メルペイはクレジット(デビット)カードを登録できない【銀行口座からチャージしよう】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、メルペイでクレジットカードやデビットカードを登録して支払えるのかについて紹介します。

メルペイでクレジット(デビット)カードを登録して使いたいと思っていた…。

という方は是非参考にしてみてください!

目次

    結論:メルペイはクレジット(デビット)カードを登録して支払えない…

    フリマアプリ「メルカリ」から使えるスマホ決済サービスのメルペイですが、結論メルペイではクレジットカードやデビットカードを登録することはできません。(※2020年1月時点)

    メルペイの支払い方法には「iD払い」と「コード払い」の二種類がありますが、それらはいずれもメルペイの残高にチャージする必要があります。

    そしてメルペイの残高へチャージする方法は、「銀行口座」からと「メルカリの売上」からの2つのみ。

    なお、メルペイの「スマート払い」における清算方法も、以下の3種類に限られています。

    • メルペイ残高(銀行口座やメルカリの売上でチャージした残高)
    • コンビニ/ATM
    • 銀行口座振替

    なので、メルペイではクレジットカードやデビットカードを使って支払うことができません。

    メルペイで支払うなら「ジャパンネット銀行」を使っていくのがおすすめ!

    「なんだ、メルペイではクレジットカードもデビットカードも使えないのか…。」

    と残念に思った方も多いでしょうが、結論メルペイで支払うにはメルペイ残高へチャージする為の「銀行口座」を登録しなければなりません。

    メルペイに銀行口座を登録すれば、メルカリで得た売上金の振込申請期限がなくなり、売上金のポイント交換も不要。

    そしてメルペイスマート払いを使う際も、銀行口座を登録しておけば、清算手数料無料&自動引き落としができる「残高払い」に設定できます。

    そこで!

    メルペイにおすすめなのが、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」です。

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    メルペイでジャパンネット銀行を登録するメリット

    ジャパンネット銀行をメルペイに登録して使っていくメリットは主に以下です。

    • 3万円以上の入出金ならいつでも手数料無料
    • メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる
    • 新規口座開設で現金500円がプレゼントされる
    • Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら“いつでも何回でも”手数料無料です。

    コンビニATMでも3万円以上なら手数料が完全無料なので、「コンビニのATMだと手数料がかかる…。」と、わざわざ地方銀行の支店まで駆けつけていた人も、ジャパンネット銀行ならコンビニATMで24時間手数料無料で使えます!

    メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる

    なお、ジャパンネット銀行はメルペイ以外にもPayPayやLINE Payなどのチャージに使えるので、複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できるメリットがあります。

    あなたも、各スマホ決済毎に違った銀行口座を登録していませんか?

    例えばPayPayはA銀行、LINE PayはB銀行、メルペイはC銀行など…

    そういった管理の仕方をしてると、結局現金で支払うよりもなんだか面倒で不便となってしまいます。

    しかし、ジャパンネット銀行はPayPayやメルペイ、LINE Pay、さらにはGoogle Payといった主要なスマホ決済に全て対応しているので、「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方にぴったりでしょう。

    新規口座開設で現金500円がプレゼントされる

    現在ジャパンネット銀行では、新規口座開設で現金500円がプレゼントされるキャンペーンを開催しています。

    500円をもらうまでのステップは簡単で、まずお申し込みをして本人確認をし、その後は初期設定を行えば完了です。

    もちろんゲットした500円はメルペイですぐ使えるので是非試してみてください!

    Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる

    新規口座開設者限定 はじめの2ヶ月限定 Visaデビットを3回以上ご利用のお客さまへもれなく1,000円キャッシュバック! エントリー不要

    それだけではありません!

    今ならジャパンネット銀行のVisaデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です!

    ジャパンネット銀行はVisaブランドの付いたデビットカードとしても機能するので、メルペイが使えないお店では直接デビットカードでキャッシュレス払いするのも良いでしょう。

    とにかくジャパンネット銀行はメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、あなたも是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください!

    もちろん発行手数料は無料で、最短5日でカードが届きます!

    銀行口座をメルペイに登録してチャージする方法

    まずはメルペイに銀行口座を登録する

    まずはメルカリのアプリから「メルペイ」を選択し、「お支払い銀行口座を登録する」をタップして「銀行口座を登録する」を選びましょう。

    次に自身の登録したい銀行を選択すると、各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、指示に従いながら記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。

    メルペイに銀行口座を使ってチャージする

    メルペイに銀行口座を登録した後は、メルペイの画面から「チャージ(入金)」をタップして次の画面でチャージ金額を選択してください。(※チャージ金額は1,000円〜200,000円までで可能です。)

    金額を入力した後に「チャージする」をタップすれば完了です。

    まとめ:メルペイはクレジット(デビット)カードが使えない

    • メルペイはクレジットカードやデビットカードには現状未対応(2020年1月現在)
    • メルペイで支払うなら銀行口座に登録して残高へチャージする必要がある
    • ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金ならいつでも手数料が無料

    以上、メルペイでは現状クレジットカードやデビットカードを登録できません。

    メルペイで支払うにはメルペイ残高へチャージする為の「銀行口座」を登録しなければなりませんが、メルペイに銀行口座を登録するならジャパンネット銀行を活用するのがおすすめです。

    再度まとめると、ジャパンネット銀行をメルペイに登録するメリットは以下。

    • 3万円以上の入出金ならいつでも手数料無料
    • メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる
    • 新規口座開設で現金500円がプレゼントされる
    • Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる

    ジャパンネット銀行はPayPayやLINE Payといったスマホ決済サービスにも対応しているので、複数のスマホ決済を活用されている方は、この機会に是非活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元