d払いのメリット・デメリットを一挙解説【dカードを登録して支払うのがおすすめ】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、d払いのメリットやデメリットについて余すことなく解説していきます。

「d払いってどんな利用メリットがあるの…?」

「他のスマホ決済とどう違うの…?」

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!

※d払いを使うならdポイントの二重取りが可能な dカードがおすすめ!

 

d払いはお得なメリットがたくさんある!

ドコモによって提供されているQRコード決済サービスの「d払い」ですが、d払いはドコモユーザー以外の人も利用可能であり、お得にポイント還元を受けながら決済できます。

なお、d払いにおけるメリット・デメリットの結論は以下の通りです。

d払いのメリット

  • スマホを財布代わりにできる
  • お得にポイント還元を受けられる
  • ドコモユーザーなら電話料金合算払いが可能
  • 友人間での送金も可能

d払いのデメリット

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも
  • 支払い方法によって上限額が異なる
  • クレジットカードを登録する際は本人認証が必要

これらを順に解説していきます。

d払いのメリット1「スマホを財布代わりにできる」

d払いを使えば、「スマホを財布代わりに利用できる」というメリットがあります。

現金不要でスマホからコード決済ができる

d払いのアプリに搭載したQR/バーコードを利用すれば、実店舗での支払いを全て現金湯法で一円単位から正確に行えます。

これが現金だと、会計時に財布からお札や小銭を取り出す必要がありましたが、d払いならその面倒なプロセスも省略化できるでしょう。

特に、近くにあるコンビニへちょっと買い物するだけであれば、もはや財布を持ち歩く必要すらもありません。

d払いはネットショッピングでの支払いもできる

d払いは実店舗での支払いだけでなく、Web上にあるネットショッピングでも活用できます。

d払いが使えるネットショップはAmazonやメルカリ、BUYMAなどといった有名所も揃っています。

特に、Amazonでd払いを利用すればお得にポイント還元を受けることもできるので、気になる方は早速d払いをAmazonに登録してみてください!

▶︎d払いをAmazonに設定する方法の詳細はこちら!

d払いのメリット2「お得にポイント還元を受けられる」

d払いは通常、街でのお店で支払いに使えば200円につき1円相当(0.5%)のdポイントが貯まり、ネットでのお店で支払いに使えば100円につき1円相当(1%)のdポイントが貯まります。

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%の還元が得られる!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

現在日本では「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、対象店舗でd払いを含む「キャッシュレス決済」を行えば、その支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

対象の加盟店舗で決済すれば、中小店舗では5%、フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドなどでは2%が還元されているので、d払いを使うだけで、現金よりかなりお得に決済できます!

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」の詳細はこちら!

「dカード」を使えばdポイントの二重取りも可能!

「少しでもお得にdポイントを貯めながらd払いを使っていきたい…。」

そう考える方は、d払いの支払いに dカードを登録して支払うのがおすすめです。

dカードといえば、NTTドコモが発行する「年会費無料」のクレジットカードですが、 dカードを使えばdポイントの二重取りが可能です。

なので、「キャッシュレス・消費者還元事業」も合わせれば、合計6.5〜7%の還元率を実現させることも可能です。

さらに、 dカードはドコモユーザーにとってのメリットが大きく、毎月のスマホ料金の割引や、最大1万円のスマホ補償までついてきます。

それだけではありあません。

今なら dカードに新規入会した方限定で、最大8,000円がプレゼントされるキャンペーンも開催されています。

「少しでもお得にdポイントを貯めながら決済していきたい…。」

「ドコモユーザーだけど、少しでも毎月のスマホ料金をお得にしたい…。」

といった方は、是非 dカードに登録してみてください!

年会費 永年度無料
ポイント還元率 1%(dポイント)
国際ブランド VISA・MasterCardに対応
対応電子マネー iD(Apple Payにも搭載可能)
その他主な特典 ・dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
・お買い物安心保険(年間100万円まで)
・海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

d払いのメリット3「ドコモユーザーなら電話料金合算払いが可能」

電話料金合算払いでまとめて支払いできる!

ドコモ回線契約をお持ちの方であれば、d払いの決済額をドコモの電話料金とまとめて支払い可能な「電話料金合算払い」が利用できます。

なので、

「細かい支払いは全部月々の支払いと全部一緒にしてしまいたい…。」

と考える方は、d払いの電話料金合算払いを利用してみてください!

ドコモ口座も使えるのでクレジットカード不要で決済できる!

また、ドコモ回線契約をお持ちの方なら「ドコモ口座」を使った支払いもできます。

【ドコモ口座とは】

ネット上やアプリ上で送金や買い物ができる決済サービスのこと。

ドコモ口座を利用すれば、わざわざクレジットカードを使わなくても残高を使って決済していくことが可能です!

d払いのメリット4「ウォレット機能を使えば友人間での送金も可能!」

d払いは「支払い」だけではなく、同アプリに搭載されたウォレット機能を使うことで、友人間での「送金」にも利用できます。

d払いのウォレット機能を使えば、残高を使って送金することが可能な上、銀行口座やコンビニから残高へチャージしたり、残高を口座へ出金することも可能です。

従来、友人間でお金のやり取りを行う場合は「銀行口座」を介すのが一般的でしたが、それだと各金融機関によって振込手数料が発生したり、着金まで時間がかかったりしてしまうというデメリットがありました。

ですが、d払いのウォレット機能を使えば、手数料無料で即座に送金を行えます。

d払いのデメリットや注意しておくべき点は?

d払いを利用するデメリットや注意点についても見ておきましょう。

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • 支払うまでのプロセスが少し面倒
  • 支払い方法によって上限が異なる
  • クレジットカードを登録する際は本人認証が必要

全てのお店で使えるわけではない

d払いは全ての店舗で利用できるわけではなく、「使えるお店もあれば、使えないお店もある」といった状況です。

あなたの身近に位置する全てのお店でd払いが使えるとは限りません。

なので、事前に使えるお店を確認しておきましょう。

アプリを起動して支払うまでのプロセスが面倒なことも

d払いでの支払いは、一度アプリを起動して支払い画面を店員さんに読み取ってもらう必要があるので、場合によっては現金でさっと支払った方が早い場合もあります。

また、d払いはインターネットへの接続がなければ利用できず、回線が悪い場合はアプリの起動に時間がかかってしまう時もあるので注意が必要です。

支払い方法によって上限額が異なるので注意が必要

d払いは、各支払い方法によって利用上限額が定められています。

支払い方法 利用上限額
電話料金合算払い 10,000円〜100,000円/月
dポイント充当 保有するdポイントの範囲内で可能
ドコモ口座充当 ドコモ口座にある残高の範囲内で可能
クレジットカード 各クレジットカードの利用限度額まで

特に「電話料金合算払い」は、自身の年齢やドコモ回線契約の期間によって上限が異なっており、19際以下の未成年者の方や、20歳以上で契約期間が1〜3ヶ月は利用上限額が月に1万円までとなってしまいます。

なお、クレジットカードも同じで、登録したカードの上限額に達すると、それ以上はd払いで使えません。

なので、お店にてd払いで支払いする時に、

「あ、やべ…。利用上限に達してるからd払いで買い物できないや…。」

と直前になって焦ってしまわないよう、事前に上限金額を確認しておいてください!

クレジットカードを登録する際は本人認証(3Dセキュア)が必要となる

d払いでは、「Visa・MasterCard・American Express・JCB」のブランドで発行されたクレジットカードを利用できますが、いずれも「本人認証サービス(3Dセキュア)」に対応しているカードのみなので注意しておきましょう。

d払いでは、お客様に安心して使っていただくために、「本人認証サービス(3Dセキュア)」に対応しているクレジットカードのみご利用になれます。
お支払い方法にクレジットカードを設定(変更を含む)の際に、クレジットカード番号・有効期限のほかに「本人認証パスワード」をご入力いただくことによってご本人様の確認をします。※引用:d払い

各クレジットカードによっては本人認証サービスに非対応なものもありますが、その場合はd払いで利用できません。

d払いのメリット・デメリットのまとめ

d払いのメリット

  • スマホを財布代わりにできる
  • お得にポイント還元を受けられる
  • ドコモユーザーなら電話料金合算払いが可能
  • 友人間での送金も可能

d払いのデメリット

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも
  • 支払い方法によって上限額が異なる
  • クレジットカードを登録する際は本人認証が必要

以上がd払いのメリットやデメリットについてでしたが、d払いならお得にポイント還元を受けながら決済できる上、ウォレット機能を使えば友人間での送金もできます。

なお、d払いに dカードを登録して支払えば、dポイントを二重取りして最大還元率を6.5〜7%まで引き上げることも可能です。

この機会に是非、d払いと一緒に dカードも登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー