GooglePayでのQUICPayの使い方、両者の違いを解説【今なら20%還元キャンペーン中!】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、GooglePayにQUICPay対応のカードを設定する方法や使い方、両者の違いについて解説していき、GooglePayにおすすめのQUICPay対応カードも紹介します。

「GooglePayにQUICPay対応のカードを登録していきたい…。」

GooglePayにQUICPayを導入したいと考えている方は、是非最後まで読み進めてみてください!

jcbバナー

 

GooglePay(グーグルペイ)ならQUICPay(クイックペイ)を登録して使える!

出典:GooglePay

Androidからスマホ決済が可能なGooglePayですが、GooglePayは主流な電子マネーである「QUICPay(クイックペイ)」にも対応しています!

運営企業 グーグル・ペイメント合同会社
キャンペーン JCBカードWでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン
使えるお店 Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iDに対応している全てのお店で利用可能
対応しているクレジットカード JCB、JACCS発行のクレジットカード、またはKyash、LINE Payカード 等

QUICPay(クイックペイ)とは?

出典:QUICPay

QUICPayとは、国際ブランドの「JCB」が展開する電子マネーであり、対応のカードやスマホからお店の端末にタッチするだけで支払いできます。

QUICPayは大手コンビニやスーパー、百貨店、飲食店といった様々な場所で利用であり、利用分はクレジットカードなどを経由して自動でチャージされるのでかなり便利です。

▶︎QUICPayの公式サイトはこちら!

QUIQPayとQUICPayプラスの違い

QUICPayでは、今までよりさらに使いやすくなった「QUICPay+(クイックペイプラス)」と呼ばれる新サービスがありますが、その違いは以下の通りです。

出典:QUICPay

両者の大きな違いは「1回あたりの利用金額」にあり、QUICPayなら利用可能金額が2万円、QUICPay+なら2万円以上の利用が可能です。(※但し利用上限額は支払いに指定したカードや利用店舗によって異なります。)

また、従来のQUICPayだと、利用分の支払い方法が「クレジットカード」に限られていましたが、QUICPay+ではクレジットカードに加えて「デビットカード」や「プリペイドカード」にも対応されます。

GooglePay(グーグルペイ)とQUICPay(クイックペイ)の違いは?

「というか、そもそもなんだけど、ApplePayとQUICPayって何が違うの…?」

といった疑問を持った方も多いでしょうが、両者の違いをざっくりと分けると、QUICPayは「電子マネー」であって、GooglePayは電子マネーではありません。

というのも、GooglePayはクレジットカードや電子マネーをアプリ上に登録してスマホで決済する為の「プラットフォーム的存在」です。

実際にお店で決済に使うのはGooglePayに追加したクレカや電子マネーであって、GooglePayそのもので支払いするわけではありません。

なので、QUICPayは直接決済に利用できる「電子マネー」ですが、GooglePayは電子マネーを「スマホ上で決済する為の手段」であり、電子マネーそのものではないのです。

GooglePayでQUICPay対応クレカを使うなら20%還元の「JCBカードW」がおすすめ!

GooglePayでQUICPayに対応したクレジットカードを使うなら、断トツで「JCBカードW」がおすすめです。

何を隠そう、JCBカードWでは今期間限定の「豪華キャンペーン」が開催されており、Google PayにJCBカードWを設定して支払いするだけで、なんと全員にもれなく20%がキャッシュバックされるんです!

国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年8月16日〜12月15日まで)※通常時は1,000円につき1ポイント(実質還元率0.3〜0.5%)
キャンペーン
  • Google Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大13,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント10倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCBカードWでは、現在「20%」という度肝を抜く大規模還元キャンペーンが開催されていますが、JCBカードWへ設定したGoogle Payで支払えば、あなたが普段から買っている食べ物や飲み物、そして前々から欲しいと思っていた「あの商品」も、その全てが20%OFFとなります!

さらに、それだけではありません。

今なら「新規入会限定ポイント10倍キャンペーン」も開催されており、期間中にJCBカードWに入会すれば、なんと入会後3ヶ月間の利用はポイントが10倍となります。

JCBカードWは通常1,000円につき2ポイント(実質還元率0.6〜1%)のポイント還元率ですが、スターバックスやセブンイレブン、アマゾンなどで使えばポイント還元率が3倍〜10倍となるのです。

また、JCBカードWで20%還元を受けながら買い物すれば、2019年10月より10%へと引き上げられた消費税の増税対策にも繋がるでしょう。

20%のキャッシュバックを受けられるJCBカードWを使えば、今回増税された2%分もきっちりと取り戻すことができますからね。

「Apple Payでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」
「増税に備えて、これから高い還元率をキープしておきたい!」

そう考える方は、JCBカードW一択で決まりでしょう!

GooglePay(グーグルペイ)でQUICPay(クイックペイ)に対応しているクレジットカード

GooglePayでQUICPayに対応しているカードの発行会社は主に以下の通りです。(※2019年9月現在)

クレジットカード

  • オーシー
  • JCBグループ
  • 楽天カード
  • ジャックス
  • 楽天カード
  • モデル百貨
  • ゆめカード

プリペイドカード

  • Kyash
  • JCBグループ
  • LINE Payカード

デビットカード

  • JCBグループ
  • じぶん銀行

GooglePay(グーグルペイ)でのQUICPay(クイックペイ)の使い方

Androidにカードを設定

QUICPayに対応するカードを登録する

GooglePayでQUICPayを登録して支払うまでの方法はとても簡単です。

まずはGooglePayのアプリをGoogle Playからインストールして、Googleアカウントにログインし、ホーム画面で支払い方法を「クレジット/デビット/プリペイド」に選択してください。

(※もしくはホーム画面の下にある「支払い」をタップして「+お支払い方法」をタップする)

その後は画面上の指示に従って、「メール・SMS・電話」のいずれかで本人認証を行ない、登録を完了させましょう。

QUICPayに対応するカードで支払う

GooglePayのQUICPayに対応したカードで支払う場合、お店で会計時に店員さんへ「クイックペイで!」と一声掛けた後、GooglePayの入っているスマホをお店の決済端末へかざしてください。

出典:QUICPay

これで支払いは完了です。

GooglePay(グーグルペイ)のQUICPay(クイックペイ)が使えるお店

QUICPayは以下のようなマークがついている日本全国のお店で利用できます。

使えるお店はコンビニやスーパー、百貨店、飲食店など様々であり、「ディズニーランド」や「牛角」、「タリーズコーヒー」などでも使えるようになりました。

出典:QUICPay

まとめ:QUICPay(クイックペイ)はGooglePay(グーグルペイ)でお得に使おう!

  • GooglePayはQUICPayに対応している
  • QUICPayに対応するカードをスマホから端末にかざすだけで支払える
  • 今ならGooglePayにJCBカードWを設定して支払えば20%還元中!

以上、GooglePayからQUICPayに対応されているカードを搭載して支払えば、カード不要でスマホから便利に支払いできます。

なお、今後GooglePayを主な決済手段として取り入れていくのであれば、期間限定で20%キャッシュバックが開催されている「JCBカードW」を設定して支払うのが超お得です。

JCBカードWに設定したGooglePayで支払えば、全ての買い物で20%OFFが適用されるので、8%から10%へと引き上げられた増税への対策にも繋がるでしょう。

もちろん、GooglePayのメリットは単なるキャッシュバックだけではありませんが、この「20%還元」という史上最大規模の還元を有効活用しない理由はありません。

気になる方は、是非GooglePayで20%還元を受けられる「JCBカードW」も登録してみてください!

jcbバナー

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。