メルペイはAmazon(アマゾン)で利用不可【ギフトカード・コンビニ支払いも不可】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、メルペイを使ってAmazonで支払いできるのか解説していきます。

「Amazonでメルペイを使いたいと思っていた…。」

という方の疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※朗報!※】今なら招待コードを入力して本人確認を登録するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」が開催中!

以下の招待コードを入力して本人確認を行えば、すぐに1,000円分のポイントを使ってメルペイで決済できます!※本キャンペーンは予告なく終了される場合があるのでお急ぎください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録下さい!


【期間限定】今ならメルペイで1,000円分がタダで使える「すすメルペイ」開催中!

11月6日以降、メルペイに登録している人から招待コードを受け取った人が初めて「本人確認」を行うことで、招待した人と招待された人のそれぞれに1,000円相当のポイントが付与される「すすメルペイ」がスタートしました!

その方法は簡単!メルカリアプリから「メルペイ」を開き、すすメルペイのキャンペーン画面にて、招待コードである

KMCTYX

をご入力ください。

その後、ポイントを受け取るためには「銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」のいずれかで本人確認を進めてください!

※今後継続的にメルペイを使っていくなら「銀行口座の登録」がおすすめです!

▶︎メルペイに対応している銀行口座や登録方法はこちら!

そして本人確認完了後は1,000円相当のポイントが付与されます。

この機会に是非以下の招待コードを入力し、1,000円分を使って買い物してみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

メルペイはAmazon(アマゾン)での支払いに利用できない

「Amazonでメルペイって使えるの…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、結論Amazonでメルペイを使うことはできません。

メルペイは「iD決済」「コード決済」といった2つの支払い方法があり、Amazonでは「iD」による支払いに対応してはいますが、メルペイの「iD」決済はAmazonで利用不可能となっています。

Amazonで「iD」の支払いを行う場合は、iDの専用アプリを使って決済しなければならず、メルペイのiD決済は未対応であり、アマゾンで利用するとエラーになってしまいます。

出典:Google Play

なので、他の決済方法を試してみてください。

なお、Amazonで利用できる電子マネーは以下の通りです。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO

メルペイはAmazon(アマゾン)ギフト券(ギフトカード)も購入できない

メルペイは、Amazonのギフト券(ギフトカード)も購入不可能です。

Non-kyushu image

出典:Amazon

コンビニなどで購入できるAmazonギフト券ですが、支払い方法は「カード型・シート型・商品券型」のいずれも原則現金のみとされています。※取り扱い店によって異なります。

なので、コンビニなどの店頭でAmazonギフト券を購入する際は、キャッシュレス決済ではなく現金を用意してお買い求めください。

メルペイはAmazon(アマゾン)でのコンビニ支払いもできない

また、メルペイはAmazonのコンビニ払いにも利用ができません。

コンビニ店舗では、電子マネーでのお支払いはご利用いただけません。

※引用:Amazon

Amazonのコンビニ払いはメルペイだけでなく、電子マネーそのものが利用できないとされているので、電子マネー以外の支払い方法を準備しておきましょう。

メルペイをAmazon(アマゾン)でどうしても使いたいなら「モバイルSuica」を経由して支払おう

「どうしてもメルペイを使いたい…。」

と考える方は、「メルペイを使ってモバイルSuicaへチャージして支払う」という間接的な方法を試してみてください。

Amazonでは主要な交通系電子マネーである「モバイルSuica」での支払いに対応していますが、モバイルSuicaへのチャージをiDに対応したメルペイでチャージすれば、メルペイの残高を使ってAmazonでも買い物できるようになります。

例えば、Apple Pay経由でメルペイからSuicaへチャージする場合、WalletアプリからSuicaを選択して「チャージ」をタップし、チャージしたい金額を入力後メルペイをチャージ方法に選んでください。

これで実質的にメルペイを使ってAmazonで買い物ができるようになります。

Amazon(アマゾン)でお得に使えるスマホ決済サービスは?

というわけで、メルペイは直接Amazonの決済に利用できず、モバイルSuicaなどを経由して間接的に利用していかなければなりません。

「他にスマホ決済サービスを使ってAmazonで支払う方法はないの…?」

といった疑問も多いでしょうが、結論「d払い」と「LINE Pay」であればAmazonでも決済に利用可能です!

ドコモユーザーなら「d払い」で便利に支払いできる

出典:d払い

ドコモによって提供されているQRコード決済サービスの「d払い」ですが、d払いはAmazonで支払い可能です。

d払いをAmazonで使えば100円につき1円相当(1%)のdポイントが付与される上、今ならAmazon内における「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象商品を購入すれば+5%が還元されます!

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

対象加盟店舗で決済すれば中小店舗で5%、フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドなどで2%が還元される。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

なお、アマゾンでd払いを使うための条件は以下の2点です。

  • ドコモの携帯を持っている人
  • d払いの支払い方法を電話料金合算払いに設定している人

Amazonでd払いが使えるのは「ドコモユーザーのみ」となっており、その上で支払い方法を「電話料金合算払い」に設定しておけなければなりません。

なので、ドコモユーザーで電話料金合算払いができる方は、是非Amazonでもd払いを使ってみてください!

▶︎Amazonでd払いを使う方法の詳細はこちら!

LINE Pay(ラインペイ)なら最大7%の還元が得られる!

出典:LINE Payカード

LINEを使ってコード決済をしたり友達への送金や割り勘が可能な「LINE Pay」ですが、LINE Pay上で簡単に発行できる「LINE Payカード」を使えばAmazonでも支払い可能です。

LINE Payカードは「物理的なカード」とアプリ内で発行される「バーチャルカード」の2種類がありますが、いずれもカード券面に記載のある「名前・カード番号・有効期限」を入力すればAmazonで支払えます。

出典:LINE Payカード

なお、LINE Payのポイント還元率は「マイカラープログラム」によって決まりますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」と合わせれば、合計5.5%〜7%の還元をゲットできます。

mycolor

【マイカラープログラムとは?】

マイカラープログラムは毎月のLINE Payの利用実績に応じて「バッジカラー」が決まり、多くの利用実績がある人ほど還元率が高くなる制度。

マイカラーの判定基準は以下の通りで。

バッジカラー 毎月の支払金額 還元率
グリーン 10万円以上/月 2%
ブルー 5万円~9万9,999円/月 1%
レッド 1万円~4万9,999円/月 0.8%
ホワイト 0円~9,999円/月 0.5%

最高クラスである「グリーン」に達すれば最大2%の還元を得られますが、バッジカラーをグリーンにする為の条件は「毎月の支払い金額が10万円以上」とややハードルが高めです。

なので、LINE Payカードを使ってAmazonで毎月たくさん買い物できる方であれば、毎月お得に利用していけるかもしれません。

まとめ:メルペイはAmazon(アマゾン)では使えない

  • メルペイはAmazonでの支払いに利用できない
  • メルペイはAmazonギフト券やコンビニでの支払いにも利用できない
  • ただし、モバイルSuicaを経由すれば間接的にAmazonでメルペイを使った支払いが可能

以上、メルペイはAmazonでの支払いやAmazonギフト券などの購入には利用できません。

メルペイはモバイルSuicaに登録すれば間接的にAmazonで利用可能ですが、その支払いプロセスが面倒くさい方、あるいはSuicaを持っていないという方は、d払い(ドコモユーザーのみ)やLINE Payカードを使ってみるのも良いでしょう。

また、今なら招待コードを入力して本人確認するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」が開催中です。

なので、メルペイを他の場面でも使っていきたいと考えていた人であれば、お得にポイントをゲットできる「今」が絶好のタイミングだと言えるでしょう。

無料で1,000ポイントをゲットして買い物したい方は、以下の招待コードをアプリから入力して使ってみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー