GooglePay(グーグルペイ)のSuicaの使い方【ビューカードを使えばポイント3倍!】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、GooglePayでSuicaを使う方法やおすすめのチャージ方法について紹介していきます。

「GooglePayでSuicaを使いたいけど、どうすればいいのか分からない…。」
「GooglePayでSuicaをお得に使う方法も知っておきたい…。」

といったあなたの疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!

※Suicaへチャージするなら、 ビューカードを選ぶとオートチャージができてポイントも3倍!⬇︎⬇︎⬇︎

 

GooglePay(グーグルペイ)はSuicaを登録して利用できる!

Google Payで簡単・スピーディにお支払い! Suica|Google Pay

出典:JR東日本

Androidからスマホ決済が可能なGooglePayですが、GooglePayはJR東日本が発行している「Suica」に登録して利用できます。

GooglePayの概要

運営企業 グーグル・ペイメント合同会社
キャンペーン JCB CARD Wでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン
使えるお店 Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iDに対応している全てのお店で利用可能
対応しているクレジットカード JCB、JACCS発行のクレジットカード、またはKyash、LINE Payカード 等

GooglePayからSuicaを利用すれば、手元にSuicaのカードが無くてもスマホ一台でお店の支払いを済ませられる上、毎日の通勤や通学時もスマホ一台で改札をくぐりぬけられるようになります。

GooglePay(グーグルペイ)でSuicaを利用する3つのメリット

出典:Google

 では、GooglePayでSuicaを利用する3つのメリットを見ていきます。

  • ICカード不要でスマホからSuicaが使える
  • Suicaの残高もスマホからチャージできる
  • Suicaを他の電子マネーとまとめて管理できる

ICカード不要でスマホからSuicaが使える!

GooglePayにSuicaを設定しておけば、物理的なSuicaのICカードを不要にし、スマホ1台でSuicaでの決済や改札の通過ができるようになります。

従来のICカードの場合、カードケースや財布などから決済の度にカードを取り出す必要がありましたが、Suicaをスマホに搭載すれば、あなたのポケットに入っているスマホを端末にかざすだけで全てが完結するのです。

Suicaの残高もスマホからチャージできる!

GooglePayなら、Suicaの残高をGoogleアカウントに登録したクレジットカードからスマホでチャージできます。

あなたは今まで、Suicaのチャージをずっと改札前にある券売機でやっていませんでしたか?

そこでもし行列が出来ていれば、チャージを待つ間に電車に乗り遅れてしまうことだってあるでしょうし、とにかく不便です。

ですが、クレジットカードを使ってSuicaへとチャージすれば、もうチャージの為に券売機に行く必要もありません。

Suicaを他の電子マネーとまとめて管理できる!

出典:GooglePay

GooglePayは、Suica以外にも「nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iD」といった計6つの電子マネーに対応しており、スマホ一台で全ての支払いが可能となります。

各社によって発行される電子マネーって、物理的なカードでそれぞれ管理していると、かなりバラバラして邪魔になりませんか?

ですがGooglePayを利用すれば、それらが全て単一のアプリ内で一元管理できるようになります。

▶︎Google Payの詳しいメリット・デメリットについてはこちら!

SuicaをGoogle Payで使うならチャージでポイント3倍の「ビューカード」がおすすめ!

なお、これからSuicaを頻繁に使っていこうと考えている人にとって、「使わないと損」と言って過言ではない程お得なクレジットカードがあったことをご存知でしょうか?

それが、Suicaへの「オートチャージ」が可能で「ポイントも3倍」となる「 ビューカード」です。

国際ブランド MasterCard / JCB / VISA
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%(Suicaへのチャージや定期券の購入などの場合は1.5%)
キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

Suicaにオートチャージできるのはビューカードだけ!

「いつもSuicaの残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。」
「残高不足で改札で止められることが頻繁にあるし、面倒くさいと思ってた…。」

あなたもこんな悩みを抱えていませんでしたか?

しかしご安心ください。この問題を解決するのが ビューカードです。

ビューカードはSuicaへオートチャージを行うことができ、Suicaの残額が設定金額以下になると改札入場時に自動的にチャージされます!

しかも、オートチャージすることができるのは ビューカードしかありません。これこそ、あなたが今すぐビューカードを選ぶべき絶対的な理由です。

なので、 ビューカードをSuicaへ設定しておけば、もう二度とSuicaが残高不足になって困ることもなくなるでしょう。

ビューカードをSuicaへのチャージに使えば「ポイント3倍」が付与される!

ビューカードでは通常1,000円の利用につきJRE POINTが5ポイント貯まりますが、Suicaへのチャージや定期券の購入に使えば、そのポイントがなんと「3倍」の1.5%となります。

Suicaへのチャージも、オートチャージも、定期券の購入も、全てポイント3倍となるので、 ビューカードからSuicaへチャージするだけで1.5%の還元を受けられます。

その上、貯まった「JREポイント」はそのままSuicaへとチャージできるので、ポイントの使い道にもほとんど困ることはありません。

さらに!

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%のポイント還元があるので、「Suica×ビューカード」の組み合わせで6.5%の還元率も実現可能です。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎詳しくはこちらで解説!

今なら期間限定キャンペーンで最大5,000ポイントがもらえる

「でも、ビューカードって年会費かかるし、その辺りがコストにならないの…?」

ビューカードは年会費が税込で524円かかるので、このような心配をされる方もいるでしょう。

しかし、2020年1月31日までに ビューカードに新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされる豪華キャンペーンが実施されています。

そのキャンペーン内容は以下の通り。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

なお、これらを全てクリアすることが難しくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れます。

なので、最低でも ビューカードの年会費の4年分はそれだけで賄うことができるでしょう。

さらに、 ビューカードはSuicaのチャージや定期購入の度にポイント3倍となるので、長期的にSuicaを利用する方であれば、ほぼ損をすることはないと言って良いでしょう。

「Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。」
「より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。」

こう考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

GooglePay(グーグルペイ)でのSuicaの使い方

最後に、GooglePayでSuicaを設定する方法について見ていきます。

GooglePay(グーグルペイ)でSuicaを設定する方法

GooglePayのアプリをインストールして、Googleアカウントにログイン後、ホーム画面で支払い方法を「Suica」に選択して追加します。

そして、次にメールアドレスとパスワードを設定し、アカウントを作成して設定を完了させましょう。

GooglePay(グーグルペイ)でSuicaへチャージする方法

GooglePayのアプリからチャージする

GooglePayに搭載されたSuicaのチャージをアプリから行う場合、該当する電子マネーをタップし、次の画面で「チャージ」をタップしましょう。

支払い方法とチャージ金額を選択してください。Suicaなら一円単位のチャージが可能です。

お店のレジで現金でチャージする

GooglePayに搭載されたSuicaのチャージをお店のレジから現金で行う場合、レジにて店員さんに「Suicaにチャージしたい」と伝え、現金を支払ってください。

その後、GooglePayが入っている端末をカードリーダーにかざし、GooglePayの残高が更新されていることを確認してください。

GooglePay(グーグルペイ)のSuicaで支払いする方法

GooglePayを使ってお店で支払う場合、まずGooglePayに対応する電子マネーが使えるお店にて「Suicaで!」と一声かけ、スマートフォンを決済用の端末にかざしてください。

これでGooglePayでの決済が完了します。

まとめ:GooglePay(グーグルペイ)でSuicaを便利に活用しよう!

以上、GooglePayでSuicaを利用すれば、様々な電子マネーを一元管理しつつ、Suicaをスマホから便利に活用できるようになります。

なお、もしもあなたが「少しでもお得にポイントを貯めながらSuicaにチャージしていきたい…。」と考えるのあれば、 ビューカードに登録してポイント3倍を受け取っていくのがベストでしょう。

ビューカードならオートチャージもできるので、日々の無駄な時間を省いて効率化させることもできます。

是非この機会にビューカードを登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー