ApplePay(アップルペイ)にVISAは使えない?登録可能な対応カードを徹底解説

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

編集長
本記事では、ApplePayに対応しているVISAカードについて解説していきます。
早速結論ですが、Apple PayはVISAにも対応しているものの、VISAだとアプリやWebサイトでの支払いや、Suicaへのチャージには使えません。
なので、Apple Payを不便なく使いこなすなら、MasterCardブランドのカードを登録しておくのがおすすめです!

目次

    結論:ApplePay(アップルペイ)はVISAのクレジットカードにも対応している

    出典:Apple

    iPhoneやAppleWatchからキャッシュレス決済ができるApplePayですが、結論ApplePayはVISAにも一部対応しています。

    ApplePayでVISAに対応されているのは「iD」や「QUICPay」「Suica」「タッチ(コンタクトレス)決済」などの支払い方法が使えるもの。

    出典:Apple

    なのでVISAを利用する際は上記に対応しているかを見ておきましょう。

    ApplePay(アップルペイ)でVISAデビットカードは対応している?

    2020年2月現在、ApplePayではVISAデビットカードへの対応はされていません。

    なので、デビットカードはVISAであってもJCBであっても利用できないとされています。

    現在であれば、三井住友やりそななどといった金融機関がデビットカードを発行していますが、そのようなカードを「ApplePayで使いたい」というのであれば、今後の対応を待つしかありません

    ※追記:みずほ銀行の発行するデビットカード「Smart Debit」であればデビットカードでもApple Payで利用可能となりました!

    ▶︎ApplePayのデビットカードに関する詳細はこちら!

    ApplePay(アップルペイ)ではVISAだと使えないサービスもある

    なお、ApplePayではVISAだと一部利用できないサービスもあるので注意が必要です。

    何が利用できないのかというと、それは主に以下の2つです。

    • アプリやWEBサイト内でのApplePayの支払いができない
    • WalletアプリからSuicaにチャージできない

    VISAだとアプリやWEBサイト内でのApplePayの支払いに使えない

    2019年4月現在、ApplePayではアプリやWEBサイト内における支払いにVISAを利用する事ができません。

    本来、ApplePayは実店舗に限らず、WEBサイトやアプリ内での課金やショッピングでも利用が可能でした。

    出典:Apple

    これらのアプリやWebサイト内での支払いもスムーズに決済ができる、という点はApplePayの一つの魅力でしたが、現状VISAではそれに対応されていないので注意が必要です。

    VISAだとWalletアプリからSuicaにチャージする際登録ができない

    なお、VISAだとApplePay内(Walletアプリ)からSuicaに直接チャージする事もできません。

    ですが、Suicaの専用アプリである「モバイルSuica」からであればVISAでも登録してチャージを行うことが可能なので、ApplePayのSuicaを使っていて「どうしてもVISAカードからチャージがしたい」というのであれば、モバイルSuicaから行うようにしてみてください!

    ▶︎ApplePayのSuicaに関するチャージ方法の詳細はこちら!

    海外旅行でApplePay(アップルペイ)にVISAは使える?

    じゃあ、VISAを追加したApplePayは海外でも使えるの…?

    海外旅行を計画している方にとっては、こういった疑問もお持ちなのではないでしょうか。

    ですが、結論海外ではVISAのカードを使ったApplePayを利用する事はできません。※2020年2月現在

    現状海外でもApplePayが使えるとされているのは「JCB」「MasterCard」「アメックス」などといったブランドとされています。(※但し一部利用できないカードもあるので注意が必要です。)

    このApplePayは近隣の国だと中国や香港、台湾、シンガポール、欧米だとアメリカやカナダ、イギリスなどでも利用できます。

    (※筆者が香港を訪れた際は、コンビニやファストフード店などのあらゆる場所でApplePayが利用できました。)

    なので、上記の対応カードをお持ちの方は是非海外に訪れた際にApplePayを利用してみてください。

    ▶︎もっと詳しくApplePayに対応している国や地域を確認したい方はこちら!

    Apple Payをお得に使うなら最大12,000円までの20%還元がある三井住友カードがおすすめ!

    どうせなら、お得にApplePayを使える方法を知りたい…。

    とお考えの方は、三井住友カードを使うのがベストです。

    なぜなら、三井住友カードを新規申込して使えば、今なら12,000円を上限とした”20%還元キャンペーン”が開催されているからです!

    なので…ApplePayで三井住友カードを利用すれば、支払いが実質12,000円分がタダに。

    さらに、今なら三井住友カードをApple Payに新規設定することで、期間限定で1,000円分の支払いがタダとなります!

    実際に僕もApple Payに三井住友カードに登録してますが、普通にかっこいいカードです。

    これからポイント還元率を重視した支払いをしていくなら、三井住友カードを一枚は持っていて損はありません。是非この機会に三井住友カードを使ってみてください。

     

    三井住友カードの概要

    還元率
    • 20%(※最大12,000円)
      通常0.5〜2.5%
    年会費
    • 初年度無料(※2年目以降も1回の利用+「マイ・ペイすリボ」への登録で無料)
    開催中キャンペーン
    • もれなく最大12,000円還元キャンペーン
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
    • ショッピング補償:年間100万円まで

    ApplePay(アップルペイ)に対応しているVISAのまとめ

    • ApplePayではVISAにも一部対応している
    • VISAだとアプリやWEBサイトでのApplePayの支払いに利用できないので注意が必要
    • 現状海外では日本のVISAを利用することができない

    以上がApplePayでのVISAの対応状況についてでしたが、現状VISAだとモバイルSuicaへのチャージやアプリ、Webサイトでの支払いなどができません。

    なので、「ApplePayのサービスを隅々まで利用したい」という方は他のJCBやMasterCardなどのブランドで利用していった方が良いでしょう。

    ですが、今後はVISAも全てのサービスに対応されていく可能性もあるので、最新情報は各自で収集しておきましょう。

    ※Apple Payでクレジットカードを登録するなら、現在最大12,000円までの20%還元を実施中の三井住友カードがオススメ!!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元