ファミペイ(FamiPay)のポイント還元率やお得にTポイントが貯まる方法を紹介

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、ファミペイのポイント還元率について紹介していきます。

「ファミペイでどのくらいポイント還元があるのかを知っておきたい…。」

この記事を最後まで読めば、ファミペイの還元率を一通り全て解決できるので、是非参考にしてみてください!

ファミペイ(FamiPay)は0.5%のポイント還元がある

ファミリーマートでスマホ決済ができる「ファミペイ」ですが、ファミペイを使えば常時0.5%のポイント還元を受け取れます。

ファミペイで受け取れるポイントは「FamiPayボーナス」と呼ばれますが、通常200円の支払いにつき1円分のFamiPayボーナスが付与され、残高へチャージして即座に決済可能です。

※Famiポートや収納代行等の支払いだと、1件につき10円分のボーナスが付与されます。(一部対象外も有)

なお、ファミペイでは0.5%のポイント還元以外にも、様々な無料&割引クーポンが付与されます。

他にも、ファミペイを使うだけでファミリーマートの対象商品に会員割引が適用されるといったメリットもあるので、ファミリーマートに頻繁に行く人は必ず持っておかなきゃ損でしょう。

ファミペイでお得にポイント還元を受けるなら「ファミマTカード」の登録がおすすめ!

「少しでもお得にポイント還元を受け取りながらファミペイで決済していきたい…。」

と考える方は、ファミペイに「ファミマTカード」を登録してチャージしていくのがおすすめです。

ファミマTカードのスペック

ファミマTカードのスペックは以下の通りです。

国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 0.5%(ファミリーマートで決済する場合は2%)
主な特典
  • ETCカードの追加も入会金・年会費無料で可能
  • ポケットカードトラベルセンターでファミマTカードを使うと行ツアー代金が最大8%割引

ファミペイでファミマTカードを使えばTポイントも貯まる

ファミペイでの支払いに「ファミマTカード」を提示すれば、ファミペイの0.5%還元に加え、さらに0.5%のTポイントが還元されるようになります。

出典:ファミリーマート

なので、ファミペイとTカードを合わせれば合計1%のポイント還元を受け取れます。

ファミペイでファミマTカードを使えばオートチャージも可能

さらに、ファミマTカードを登録すればファミペイで「オートチャージ」することもできます。

ファミペイでチャージする方法は、

  • レジで現金を使ってチャージ
  • ファミマTカードを使ってチャージ
  • ファミマTカードを使ってオートチャージ
  • FamiPayボーナスからチャージ

といった4種類ですが、この中で最も便利なのは「オートチャージ」でしょう。

レジで現金を使ってチャージする方法もありますが、毎回現金を使ってチャージするのは手間ですし、「現金が必要」という時点で全くキャッシュレスではありません。

なので、完全キャッシュレスで支払いしていきたいという方は、ファミマTカードに登録してオートチャージを活用するのが良いでしょう。

なお、オートチャージを設定する場合、「チャージ」をタップ後に「オートチャージ」を選択してください。

以下の画面でオートチャージをオンにし、「オートチャージで入金する金額」と「オートチャージで入金する際の判定金額」をそれぞれ設定し、オートチャージの設定を完了させましょう。

▶︎ファミペイのチャージに関する詳細はこちら!

ファミペイ(FamiPay)でポイントが付与されるのはいつ?

「ファミペイでFamiPayボーナスが付与されるのはいつなの…?」

といった疑問をお持ちの方も多いでしょうが、ファミリーマートを利用して付与されたFamiPayボーナスは翌々日までに付与されます。

FamiPayボーナスが付与されると、支払い画面の残高下にボーナス額が表示されます。

また、貯まったFamiPayボーナスは以下の画面上にある「チャージ」をタップして「FamiPayボーナスでチャージ」を選択することで、ファミペイの残高に反映させることができます。

ファミペイ(FamiPay)の残高とTポイントの交換はできない

「FamiPayボーナスってTポイントに交換できるの…?」

結論ですが、FamiPayボーナスはTポイントに交換できません。

反対に、TポイントをFamiPayボーナスに交換することもできないので注意しておきましょう。

なお、ファミマでの支払いでファミマTカードを使えばFamiPayボーナスに加えてTポイントも受け取りできますが、Tポイントはファミマ以外の様々な店舗でも使えるので便利です。

ファミペイ(FamiPay)のポイント還元率を他のスマホ決済と比較してみた

「ファミペイの0.5%のポイント還元率は他と比べて高い?低い…?」

と思ってしまった方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの為に、各主要なスマホ決済サービスのポイント還元率の比較表を用意しました。

アプリ名 還元率
PayPay ・通常最大1.5%
・2019年10月1日以降は最大10%
LINE Pay ・0.5〜2%
メルペイ ・ポイント還元無し
楽天ペイ ・5%(2019年10月1日〜)
au PAY ・0.5%
・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
d払い ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で0.5%

現状、ポイント還元率が高めに設定されているのはPayPayや楽天ペイなどであり、2019年10月1日以降は消費税の増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」による5%のポイント還元が開催されます。

これによって、PayPayでは最大10%、楽天ペイでは常時5%のポイントが付与されるという、最強の還元率が設定されています。

ポイント還元率だけで見ると、今激アツなのはファミペイではなく、PayPayや楽天ペイなどでしょう。

特にPayPayは、最大10%のポイント還元が受けられる上、使えるお店も豊富なので、高い還元率と利便性を兼ね備えた業界No.1の評判高いアプリだと言って良いでしょう。

なので、ファミペイ以外にPayPayもインストールしておけば、よりお得に決済していけるでしょう。

また、「とにかく還元率の高い決済方法を選びたい…。」とあなたが考えるのであれば、Apple PayやGoogle Payに「JCB CARD W」を登録して支払うと良いでしょう。

Apple PayやGoogle PayにJCB CARD Wを設定すれば、今なら期間限定で20%のキャッシュバックキャンペーンが開催されています!

少しでもお得に決済していきたいのであれば、以下もあわせて確認してみてください!

jcbバナー

まとめ:ファミペイ(FamiPay)でお得にポイントを貯めよう!

  • ファミペイは0.5%のポイント還元がある
  • ファミペイでファミマTカードを使えばTポイントも貯まり、合計1%の還元を受けられる
  • ファミペイのポイント(ボーナス)は、ファミリーマートを利用して翌々日までに付与される

以上、ファミペイは常時0.5%のポイント還元がありますが、ファミマTカードと組み合わせれば、お得にTポイントを貯めたりオートチャージをしたりすることも可能となります。

レジで毎回現金を使ってチャージしていくのは、長い目で見ればかなり手間となるでしょう。

今後本格的にファミペイを利用しようと考えている方は、是非ファミマTカードも登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー