ApplePayで使える交通系電子マネーはSuicaのみ【PiTaPaやTOICAは利用不可】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、各地域で発行されている交通系電子マネー(ICカード)をApple Payに登録して設定できるのかについて解説します。

Apple Payで交通系電子マネーを使いたいと思ってたんだけど、どれが対応してるの…?

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!

目次

    結論:Apple Pay(アップルペイ)に対応している交通系電子マネーはSuicaのみ

    出典:JR東日本

    早速結論ですが、Apple Payに対応している交通系電子マネーは「Suica」のみとなっており、それ以外の交通系電子マネーである「PASMO・TOICA・ICOCA・PiTaPa・Kitaca・Sugoca・manaca・はやかけん」などはApple Payで使えません。

    Apple Payに対応されている交通系電子マネー

    • Suica

    Apple Payに対応されていない主な交通系電子マネー

    • PASMO(パスモ)
    • TOICA(トイカ)
    • ICOCA(イコカ)
    • PiTaPa(ピタパ)
    • Kitaca(キタカ)
    • Sugoca(スゴカ)
    • manaca(マナカ)
    • はやかけん

    日本各地のエリアごとに様々な交通系電子マネーが発行されていますが、Suica以外はどれもApple Payに登録できないので、それらを使ってiPhoneから改札を通過することはできません。

    なお、SuicaといえばJR東日本が発行する交通系電子マネーですが、現状Apple Payに登録して駅の改札を通過したり、お店で支払いしたりできるのではSuicaだけです。

    Apple Pay(アップルペイ)で交通系電子マネーを使いたいならSuicaを利用しよう!

    出典:Apple

    というわけで、Apple Payを使って駅の改札を通過していきたいのであれば、お手元のiPhoneからSuicaを登録してみましょう!

    え、でもSuicaって特定のエリアでしか発行できないんじゃないの…?

    と思ってしまったかもしれませんが、Suicaは全国どこにいてもスマホから発行できます。

    ※ただし、Suicaで定期券を発行する場合は通勤区間に「JR東日本」の路線が含まれている必要があります。

    なので、休日に自身の持つ定期の区間外へお出掛けするなら、Suicaを使えばiPhoneから「ピピッ」とタッチして改札を通過できます!

    Apple Pay(アップルペイ)に登録したSuicaが利用可能なエリア

    出典:JR東日本

    なお、Suicaが利用できるエリアは以下の一覧表の通りであり、ほぼ全国各地で利用可能です。(※一部対応していないエリアもあるので注意しておいてください。)

    エリア 改札機の入出場 エリア 改札機の入出場
    Suicaエリア PASMOエリア
    odecaエリア × icscaエリア
    りゅーとエリア × ICOCAエリア
    PiTaPaエリア SAPICAエリア
    Kitacaエリア TOICAエリア
    manacaエリア SUGOCAエリア
    nimocaエリア はやかけんエリア

    上記に該当するエリアにお住いの方は、是非Apple PayにSuicaを登録してみてください!

    ※いずれも別々のエリアをまたがった移動はSuicaだとできないので注意しておきましょう。

    Apple Pay(アップルペイ)にSuicaを登録する方法は簡単!

    Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単です。

    Apple PayはSuicaカードを持っていなくてもバーチャルで発行できます▼

    まず、Walletアプリを開いて右上にある「+」をタップし、「続ける」を選択します。

    ※現在エブリプラスの発行は終了しております。

    そして、カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップしてください。

    利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaへチャージして使えるようにしましょう。(※VISAブランドのカードだとSuicaにチャージできません。)

    これで、Apple PayからSuicaを使っていくことができるようになります!

    「お得さ重視」で行くならSuicaよりも25%還元実施中の「dカード」がおすすめ!

    どうせなら、高還元を維持しながらApple Payを使いたい…。

    Apple Payを使って少しでもオトクに決済したいなら、現在25%還元キャンペーンを実施しているdカードがおすすめです!

    dカードの25%還元キャンペーンにおける最大還元額は5,000円なので、20,000円までの支払いで実質5,000円がタダとなります。

    しかも!

    今ならdカードでマイナポイントを申込んで買い物すれば、5,000円を上限として支払額の25%が還元されます!

    ▶︎マイナポイントについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

    最大5,000円相当の還元に加え、dカードの限定特典として500円が付与されるので、dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

    合計10,500円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

    是非安心と信頼のNTTドコモが提供しているdカードに登録してみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードを登録する方法

    Apple Payにカードを設定する方法は動画でも解説しています▼

    まずは「Wallet」を開いて「+」をタップし、カードの種類で「クレジットカード」を選択した後、カメラからカードの情報を読み取る、またはカード情報を手動で入力してください。

    ※現在エブリプラスの発行は終了しております。

    その後は画面に表示される手順に沿って、カードの設定を完了させましょう。

    iPhoneで他の交通系電子マネーを使えるようにする方法はないの?

    現状、ApplePayにSuica以外の交通系電子マネーの登録はできませんが、iPhoneケースを使ってICカードを格納さえすれば、実質的にiPhone端末を使ってSuica以外の交通系電子マネーで決済可能です。

    例えば、「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースなら、iPhoneの裏側にICカードを格納できます。

    出典:Yahoo!ショッピング

    なお、iPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れず用意しておきましょう。

    iPhoneでは磁気が発生しており、それがICカードの読み取りを妨げる要因の一つとなっていましたが、電波干渉防止シートを使えば、iPhoneから発生される磁気を防げます。

    なので、iPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

    まとめ:ApplePay(アップルペイ)で交通系電子マネーを使うならSuica一択!

    • Apple PayではSuica以外の交通系電子マネーは登録できない
    • Suicaにビューカードを登録してチャージすればポイントが3倍付与される

    以上、現状Suica以外の交通系電子マネーはApple Payに登録することはできず、今後それらがいつ対応されるのかも不透明となっています。

    なので、どうしてもApple Payを使って駅の改札を通過したい方は、Apple PayにSuicaを登録しておくようにしましょう。

    なお、Apple Payで少しでもお得に支払っていきたいのであれば、現在25%還元を開催しているdカードを使っていくのがおすすめです。

    dカードなら、Apple Payでの支払いも実質25%OFFにできますからね。

    是非この機会にdカードを使ってみてください!

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元