法

    Apple PayはSuicaカードを持っていなくてもバーチャルで発行できます▼

    ApplePayにSuicaを設定する方法ですが、まずはiPhone内に搭載されている「Wallet」を開きます。

    そして次に以下の赤枠内にある「+」をタップします。

    その後は「Suica」を選択し、Suicaのカード裏面に記載のある下4桁の番号を「カード番号欄」に入力してください。

    出典:Apple

    そして以下の図のように、SuicaにiPhoneの上部をかざし、動かさずに置いておきます。

    出典:Apple

    しばらく待って転送が完了した後、ApplePayに自分のSuicaが設定されます。

    ▶︎ApplePayでSuicaをチャージする方法の詳細はこちら!

    まとめ:ApplePay(アップルペイ)でSuicaを使ってお得にポイントを貯めよう!

    • Apple PayからSuicaで電車を利用すれば2%のポイントが還元される。
    • Suicaを使って得られる「JREポイント」はSuicaのチャージへ使ったり、実店舗やオンラインショップで決済に使ったりできる。
    • ビューカードをSuicaへのチャージに設定すればポイント3倍になる。

    以上、モバイルSuicaやApple Payに登録したSuicaをJR東日本の鉄道で利用すれば、最大2%のポイント還元を得られます。

    さらに、Suicaの利用に ビューカードを設定すればオートチャージも可能になる上、チャージした際にプラスで1.5%のポイント還元を受けることも可能です。

    なので、頻繁にJR東日本の電車を利用している人&今後頻繁に利用していく予定の人であれば、「Apple Pay搭載のSuica×ビューカード」の最強の組み合わせで、最大3.5%のポイント還元を受け取っていきましょう!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元