ApplePayで使える交通系電子マネーはSuicaのみ【PiTaPaやTOICAは利用不可】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、各地域で発行されている交通系電子マネー(ICカード)をApple Payに登録して設定できるのかについて解説します。

「Apple Payで交通系電子マネーを使いたいと思ってたんだけど、どれが対応してるの…?」

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


※交通系電子マネーを使うならSuicaと ビューカードを組み合わせて使おう!

 

結論:Apple Pay(アップルペイ)に対応している交通系電子マネーはSuicaのみ

出典:JR東日本

早速結論ですが、Apple Payに対応している交通系電子マネーは「Suica」のみとなっており、それ以外の交通系電子マネーである「PASMO・TOICA・ICOCA・PiTaPa・Kitaca・Sugoca・manaca・はやかけん」などはApple Payで使えません。

Apple Payに対応されている交通系電子マネー

  • Suica

Apple Payに対応されていない主な交通系電子マネー

  • PASMO(パスモ)
  • TOICA(トイカ)
  • ICOCA(イコカ)
  • PiTaPa(ピタパ)
  • Kitaca(キタカ)
  • Sugoca(スゴカ)
  • manaca(マナカ)
  • はやかけん

日本各地のエリアごとに様々な交通系電子マネーが発行されていますが、Suica以外はどれもApple Payに登録できないので、それらを使ってiPhoneから改札を通過することはできません。

なお、SuicaといえばJR東日本が発行する交通系電子マネーですが、現状Apple Payに登録して駅の改札を通過したり、お店で支払いしたりできるのではSuicaだけです。

Apple Pay(アップルペイ)で交通系電子マネーを使いたいならSuicaを利用しよう!

出典:Apple

というわけで、Apple Payを使って駅の改札を通過していきたいのであれば、お手元のiPhoneからSuicaを登録してみましょう!

「え、でもSuicaって特定のエリアでしか発行できないんじゃないの…?」

と思ってしまったかもしれませんが、Suicaは全国どこにいてもスマホから発行できます。

※ただし、Suicaで定期券を発行する場合は通勤区間に「JR東日本」の路線が含まれている必要があります。

なので、休日に自身の持つ定期の区間外へお出掛けするなら、Suicaを使えばiPhoneから「ピピッ」とタッチして改札を通過できます!

Apple Pay(アップルペイ)に登録したSuicaが利用可能なエリア

出典:JR東日本

なお、Suicaが利用できるエリアは以下の一覧表の通りであり、ほぼ全国各地で利用可能です。(※一部対応していないエリアもあるので注意しておいてください。)

エリア 改札機の入出場 エリア 改札機の入出場
Suicaエリア PASMOエリア
odecaエリア × icscaエリア
りゅーとエリア × ICOCAエリア
PiTaPaエリア SAPICAエリア
Kitacaエリア TOICAエリア
manacaエリア SUGOCAエリア
nimocaエリア はやかけんエリア

上記に該当するエリアにお住いの方は、是非Apple PayにSuicaを登録してみてください!

※いずれも別々のエリアをまたがった移動はSuicaだとできないので注意しておきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)にSuicaを登録する方法は簡単!

Apple PayにSuicaを登録する方法は簡単です。

まず、Walletアプリを開いて右上にある「+」をタップし、「続ける」を選択します。

そして、カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップしてください。

利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaへチャージして使えるようにしましょう。(※VISAブランドのカードだとSuicaにチャージできません。)

これで、Apple PayからSuicaを使っていくことができるようになります!

▶︎Apple PayでSuicaを登録するメリットや使い方の詳細はこちら!

Suicaと「ビューカード」を組み合わせればかなりお得に使える!

そしてSuicaをApple Payに登録して支払っていくのであれば、Suicaへのチャージでポイントが1.5%付与される ビューカードが断トツでおすすめです!

国際ブランド MasterCard / JCB / VISA
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%(Suicaへのチャージや定期券の購入などの場合は1.5%)
キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

ビューカードをSuicaへのチャージに使えばポイント3倍!

1000円ごとに5ポイント、オートチャージ設定でポイント3倍

ビューカードは通常1,000円の利用につき5円相当のJRE POINTが貯まりますが、Suicaへのチャージに使えばポイントが3倍の1.5%となります。

なお、貯まったポイントはそのままSuicaへチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

そして、今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%のポイント還元があるので、「Suica×ビューカード」の組み合わせで支払えば最大6.5%の還元率も実現可能です。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎詳しくはこちらで解説!

また、 ビューカードはSuicaへオートチャージできる機能も備わっていますが、オートチャージの利用可能エリアは「首都圏Suica・PASMOエリア、仙台エリア、新潟エリア」のみとなっており、それ以外のエリアではオートチャージできません。

今なら期間限定でもれなく5,000ポイントが付与される

「ビューカードって年会費かかるし、その辺がコストになるんじゃないの…?」

ビューカードは年会費が税込で524円かかってしまいますが、2020年1月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされています。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

上記の条件を全てクリアしてポイントを受け取るのが難しくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの年会費4年分は賄えるでしょう。

ビューカードをSuicaのチャージに使えばポイントが1.5%付与されるので、年に1万円以上チャージすれば年会費で損をすることもありません。

「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

その他Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード

「とにかくApple Payを使って高いポイント還元率を維持しながら決済したい…。」

と考える方は、Apple Payにクレジットカードを登録して利用していきましょう。

以下ではApple Payにおすすめのクレジットカードを紹介します。

JCB CARD W

「とにかく高還元を維持しながらApple Payを使いたい…。」

と考える方におすすめなのが「JCB CARD W」です。

JCB CARD Wは2019年12月31日までに入会するだけで、新規入会者限定として一定期間ポイントが最大30倍にとなります!

JCB CARD Wでは「Amazon」や「セブンイレブン」「スターバックス」などが「優待店」として定められているので、あなたもよく利用しているようなお店でのお買い物がさらにオトクとなるでしょう。

さらに、2020年3月31日までにJCB CARD Wへ入会すれば最大14,000円がキャッシュバックされる特典もあるので、Apple Payでとにかく高い還元率を維持したい人は、是非JCB CARD Wを使ってみてください!

Apple Pay対応の国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年12月15日まで)
キャンペーン
  • Apple Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円
jcbバナー

dカード

なお、 dカードもApple Payへの登録におすすめのクレジットカードです。

dカードをApple Payに初回設定することで、今ならもれなく1,000ポイントが受け取れます。

さあ、dカードでApple Payを はじめよう! 初回設定でもれなく1,000ポイントプレゼント!

dカードは100円のお買い物につき1ポイントが貯まりますが、ドコモユーザーの方であれば毎月のドコモ利用料金の1%をプラスで貯められたり、最大1万円までのスマホの補償を受けられたりします。

なので、「あ、俺ドコモユーザーだ。」と思った方は、今すぐ dカードの登録を急ぎましょう!

年会費 永年度無料
ポイント還元率 1%(dポイント)
国際ブランド VISA・MasterCardに対応
対応電子マネー iD(Apple Payにも搭載可能)
キャンペーン
  • 新規入会限定キャンペーン(最大8,000円分プレゼント)
その他主な特典 ・dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
・お買い物安心保険(年間100万円まで)
・海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードを登録する方法

まずは「Wallet」を開いて「+」をタップし、カードの種類で「クレジットカード」を選択した後、カメラからカードの情報を読み取る、またはカード情報を手動で入力してください。

その後は画面に表示される手順に沿って、カードの設定を完了させましょう。

iPhoneで他の交通系電子マネーを使えるようにする方法はないの?

現状、ApplePayにSuica以外の交通系電子マネーの登録はできませんが、iPhoneケースを使ってICカードを格納さえすれば、実質的にiPhone端末を使ってSuica以外の交通系電子マネーで決済可能です。

例えば、「iSPACE」と呼ばれるiPhoneケースなら、iPhoneの裏側にICカードを格納できます。

出典:Yahoo!ショッピング

なお、iPhone本体にICカードを格納する際は、「電波干渉防止シート」を忘れず用意しておきましょう。

iPhoneでは磁気が発生しており、それがICカードの読み取りを妨げる要因の一つとなっていましたが、電波干渉防止シートを使えば、iPhoneから発生される磁気を防げます。

なので、iPhoneケースにICカードを格納する場合、電波干渉防止シートが搭載された物を使う、あるいは別で販売されている防止シートを購入するようにしましょう。

まとめ:ApplePay(アップルペイ)で交通系電子マネーを使うならSuica一択!

  • Apple PayではSuica以外の交通系電子マネーは登録できない
  • Suicaにビューカードを登録してチャージすればポイントが3倍付与される

以上、現状Suica以外の交通系電子マネーはApple Payに登録することはできず、今後それらがいつ対応されるのかも不透明となっています。

なので、どうしてもApple Payを使って駅の改札を通過したい方は、Apple PayにSuicaを登録しましょう。

そしてApple PayでSuicaを使うなら、Suicaへのチャージで1.5%の還元が得られる ビューカードがおすすめです。

ビューカードはApple Payからも利用できるので、この機会に是非 ビューカードも登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー