auPAYとauWALLETの違いを徹底解説【今なら最大25%還元が実現可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、au PAYとau WALLETの違いについて紹介していきます。※au PAYはauユーザー以外でも使えます!

au PAYとau WALLETってどう違うの…?

と悩むあなたの疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※au PAY利用者必見※】

au PAYにdカードを使えば
最大5,000円が還元される!!

しかも、年会費は“永年”無料

目次

    au PAYとau WALLETの違い

    そもそもau PAYとau WALLETってどう違うの…?

    と疑問に思われたかもしれませんが、au PAYとau WALLETは別物です。

    ざっくり違いを分けると、au PAYは残高にチャージしてスマホからQRコード決済をする為のサービスであり、反対にau WALLETはプリペイドカード(電子マネー)です。

    au PAYとau WALLETの違いまとめ

    au PAY au WALLET
    支払い方法
    • QRコード
    • スキャン支払い
    • プリペイドカード
    • クレジットカード
    • Apple Pay
    使えるお店 au PAYが対応されているお店
    ▶︎詳しくはこちら
    VISA/MasterCardが使えるお店

    au PAYはQRコード決済サービス

    au PAYは2019年4月よりKDDIによって新しく提供されるようになったQRコード決済サービスです。

    日本で普及しているQRコード決済サービスと言えば、他にもPayPayやLINE Pay、楽天ペイといった「Pay」と名のつくものがありますよね。

    au PAYもそのQR決済サービスの一つであって、電子マネーではありません。

    なおau WALLETは、「au WALLETプリペイドカード」や電子マネー機能が搭載された「au WALLETクレジットカード」がありますが、au PAYには「au PAYカード」といったものはなく、あくまでスマホから決済する為のプラットフォームとなっています。

     

    au PAYの概要

    還元率
    • 0.5%
    特長
    • auユーザー以外でも利用可能
    • auスマートパスプレミアム会員はキャンペーン時にポイント還元率が倍増する場合がある
    • au PAYカードを使えばPontaポイントの二重取りも可能
    支払い方法
    • クレジットカードで支払う
    • au PAY残高で支払う
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート
    【飲食】 松屋 / 上島珈琲店 / PIZZA-LA 【居酒屋】 和民 / 魚民 / 目利きの銀次 / 山内農場 / ミライザカ 【家電量販店】 エディオン / Joshin / ケーズデンキ / ビックカメラ ※au PAYは楽天ペイの対象加盟店において決済が可能。
    セキュリティ体制
    • Face IDなどで画面をロックできる
    こんな人におすすめ!
    • auスマートパスプレミアム会員の方
    • Pontaポイントを貯めていた方
    ▶︎au PAYのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    au WALLTは電子マネー

    以下のマークがある場所、QUICPay加盟店、QUICPay+加盟店で使えます。

    出典:au WALLET

    そもそもau WALLETとは、KDDIが提供するプリペイドカード(電子マネー)であり、QRコードを使って支払えるわけではありません。

    au WALLETに類似するプリペイドカードを例に挙げると、nanacoやWAON、楽天Edyといったところでしょうか。

    これらは全て電子マネーであり、au PAYのようなQRコード決済とは異なっています。

    au PAYを使うなら25%還元実施中の「dカード」がおすすめ!

    今au PAYを使えば通常1%のau WALLETポイントが還元されますが、au PAYのチャージにdカードを使えば、最大5,000円が“もれなく”もらえる25%還元キャンペーンが受けれます!

    しかも、dカードは年会費も永年無料で使える上、au PAYに限らず、Apple Payやd払いでも登録してお得に支払えます。

    どうせなら、au PAYで25%還元を受けたい…。

    という方は、是非安心と信頼のdカードに登録してみてください!(※au PAYにチャージするならMasterCardを選択しましょう)

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(合計最大8,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    au PAYとau WALLETの支払い方法の違い

    では、au PAYとau WALLETの支払い方法の違いを比較してみましょう。

    au PAYはQRコード支払い/スキャン支払いがある

    au PAYの支払い方法は「QRコード払い」と「スキャン支払い」の2つがあります。

    QRコード支払いは、上記の画面にあるQRコードを店員さんに読み取ってもらい支払いを完了させますが、スキャン支払いは自分でお店のQRコードを読み取って支払います。

    なお、au PAYで支払う為には残高へチャージする必要がありますが、au PAYへチャージする方法は合計8通りあるので、詳しくは以下の記事より確認してみてください!

    ▶︎au PAYへチャージする8つの方法はこちら!

    au WALLETはカードやApple Payから支払える

    一方、au WALLETは電子マネーとして「au WALLETプリペイドカード」から支払えます。

    なお、au WALLETプリペイドカードはApple Payにも搭載可能でなので、カードからだけでなく、スマホから便利に使うこともできます。

    以下のマークがある場所、QUICPay加盟店、QUICPay+加盟店で使えます。

    au PAYとau WALLETの使えるお店の違い

    では、au PAYとau WALLETの使えるお店の違いを見ていきましょう。

    結論から言うと、現状使えるお店は「au WALLET」の方が多くなっています。

    au PAYの使えるお店

    au PAYが使えるお店は徐々に拡大を広げていますが、au PAYは楽天ペイの対象加盟店でも利用可能です。

    では、各ジャンル毎に使えるお店を一覧表で見ていきましょう。

    au PAYが使えるコンビニ

    au PAYが使えるコンビニは以下です。※2020年2月現在

    • ローソン
    • セブンイレブン
    • ファミリーマート
    • ミニストップ
    • セイコーマート
    • ポプラ

    上記のように、au PAYは主要なコンビニ全店で対応済みです。

    au PAY以外にもPayPayやLINE Pay、メルペイ、楽天ペイなどが主要なコンビニで使えます。

    au PAYが使える家電量販店

    au PAYが使える家電量販店は以下です。※2020年2月現在

    • ビックカメラ
    • コジマ
    • ケーズデンキ
    • ソフマップ
    • Joshin
    • 100満ボルト
    • ヤマダ電機
    • ベスト電器
    • マツヤデンキ
    • ペイシア電器
    • ツクモ

    比較的高単価な商品が多く取り揃えられる家電量販店ですが、ご覧の通りau PAYは主要な家電量販店であるビックカメラやエディオン、ケーズデンキなどといった場所で使えるので安心です。

    au PAYが使える飲食店

    au PAYが使える飲食店は以下です。※2020年2月現在

    • 松屋
    • 日高屋
    • 上島珈琲店
    • PIZZA-LA
    • はなまるうどん
    • ミスタードーナツ
    • サンマルクカフェ
    • Wendys
    • FRESHNESS BURGER
    • 牛角
    • スシロー
    • ほっかほっか亭
    • かっぱ寿司
    • 元気寿司

    ▶︎au PAYが使えるお店の詳細はこちら!

    au WALLETの使えるお店

    au PAYに対してau WALLETプリペイドカード/クレジットカードは、国際ブランドである「VISA」や「MasterCard」に対応するお店で利用できます。

    キャッシュレスが浸透し始めている今、主要なお店のほとんどはVISAやMasterCardのような国際ブランドにも対応しているでしょう。

    なお、VISAやMasterCardはもちろん海外でも決済に使えるので、au WALLETなら海を越えた支払いもできます!!

    なお、au WALLETでは以下のようなお店で使うとポイントが増量されてお得となります!※通常は200円の支払いにつき1ポイント(0.5%)

    ▼ポイント還元増量の詳細は以下でご確認ください!

    ▶︎au WALLETでポイント還元率がアップするお店の詳細はこちら!

    結論:au PAYとau WALLETを上手に使い分けよう!

    au PAYとau WALLETの違いまとめ

    au PAY au WALLET
    支払い方法
    • QRコード
    • スキャン支払い
    • プリペイドカード
    • クレジットカード
    • Apple Pay
    使えるお店 au PAYが対応されているお店
    ▶︎詳しくはこちら
    VISA/MasterCardが使えるお店

    というわけで、au PAYとau WALLETはそれぞれ違った特徴があり、各支払い方法毎に一長一短あります。

    例えば、

    出来るだけたくさんのお店で支払いに使えた方が良い…。

    Apple Payでサクッと便利に支払いたい…。

    と考えている方なら、au WALLETをApple Payに設定して支払うのが良いでしょう。

    是非この機会に、au PAYをフル活用してみてください!

    【※au PAYユーザー利用必須※】

    au PAYにdカードを使えば合計25%もの還元アリ!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元