ApplePayでのQUICPayの使い方や両者の違い、お得なポイント還元についてを徹底解説

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ApplePay(アップルペイ)にQUICPayを設定する方法や使い方、そして両者の違いからお得なポイント還元まで、全て網羅的に解説していきます。

今後ApplePayにQUICPayを導入したいと考えている方は、是非読み進めてみてください!

※今なら“期間限定”JCB CARD Wのオトクな20%キャッシュバックキャンペーン開催中!!

jcbバナー



ApplePay(アップルペイ)ではQUICPay(クイックペイ)を利用する事が可能!

iPhoneやAppleWatchなどからキャッシュレス決済に利用できる「ApplePay(アップルペイ)」は、今や日本でも主流となった電子マネーの「QUICPay(クイックペイ)」にも対応しています。

出典:QUICPay

QUICPay対応のカードなどを利用している方は、ApplePayと組み合わせればスマホ一台で便利に決済でます!

※「QUICPayモバイル」の場合はAndroid向けのサービスとなるので、ApplePayでは利用できません。

▶︎ApplePayの使い方や対応しているお店、カードなどの詳細はこちら!

そもそもQUICPay(クイックペイ)とは?

出典:QUICPay

QUICPayとは、国際ブランドである「JCB」が展開する、カードやスマホからお店の端末にタッチするだけで支払い可能な電子マネーです。

QUICPayは大手コンビニをはじめ、スーパーや百貨店、飲食店などといった様々な場所で利用できますが、その魅力はクレジットカードを経由して自動的にチャージできる部分であり、利用分は自身が連携したクレジットカードから引き落としされます。

QUIQPayとQUICPayプラスの違いとは?

QUICPayでは、今までよりさらに便利で使いやすくなった「QUICPay+(クイックペイプラス)」と呼ばれる新サービスがありますが、QUICPayに対応している各カード会社で申し込みをすれば、ApplePay内にて搭載されるようになっています。

▶︎QUICPay+の申し込み方法の詳細はこちら!

なお、QUICPayとQUICPay+の両者の違いは以下の図の通りです。

出典:QUICPay

両者の大きな違いは「1回あたりの利用金額」であり、QUICPayが2万円であるのに対し、QUICPay+では2万円以上の利用が可能とされています。(※但し利用上限額は支払いに指定したカードや利用店舗によって異なる。)

また、従来のQUICPayではその利用分の支払い方法が「クレジットカード」に限られていましたが、QUICPay+ではクレジットカードに加え、「デビットカード」や「プリペイドカード」にも対応されるようになりました。

「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%の還元が得られるように!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日以降、日本では政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、対象店舗でQUIC Pay(Apple Pay)を含む「キャッシュレス決済」を行えば、その支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

「キャッシュレス・消費者還元事業」によるキャンペーン期間中、対象店舗でキャッシュレス決済をすると2%〜5%のポイント還元を受けることができ、Apple Payに搭載したQUIC Payも対象となります。

(※5%還元となる店舗は主に「中小・小規模の店舗」で、2%還元となる店舗は「フランチャイズチェーン・ガソリンスタンド」とされている。)

なので、普段の支払いを現金ではなくQUIC Payに設定するだけで最大5%の還元が上乗せされます。

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」についてもっと知りたい方はこちら!

ApplePayで使えるおすすめのQUIC Pay対応クレジットカードは?

QUIC Payに対応しているクレジットカードの中で、特にApple Payと組み合わせて使うのにおすすめなものを以下より紹介していきます。

Apple Payで利用すれば20%還元される「JCB CARD W」

「とにかく高い還元率を維持しながらApple Payを使いたい…。」

そんなあなたに断トツでおすすめなのが「JCB CARD W」です。

何を隠そう、JCB CARD Wは現在期間限定の「豪華キャンペーン」を開催しており、Apple PayにJCBを利用するだけで全員にもれなく20%がキャッシュバックされます!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年12月15日まで)
キャンペーン
  • Apple Pay、またはGoogle Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCB CARD Wでは、現在20%という度肝を抜くような大規模還元キャンペーンを開催していますが、JCB CARD Wに設定したApple Payで支払いすれば、あなたが普段から買っている食べ物や飲み物、そして前々から欲しいと思っていた「あの商品」も、その全てが20%OFFです。

さらにその20%還元に加え、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗で決済すれば+2%〜5%が上乗せされます!

それだけではありません!

今ならポイントが最大30倍となる期間限定キャンペーンも開催されている為、実質のポイント還元率をもっと底上げすることも可能です。

JCB CARD Wで20%を超える還元を受けながら買い物をしていれば、10月より10%へと引き上げられた消費税増税への対策にも繋がるでしょう。

20%のキャッシュバックを受けられるJCB CARD Wを使えば、今回増税された2%分もきっちりと取り戻すことができますからね。

「Apple Payでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」

「消費税の増税に備えて、これから高い還元率をキープしておきたい!」

そう考える方は、JCB CARD W一択で決まりでしょう!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

入会するだけで5,000ポイント還元される『楽天カード』

そして、ポイント還元率も高く万能に使えるのが『 楽天カード』です。

今なら入会するだけで5,000ポイント還元されるという超お得なキャンペーンも実施中です。

Apple Pay対応の国際ブランド MasterCard
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
キャンペーン 新規入会&利用でもれなく5,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 最高2,000万円

楽天カードを利用すると1%の「楽天スーパーポイント」が還元されますが、なんと 楽天カードでは、楽天市場でのお買い物でポイント還元が『最大15倍』になる”とんでもない”プログラムまで用意されています。

さらに、 楽天カードを『楽天ペイ』のチャージに利用すれば、ポイントの二重取りもできるので、Apple Pay以外にもたくさんの利用価値があると言えるでしょう。

「普段から楽天グループのサービスを頻繁に活用している。」
「安定的に高いポイント還元率を維持したい。」

上記に当てはまる方は、是非 楽天カードを利用してみてください!

ApplePay(アップルペイ)にQUICPay(クイックペイ)を設定する方法

ApplePayでQUICPayを追加して支払い設定をする場合、iPhoneに予め搭載されている「AppleWallet」を利用する必要があります。

Walletを開くと、以下の赤枠内にある「+」をタップします。

※Apple Payを利用する為には「パスコード」「Touch ID」などといったセキュリティが求められるので、予め設定しておきましょう。

 

その後はカードの読み取り画面が表示されるので、ここから追加したいカードを読み取ります。

そして後は読み取ったクレジットカードの情報を以下より確認して下さい。

その後は画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させてください。

ApplePay(アップルペイ)で設定したQUICPay(クイックペイ)の使い方

最後にApplePayで設定したQUICPayの使い方ですが、QUICPayのマークがあるお店にて店員さんにまず「QUICPayで支払います」と一声掛けたあと、自身が支払いしたいカードを画面上に表示させた状態で、お店の端末にかざしてください。

出典:QUICPay

なお、ApplePayによるQUICPayでの支払いはTouchIDやFaceIDでも行う事ができるので、セキュリティ性も万全です。

QUICPay(クイックペイ)に対応しているクレジットカード一覧

QUICPayは現在多くのクレジットカードにて対応されていますが、対応されている各種カードの一部を以下の一覧に五十音順にまとめています。(※一覧は2019年1月時点のものであり、カードの種類によっては一部対象とならないものもあります。)

クレジットカード

  • アプラス
  • アメリカン・エキスプレス
  • イオンカード
  • エポスカード
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • KDDIフィナンシャルサービス
  • ジェーシービーグループ
  • 静銀セゾンカード
  • ジャックス
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン・カードサービス
  • セブンCSカードサービス
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • 高島屋クレジットカード
  • トヨタファイナンス
  • 西日本旅客鉄道株式会社
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコスおよびフランチャイジー各社
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • 楽天カード
  • りそなカード
  • Yahoo!JAPANカード

プリペイドカード

  • au WALLETプリペイドカード

なお、詳細は各カード発行会社の公式サイトから確認するようにしてください。

ApplePay(アップルペイ)とQUICPay(クイックペイ)って何が違うの?

「そもそも、ApplePayとQUICPayって何が違うの…?」

そう思われる人も多いかもしれませんが、基本的にApplePayはクレジットカードや電子マネーをWalletアプリに搭載してスマホで決済する為の「iPhone上で決済する為の手段」、いわば「プラットフォーム的存在」です。

なので、実際にお店で決済しているのはApplePayに追加した他者のクレジットカードや電子マネーとなり、ApplePayそのもので支払いしているわけではありません。

従って、QUICPayはそれを使えば決済する事ができる「電子マネー」ですが、ApplePayはその電子マネーを「iPhone上で決済する為の手段」であり、電子マネーそのものではないのです。

QUICPay(クイックペイ)が使えるお店は?

QUICPayは、以下のQUICPayマークがついている日本全国のお店で利用する事ができます。

なお、使えるお店のジャンルはコンビニやスーパー、百貨店、飲食店などと様々であり、最近では「ディズニーランド」や「牛角」、「タリーズコーヒー」などでも使えるようになりました。

出典:QUICPay

また、他にもたくさんQUICPayを利用できるお店があるので、気になる方は以下のリンクから確認してみてください!

▶︎QUICPayの使えるお店をもっと詳しく見たい方はこちら!

QUICPay(クイックペイ)で開催されているお得なキャンペーンは?

QUICPayは各クレジットカードによって様々なポイント還元を受けられるのですが、それに加えて特定のQUICPay対象店舗で決済をすると更にお得なポイント還元やキャッシュバックが受けられます。

ディズニーストアでQUICPayを使うとその場で10%OFF!

ディズニーストアはQUICPayがおトク!その場で10%OFF!

出典:QUIC Pay

2019年10月31日までの間、ディズニーストアでQUICPayを利用すると、その場で支払い金額から10%が割り引かれるキャンペーンが実施されています!

※2019年11月追記:同キャンペーンは終了しました。

同キャンペーンは特に参加条件などがなく、Apple Payに設定したQUIC Payも対象なので、この機会に是非ディズニーストアでQUIC Payを使ってみてください!

「QUICPayを使って東京ディズニーリゾートへ行こう」キャンペーン

出典:QUICPay

QUICPay対象の店舗にてQUICPayで決済すると、抽選で500組の1,000人を対象に東京ディズニーリゾートのパークチケット(ペア)がプレゼントされます。

同キャンペーンはQUICPayご利用合計金額3,000円を1口として抽選され、その期間は2018年11月16日(金)~2019年3月25日(月)2019年10月31日(木)となっています。

※2019年11月追記:同キャンペーンは終了しました。

このように、QUICPayで決済を続けていれば、夢の国へのチケットが手に入るかもしれません!

なので、3,000円を超えるお買い物や支払いは是非QUICPayを利用してみてください。

▶︎東京ディズニーリゾートのキャンペーンに関する詳細はこちら!

QUICPay(クイックペイ)はApplePay(アップルペイ)でスマートに使いこなそう!

以上、QUICPayはApplePayに設定して使う事によって、財布からわざわざ物理的なカードを取り出す必要もなくなるので、更にその利便性が高まります。

例えば、

「財布を忘れてしまった…。」

といったような時も、AppleWalletにカードを設定しておけば安心です。

なお、上述したようにQUICPayではお得なポイント還元やキャッシュバックなどのキャンペーンも随時開催されているので、この機会に是非利用してみてください!

JCB CARD Wの20%キャッシュバックは期間限定なので、期限を過ぎると一切還元を受けられません!

jcbバナー

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー