【完全版】ApplePay(アップルペイ)のSuicaの使い方やチャージ、メリットまでを徹底調査

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ApplePayにてSuicaを利用する為の使い方やチャージ方法、メリットまでを徹底的に解説していきます。

今後、SuicaをiPhone上にあるApplePayから利用してみたいという方は、是非読み進めてみて下さい!

※Suicaへチャージするなら、 ビューカードを使えばオートチャージができてポイントも3倍!

 

ApplePay(アップルペイ)とは?

アイキャッチ画像
ApplePay(アップルペイ)とは、2016年より日本で開始されたキャッシュレス決済サービスであり、iPhoneやAppleWatchなどから利用することができます。

▶︎ApplePayの公式サイトはこちら!

ApplePayは様々なクレジットカードや電子マネーを読み込む事ができ、物理的なカードを不要にして「スマホ一台」から決済可能です。

そして、ApplePayに対応するクレジットカードや電子マネーの種類は様々であり、以下のマークがついている所で決済する事が可能です。

出典:Apple

気になる方は是非試してみてください!

▶︎ApplePayの使い方やメリットについてはこちら!

ApplePay(アップルペイ)はSuicaを登録して利用する事が可能!

出典:JR東日本

ApplePayは代表的な交通系電子マネーである「Suica」にも対応しており、ApplePayに読み込まれた「Suica」を使って駅の改札をくぐり抜けることが可能です。

出典:Apple

Suicaといえば、JR東日本が発行する交通系電子マネーであり、物理的な「ICカード」や専用アプリを使った「モバイルSuica」などがありましたが、SuicaをApplePayから利用すればさらに便利に決済を行う事ができます。

ApplePay(アップルペイ)でSuicaを利用するメリット

ApplePay

出典:Apple

ApplePayでSuicaを利用するメリットは主に以下の4つです。

  • カード不要でスマホからタッチして決済が可能
  • Suicaの残高をスマホからチャージする事もできる
  • ApplePayでSuicaを利用すれば年会費は無料!
  • お得にポイントを貯められる可能性がある

カード不要でスマホからタッチして決済が可能

ApplePayにSuicaを搭載させれば、物理的なICカードをわざわざ持つ事なく、スマホ一台でお店での決済をしたり、改札を通り抜けたりする事が可能となります。

従来のICカードの場合、決済の際にカードケースや財布などから都度カードを取り出す必要がありました。

しかし、SuicaのICカードをスマホに搭載すれば、スマホから不便なく利用する事ができるようになるでしょう。

今やスマホを持ち歩く事が当たり前となった現代において、スマホで完結できるサービスが便利である事はもはや言うまでもありません。

▶︎ApplePayのSuicaで定期券を購入・更新する方法に突いてはこちら!

ApplePay(アップルペイ)ならSuicaの残高をスマホからチャージする事もできる

なお、ApplePayならSuicaの残高をスマホ上からSuicaに登録したクレジットカード経由でチャージする事ができます。

これが従来の物理的なICカードの場合、駅の改札にある切符売り場などを使ってチャージする必要がありました。

そこでもしも行列が出来ていたとすれば、チャージをしている間に電車に乗り遅れてしまう事だって起こりえたでしょう。

しかし、ApplePayからクレジットカードを使ってSuicaにチャージする事によって、そのような問題も解決する事が出来ます。

▶︎Suicaにクレジットカードや現金でチャージする方法の詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)でモバイルSuicaを利用すれば年会費は無料!

なお、実はSuicaは物理的なICカードだけでなく「モバイルSuica」といった専用アプリが存在しているのですが、基本的にモバイルSuicaを利用する際には年会費1,030円がかかるようになっていました。

▶︎モバイルSuicaの詳細についてはこちら!

しかし、SuicaをApplePayで利用する場合にはその年会費が一切かからず無料となります。

なお、他にも「 ビューカード」と呼ばれるクレジットカードをSuicaに登録すれば無料となりますが、年会費を支払わなくて済む方法を事前にしっかりと確認しておきましょう!

Apple PayのSuicaで電車利用すれば2%のポイントが還元される!

2019年10月1日より、JRE POINT WEBサイトにて登録された「Suica」をJR東日本の鉄道で利用することで、最大2%の「JRE POINT」が還元されるようになりました。

上記のように、カードタイプのSuicaを利用した場合は200円ごとに1ポイント(0.5%)ですが、「モバイルSuica」や「Apple Pay」のSuicaを利用した場合は50円ごとに1ポイント(2%)が付与されるので、ポイント還元率4倍となり断然お得です。

なお、10月1日よりSuicaで適用されるポイント還元の対象は以下です。

  • Suicaの残高でJR東日本の在来線に乗車する度、その利用額に応じて還元される
  • Suicaグリーン券を購入する度、その購入額に応じて還元される
  • モバイルSuica定期券を購入する度、その購入額に応じて還元される

また、Suicaで2%のポイント還元を受ける為には、事前に「JRE POINT」のサイトにて自身の持つSuicaの番号を登録しておく必要があり、無記名式のSuicaは対象外となるので注意しておきましょう。

▶︎Suicaのポイント還元に関する詳細はこちら!

Suicaを利用するならApple Payでも使える「ビューカード」がおすすめ!

なお、これからSuicaをApple Payで利用していこうと考えている方にとって、「使わないと損」と言っても過言ではないほどのクレジットカードがあったことをご存知でしょうか?

それが、Suicaへのオートチャージが可能で、ポイントも3倍になって返ってくることで定評の「 ビューカード」です。

国際ブランド MasterCard / JCB / VISA
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%(Suicaへのチャージや定期券の購入などの場合は1.5%)
キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

Apple PayのSuicaにオートチャージできるのはビューカードのみ


Apple PayでSuicaを使う場合に、オートチャージすることができるのは ビューカードしかありません。

「いつもSuicaの残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。」
「残高不足で改札で止められることがしょっちゅうあるし、面倒くさいと思ってた…。」

今までこんな悩みを抱えていたあなたも、 ビューカードを使ってオートチャージの設定を行っておけば、もう二度とSuicaが残高不足で困ることもなくなるでしょう。

Suicaへのチャージに使えばポイント3倍


ビューカードでは通常1,000円の利用につきJRE POINTが5ポイント貯まりますが、Suicaへのチャージや定期券の購入に使うことで、そのポイントが3倍貯まるようになります。

はい、Suicaへのチャージも、オートチャージも、定期券の購入も、全てポイント3倍です。

さらに、貯まったポイントはそのままSuicaへとチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもないでしょう。

さらに!

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%のポイント還元があるので、「Suica×ビューカード」の組み合わせで6.5%の還元率も実現可能です。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎詳しくはこちらで解説!

今なら期間限定キャンペーンでもれなく5,000ポイントがもらえる

「でも、ビューカードって年会費かかるし、その辺りがコストにならないの…?」

ビューカードは年会費が税込で524円かかるので、このような心配をされる方もいるでしょう。

しかし、2020年1月31日までに ビューカードに新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされる豪華キャンペーンが実施されています。

そのキャンペーン内容は以下の通り。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

なお、これらを全てクリアすることが難しくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れます。

なので、最低でも ビューカードの年会費の4年分はそれだけで賄うことができるでしょう。

さらに、 ビューカードはSuicaのチャージや定期購入の度にポイント3倍となるので、長期的にSuicaを利用する方であれば、ほぼ損をすることはないと言って良いでしょう。

「Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。」
「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

このように考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

ApplePay(アップルペイ)でSuicaを利用するなら充電切れに要注意

なお、SuicaをApplePayで利用する際に最も気をつけておかないといけないのがiPhoneの充電切れです。

当然ですが、iPhoneの充電が切れてしまうとアプリ内のSuicaも利用する事が出来ません。

なので、普段日常的にApplePayからSuicaを利用する際は、iPhoneの充電が十分にあるかに注意しておき、万が一の時の為に多少の現金も保持しておく事をお勧めします。

ApplePay(アップルペイ)でSuicaを設定する方法

ApplePayにSuicaを設定する方法ですが、まずはiPhone内に搭載されている「Wallet」を開きます。

そして次に以下の赤枠内にある「+」をタップします。

その後は「Suica」を選択して次へ進みましょう。

そしてSuicaのカード裏面に記載のある下4桁の番号を「カード番号欄」に入力してください。

出典:Apple

その後は以下の図のように、SuicaにiPhoneの上部をかざして、動かさずに置いておきます。

出典:Apple

しばらく待って転送が完了した後、ApplePayに自分のSuicaが設定されます。

Suicaの残高をApplePay(アップルペイ)からチャージする方法

Suicaの残高をApplePayからチャージする方法ですが、それは以下の4ステップで出来ます。

1.iPhoneに搭載されている「Wallet」のアプリを起動する。

2.Walletから入金を行いたいSuicaを選択して「チャージ」をタップする。

3.チャージしたい金額を入力した後、「チャージ」をタップする。

4.最後にTouch ID(指紋認証)/Face ID(顔認証)を行って完了。

なお、Suicaでは他にも「モバイルSuicaのアプリからチャージする方法」や「オートチャージ機能を使う方法」などもあるので、気になる方は以下のリンクからチェックしてみて下さい!

▶︎Suicaのチャージに関する詳細はこちら!

ApplePay(アップルペイ)のSuicaで決済する方法

では、実際にSuicaをApplePayから決済する方法について見ていきしょう。

ApplePay(アップルペイ)のSuicaのコンビニでの使い方

ApplePayのSuicaでコンビニの支払いを行う場合、まずコンビニの店員に「Suicaで」と伝えた後、店舗側の読み取り端末にApplePayのSuicaの画面を表示してかざしてください。

これでApplePayのSuicaによる支払いは完了します。

なお、Suicaは代表的なコンビニである「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」などで利用する事が出来ます。

▶︎Suicaが利用できるお店の詳細についてはこちら!

ApplePay(アップルペイ)のSuicaの改札での使い方

ApplePayのSuicaを改札で使う方法ですが、予めWalletからSuicaの画面を開いておき、以下の写真のようにタッチを行なってください。

出典:Apple

方法はカード形式のSuicaと変わりませんが、スマホから行う事によって、わざわざ物理的なカードを取り出す必要が無くなり非常に便利です。

ApplePay(アップルペイ)にSuicaが登録できない場合に確認するべきこと

「ApplePayにSuicaが登録できない…。」

万が一そのような事が起こった時、まず自身の利用しているiPhone、もしくはAppleWatchが以下の対応デバイスに該当しているかをチェックしてみて下さい。

  • 日本国内で購入した iPhone 7 または iPhone 7 Plus
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • 日本国内で購入し、iPhone とペアリング済みの Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 3 または Apple Watch Series 4

※参考:Apple

なお、Suicaを追加する際、以下の手順も確認してみて下さい。

  • 使っているデバイスの国/地域が日本に設定されているかどうか
  • My Suica (記名式) や Suica 定期券を追加するときは生年月日 (これらのプラスチックカードを購入した時に入力した生年月日) も入力
  • SuicaのICカードを読み取る時にカード、もしくはデバイスを動かしていないか
  • Suica の残額が 19,500 円以下であるかどうか
  • iPhone または Apple Watch を再起動してみる
  • 最新バージョンのiOSまたはwatchOSにアップデートしているか

※参考:Apple

また、Suica機能付きのクレジットカードの場合は、Wallet でカードの種類として「クレジット/プリペイドカード」を選択することで Apple Pay に追加できますが、Apple Pay にはそのカードのクレジットカード機能しか取り込まれません。

そして、一部の Suicaは、ApplePayに追加する前に確認が必要になる場合があります。なので、該当する恐れのあるSuicaの場合はモバイルSuicaのアプリをダウンロードして会員登録を行う必要があります。

SuicaはApplePay(アップルペイ)で便利に利用しよう!

以上、SuicaはApplePayから利用する事で、よりその利便性を高められます。

特に、「財布も持たず、スマホ一台で生きていきたい。」といったような「ミニマリズム」的思考をお持ちの方にはピッタリでしょう。

なのでこの機会に是非、SuicaとApplePayを活用してキャッシュレス決済をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

また、

「Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。」
「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

と考える方は、是非Suicaと相性抜群のクレジットカードである ビューカードも申し込みしてみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー