「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?ポイント還元率の高い決済アプリや対象店舗を徹底調査

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、今話題を集めている「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要やポイント還元率について解説していきます。

「キャッシュレス・消費者還元事業ってなに…?どんなメリットがあるの…?」

と悩んでいた方もご安心ください。本記事を最後まで読めば、「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要を完全に理解し、どうすればより高い還元率で決済できるのかを熟知できます。

是非参考にしてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のことです。

2019年10月1日より消費税が8%から10%へと増税されましたが、同還元事業は、ポイント還元によって「増税後の消費活動の鈍化防止」、そして「日本全体でのキャッシュレス対応による生産性向上や利便性向上」などを実現する為に開催されました。

そして何を隠そう、同還元事業では、対象店舗にてキャッシュレス決済を行うだけで最大5%のポイント還元が実施される「空前の大還元キャンペーン」が用意されているのです。

対象店舗でキャッシュレス決済すると2〜5%のポイント還元が得られる

「キャッシュレス・消費者還元事業」によるキャンペーン期間中、対象店舗でキャッシュレス決済をすると2%〜5%のポイント還元を受けることができます。

他の先進国に比べ、圧倒的にキャッシュレス化が遅れている日本。

出典:経済産業省

この現状を何とか打破しようと、日本政府は2025年までに「キャッシュレス決済の比率を40%まで高める」といった目標を掲げました。

その為の施策として、今回同還元事業に加盟する対象店舗で2%〜5%のポイント還元が設定されるようになりましたが、それによって、

「あれ…増税したのに、増税前よりお得に買い物ができちゃう…。」

といったような、異常なまでにお得な還元祭が日本全国を舞台にして繰り広げられるようになったのです。

なお、ポイント還元の対象となる店舗は以下のマークがついているお店となります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」で2%になる店舗と5%になる店舗の違い

「でも、支払うお店によって還元率が違うけど、その違いって何なの…?」

と疑問に思うかもしれませんが、その違いを大きく分けると以下です。

5%還元となる店舗

  • 中小・小規模の店舗

2%還元となる店舗

  • フランチャイズチェーン店舗
  • ガソリンスタンド

なので、フランチャイズ展開されている代表的なファーストフード店や大手のコンビニなどは2%となりますが、2%と5%を分ける明確な基準というのは現状不明です。

なお、同還元事業は実店舗だけでなく、「Amazon」や「Yahoo!ショッピング」、「Rakuten」といったネットショッピングも対象とされています。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

「キャッシュレス・消費者還元事業」でポイント還元の対象となる決済手段は?

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

では、「キャッシュレス・消費者還元事業」にてポイント還元の対象となる決済手段を確認していきましょう。

同還元事業で定義されている「キャッシュレス決済」は、大きく以下3種類に分けられます。

  • スマホ決済(QRコード決済)
  • 電子マネー(プリペイドカード)
  • クレジットカード(デビットカード)

QRコード決済

スマホ決済(QRコード決済)とは、QRコードやバーコードを用いた電子決済の方法のことを言い、スマホアプリにクレジットカードや電子マネー、銀行口座などを登録して支払います。

ポイント還元の対象となる主なスマホ決済サービス

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • d払い
  • Origami Pay
  • au PAY
  • ゆうちょPay
  • YOKA!Pay

これらのスマホ決済サービスでは、同還元事業によるポイント還元の他、独自でポイント還元やキャンペーンを定められていることも多く、サービスによってはかなりお得に決済していくことも可能となります。(※詳しくは後述します。)

▶︎スマホ決済サービス全12種類を徹底比較したい方はこちら!

電子マネー(プリペイド)

電子マネーとは、カードやスマホアプリにあらかじめお金をチャージして支払う決済手段のことをいい、お店の端末で読み取ってもらうことで支払いが完了します。

ポイント還元の対象となる主な電子マネー

  • Suica
  • ICOCA
  • PASMO
  • PiTaPa
  • J-Debit
  • Tマネー
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON

例えば、利用可能店舗も多くて便利な主要な交通系電子マネー「Suica」もポイント還元の対象となっていますが、 ビューカードでSuicaにオートチャージすれば、最大6.5%のポイント還元を維持することも可能です。

クレジットカード/デビットカード

クレジットカードとは、カードを使って商品やサービスの代金を後払いできる決済手段であり、デビットカードとは、商品・サービスの購入と共に銀行口座から即時引き落としされる決済手段です。

ポイント還元の対象となるクレジットカードのブランド

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス

なお、その他にも様々なキャッシュレス決済が同還元事業のポイント還元に対応しているので、詳しくはこちらからご確認ください!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

「キャッシュレス・消費者還元事業」による各スマホ決済のポイント還元率を比較!

「じゃあ、どの決済サービスを使うのが一番お得なの…?」

とお悩みのあなたの為に、代表的なスマホ決済サービスにおけるポイント還元率をお一覧表でご紹介します。(※2019年10月2日現在)

アプリ名 還元率
PayPay ・通常は1.5%
・2%還元の対象店舗なら3.5%
・5%還元の対象店舗なら10%(〜11/30)
LINE Pay ・通常は0.5〜2%
・2%還元の対象店舗なら最大4%
・5%還元の対象店舗なら最大7%
メルペイ ・通常はポイント還元無し
・2%還元の対象店舗なら2%
・5%還元の対象店舗なら5%
楽天ペイ ・全店舗で5%(〜12/2)
au PAY ・通常0.5%
・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
・2%還元の対象店舗なら2.5%(プレミアム会員は3.5%)
・5%還元の対象店舗なら5.5%(プレミアム会員は6.5%)
d払い ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で通常0.5%
・2%還元の対象店舗なら2.5%
・5%還元の対象店舗なら5.5%
ファミペイ ・2020年6月までは2.5%
Origami Pay ・通常銀行口座からの支払いなら3%(クレジットカードの場合は1%)
・2%還元の対象店舗なら最大5%
・5%還元の対象店舗なら最大8%
Apple Pay JCBカードWを設定して支払いすれば最大25%も可能
Google Pay JCBカードWを設定して支払いすれば最大25%も可能

PayPay(ペイペイ)なら期間中ポイント還元率最大10%!

既に1,000万ダウンロードを突破し、スマホ決済サービスの中でも特に高い人気を誇っているPayPayですが、PayPayでは2019年11日30日まで「まちかどペイペイ第1弾」と呼ばれるキャンペーンが開催されており、期間中に「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟する5%還元対象店舗で決済すれば、なんと合計10%のPayPayボーナスが付与されます!

なので、5%の還元対象店舗で支払いをするのであれば、PayPayがかなり有力となりえるでしょう!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

楽天ペイなら期間中どこで支払いしても還元率5%

楽天グループが提供する楽天ペイでも熱いキャンペーンが開催されており、2019年12月2日までの期間中であれば、楽天ペイで支払い可能な全ての店舗で5%が還元されます。

なので、楽天ペイであれば「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟の有無や還元率に関わらず、全ての店舗で一律5%が還元されるのです。

なので、還元率が安定した楽天ペイを基本的に利用していきながら、「5%還元の対象店舗では、最大10%の還元が設定されているPayPayを利用する」といったような使い分けもできますね。

なお、楽天ペイでの支払いに 楽天カードを登録していれば、 楽天カードでも+1%の楽天ポイントが加算され、合計6%の還元を得られるようになります。

気になる方は、合わせて 楽天カードも登録して使ってみてください!

ApplePayやGooglePayで「JCBカードW」を使えば最大25%還元も可能に!?

なお、PayPayや楽天ペイ以外にも、最大25%以上のキャッシュバックが受けられる“超激アツ”な支払い方法があったことをご存知でしょうか?

それが、Apple Pay、もしくはGoogle Payに「JCBカードW」を設定して支払うという方法です。

Apple PayやGoogle PayにJCBカードWを設定して支払えば、今なら期間限定で全員にもれなく20%がキャッシュバックされます!

国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年8月16日〜12月15日まで)※通常時は1,000円につき1ポイント(実質還元率0.3〜0.5%)
キャンペーン
  • Apple Pay、またはGoogle Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCBカードWでは、現在20%という度肝を抜く大規模還元キャンペーンを開催されていますが、それに加えて「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗で決済すれば、+2%または5%が上乗せされます。

さらに!

今ならポイントが最大30倍となる期間限定キャンペーンも開催されている為、実質のポイント還元率をもっと底上げすることも可能です。

「Apple PayやGooglePayでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」
「増税対策の為に、高い還元率をキープしておきたい!」

そう考える方は、是非JCBカードWを設定してみてください!

jcbバナー

「キャッシュレス・消費者還元事業」でポイント還元の対象となる加盟店を探すには?

次に「キャッシュレス・消費者還元事業」でポイント還元の対象となる加盟店を探す方法ですが、それは「公式サイトから探す方法」と「公式のアプリをインストールして探す方法」の2つがあります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の公式サイトから探す

まずはこちらにアクセスして位置情報を許可すれば、以下のように周辺の対象店舗が表示されるようになります。

なお、「絞り込み」をタップすれば、「カテゴリー・還元率・決済手段」などを絞り込みして検索できるようになります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」のアプリをインストールして探す

「キャッシュレス・消費者還元事業」では公式アプリもリリースされています。

その使い方ですが、まずApp StoreもしくはGoogle Playからアプリをインストールし、位置情報を許可して周辺の黄色いアイコンをタップすれば、各対象店舗の還元率や対象のキャッシュレス決済を確認できます。

ただ、現状同アプリに絞り込み機能はついておらず、どの店舗がどこにあるのかも、タップしてからでないと知ることができません。

GooglePlayのアプリレビューではこんなコメントも。

「すごく使いにくい!同一店舗の重複が多いと思ったら支払い方法が違うだけだったりする。同じビル内の店舗は中心にまとめられてて選択するまで店舗名が分からない。」

「使いにくいという以前に、実用に耐えるレベルにありません。 還元率と決済方法の情報を整理するだけのことが、そんなに難しいでしょうか?」

「Web版のほうがリスト表示できるだけ、まだまし。 制度設計が悪かったのだろうが、1つのピンで決済方法が複数表示されてるところと、一つ一つバラバラのピンで表示されてるものがある。」

なので、現状は絞り込み機能もあるWeb版でお店を探した方が便利かもしれません。

今後のアプリの改善を待つしかないでしょう。

まとめ:「キャッシュレス・消費者還元事業」を活用してスマホ決済でお得に決済しよう!

  • 「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済導入店舗と消費者の双方を支援する事業のこと
  • 対象店舗でキャッシュレス決済すると2〜5%のポイント還元が得られる
  • 「キャッシュレス・消費者還元事業」で対象となるのは「スマホ決済・電子マネー・クレジットカード」など

以上、「キャッシュレス・消費者還元事業」は2020年6月まで続くので、期間に対象店舗でキャッシュレス決済をすれば、2〜5%のポイント還元を獲得することができます。

なので、この日本政府による空前の大還元祭を活用していかない手はありません。

なお、これらのポイント還元に加え、各キャッシュレス決済サービスでも独自のポイント還元率やキャンペーンが定められているので、各社の還元状況をしっかりと把握し、あなたに合ったお得な決済手段を活用してください!

例えば、5%の還元対象店舗ならPayPayで最大10%、楽天ペイなら利用可能などの店舗でも常時5%な上、Apple PayやGoogle PayにJCBカードWを設定して支払えば20%以上の還元を実現させられます。

あなたも是非、この超お得な期間にキャッシュレス決済を活用してみてください!

jcbバナー

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。