LINE Pay(ラインペイ)で銀行振込する方法【手数料や上限も解説】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、LINE Payで銀行振込する方法について紹介します。

LINE Payで銀行振込したいけど、具体的にどうすれば良いの…?

といったあなたの悩みを解決していくので、是非参考にしてみてください!

目次

    LINE Pay(ラインペイ)は銀行口座への振込が可能!

    LINEアプリでスマホ決済できる「LINE Pay」ですが、LINE Payは決済のみならず、銀行口座への振込が可能です!

    LINEアプリまたはLINE Payアプリに必要情報を入力するだけで、LINE Payの残高を直接銀行口座に振込めるので、スマホから”いつでもどこでも”手続きを行えます。

    これまで銀行やコンビニで銀行振込を行っていた方にとっては、非常に便利なサービスでしょう。

    さらにLINE Payなら、相手の口座情報やLINE Payアカウントが分からなくても銀行振込みが可能です!

    相手の口座情報が分からなくても振込めるってどういうこと…?

    と疑問に思われたかもしれませんが、LINE Payの銀行振込は、以下のいずれかの情報があれば手続きを行えます。

    • 銀行口座情報(名義・口座番号等)
    • 名前と電話番号またはメールアドレス

    個人口座のみならず法人口座への振込にも対応しているので、家賃や習い事の月謝、通販の購入代金を「LINE Pay残高から振込みたい」といった場合にも便利でしょう。

    なお、LINE Payユーザー同士であれば、LINEのメッセージを使って「送金」を行うことも可能です。

    ▶︎LINE Payで送金する方法はこちら!

    LINE Pay(ラインペイ)は本人確認しないと銀行振込できない

    LINE Payで銀行振込を行うためには、まず最初に本人確認を完了させなければなりません。

    LINE Payでは、本人確認の有無により、以下2つのアカウントに分かれます。

    • LINE Cash…本人確認が未完了の状態
    • LINE Money…本人確認が完了の状態

    本人確認が未完了の「LINE Cash」の状態では銀行振込できないので、銀行振込を利用したいなら本人確認を行ってアカウントタイプを「LINE Money」に切り替えておきましょう!

    本人確認を行う方法

    本人確認を行う方法ですが、まずはLINE Payのメインメニューから「設定」をタップして「本人確認」を選択します。

    次の画面で「銀行口座で本人確認」「スマホでかんたん本人確認」といった2つの方法を選択できるので、好みの方法を選び、画面の案内に従って本人確認を済ませてください。

    ▶︎LINE Payで本人確認する方法はこちら!

    LINE Payの本人確認は銀行口座の登録が便利

    LINE Payの本人確認は「銀行口座の登録」と「かんたん本人確認」のどちらを選べば良いの…?

    と疑問に思われたかもしれませんが、あなたが今後継続的にLINE Payを利用していきたいと考えるなら、「銀行口座の登録」が便利でしょう。

    銀行口座の登録なら約3分程度で本人確認の手続きが完了する上、銀行口座からの残高チャージもできるようになります!

    つまり、銀行口座を登録すれば「本人確認」と「残高チャージ」の両方ができて一石二鳥に。

    LINE Payを使っていくなら銀行口座が無いとチャージに不便なので、この機会に登録しておくと良いでしょう。

    LINE Payに銀行口座を登録するならジャパンネット銀行がおすすめ!

    以上がLINE Payの本人確認についてでしたが、結論LINE Payに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が”いつでも”無料な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は毎月初めの1回は入出金共にATM手数料0円ですが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも無料です!

    なので、ある程度まとまった入出金をしていれば、コンビニのATMでも24時間手数料無料で便利に使っていけるでしょう。

    さらに、今ならジャパンネット銀行のVisaデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です!

    なお、ジャパンネット銀行はLINE Pay以外にもPayPayやメルペイなどのチャージにも対応しているので、複数のスマホ決済を活用しているのであれば、そのチャージをジャパンネット銀行一つで一元管理も可能。

    もちろん発行手数料や年会費は無料であり、カードは最短5日で手元に到着します。

    この機会に是非、お得で便利なネットバンクのジャパンネット銀行で口座開設してみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    LINE Pay(ラインペイ)の銀行振込にかかる手数料は?

    LINE Payの銀行振込には、振込先の銀行や振込む曜日・時間に関わらず一律で176円の手数料がかかります。

    手数料は振込と同時にLINE Pay残高から差し引かれるので、銀行振込する際は「振込額+手数料」のLINE Pay残高があることを確認しておいてください。

    LINE Pay(ラインペイ)の銀行振込みにおける上限は?

    なお、LINE Payの銀行振込の上限金額は、1日あたり10万円までとなっています。

    振込件数に上限は無いため10万円以内であれば1日に何度でも振込が可能ですが、毎回176円の手数料が発生する点は注意しておきましょう。

    LINE Pay(ラインペイ)で銀行振込する方法

    LINE Payで銀行振込する方法は、以下の2通りです。

    • 銀行口座番号を入力して振込む
    • 電話番号やメールアドレスで振込む

    相手の銀行口座情報が分かる場合は「銀行口座番号を入力して振込む」を、口座情報が分からない場合は「電話番号やメールアドレスで振込む」を選びましょう。

    銀行口座番号を入力して振込む

    LINE Payで銀行口座番号を入力して銀行振込する方法ですが、まずはLINEアプリまたはLINE PayアプリでLINE Payのメインメニューを開き、「送金」をタップして、「口座に振込」の「送金」を選択しましょう。

    「口座番号」タブで振込先の銀行口座情報を入力後「次へ」をタップして、振込金額を入力したら「送金」をタップします。

    あとは次の画面で認証(パスワードやFace ID等)すれば、振込が完了します。

    電話番号やメールアドレスで振込む

    LINE Payで相手の電話番号やメールアドレスを使って銀行振込する方法ですが、まずはLINE Payのメインメニューで「送金」をタップして、「口座に振込」の「送金」を選択してください。

    「SMS・Eメール」タブで相手の電話番号またはメールアドレス、名前などの情報を入力し、「次へ」をタップして、振込金額を入力したら「送金」をタップします。

    次の画面で認証すれば、振込作業の完了です!

    LINE Payで銀行振込されたお金を受け取る方法

    電話番号やメールアドレスによりLINE Payで銀行振込された場合、以下のような振込通知(メッセージ)が届きます。

    メッセージが届いたら、以下の4ステップで受け取り手続きを進めてください。

    • 1.SMSのリンクまたはメールの「口座情報を入力」をタップする。
    • 2.振込金額を確認して、「口座情報を入力」をタップする。
    • 3.SMSまたはメールで届いた認証番号を「本人確認」の部分に入力する。
    • 4.口座情報を入力し、「完了」をタップする。

    あとは、指定口座への入金を待ちましょう。※時間によっては口座への着金が翌営業日になります。

    まとめ:LINE Pay(ラインペイ)で便利に銀行振込しよう!

    • LINE Payは相手の口座情報や電話番号またはメールアドレスで銀行振込が可能
    • LINE Payの銀行振込は一律176円の手数料がかかる
    • LINE Payの銀行振込は本人確認を行わなければ利用できないので注意が必要

    以上がLINE Payの銀行振込についてでしたが、LINE Payは相手の口座情報やLINEのアカウントが分からない場合でも銀行振込が可能です!

    なお、あなたが今後継続的にLINE Payを利用していきたいなら、ジャパンネット銀行を登録して本人確認やチャージに使っていくと良いでしょう。

    ジャパンネット銀行なら3万円以上の入出金手数料が完全無料となる上、メルペイやPayPayにも使えるためキャッシュレス決済の資金管理をまとめられます!

    この機会に是非、ジャパンネット銀行で口座開設してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元