【悲報】ドンキホーテでd払いは支払いに使えない【お得に使うならmajica一択】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、ドンキホーテでd払いが使えるのかについて紹介し、ドンキで最もお得に支払える方法まで解説していきます。

ドンキホーテってd払いが使えるの…?

と疑問に思っていた方は、是非参考にしてみてください!

目次

    結論:残念ながらd払いはドンキホーテで使えない…

    NTTドコモが提供するスマホ決済サービスの「d払い」ですが、結論d払いはドンキホーテでの支払いに対応していません。

    現状ドンキホーテで対応されている支払い方法は以下の通り。

    【クレジットカード】

    VISA MasterCard JCB AMEX
    ダイナーズ 銀聯

    【電子マネー】

    楽天Edy iD QUICPay

    【交通系電子マネー】

    Suica PASMO manaca SUGOCA
    TOICA nimoca Kitaca ICOCA
    はやかけん

    現状ドンキホーテではQR決済に未対応で、PayPayやLINE Payも使えません。

    なので、現金で支払うのが面倒な方は代わりにクレジットカードや電子マネーを使って決済すると良いでしょう。

    ドンキホーテでポイント還元を狙うなら「majica(マジカ)」を使おう!

    ドンキホーテってd払いが使えるの…?

    残念ながらドンキホーテでd払いは使えませんが、ドンキでお得に決済するなら、ドンキ独自の電子マネーカードである「majica」がおすすめです!

    majicaは独自のランク制度によってチャージ時のポイント還元率が決まりますが…1年間の累計買い物額が100万円を超えると、なんと還元率が3%に。

    なので、頻繁にドンキホーテへ行く方ならmajicaを一枚作っておいて損はないでしょう。

    結論:ドンキで“もっとお得に”買い物するなら「マジカドンペンカード」を使おう!

    「majica」とUCSカードの一体型が登場!

    以上がmajicaでしたが、majicaを超えるお得さを誇っているカードがあります。

    それが、最大8,500円分のmajicaポイントがもらえるマジカドンペンカード

    略して「マジドン」とでも言っておきましょうか。

    マジカドンペンカードはmajicaとクレジットカードの一体型

    マジカドンペンカードは電子マネー「majica」としても機能する一体型のクレジットカード。

    マジカドンペンカードからmajicaへクレジットチャージすれば”最低でも”200円につき3ポイント(1.5%)は還元されます!

    これに加えて1円単位の支払い金額をカットしてくれる「円満快計」を活用したり、家電製品やブランド品の一部を会員価格で購入したりできるので、もはやドンキ行くならmajica会員になっておかなきゃ損でしょう。

    今なら新規入会で最大8,500円分のmajicaポイントがプレゼントされる!

    さらに!

    マジカドンペンカードでは現在新規入会で最大8,500円相当のmajicaポイントがもらえるキャンペーンを開催しており、カードを発行するだけでドンキでの買い物が”実質8,500円までタダ”となります。

    各条件をクリアすれば満額の8,500Pが受け取れますが、新規入会で500P、majicaへのクレジットチャージ1万円分で3,000P、そしてドンキホーテ以外の店舗で1万円以上使えば1,000Pなので、これだけでも4,500Pがゲットできます。

    頻繁にドンキホーテへ訪れる方は、是非この機会にマジカドンペンカードを申し込んで使ってみてください!

     

    マジカドンペンカードの概要

    還元率
    • 通常0.5〜3.0%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • 最大8,500円分豪華プレゼントキャンペーン
    国際ブランド
    • JCB
    対応電子マネー
    • majica
    その他主な特典
    • 国内外約20万箇所のホテルやツアー、レンタカー、レジャー、グルメ等のサービスが会員特別価格で使える。
    • ショッピング安心保険:90日間補償&1品1事故最高100万円

    ドンキホーテ以外のお店でd払いを使うなら「dカード」がおすすめ!

    ドンキホーテ以外の場所であなたがd払いを本格的に使っていくなら、d払いの支払いにdカードを使いましょう

    dカードならdポイントを2重取りできる!

    dカードは100円の支払いにつき1ポイント(1%)が還元されるので、d払いにdカードを組み合わせればdポイントの二重取りが実現します。

    しかも、dポイントが貯まるお店で使えば、「d払い+dカード+dポイント」でポイントの3重取りも完成させられるでしょう。

    その場合の実質還元率は「1%(dカード) + 0.5%(d払い) + 0.5〜1%(dポイントカード)」で合計2〜2.5%となります。

    なお、dカードはdポイントと一体型のカードを発行できるので、わざわざ別でポイントカードを持つ必要もありません。

    今なら最大5,000円相当がもらえる25%還元実施中!

    さらに、dカードは5,000ポイントを上限とする”25%還元キャンペーン”が実施中です!

    これで、5,000円分のdポイントが実質タダで使えちゃいます。

    普段からdポイントを貯めている人ならdカードを持たない理由はありません。少しでもお得にdポイント貯めたい方はdカードを使ってみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    まとめ:ドンキホーテではd払いが使えない

    以上、d払いは現状ドンキホーテでは使えないので、代わりにmajicaのような一定数還元率のある電子マネーを使ってお得にキャッシュレス決済していきましょう。

    なお、あなたがドンキホーテで少しでもお得に買い物したいのであれば、majicaへのクレジットチャージで1.5%以上の還元&最大8,500ポイントをタダでゲットできるマジカドンペンカードを使いましょう!

    majicaを搭載したマジカドンペンカードなら会計時に1円単位の支払額をカットしたり、有利な会員価格で買い物できたりします。

    まさにドンキホーテのヘビーユーザーには必要不可欠な一枚となるので、是非登録してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス