メルペイはマクドナルドでiD決済が使える|使い方やポイント還元について解説

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、マクドナルドでメルペイが使えるのかについて解説していきます。

「メルペイってマクドナルドでも使えるの…?」

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※朗報!※】今なら招待コードを入力して本人確認を登録するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」が開催中!

以下の招待コードを入力して本人確認を行えば、すぐに1,000円分のポイントを使ってメルペイで決済できます!※本キャンペーンは予告なく終了される場合があるのでお急ぎください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録下さい!


【期間限定】今ならメルペイで1,000円分がタダで使える「すすメルペイ」開催中!

11月6日以降、メルペイに登録している人から招待コードを受け取った人が初めて「本人確認」を行うことで、招待した人と招待された人のそれぞれに1,000円相当のポイントが付与される「すすメルペイ」がスタートしました!

その方法は簡単!メルカリアプリから「メルペイ」を開き、すすメルペイのキャンペーン画面にて、招待コードである

KMCTYX

をご入力ください。

その後、ポイントを受け取るためには「銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」のいずれかで本人確認を進めてください!

※今後継続的にメルペイを使っていくなら「銀行口座の登録」がおすすめです!

▶︎メルペイに対応している銀行口座や登録方法はこちら!

そして本人確認完了後は1,000円相当のポイントが付与されます。

この機会に是非以下の招待コードを入力し、1,000円分を使って買い物してみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

メルペイは「iD決済」ならマクドナルドでの支払いに利用可能

フリマアプリの「メルカリ」から利用できるスマホ決済サービスのメルペイですが、メルペイは「iD決済」であればマクドナルドでの決済が可能です。

メルペイの「iD決済」といえば、Apple Payやおサイフケータイと連携してiDの対応店舗で支払いできますが、マクドナルドはiD決済に対応しているのでメルペイも使えます!(※現状Google Payには対応していません。)

メルペイの「コード決済」は現状マクドナルドに未対応

2019年11月現在、メルペイの「コード決済」はマクドナルドに対応していません。

メルペイの「コード決済」を使えば、メルペイでQR/バーコードを使った支払いが可能ですが、現状マクドナルド には未対応で、支払い可能なのはiD決済のみです。

▶︎メルペイの「コード決済」に関する使い方の詳細はこちら!

メルペイならメルカリの売上もマクドナルドで利用できる

これはメルペイを使う最大のメリットと言えますが、メルペイは「メルカリ」で得た売上金を使って決済できます。

メルカリの売上金をお店での支払いに利用する場合、従来は自身が登録した振込先口座に出金して現金化する必要がありましたが、メルペイの誕生によって、売上金を「iD決済」や「コード決済」からそのまま店舗で使えるようになりました。

「そういえば、随分前にメルカリでいくらかモノを売ったから、売上金が少し残ってたな…。」

といった方は、今すぐメルペイを使えるようにしましょう!

▶︎メルペイの「iD決済」を設定する方法の詳細はこちら!

メルペイをマクドナルドで使うとお得なクーポンやポイント還元は得られる?

では、メルペイを使って得られるお得なポイント還元やクーポンについて紹介します。

フランチャイズ店のマクドナルドなら2%が還元される

「そもそもメルペイってポイント還元はあるの…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、結論メルペイではポイント還元率が定められていません。

ですが、現在日本では「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、一部のマクドナルド でメルペイを使えば、支払額の2%が還元されるようになります!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

対象加盟店舗で決済すれば中小店舗で5%、フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドなどで2%が還元される。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

なお、同還元事業は日本マクドナルドが運営する直営店舗だと還元の対象外ですが、フランチャイズ店舗だと2%の還元対象となるので、店舗の形態によって違いがあることに注意しておきましょう。

– ポイントが付与される店舗と付与されない店舗が混在しているのはどうしてですか?

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)は中小・小規模事業者のみを対象にしています。

そのため、大手フランチャイズチェーンのうち、中小・小規模事業者が運営するフランチャイズ店舗は対象となる一方、中小・小規模事業者に該当しない日本マクドナルドが運営する直営店舗はポイント還元対象外となっております。

※引用:マクドナルド

なお、対象店舗には以下のマークが付いたステッカーが貼られているので、マクドナルドに行った際は、そこで還元を受けられるかどうかチェックしておいてください!

▶︎メルペイのポイント還元率について詳しく知りたい方はこちら!

随時お得なクーポンも発行されている

なお、メルペイではお得なクーポンも随時発行されています。

メルペイで発行されるクーポンは期間によって毎回内容が変更していきますが、過去はマクドナルドで使えるクーポンも配信されていたので、最新のクーポン情報をチェックしておいてください!

マクドナルドでのメルペイの使い方

では、メルペイを使ってマクドナルドで支払う手順を見ていきましょう。

まずはメルペイに銀行口座を登録してチャージする

まずはメルペイに銀行口座を登録して残高をチャージしましょう。

メルペイは現金を使ったチャージや、クレジットカードを登録してのチャージはできないので、メルペイにチャージするなら銀行口座の登録が必須です。

▼以下の招待コードをアプリ内のキャンペーンページから入力して銀行口座を登録すれば、すぐに1,000円分のポイントを使ってメルペイで決済できます!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

詳しい銀行口座の登録・チャージ方法は以下で解説しています!

▶︎メルペイに銀行口座を登録してチャージする方法の詳細はこちら!

メルペイでiD決済を設定する

まずメルカリを起動し、「メルペイ」を選択して「iD」のロゴをタップします。(※現状Google Payでは対応されていません。)

「次へ」をタップして「設定をはじめる」を選択すると4桁の認証番号が自身のSMSに送付されるので、空欄に入力します。

「電子マネーの情報を追加する」をタップし、利用規約に同意しましょう。

するとApple Payにメルペイが追加されます。

メルペイの「iD決済」を使ってマクドナルドで支払う

メルペイにiD決済を設定した後、マクドナルドの店員さんに「iD(あいでぃー)で」と伝え、自身のiPhoneからApple Payに追加したメルペイを表示しましょう。

上記の画面を、マクドナルドの支払い端末にタッチすれば支払い完了です。

マクドナルドでお得に使えるメルペイ以外のキャッシュレス決済は?

マクドナルドでは、メルペイ以外にも以下のようなキャッシュレス決済サービスが利用可能です。

電子マネー

  • iD
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco
  • QUIC Pay

交通系電子マネー

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

クレジットカード

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • JCB PREMO
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナーズクラブカード
  • ディスカバー

現状マクドナルドでは「PayPay」や「LINE Pay」といったQRコード決済は利用できず、使えるのはクレジットカードや電子マネーのみとなっています。

「じゃあ、どの支払い方法がお得に使えるの…?」

と思わず考えてしまったかもしれません。そこで、マクドナルドでお得に使えるキャッシュレス決済を以下より3つ紹介していきます!

Apple Payにクレジットカードを登録してポイントを二重取りしよう!

出典:Apple

iPhoneからスマホ決済が可能なApple Payですが、Apple Payにクレジットカードを登録すれば「キャッシュレス・消費者還元事業」と合わせてポイントを二重取りできます。

例えば、 dカードをApple Payに登録して使えば、支払い毎に1%のdポイントが還元される上、今ならもれなく1,000円相当のポイントも付与されます!

さあ、dカードでApple Payを はじめよう! 初回設定でもれなく1,000ポイントプレゼント!

また、JCB CARD Wであれば2019年12月31日までに入会するだけで、新規入会者限定で一定期間ポイントが最大30倍となります!

JCB CARD WではAmazonやセブンイレブン、スターバックスなどが「優待店」として定められているので、マクドナルド以外のお店でもオトクに活用できるでしょう。

クレカを登録したApple Payで支払えば、マクドナルドで3%以上の還元率も実現できるので、是非試してみてください!

▶︎Apple Payにおすすめのクレジットカードについてはこちら!

Suicaにビューカードを組み合わせて使うと最大ポイント還元率3.5%!

そして、マクドナルドで便利かつお得に使えるのが「Suica× ビューカード」の組み合わせです。

Suicaへのチャージに ビューカードを使えば、チャージする金額ごとに1.5%が還元されるので、「キャッシュレス・消費者還元事業」と合計して3.5%の還元率を実現できます!

1000円ごとに5ポイント、オートチャージ設定でポイント3倍

また、 ビューカードでは新規入会で最大5,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンも開催されているので、この機会に是非 ビューカードを登録し、Suicaと組み合わせて使ってみてください!

nanacoにセブンカードを組み合わせてマックで支払えばポイントの3重取りが可能

セブン&アイ・ホールディングスが運営する電子マネー「nanaco」と セブンカード・プラスを組み合わせれば、「キャッシュレス・消費者還元事業」と合計して3%の還元をゲットできます。

nanaco、 セブンカード・プラスと共に200円の支払いにつき1円相当(0.5%)のnanacoポイントが付与されますが、nanacoへのチャージを セブンカード・プラスから行えば、ポイントをダブルで受け取り可能です。

なお、 セブンカード・プラスはnanacoへのオートチャージも可能なので、nanacoを持っている方は、是非 セブンカード・プラスを登録してお得に決済してみてください!

まとめ:マクドナルドでメルペイを便利に使っていこう!

  • メルペイはマクドナルドで「iD決済」が利用可能
  • メルカリの売上もマクドナルドで利用できる
  • メルペイを使えば一部のマクドナルドで2%の還元を得られる

以上、メルペイは「iD決済」であればマクドナルドでも利用できますが、メルペイ以外にも「Suica× ビューカード」で支払えば合計3.5%、「nanaco× セブンカード・プラス」で支払えば合計3%といった魅力的な還元率を維持できます。

なので、自身に合ったお得な支払い方法を活用するようにしてみてください!

また、今なら招待コードを入力して本人確認するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」も開催中です。

今後銀行口座を登録してメルペイを使っていくのであれば、お得にポイントをゲットできる「今」が絶好のタイミングでしょう。

無料で1,000ポイントをゲットして買い物したい方は、以下の招待コードをアプリから入力して使ってみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー