Apple Payで「dポイントカード」が遂に対応!しかも今ならローソンでポイントが「7倍」に!!

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

2月18日より、NTTドコモが提供する「dポイントカード」がApple Payにて対応された。

これまでdポイントカードからポイントを貯めようとした場合、物理的なプリペイドカードやクレジットカード、そしてdポイントの専用アプリなどを使う必要があったが、Apple Payに対応された今、dポイントをiPhoneやApple Watchからでも貯めれるようになった。

Apple Payでの支払いとdポイントが同時に行えるように

筆者も普段から買い物でポイントを貯めることが多いのだが、会計時に支払い方法とは別でカードやアプリを提示するのが非常に面倒だと感じていた。

しかし、Apple Payに登録したdポイントカードなら、dポイントとApple Payの決済を同時に完了できるのだ。

方法は簡単で、お支払い時に「Apple Payで」と伝えるだけ。

これで、今まで面倒に感じていた決済とポイントの別々の処理というのが無くなり、より一層スムーズに決済したりポイントを貯めたりできるだろう。

なお、Apple Payはdポイントのみならず、ローソンのポンタカードなども登録して支払い時に同時に利用できるようになっている。

▶︎関連記事:【目から鱗】ApplePayをローソンでお得に使う方法

今ならローソンでdポイントカードとApple Payでポイント7倍キャンペーン実施中!

そして、dポイントカードのApple Pay対応に伴い、2020年2月18日〜4月17日までの期間にて、dポイントカードをApple Payに設定して使うとdポイントが7倍付与されるキャンペーンを実施中だ。

同キャンペーンの適用を受ける為にはApple Payでの支払いとdポイントカードの提示を同時に行う必要があり、ローソンでのお会計時に「Apple Payで」と伝えて支払わなければならない。

※「Apple Payで」と伝えず「iDで」「Suicaで」「QUICPayで」「クレジットで」と伝えた場合はdポイントカードが同時に読み込まれないので、キャンペーンの対象外となる。

なお、Apple Payにdカードを登録しておけば、Apple Payでの支払いでdポイントの二重取りも実現する。

これまでdポイントを頻繁に活用していた人にとっては、今後会計時の処理がますます便利になっていくだろう。

▶︎dポイントカードのキャンペーンの詳細はこちら!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

dカード+マイナポイントで最大50%還元