年会費無料で作れるおすすめのETCカードは?【dカードならETC利用で1%還元】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ETCカードを利用するすメリットや、年会費無料で作れるおすすめのETCカードについてご紹介します。

「ETCカードを作りたいと考えているけど、実際どんなメリットがあるの…?」
「もしETCカードを作るなら、どれを選べば良いの…?」

と迷っている方もご安心ください。本記事を最後まで読めば、ETCのメリットや、どのETCカードを選べば良いのかが明確に分かるようになります。是非参考にしてみてください!


※ETCカードを作るなら年会費初年度無料でお得にポイントが貯まるdカードがおすすめ!

 

ETCカードを活用して有料道路をお得に利用しよう!

「有料道路の料金所をノンストップでくぐり抜けたい…。」

「有料道路の料金を少しでもお得に安くしていきたい…。」

と考える方は、迷わずETCカードに登録して使っていった方が良いでしょう。

ETCカードとは、「Electronic Toll Collection System」の略で、有料道路を通行する際にその料金を決済する為のICカード。

ETCカードを使えば、有料道路の料金の割引を受けられる他、わざわざ料金所で停車する必要もなくなります。

ETCカードを活用するメリット

では、ETCカードを活用するメリットについて見ていきましょう。

ETCを使えば有料道路の利用料金が割引される!

ETCを利用すれば、有料道路を通る際に利用料金の割引を受けられます。

その割引料金は曜日や利用区間、時間帯によって異なりますが、例えば平日の朝や夕方なら30〜50%OFFが適用されたり、土日・祝日なら最大30%となる休日割引が適用されたりします。

それ以外にも0時〜4時までの時間帯で最大30%OFFが適用される深夜割引もあったりしますが、具体的な割引条件の詳細は「ETC割引早見表」にて確認可能です。

出典:ETC早見表

料金所でわざわざ止まる必要がなくなる

ETCを利用すれば、料金所での停車が不要でそのまま通過できます。

これが一般レーンにて現金支払いをする場合、わざわざ停車して財布から現金を取り出す必要がありました。

たまに現金支払い用の料金所のレーンがすごく混んでいる時もありますが、そういう時に「現金支払い」をしていると、大幅な時間と手間を費やしてしまいます。

ですが、今までの現金支払いをETCカードにシフトすれば、スピーディーに高速道路を利用できる上、金銭的にもかなりおトクとなります。

左ハンドルの車を運転する方だってもう安心!

さらにETCカードがあれば、左ハンドルの車を運転する方も安心です。

なぜなら、ETCさえあれば料金所でわざわざ止まる必要もなく、車を少し右に寄せながら窓を開けて現金を渡す必要がなくなるからです。

そもそも日本の料金所はほとんどが右ハンドルに対応した形になっているので、左ハンドルの方にとってこれほど不便なことはありませんでした。

なので、今左ハンドルの車を運転している方は、ETCカードを利用しない手はないでしょう。

年会費無料で作れるおすすめのETCカードは「dカード」

というわけで結論ですが、ETCカードをお得に便利に使っていきたいのであれば、年会費“永年無料”最大6%のポイント還元が得られる上、今なら新規入会で最大8,000円分のポイントもキャッシュバックされるdカードを使っていくのがおすすめです!

 

dカード

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • dカード入会&利用特典(最大6,000円分プレゼント)
  • dカードお支払割5%還元キャンペーン
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
  • お買い物安心保険(年間100万円まで)
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

dカードでETCカードを作る5つのメリット

では、dカードでETCカードを作っていくメリットについて紹介していきます。

  • ETCの利用で1%のdポイントが貯まる
  • 年会費は初年度無料
  • 万が一の不正利用も保障してもらえる
  • 利用実績に応じて「ETCマイレージ」ポイントも貯まる
  • 家族会員もETCカードが使える

メリット1:ETCを使うと1%のdポイントが貯まる!

dカードのETCカードを使えば、100円の利用につき1円相当(1%)のdポイントがたまります。

ただでさえETCは通常より有料道路の利用料金が割引されますが、dカードならその割引額に1%のポイント還元が上乗せされます。

メリット2:年会費は初年度が無料!

さらに、ETCカードをdカードで作れば、ETCカードにかかる初年度の年会費が無料となります。(※通常は税抜500円)

初年度が無料とは言いつつも、2年目以降は前年に“一度でも”ETCカードの利用請求があれば無料となり、年会費は一切かかりません。

なので、普段から頻繁に有料道路を利用している方にとって、dカードのETCカードはお得に発行できるでしょう。

メリット3:万が一の不正利用も保障してもらえる!

なお、dカードのETCカードには「会員保障制度」が備わっており、盗難や紛失、偽造による不正利用が発生した場合、自身の損害を最大90日前まで遡って補償されます。

メリット4:利用実績に応じて「ETCマイレージサービス」のポイントも貯まる!

また、「ETCマイレージサービス」に登録されたETCカードで支払いすれば「ETCマイレージサービス」のポイントも貯まるようになります。

ETCマイレージサービスとは、NEXCO東日本、中日本、西日本などの各社が提供しているサービス。

ETCマイレージサービスを登録すれば、ETCカードの支払額に応じてポイントが付与されるので、dカードならdポイントとマイレージの二重取りも可能です。

メリット5:家族会員でもETCカードが使える!

dカードのETCカードは家族会員ごとに申し込めるので、家族カードを作っていればあなたの配偶者や子供、両親も同様にETCカードを作れます。

「家族カード」とは、家族の中で最初にクレジットカードを契約した本会員がいれば、その家族も自分と同様にクレジットカードを発行・利用ができるサービスのこと。

家族カードなら、クレカの発行が困難な専業主婦・パートの奥さんも本会員の信用で同じカード発行可能となる上、ゴールドカードも簡単に作れるようになります。

▶︎家族カードに関する詳細はこちら!

ドコモユーザーなら「dカード GOLD」でETCカードを発行するのもおすすめ!

そして、初年度の年会費を実質無料にして「コスパ良く」ゴールドカードを持ちたい方なら dカード GOLDもおすすめです。

dカード GOLDはドコモユーザーにとにかくおすすめで、毎月のドコモの利用料金の10%が還元される他、最大15,000円分のポイントがキャッシュバックされる特典が付いてきます!

 

dカード GOLD

還元率
  • 1.00〜4.00%
年会費
  • 10,000円(税抜)
開催中キャンペーン
  • dカード GOLD入会&利用特典(最大11,000円分プレゼント)
  • dカードお支払割5%還元キャンペーン
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
対応電子マネー
  • iD
その他主な特典
  • dカードケータイ保証(購入後3年間最大10万円)
  • お買い物安心保険(年間300万円まで)
  • 海外旅行保険(最大1億円)
  • 国内旅行保険(最大5,000万円)
  • 空港ランジ利用無料
  • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

dカード GOLDなら利用の有無にかかわらずETCの年会費が永年無料!

dカード GOLDのゴールドカード会員であれば、ETCカードの利用有無にかかわらず2年目以降も年会費が無料となります。

なので、「しばらくETCを利用しないだろう」いった状況になっても、 dカード GOLDなら特に年会費を無駄に消費してしまうような心配もありません。

毎月のドコモの利用料金の10%が還元される!

dカード GOLDでは、毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」の利用料金の10%ポイントが還元されるという超お得な特典が用意されています。(利用金額1,000円につき100ポイント)

上記のように、毎月10,000円分のドコモ利用料金がある場合は「10,000円×10%」で年間12,000ポイント貯まるので、GOLDカードの年会費相当の元が取れてしまいます。

もしもあなたが、

「そういえば、毎月ドコモのケータイやドコモ光に1万円以上の金額を支払っていたな…。」

というのであれば、 dカード GOLDがおすすめであることは言うまでもありません!

新規入会で最大15,000円がプレゼントされる特典も

dカード GOLDでは、新規で入会した方限定で最大15,000円がプレゼントされるキャンペーンも開催されています。

新規入会するだけで2,000円が返ってくる他、新規入会後翌月末までに2万円以上利用すれば8,000円分がキャッシュバックされるので、2万円の買い物で実質40%のキャッシュバックを受けられます!

上記の条件を全てクリアすれば、実質初年度の年会費を無料にして申し込む事も可能でしょう。

少しでもお得にゴールドカードを持ちながら、自分のステータスをワンランク上げたい方は、是非 dカード GOLDを申し込んでみてください!

まとめ:年会費無料でETCカードを作るならdカードがおすすめ!

  • ETCを使えば有料道路の利用料金が割引される
  • 料金所でわざわざ止まる必要がなくなる
  • ETCカードを作るならdカードがおすすめ

以上、ETCカードを活用すれば有料道路の利用料金が割引されたり、料金所でわざわざ止まる必要がなくなるといったメリットがあるので、今後頻繁に高速道路などを利用する方にとってETCカードは必須となるでしょう。

今や車でもキャッシュレスを導入して、お得かつ便利に使っていく時代なのです。

また、これから新規でETCカードを発行するならdカードから作るのがおすすめで、利用ごとに1%のdポイントも付与されます。

なのでこの機会に是非、お得なETCカードを利用してみてください!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン