GooglePay(グーグルペイ)はICOCAで利用できない【Suicaなら登録可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、Google Payで交通系電子マネーの「ICOCA(イコカ)」が使えるのかどうかについて解説していきます。

「Google PayでICOCAを使いたいと思ってた…。」

という方は、是非参考にしてみてください!


※Google Payで交通系電子マネーを使うならSuicaと ビューカードを組み合わせて使おう!


 

Google Pay(グーグルペイ)はICOCAに対応していない

出典:ICOCA

「てか、ICOCAってGoogle Payで使えへんの…?」

ICOCAを利用していてこんな疑問を持っていた方も多いと思います。

Android端末から便利にスマホ決済が可能なGoogle Payですが、Google PayはICOCAでも使えるのでしょうか?

結論から言うと、2019年11月現在、Google PayはICOCAに対応されていません。

現状Google Payに対応されているのは「iD・nanaco・楽天Edy・WAON・QUIC Pay・iD・Suica」などに限り、ICOCAは未対応となっています。

出典:GooglePay

SuicaならGoogle Pay(グーグルペイ)で利用可能

Google Payで簡単・スピーディにお支払い! Suica|Google Pay

出典:JR東日本

現在Google Payに対応している交通系電子マネーはJR東日本が発行する「Suica」のみとなっており、それ以外のICOCAやPASMO、PiTaPa、SUGOCAといった電子マネーには未対応です。

なので、

「どうしてもGoogle Payを使って駅の改札を通過したい…。」

と考える方は、全国各地の駅の改札で利用可能なSuicaをGoogle Payに登録しましょう。

その設定方法は簡単で、まずGooglePayをインストールしてGoogleアカウントにログイン後、ホーム画面で支払い方法を「Suica」に選択して追加します。

次にSuicaアカウントを作成する為に「メールアドレス」と「パスワード」を設定し、利用規約に同意すれば登録が完了します。

なお、Google PayからSuicaをチャージする場合、以下の画面からSuicaをタップして「チャージ」を選択しましょう。

次に支払い方法とチャージ金額を選択してチャージしてください。

なお、Suicaはコンビニなどのレジで現金を使ってチャージすることもできるので、今日からすぐにチャージしてSuicaを使ってみてください!

▶︎Google PayでSuicaを使う方法の詳細はこちら!

Google Pay(グーグルペイ)でSuicaを使うなら「ビューカード」を使っていこう

SuicaをGoogle Payに登録して使っていくのであれば、Suicaへのチャージでポイントが1.5%付与される ビューカードが断トツでおすすめです!

ビューカードをSuicaのチャージに使えばポイント3倍!

1000円ごとに5ポイント、オートチャージ設定でポイント3倍

ビューカードは通常1,000円の利用につき5円相当のJRE POINTが貯まりますが、Suicaへのチャージに使えばポイントが3倍の1.5%となります。

なお、貯まったポイントはそのままSuicaへチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもありません。

なお、今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%の還元が得られるので、「Suica×ビューカード」の組み合わせで支払えば最大6.5%の還元率も実現可能です。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎詳しくはこちらで解説!

また、 ビューカードはSuicaへオートチャージできる機能も備わっていますが、オートチャージの利用可能エリアは「首都圏Suica・PASMOエリア、仙台エリア、新潟エリア」のみであり、ICOCAの利用エリアだった中国・関西エリアではオートチャージできません。

今なら期間限定でもれなく5,000ポイントが付与される

「でもビューカードって年会費かかるし、コストかからへんの…?」

ビューカードは年会費が524円(税込)かかる部分がコストとなり得ますが、2020年1月31日までに ビューカードへ新規入会すれば、最大で5,000円相当のポイントがプレゼントされます。

  • 新規入会で2,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上の利用で1,000ポイント
  • カードの利用合計10万円以上で1,000ポイント

上記の条件を全てクリアしなくても、新規入会するだけで2,000ポイントは必ず受け取れるので、最低でも ビューカードの年会費4年分はキャンペーンだけで賄えるでしょう。

さらに、 ビューカードをSuicaのチャージに使えばポイント3倍の1.5%なので、長期でSuicaを使うならほとんど損もないでしょう。

「より高いポイント還元率を維持しながらSuicaを使いたい…。」

と考える方は、是非 ビューカードを使ってみてください!

国際ブランド MasterCard / JCB / VISA
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%(Suicaへのチャージや定期券の購入などの場合は1.5%)
キャンペーン
  • 新規入会でもれなく5,000円相当のポイントプレゼント(〜2020年1月31日)
  • 期間中に1万円以上ビューカードを利用した人に抽選で函館旅行やJRE POINTをプレゼント(〜2020年1月31日)
その他主な特典
  • 国内・海外で適用される旅行傷害保険の付帯有り

Google Pay(グーグルペイ)を長期的に使っていくなら「アンドロメダカード」もおすすめ!

Google Payを使ってお得に便利に支払いしていきたいのであれば、2%以上のポイント還元が得られるアンドロメダカードもおすすめです!

アンドロメダカードは毎月第1日曜日に還元率が1.5%となる上、JACCSモールを経由してお買い物をすれば2%以上の還元が得られます。

なお、貯まったポイントは全自動でGoogle Payの利用代金から差し引かれるので、蓄積したポイントをストレスフリーで使っていけます。

「気づいたらポイントが失効してた…。」

「ポイントを貯められるのはいいけど、使う為の手続きがめちゃくちゃ面倒くさい…。」

といった経験がある方でも、アンドロメダカードならそういった手間が不要なので便利に利用できるでしょう。

また、今なら「アンドロメダカード誕生記念」で最大7,700円分がプレゼントされるキャンペーンも開催されてるので、この機会に是非アンドロメダカードを登録してみてください!

国際ブランド MasterCard
年会費 初年度無料
※1回以上カードショッピングをすれば次年度無料
ポイント還元率 1%〜2%
キャンペーン
  • 毎月第1日曜日は還元率1.5%還元キャンペーン
  • 最大7,700円分プレゼントキャンペーン
その他主な特典
  • ETCカード発行可能
  • 家族カード最大3枚まで発行可能
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • カード盗難保険付帯

まとめ:現状Google Pay(グーグルペイ)でICOCAは設定できない

  • Google PayはICOCAを登録して使えない
  • SuicaであればGoogle Payに登録して利用できる
  • Suicaにビューカードを登録してチャージすればポイントが3倍付与される

現状ICOCAはGoogle Payに登録できず、今後いつ対応されるのかも不透明です。

「どうしてもGoogle Payを使って駅の改札を通過したい…。」

という方は、SuicaをGoogle Payに登録して使ってみてください。

なお、Apple PayでSuicaを使っていくなら、Suicaへのチャージで1.5%の還元が得られる ビューカードがおすすめです。

ビューカードならSuicaだけでなくGoogle Payからも利用できるので、気になる方は是非 ビューカードも登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー