d払いの限度額を変更する方法【できない時はdカードがおすすめ】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、d払いの限度額を変更する方法について紹介していきます。
「d払いの限度額ってどうやって変更するの…?」と疑問に思っていた方は、是非参考にしてみてください!

【※d払い利用者必見※】

d払いでお得に支払うなら...
最大25%還元実施中
dカード一択!

マイナポイントと合わせれば50%還元も実現可能。

▼詳細はこちらでチェック!

dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

目次

    d払いは限度額の変更が可能!

    d払いは、利用可能限度額を自身で変更できます。

    ただし、d払いの限度額を変更できるのは支払い方法を「電話料金合算払い」に設定している場合に限り、電話料金合算払いを利用するためにはドコモの回線契約が必要です。

    なお、電話料金合算払いで設定可能な利用限度額は以下の通り。

    年齢 最大限度額
    19歳まで 10,000円/月
    20歳以上 10,000円〜100,000円/月

    ※最大限度額は、契約期間や利用状況によってドコモが決定します。

    自身の設定可能な利用限度額の範囲内であれば1,000円単位で変更できるので、使い過ぎが心配なら減額・高額な買い物をしたいなら増額するなど、用途に合わせて変更しておくと良いでしょう。

    d払いの限度額を変更する方法

    d払い(電話料金合算払い)の限度額を変更する方法ですが、まずはd払いアプリでメニューを開き、「限度額設定変更」をタップしてdアカウントへログインし、「限度額設定変更」を選択しましょう。

    あとは、以下のように変更したい限度額を入力し、画面の案内に従って手続きを進めてください。

    なお、電話料金合算払いの限度額は、以下の3ステップでspモードからも変更可能です。

    【spモードで限度額を変更する方法】

    • 1:dメニューにて「My docomo(お客様サポート」をタップして、「料金」を選択する。
    • 2:「決済サービスご利用明細」を選択し、「限度額設定変更」をタップする。
    • 3:変更したい限度額を入力し、「限度額を変更する」をタップすれば完了。

    d払いで限度額を変更できない理由は?

    あれ、d払いの限度額を変更できないんだけど…。

    とお悩みの方もいるかもしれませんが、電話料金合算払いは限度額を変更できないケースもあり、その理由は以下の通りです。

    お客さまのご契約・お支払い状況によっては、設定可能ご利用限度額の範囲内であってもご利用限度額の増額(元の限度額に戻すことを含みます)ができない場合があります。
    引用:d払い

    上記のように、利用状況(支払いの延滞など)によっては限度額を変更できません。

    また、設定可能な限度額は契約期間に応じて最大10万円まで増額されますが、こちらも支払い状況によっては減額されることがあるので注意しておきましょう。

    d払いの限度額が足りないなら「dカード」を使おう!

    これは結論ですが…d払いの限度額が足りない・変更できないとお困りの方は、dカードを使っていくのがおすすめでしょう。

     

    編集長
    なぜなら、d払いの支払い方法にdカードを設定すれば、「d払いの限度額=dカードの限度額」となり、お得な特典まで受けられるからです!

    dカードをd払いと組み合わせればポイントの二重取りができる!

    dカードを使えば100円につき1円相当( 1%)のdポイントが付与されるので、d払いの支払い方法にdカードを設定すればポイントの二重取りが可能です。

    以上の組み合わせを実践すれば、「0.5%〜1%(d払い)+1%(dカード)」で合計1.5%〜2%の還元率を維持できるでしょう。

    今なら25%還元キャンペーンが開催中!

    なお、現在dカードでは新規入会&利用特典として、5,000円を上限とする”25%還元キャンペーン”が開催されています!

    つまり、dカードを使えば、2万円までの買い物で実質5,000円分がタダに。

    さらに、ドコモのケータイ料金の支払い方法をdカードに設定すれば、+1,000ポイントまでもらえちゃうんですね。

    d払いをもっとお得にフル活用していきたいなら、このチャンスを逃すわけにはいかないでしょう。

     

    編集長
    dポイントを沢山貯めておけば、d払いで限度額を超えてしまった分をポイント払いするという手も使えますよ!

    この機会に是非dカードをゲットして、賢くポイントを貯めていきましょう。

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(合計最大8,000ポイントプレゼント ※dポイント(期間・用途限定))
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    まとめ:d払いで限度額を変更してみよう!

    • d払いは「電話料金合算払い」なら限度額を変更できる
    • 利用状況によっては限度額を変更できないので注意が必要
    • d払いの限度額が足りないならdカードがおすすめ

    以上、d払い(電話料金合算払い)の限度額は、1,000円単位・最大10万円まで変更が可能です。

    ただし、設定可能な限度額の上限はユーザー毎に異なる上、利用状況によっては変更できないケースもあるので注意しておきましょう。

    なお、あなたが電話料金合算払いでは限度額が足りないと感じているのであれば、カードの利用可能額までd払いを使える上、常時ポイントの二重取りができる「dカード」がおすすめです。

    今なら”無料で”5,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンも実施されているので、この機会に是非申し込んでみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元