【朗報】d払いはデビットカードが使える【お得に支払うならdカードがおすすめ】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、d払いでデビットカードを使えるのか紹介していきます。

d払いってデビットカードは使えるの…?

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※d払い利用者必見※】

d払いでお得に支払うなら…
最大25%還元実施中
dカード一択!

しかも、今なら最大10万円相当が当たる。

▼詳細はこちらでチェック!

目次

    結論:d払いはデビットカードも使える

    ドコモによって提供されているスマホ決済サービスの「d払い」ですが、d払いはデビットカードやクレジットカードも問題なく登録して決済に利用できます

     

    d払いの概要

    還元率
    • ネットでの利用で1%
    • 実店舗での利用で通常0.5%
    • 2%還元の対象店舗なら2.5%
    • 5%還元の対象店舗なら5.5%
    開催中キャンペーン

    はじめてボーナス!街・ネットのd払いでdポイント最大2,000円分還元キャンペーン

    • 2020/4〜で実施
    • 期間中にエントリーしてはじめてd払いで決済すれば最大2,000円分のdポイントがもらえる。

    d払い生活応援キャンペーン

    • 2019/12/2〜2020/6/30で実施
    • 「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗でd払いを利用すると、さらに5%のdポイントが付与される(dカード以外のクレカは対象外)
    特長
    • ドコモユーザー以外でも利用可能
    • Amazonでのネットショッピングにも利用可能
    • ドコモユーザーであれば電話料金合算払いも選択できる
    • dカードを登録して支払えばdポイントの二重取りが可能
    支払い方法
    • クレジットカードで支払う
    • 電話料金合算払いで支払う
    • ドコモ口座で支払う
    • dポイントで支払う
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    飲食
    松屋 / 上島珈琲店 / TGIフライデーズ / ステーキ尾松
    居酒屋
    和民 / 三代目鳥メロ / ミライザカ / 坐・和民
    家電量販店
    エディオン / Joshin / ケーズデンキ / ビックカメラ
    セキュリティ体制
    • ドコモユーザーは回線認証が適用される
    • ドコモユーザー以外もdアカウントによって厳重に管理される
    こんな人におすすめ!
    • ドコモユーザーで電話料金と一緒に支払いしたい方
    • dポイントを前から貯めていたような方
    • 実店舗だけでなくネットショップでもたくさん利用していきたい方
    ▶︎d払いのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    d払いはドコモユーザーなら「電話料金合算払い」でスマホ料金と一緒に支払い設定を行えますが、ドコモユーザー以外はクレジットカードや銀行口座を登録して支払わなければなりません。

    そこで、あなたが便利にかつお得に決済していきたいのであれば、ポイント還元の定められたカードをd払いに設定して支払うべきでしょう。

    なぜなら、クレジットカードやデビットカードならわざわざd払いの残高へのチャージ設定も不要な上、上手く組み合わせればポイントの重ね取りもできるからです。

    d払いで登録できるデビットカードは「本人認証サービス」に対応されたもののみ

    d払いでは基本的にクレジットカードもデビットカードも登録する際の扱いは同じですが、一つだけ共通した登録の為の条件があります。

    それが、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているかどうか。

    【本人認証サービス(3Dセキュア)とは?】
    本人認証サービスとは、第三者によるクレジットカードの不正利用を未然に防ぐサービスのこと。
    本人にしかわからないID・パスワード等を入力して、第三者による“なりすまし”を防ぐ。

    d払いではセキュリティ向上の為にクレジットカード・デビットカード問わずこの「本人認証サービス」が必須です。

    もしあなたの登録したいカードが本人認証サービスに対応している場合、このような画面が出てきます。(※カードによっては多少画面が異なる場合があります。)

    反対に、本人認証サービスに対応されていないカードの場合、こんな画面が表示されます…。

    なので、まずはあなたの登録したいカードが本人認証サービスに対応済みか先に確認しておきましょう!

    d払いでデビットカードを登録して支払えばポイントの「3重取り」も実現する!

    もしもあなたがお得に還元を受けながら決済したいと考えるなら、d払いにポイント還元のあるデビットカードやクレジットカードを登録して支払うと良いでしょう。

    「d払い+デビットカード」でポイントの2重取りが実現!

    ポイント還元のあるクレジットカードをd払いに登録すれば、ポイントの二重取りが実現できます。

    d払いは実店舗での利用で0.5%、ネットでの利用で1%が付与されますが、ポイント還元率1%のクレジットカードをd払いに登録すれば、「デビットカード(1%)+d払い(0.5%〜1%)=1.5~2%」の還元率を狙えます。

    今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%が還元される!

    出典:キャッシュレス・消費者還元事業

    さらに、現在日本では「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、対象店舗でd払いを含む「キャッシュレス決済」を行えば、その支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます!

    同還元事業の対象店舗で決済すれば「最大5%」の還元を受けられますが、主に中小店舗は5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどは2%の還元なので、これで「d払い+クレジットカード+キャッシュレス・消費者還元事業」でポイントの3重取りが実現するでしょう。

    d払いに「dカード」を登録して支払えば最大25%が還元される!

    d払いで少しでもお得にdポイントの還元を受ける方法ってないの…?

    d払いと組み合わせてお得にdポイントを貯めたいなら、結論dカードに登録するべきでしょう。

    dカードを使えば25%還元が受けられる!

    現在dカードでは、入会時の利用特典として5,000ポイントを上限とした25%還元という驚異のキャンペーンを実施中です!

    つまりdカードを使えば、5,000円分が実質タダということに。

    dカードは通常の還元率も1%と定められているので、キャンペーンが終了しても「d払い×dカード」の合わせ技でdポイントの二重取りを継続できます!

    抽選で最大10万ポイントがもらえる「1億円キャンペーン」も実施中!

    さらに、dカードで1万円以上の買い物をすれば、5月31日までの期間限定で最大10万ポイントが当選します!

    同キャンペーンにエントリーすれば、抽選で200人に最大10万ポイント、2,000人に1万ポイントが当たりますが…

    万が一抽選に外れても、上限を「5,000ポイント」として外れた人全員で6,000万ポイントを山分けできるので大丈夫。

    もはやこのチャンスをものにせずして、いつものにするのかというレベルです。

    これからd払いを使って本格的にdポイントを貯めていきたい…

    という方は、この機会にdカードを申し込んでみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • dカード1万円以上ご利用総額1億円還元キャンペーン
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    d払いでデビットカードを登録して設定する方法

    d払いでデビットカード(クレジットカード)を登録する方法は簡単で、d払いのアプリを開きアプリ画面左上の「メニューバー」をタップして「設定」を選択し、「お支払い方法」をタップします。

    そして、以下の画面で「クレジットカードを登録」をタップして、登録したいクレジットカードの情報を記載していきましょう。

    その後は、発行元のクレジットカード会社による本人認証サービス(3Dセキュア)が行われるので、パスワードを入力して「送信」をタップしましょう。

    これでカードの登録は完了ですが、完了後は自身の登録したメールアドレス宛に確認のメールが届くので確認しておきいてください。

    まとめ:d払いにデビットカードを登録して便利に支払おう!

    • d払いはデビットカードを登録して支払い可能
    • ただしd払いでは本人認証(3Dセキュア)に対応されているカードしか登録できない
    • d払いはdカードと親和性が高く、お得なポイント還元キャンペーンも開催されている

    以上、d払いはデビットカードも登録して利用可能ですが、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカードは使えません。

    なお、d払いにポイント還元の定められたカードを設定すればポイントの重ね取りも実現しますが、お得にdポイントを貯めていきたいなら、デビットカードではなくdカードを登録しておくと良いでしょう。

    dカードはd払いとの相性も良く、今なら25%のポイント還元も実施されています。

    自分に合ったクレジットカードを利用してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス