PayPayにKyashを登録する方法【チャージ可能?3Dセキュアや上限は?】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、KyashをPayPayで利用する方法やメリット・デメリットについてを余す事なく紹介していきます。

KyashをPayPayで利用したい

お得な還元率を維持しながら決済していきたい

と考えている方に向けて解決策を解説しているので、是非最後まで読み進めてみて下さい。

目次

    Kyash(キャッシュ)をPayPay(ペイペイ)に登録して決済に利用する事は可能!

    出典:Kyash

    「KyashをPayPayで利用する事はできるの…?」

    1%のキャッシュバックが魅力のVISAカード「Kyash」を利用していて、このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。結論、KyashはPayPayに登録して利用できます。

    PayPayとKyashを組み合わせて利用すればお得に決済できる!と思われたかもしれませんが、残念ながら2019/10/1以降、PayPayではYahoo! JAPANカード以外のカードで決済してもポイントが還元されないようになりました。

    以前はPayPayでKyashを使ってポイントの3重取りも可能でしたが、現在はKyashをPayPayに登録できるものの、ポイント還元は得られないよう設定されています。

    Kyash(キャッシュ)を使ってPayPay(ペイペイ)の残高にチャージする事はできる?

    じゃあ、PayPayの残高チャージにKyashを使う事はできるの…?

    PayPayは「クレジットカードに登録して支払う方法」と「PayPay残高にチャージして支払う方法」がありますが、KyashはPayPayの残高にチャージする事ができるのでしょうか?

    結論、KyashはPayPayの残高にチャージする事ができません。

    PayPayはKyashのようなVISAカードからチャージする事はできず、対応しているのは基本的に「銀行口座」もしくは「Yahoo!JAPANカード」の二種類となっています。

    PayPayのチャージ方法に関する詳細はこちら!

    Kyashは3Dセキュアによる本人認証ができないのでPayPayでの決済上限が低い

    なお、Kyashは3Dセキュアによる本人認証ができないので、PayPay上で月5,000円以上を「Kyash」で利用する事ができません。

    そもそもPayPayでは、2019年2月より3Dセキュアによる本人認証の有無によって、クレジットカードのお支払い上限金額が引き上げられる制度へと変更しました。

    出典:PayPay

    上記のように、3Dセキュアによる本人認証後だと過去24時間で2万円、過去30日間で5万円となっていますが、本人認証前だと過去30日間でたったの5,000円です。

    そこで、Kyashが3Dセキュアによる本人認証に対応されているかを調べた所、公式サイトでは以下のように回答されていました。

    – 本人認証(3Dセキュア)に対応していますか恐れ入りますが、3Dセキュア(本人認証サービス)対応については未対応となっております。
    何卒ご了承下さい。※引用:Kyash

    つまり、PayPay上でKyashを使って支払いできる上限は5,000円という事になります。

    なので、PayPayを使った毎月のお買い物などの金額が5,000円以内に収まるような人であれば問題ありませんが、5,000円以上利用する事を想定している人にとってはこれが大きなデメリットとなり得ます。

    Kyash(キャッシュ)をPayPay(ペイペイ)に登録する方法

    PayPayにKyashを登録する方法ですが、まずはアプリを開いて画面右下にある「アカウント」をタップし、「お支払いの管理」を選択します。まだPayPayをダウンロードしていない方は、以下より入手しておきましょう。

    PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

    そして、以下の画面から「クレジットカードを追加」をタップしてください。

    そして、次の画面でも「クレジットカードの追加」をタップすれば、以下のようにクレジットカードを入力する為のフォーマットが表示されるので、ここに自分のkyashのVISAカードの情報を記載しましょう。

    これでKyashの登録は完了です。

    PayPayでクレジットカードを登録する方法の詳細はこちら!

    還元率を重視したいなら25%還元を実施中のdカードを選ぼう!

    どちらかというと、少しでもオトクになる支払い方法を選びたい…。

    あなたがそうお考えなのであれば、25%還元キャンペーンを実施しているdカードがおすすめです。

    その最大還元額は5,000円なので、20,000円までの買い物で実質5,000円がタダになる計算。

    そもそもPayPayで最大1.5%の還元を受けるには、前月に100円以上の決済50回をトータル10万円分しなければならないので、とてもハードルが高いと言えます…。

    なので、還元率を重視するならPayPayで小さな還元を狙うよりもVIASOカードを使った方が断然有利でしょう。

    しかも!

    今ならdカードでマイナポイントを申込んで買い物すれば、5,000円を上限として支払額の25%が還元されます!

    ▶︎マイナポイントについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

    最大5,000円相当の還元に加え、dカードの限定特典として500円が付与されるので、dカードで得られるキャンペーンを全て組み合わせれば…

    合計10,500円もの還元が受け取れます。しかも、実質還元率は50%超え。

    どうせなら、50%還元を受けながら決済したいな…。

    という方は、是非安心と信頼のNTTドコモが提供しているdカードに登録してみてください!

     

    dカードの概要

    還元率
    • 1.00〜4.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • dカード入会&利用特典(最大8,000円分プレゼント)
    • マイナポイントに申込んで買い物をすると最大5,500円分のdポイントが付与
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • iD
    その他主な特典
    • dカードケータイ保証(購入後1年間最大1万円)
    • お買い物安心保険(年間100万円まで)
    • 海外緊急サービスや海外レンタカーサービスなど

    まとめ:PayPayをお得に利用するならKyashより他のカードがおすすめ

    • KyashはPayPayに登録して利用する事が可能
    • PayPayの残高へのチャージにKyashを利用する事は不可
    • Kyashは3Dセキュアに対応していない為、30日間で5,000円までしか使えない

    以上、KyashはPayPayに登録して支払いに利用できますが、KyashをPayPayで使ってもポイント還元が得られず、3Dセキュアによる本人認証もできない為、30日間の上限金額が5,000円までというデメリットがあります。

    なので、今後PayPayを本格的に導入して行きたいと考えている方は、「銀行口座からPayPay残高にチャージして使う」もしくは「ヤフーカードから使う」といった方法を選びましょう。

    この二つのいずれかの方法を選べば、支払い金額の最大1.5%が還元され、随時開催されているPayPayのお得なキャンペーンも受けれるようになります!

    しかし、あなたが少しでもお得に支払いたいのであれば、dカードがおすすめです。

    dカードは現在25%還元キャンペーンを実施中であり、最大5,000円までを実質タダで受け取れるので、是非活用してみてくださいね!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス