LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの違いを比較【お得に使うならどっちがい?】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、LINE Payとメルペイのどっちを使えば良いのかを知るべく、両者の違いを徹底比較していきます。

LINE Payとメルペイなら、どっちを使っていくのが良いんだろう…。

と悩む方もご安心ください。本記事を最後まで読めば、あなたにとってどちらが一番便利でお得なのかわかるようになります。是非参考にしてみてください!

目次

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイのスペックの違い

     

    LINE Pay (ラインペイ)の概要

    還元率
    • 条件を満たせば1〜3%
    • 2%還元の対象店舗なら最大5%
    • 5%還元の対象店舗なら最大8%
    ▶︎LINE Payのポイント還元率の詳細はこちら
    開催中キャンペーン 現状特になし
    特長
    • LINE Payの専用アプリで即座に支払いできる
    • LINEの友達と送金、割り勘などを行う事が可能
    • 国際基準の暗号化システムが構築されている
    支払い方法
    • LINE Pay残高で支払い
    • クレジットカードで支払い(チャージ&ペイ)
    • LINE Pay(ラインペイ)カードで支払い
    ▶︎LINE Payへチャージする方法の詳細はこちら
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート
    【飲食】
    スシロー / 上島珈琲店 / 松屋 / スターバックス
    【居酒屋】
    白木屋 / 魚民 / 笑笑 / 千年の宴 / 金の蔵
    【家電量販店】
    ヤマダ電機 / ベスト電器 / ケーズデンキ / ビックカメラ
    セキュリティ体制
    • 国際基準の暗号化システムが構築されている
    • QRコードに有効期限が毎回設定されている
    • ログインや決済の際には通知が届く
    • 強固なパスワード設定が可能
    • 10万円までの損失補償が受けられる
    • オートチャージ機能をオフにできる
    ▶︎LINE Payのセキュリティに関する詳細はこちら
    こんな人におすすめ!
    • LINE内のサービスを頻繁に利用していた方
    • LINEポイントを前から貯めていた方
    • 友達と頻繁に飲み会に行ったりお金のやり取りをしていた方
    • 今後月10万円以上をスマホ決済で支払っていきたいと考えている方
    ▶︎LINE Payのメリット・デメリットの詳細はこちら!

     

    メルペイの概要

    還元率
    • 通常のポイント還元なし
    ▶︎メルペイのポイント還元率に関する詳細はこちら
    開催中キャンペーン

    現状なし

    特長
    • メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能
    • 随時お得なクーポンがメルペイで使える
    • お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能
    支払い方法
    • メルペイ残高で支払い
    • メルカリポイント(メルカリの売上金)で支払い
    ▶︎メルペイにチャージする方法の詳細はこちら
    「iD支払い」が使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート

    飲食

    マクドナルド / すき家 / タリーズコーヒー / ガスト / かっぱ寿司

    居酒屋

    和民 / 魚民 / 笑笑 / 千年の宴 / はなの舞

    家電量販店

    エディオン / Joshin / ヨドバシカメラ / ビックカメラ
    「コード払い」が使える代表的なお店
    • ローソン
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ

    飲食

    松屋 / 松のや / 吉野家/マイカリー食堂 / かっぱ寿司

    ショッピング

    Right-on / WEGO / earth music&ecology

    家電量販店

    エディオン / ケーズデンキ / ジョーシン

    その他

    福岡地所グループ / 阪急阪神百貨店 / JR西日本グループ ▶︎メルペイが使えるお店の詳細はこちら
    セキュリティ体制
    • 二段階認証による不正防止の対策が可能
    • 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる
    こんな人におすすめ!
    • メルカリでたくさん売上金が発生している方
    • 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方
    • iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方
    ▶︎メルペイのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの違いをそれぞれ徹底比較

    早速結論ですが、LINE Payとメルペイそれぞれでおすすめなのは、以下に該当する人です。

    こんな人はLINE Payがおすすめ

    • 常時安定的なポイント還元を得たい
    • 送金や割り勘も使いたい

    こんな人はメルペイがおすすめ

    • メルカリの売上金を使って支払いたい
    • iD決済を使ってApple Payから支払いしたい
    • メルペイスマート払いを使って支払いを繰越したい

    なお、LINE Payとメルペイの詳しい違いは以下の表で比較しています。

    サービス名
    ポイント還元率
    • 1〜3%
    • 通常のポイント還元なし
    キャンペーン
    • 現状特になし
    • 現状特になし
    使えるお店
    (コンビニ)
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • セブンイレブン
    • 100円ローソン
    • ナチュラルローソン
    • ミニストップ
    • セイコーマート
    • ポプラ
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • セブンイレブン
    • 100円ローソン
    • ナチュラルローソン
    • ミニストップ
    • セイコーマート
    • ポプラ
    対応カード・銀行口座 クレジットカード

    銀行口座

    • 約80以上の銀行口座に対応
    クレジットカード

    • 現状未対応

    銀行口座

    • 約80以上の銀行口座に対応
    利用上限金額
    • 本人確認前:1回10万円
    • 本人確認後:1回100万円
    支払い用銀行口座を登録済みの場合

    • 1日/1回あたり100万円
    • 1ヶ月あたり300万円

    支払い用銀行口座が未登録の場合

    • 1日/1回/1ヶ月あたり10万円

    これらを以下より順番に紹介していきます。

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの「ポイント還元率」の違い

    LINE Payとメルペイのポイント還元率の違いを比較していきましょう。

    結論をいうと、LINE Payは最大3%の還元があり、メルペイは現状ポイント還元が定められていません。

    LINE Pay(ラインペイ)のポイント還元率は最大3%

    LINE Payのポイント還元率についてですが、LINE Payは5月1日より定められた「LINEポイントクラブ」に基づき還元率や特典クーポンの数が決まります。

    【LINEポイントクラブとは?】
    過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」の総量を基準に、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのランクを提供するLINEのメンバーシッププログラム。
    獲得した「LINEポイント」の総量によってランクが変動する。

    なお、LINE Payでのランク制度は「マイランク」と呼ばれており、その内訳は以下の通りです。

    20200316-lp−001-A-re7

    LINE Payでポイント還元を受けるならVisaLINE Payカードが必須!

    以上が「マイランク制度」でしたが、結論を言うとLINE Payで3%のポイント還元を得るにはVisa LINE Payカードが必須です。

    なぜなら、LINE Payでポイント還元を得るにはVisa LINE Payカードが必要不可欠だからです。

    LINE Payは残高チャージ不要でクレカを使って支払える「チャージ&ペイ」という新機能がありますが、現状チャージ&ペイはVisa LINE Payカードのみの対応で、それ以外は一切ポイント還元が受けれません。

    しかも、Visa LINE Payカードは初年度のポイント還元率が3%となり、初年度の年会費も無料。(※2年目以降も1回以上カードを使えば無料)

    なのでLINE Payをお得に使っていくなら、もはやVisa LINE Payカードを使わない手はありません!

    是非この機会にVisa LINE Payカードを申し込んでみてください!

     

    Visa LINE Payカードの概要

    還元率
    • 初年度3%(〜2021/4/30)
      1%(2021/5/1〜)
    年会費
    • 初年度無料(2年目以降も1回以上の利用で無料)
      年1回以上の利用がない場合は1,250円(税別)
    国際ブランド
    • VISA
    対応電子マネー
    • iD
    • Visaタッチ決済
    その他主な特典
    • ETCカード:年会費500円(税別)
    • 家族カード:1人目は無料、2人目以降は400円(税別)

    現状メルペイはポイント還元率が定められていない

    一方、メルペイでは通常の支払いで返ってくるような一定のポイント還元がありません。

    LINE PayはVisa LINE Payカードで支払えば最大3%の還元があると上述しましたが、メルペイではそういったベーシックな還元が定められていないので注意しておきましょう。

    ▶︎メルペイのポイント還元率に関する詳細はこちら!

    しかし、メルペイはメルカリで得た売上金を使って支払えるメリットがあります。

    なので、メルカリを頻繁に利用している方は、売上金を使ってお店で決済できるメリットを存分に活かしてみてください!

    ▶︎メルカリの売上をメルペイで使う方法はこちら!

    今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%が還元される!

    出典:キャッシュレス・消費者還元事業

    6月30日までの期間中は「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、対象店舗でメルペイやLINE Payを含む「キャッシュレス決済」を行えば、支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます。

    同還元事業に加盟する中小店舗で決済すれば5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどで決済すれば2%の還元が得られます。

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの「使えるお店」の違い

    LINE Payとメルペイの「使えるお店」の違いを、実店舗とオンラインサイトでそれぞれ分けて見ていきましょう。(※2020年5月時点であり、一部の店舗のみを記載)

    実店舗で使えるお店の違い

    お店のジャンル
    コンビニ
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • セブンイレブン
    • 100円ローソン
    • ナチュラルローソン
    • ミニストップ
    • セイコーマート
    • ポプラ
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • セブンイレブン
    • 100円ローソン
    • ナチュラルローソン
    • ミニストップ
    • セイコーマート
    • ポプラ

    ※コード決済の場合は以下のみ

    • ローソン
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    飲食店・居酒屋
    • 松屋
    • 上島珈琲店
    • サーティワンアイスクリーム
    • くら寿司
    • スシロー
    • スターバックス
    • 白木屋
    • 魚民
    • 千年の宴
    • 笑笑
    • 松屋
    • 松のや
    • 吉野家
    • かっぱ寿司
    • 上島珈琲店
    • 白木屋
    • 魚民
    • 笑笑
    家電量販店
    • ビックカメラ
    • ケーズデンキ
    • エディオン
    • ヤマダ電機
    • ベスト電器
    • マツヤデンキ
    • Joshin
    • ケーズデンキ
    • エディオン
    • ヤマダ電機
    • ベスト電器
    • マツヤデンキ
    ドラッグストア
    • キリン堂
    • B&Dドラッグストア
    • サンドラッグ
    • スギ薬局
    • マツモトキヨシ
    • 薬王堂
    • コクミンドラッグ
    • サツドラ
    • サンドラッグ
    • スギ薬局
    • ウェルシア
    • マツモトキヨシ

    両者ともに大手チェーンや小規模店舗などで幅広く利用可能です。

    なお、アプリから位置情報を使って周辺の使えるお店を検索することもできるので、是非近くのお店でLINE Payやメルペイが使えるか試してみてください!

    ▶︎LINE Payの使えるお店に関する詳細はこちら!

    ▶︎メルペイの使えるお店に関する詳細はこちら!

    オンライン決済が使えるお店の違い

    次に実店舗ではなくオンライン上のネットショップで決済できるお店の違いを比較します。(※2020年5月現在)

    使えるネットショップ
    • ZOZOTOWN
    • ウーバーイーツ
    • ラクマ
    • SHOPLIST.com
    • Joshin webショップ
    • HMV ONELINE
    • LINEチケット
    • LINE STORE
    • まんが王国
    • サンプル百貨店
    • 出前館
    • ピザハット
    • LINE Clova 等

    ▶︎詳細はこちら

    • AZUL by moussy
    • SHOPLIST
    • ANAP
    • INGNISTORE
    • e-BEST
    • ecCURRENT
    • サンプル百貨店
    • DMM.com
    • DELIS
    • エアトリ
    • NOIN cosmetic
    • ひかりTVショッピング
    • ひかりTVブック
    • ひかりTVミュージック
    • ふるさとチョイス
    • MAGASEEK
    • ワタシプラ
    • bySHISEIDO

    ▶︎詳細はこちら

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの「支払い方法」の違い

    次に、LINE Payとメルペイの支払い方法を比較していきましょう。

    LINE PayはLINEアプリまたはLINE Pay専用アプリからコード決済ができ、メルペイはApple Payを使った「iD決済」やメルカリアプリを使った「コード決済」ができます。

    LINE Payの支払い手順

    LINE Payでの支払いは、「LINEのアプリから支払う方法」と「LINE Pay専用アプリから支払う方法」の2通りがあります。

    LINEのアプリから支払う

    LINEから「ウォレット」をタップしてQRコードのマークをタップし、表示されたQRコードをお店の人に読み取ってもらいましょう。

    LINE Pay専用アプリから支払う

    LINE Payの専用アプリはApp StoreまたはGoogle Playでインストールできますが、アプリを開くとすぐに以下の画面が表示されます。

    なので、スピーディーに支払い画面を出して決済したいという方はLINE Payを専用アプリで使ってみてください!

    メルペイの支払い手順

    メルペイでの支払いは「コード決済」と「iD決済」の2種類があります。

    メルペイの「コード決済」を使って支払う

    メルカリアプリを開いて「メルペイ」をタップし、「コード決済」を選択します。

    次に設定したパスワードを入力し(Touch IDなども設定可能です)、QRコードを表示させましょう。

    支払い時は「メルペイで」と伝え、上記の支払い画面を店員さんに読み取ってもらい決済を完了させましょう。

    メルペイの「iD決済」を使って支払う

    メルペイ内で「iD決済」の設定完了後、店員さんに「iD(あいでぃー)で」と伝えましょう。

    そして、ApplePayに追加したメルペイを表示させて支払い画面を決済端末にタッチすれば完了します。

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの対応カードや銀行口座の違い

    LINE Payとメルペイ共に80行以上の銀行口座に対応していますが、メルペイだけはクレジットカードに対応していません。

    クレジットカード 銀行口座
    クレジットカード

    銀行口座

    • 約80以上の銀行口座に対応
    • 約80以上の銀行口座に対応

    ▶︎対応銀行口座の一覧はこちら!

    • 未対応
    • 約80以上の銀行口座に対応

    ▶︎対応銀行口座の一覧はこちら!

    両者共に銀行口座を使ったチャージには対応していますが、クレジットカードに対応するのはLINE Payのみであり、メルペイはクレカが使えません。

    なお、LINE Payでお店での支払いに使えるクレジットカードは現Visa LINE Payカードのみとなっており、その他のクレカだと以下のようなLINEに関連したサービスのみでしか使えません。

    LINE Payでクレジットカード払いができる主なサービス

    • LINE STORE
    • LINE@
    • LINEデリマ
    • LINEモバイル
    • LINE FRIENDS STORE ONLINE
    • LINEトーク占い
    • LINE TAXI

    なので、LINE Payにクレカを使いながらお店で決済したい方は、Visa LINE Payカードを登録してみてください!

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの送金(割り勘)機能の違い

    LINE Payはもアプリ内でお金のやり取りが可能な「送金・割り勘機能」がありますが、メルペイは現状そういった機能がありません。

    LINE Payの送金機能を使えば、銀行口座を介さず手数料無料で友達へ送金したり割り勘したりできます。

    LINE Payでの送金はLINEのトークを使ってメッセージ付きで送金できるので、ちょっとしたお金の貸し借りにも便利です。

    ▶︎LINE Payで送金する方法についてはこちら!

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの支払い上限の違い

    LINE Payとメルペイにおける支払い上限の違いは以下の通りです。

    アプリ名 利用上限金額
    支払い用銀行口座を登録済みの場合

    • 1日/1回あたり100万円
    • 1ヶ月あたり300万円

    支払い用銀行口座が未登録の場合

    • 1日/1回/1ヶ月あたり10万円

    メルペイスマート払い場合

    • 利用者の「信用スコア」によって決まる
    • 本人確認前:1回10万円
    • 本人確認後:1回100万円

    LINE Payは本人確認の有無によって「LINE Cash(本人確認前)」「LINE Money(本人確認後)」といった2つのアカウントクラスに分かれますが、LINE Moneyだと利用上限金額が1回10万円から100万円へと増えます。

    ▶︎LINE Payで本人確認する方法の詳細はこちら!

    なお、メルペイの「メルペイスマート払い」に関する上限は、利用者一人一人のメルカリでの商品のやり取りなどに基づいた「信用スコア」によって決められており、人によって上限金額が異なる場合があります。

    詳しくは以下の記事で紹介しているので、気になる方は是非チェックしてみてください!

    ▶︎メルペイのスマート払いで利用上限が決まる仕組みについてはこちら!

    LINE Pay(ラインペイ)とメルペイの違いのまとめ

    以上、メルペイとLINE Payはそれぞれ違った特徴がありますが、それぞれの決済手段に向いている人は以下の通りです。

    こんな人はLINE Payがおすすめ

    • 常時安定的なポイント還元を得たい
    • 送金や割り勘も使いたい

    こんな人はメルペイがおすすめ

    • メルカリの売上金を使いたい
    • iD決済を使ってApple Payから支払いしたい
    • メルペイスマート払いを使って支払いを繰越したい

    なお、LINE Payで常時ポイント還元をゲットしていきたいなら、LINE PayにVisa LINE Payカードを登録して使いましょう。

    LINE Payでポイント還元を得たい場合、現状Visa LINE Payカードを使う以外に手段はありません。

    LINE Payを使っていくならVisa LINE Payカードに登録しておかなきゃ損なので、是非今のうちに申し込んでおいてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス