ファミペイ(FamiPay)にチャージする4つの方法|ポイント還元率が高くなる方法はどれ?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、ファミペイにチャージをする方法やポイント還元率について紹介していきます。

「ファミペイにどうやってチャージすれば良いの…?」

「ファミペイで一番お得なチャージ方法について知っておきたい…。」

と考える方の疑問を解決していきます。是非参考にしてみてください!

ファミペイ(FamiPay)にチャージする方法は4種類!

ファミリーマートでスマホ決済ができる「ファミペイ」ですが、ファミペイにお金をチャージする方法は全部で4種類あります。

  • レジで現金を使ってチャージする
  • クレジットカード(ファミマTカード)を使ってチャージする
  • クレジットカード(ファミマTカード)を使ってオートチャージする
  • FamiPayボーナスからチャージする

各チャージ方法について順番に見ていきましょう。

レジで現金を使ってチャージする

ファミペイは、現金を使ってファミリーマートのレジにて直接アプリにチャージできます。

その手順ですが、まずファミリーマートの店員に「ファミペイに現金でチャージします」と伝え、アプリのバーコードを提示しましょう。

そして、レジ画面に表示されたチャージ額を自分で選択し、現金を支払ってください。これでレジでのチャージは完了です。

なお、レジでのチャージは現金のみとなっており、クレジットカードや電子マネー等は利用できないので注意しておきましょう。

クレジットカード(ファミマTカード)を使ってチャージする

ファミペイでは「ファミマTカード」を使ったチャージを行うこともできますが、その場合アプリを使って自分でチャージの設定を行う必要があります。(※現状ファミペイでは、ファミマTカード以外のクレジットカードは使えないので注意が必要です。)

まずホーム画面から「チャージ」をタップし、「クレジットカードでチャージ」を選択してください。

その後、自身で設定した暗証番号を入力して「ファミマTカードを登録する」をタップしましょう。

次に以下フォーマットで必要事項を記入して「次へ」をタップし、登録を進めてください。

なお、ファミペイでファミマTカードを登録する場合、本人認証サービスに登録する必要があります。

その手順ですが、会員専用ネットサービスのログインページへと進み、以下の手順で行なってください。

  • ログイン後、メニューから「各種サービスお申込み」をタップして「本人認証サービス登録・解除」をタップする
  • ファミマTカード(クレジットカード)の「登録する」にチェックして「設定変更を確認する」をタップする
  • 確認画面で設定内容を確認して「設定する」をタップする
  • 申し込み完了画面が表示されると完了

カードの登録完了後、「クレジットカードでチャージ」の画面から入金額を選択し、「チャージする」をタップしてチャージしましょう。

なお、ファミマTカードでのチャージは、1回あたり1,000円から30,000円までの1,000円単位で可能です。

クレジットカード(ファミマTカード)を使ってオートチャージする

ファミマTカードを登録すれば、ファミペイで「オートチャージ」することもできます。

オートチャージを設定する場合、「チャージ」をタップ後に「オートチャージ」を選択しましょう。

以下の画面でオートチャージをオンにし、「オートチャージで入金する金額」と「オートチャージで入金する際の判定金額」をそれぞれ設定し、オートチャージの設定を完了させてください。

FamiPayボーナスからチャージする

FamiPayボーナスとは、ファミペイで支払った際に200円につき1円分(0.5%)付与されるボーナスのことですが、FamiPayボーナスは残高にそのままチャージ可能です。

貯まったFamiPayボーナスは、画面上にある「チャージ」をタップして「FamiPayボーナスでチャージ」を選択すれば、そのままファミペイの残高に反映できます。

ファミペイ(FamiPay)のチャージにおける上限金額は?

ファミペイのチャージにおける上限金額は以下の通りです。

レジで現金でチャージする場合

  • 10万円

ファミマTカードでチャージする場合

  • 1回の上限:3万円
  • 1日の上限:10万円
  • 1ヶ月の上限:100万円

ファミペイ(FamiPay)にチャージして支払うと0.5%のポイント還元がある

「ファミペイでチャージして支払うと何かポイント還元はあるの…?」

と思われるかもしれませんが、上述した通り、ファミペイにチャージして支払いすると、200円につき1円分(0.5%)の「FamiPayボーナス」が付与されます。

▶︎ファミペイのポイント還元に関する詳細はこちら!

「え、でも0.5%ってポイント還元率は他と比べて高いの?低いの…?」

と思わず疑問に思ってしまった方の為に、各主要なスマホ決済サービスのポイント還元率の比較表を用意しました。

アプリ名 還元率
PayPay ・通常最大1.5%
・2019年10月1日以降は最大10%
LINE Pay ・0.5〜2%
メルペイ ・ポイント還元無し
楽天ペイ ・5%(2019年10月1日〜)
au PAY ・0.5%
・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
d払い ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で0.5%

現状、比較的ポイント還元率が高めに設定されているのはPayPayや楽天ペイなどであり、2019年10月1日以降は消費税の増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」による5%のポイント還元が開催されます。

これによって、PayPayでは最大10%、楽天ペイでは常時5%のポイントが付与されるという、最強の還元率が設定されています。

特にPayPayは、最大10%のポイント還元が受けられる上、使えるお店も豊富なので、高い還元率と利便性を兼ね備えた業界No.1の評判高いアプリです。

なので、ファミペイ以外の支払い手段として、PayPayもインストールしておけばよりお得に決済していくことが可能となるでしょう。

ファミペイ(FamiPay)での支払いにTカードを提示すればTポイントも貯まる!

なお、ファミペイでの支払いに「Tカード」または「ファミマTカード」を提示すれば、ファミペイの0.5%のポイント還元に加え、さらに0.5%のTポイントが還元されるようになります。

出典:ファミリーマート

なので、ファミペイとTカードを合わせれば合計1%のポイント還元を受け取れます。
また、ファミマTカードを直接ファミリーマートで利用すれば、従来0.5%に設定されていたTポイントでのポイント還元が4倍の2%となりますが、ファミマTカードを使ってファミペイへチャージする場合は、Tポイント2%還元の対象外となるので注意が必要です。

こう言うと、

「なんだ、じゃあファミペイを通さなくてもファミマTカードで直接支払った方がお得じゃん…。」

と思ってしまうかもしれませんが、ファミペイでも随時お得なクーポンが発行されていたり、対象商品が特別価格になっていたりするので、場合によってはファミペイで支払った方がお得な時もあります。

なので、ケースバイケースでファミリーマートでの支払い方法を変えてみてください。

まとめ:ファミペイ(FamiPay)にチャージして便利に決済しよう!

ファミペイでチャージする4つの方法まとめ

  • レジで現金を使ってチャージする
  • クレジットカード(ファミマTカード)を使ってチャージする
  • クレジットカード(ファミマTカード)を使ってオートチャージする
  • FamiPayボーナスからチャージする

以上がファミペイについてでしたが、ファミペイを今後継続的に利用していくのであれば、お得にTポイントを貯めることができ、かつファミペイにオートチャージも可能なファミマTカードを登録してチャージしていくのがベストでしょう。

レジで毎回現金を使ってチャージしていくのも、長い目で見ればかなりの手間となってしまいます。

なので、これからファミペイを本格的に利用していこうと考えている方は、是非ファミマTカードを登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー