メルペイ残高を銀行振込(出金)する方法【入金までの日数や手数料についても解説】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

 

編集長
本記事では、メルペイ残高を銀行振込して出金する方法について紹介していきます。
「メルペイ残高を現金化したいと思っていた…」という方は、是非参考にしてみてください!

【※メルペイ利用者必見※】

メルペイを使うなら”3万円以上の入出金が無料”な
ジャパンネット銀行の登録がおすすめ!

しかも、PayPayやLINE Payでも使える。

目次

    メルペイ残高は銀行振込による出金が可能!

    メルペイは、銀行振込による残高の出金が可能です。

    メルペイの残高を現金化できるので、「メルペイにチャージしすぎてしまった…」「メルカリの売上金を引き出したい…」といった時に便利ですね。

    なお、メルペイで銀行振込できるのは本人口座のみに限られており、家族や友人への送金には対応していないので注意しておきましょう。

    メルペイ残高を銀行振込する際は手数料がかかるの注意

    メルペイ残高を銀行振込する場合、金額や時間、振込先に関わらず以下の手数料がかかります。

    • 通常振込:200円/1件
    • お急ぎ振込:400円/1件

    手数料は銀行振込と同時にメルペイ残高から差し引かれるので、振込申請する際は「出金額+手数料」のメルペイ残高があることを確認しておいてください。

    メルペイ残高を銀行口座へ振込む(出金する)方法

    メルペイ残高を銀行口座へ振込む方法ですが、まずはメルカリのアプリを開き「メルペイ」から「振込申請」を選択して、振込先口座を指定したら「次へ」をタップしましょう。

    振込申請金額を入力して「確認する」を選択し、振込申請内容を確認して「振込申請をする」をタップすれば完了です。

    あとは、メルペイからの振込を待ちましょう。

    メルペイの銀行振込にかかる日数は?

    メルペイの残高の銀行振込にかかる日数は、「ゆうちょ銀行」と「ゆうちょ銀行以外」の振込先により異なります。

    まず、ゆうちょ銀行以外の銀行を指定した場合の振込スケジュールは以下の通り1〜2日程。

    そして、ゆうちょ銀行を指定した場合は3〜4日の日数を要します。

    なお、メルペイは銀行振込申請の際に「お急ぎ振込」を指定すれば、振込先の銀行に関わらず翌営業日または翌々営業日に振込まれます。 

    その場合、振込可能な上限金額は1日あたり最大100万円と定められているので注意しておきましょう。

    メルペイで銀行口座を登録するなら「ジャパンネット銀行」がおすすめ!

    銀行振込による残高の出金もできるメルペイですが、メルペイに銀行口座を登録しておくなら、インターネット専業銀行のジャパンネット銀行がおすすめです。

     

    編集長
    メルペイに銀行口座を登録すればチャージや残高の銀行振込が可能になる上、メルカリで得た売上金の申請期限が無くなるので、こまめな銀行振込による手数料の無駄使いも防げるでしょう。

    なお、メルペイにジャパンネット銀行を登録するメリットは以下の通り。

    •  3万円以上の入出金ならいつでも手数料無料
    •  PayPayを始めとしたメルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも使える
    •  Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    主要なコンビニATMやゆうちょ銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料。

    他にもATM手数料が無料になるネットバンクは存在しますが、そのほとんどに回数制限が設けられているため、計画的に利用しなければ無駄な手数料を支払う羽目に…

    しかし、ジャパンネット銀行であれば、ある程度まとまった入出金で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも対応!

    なお、ジャパンネット銀行はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    最近では複数のスマホ決済を使い分けている方も多いですが、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいます。

    しかし、各スマホ決済のチャージをジャパンネット銀行で一元管理してしまえば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然。

     

    編集長
    「複数のスマホ決済を使いこなしながらお金の管理もしていきたい…」という”きちんと派”の方は、主要なスマホ決済に対応するジャパンネット銀行を選びましょう。

    Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる!

    さらに、今ならジャパンネット銀行のVISAデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です!

    ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、メルペイが使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

    なお、VISAデビットを利用すれば500円につき1JNBスター(1円相当)のポイント還元も受けられます。

    メルペイを含む主要なスマホ決済に使い勝手の良い銀行をお探しの方は、この機会に是非ジャパンネット銀行で口座開設してみてくださいね!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    まとめ:メルペイで便利に銀行振込してみよう!

    • メルペイ残高やメルカリの売上金は銀行振込による出金が可能
    • 銀行振込には通常200円、お急ぎ振込で400円の手数料がかかる
    • メルペイに登録する銀行はジャパンネット銀行がおすすめ

    以上がメルペイの銀行振込についてでしたが、メルペイ残高を銀行振込すると手数料がかかってしまうので、メルカリの売上金を無駄なく活用したいという方はメルペイで使うと良いでしょう。

    なお、あなたがメルペイに便利な銀行口座を登録して使っていきたいのであれば、ジャパンネット銀行が断トツでおすすめです!

    ジャパンネット銀行なら3万円以上の入出金手数料がいつでも何回でも無料であり、VISAデビットとしても使えるので、メインバンクとしても申し分ないスペックだと言えるでしょう。

    もちろん発行手数料や年会費は無料なので、この機会に是非口座開設してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元