メルペイのメリット・デメリットを一挙解説【後払いやメルカリの売上が利用可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、メルペイのメリットやデメリットについて余すことなく解説していきます。

「メルペイって一体どんなメリットがあるの…?」

「他のスマホ決済と比較してデメリットとなり得るのはどんな部分…?」

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※朗報!※】今なら招待コードを入力して本人確認を登録するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」が開催中!

メルペイで以下の招待コードを入力して本人確認を行えば、すぐに1,000円分のポイントを使ってメルペイで決済できます!※本キャンペーンは予告なく終了される場合があるのでお急ぎください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録下さい!


【期間限定】今ならメルペイで1,000円分が使える「すすメルペイ」開催中!

11月6日以降、メルペイに登録している人から招待コードを受け取った人が初めて「本人確認」を行うことで、招待した人と招待された人のそれぞれに1,000円相当のポイントが付与される「すすメルペイ」がスタートしました!

その方法は簡単!メルカリアプリから「メルペイ」を開き、すすメルペイのキャンペーン画面にて、招待コードである

KMCTYX

をご入力ください。

その後、ポイントを受け取るためには「銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」のいずれかで本人確認を進めてください!

※今後継続的にメルペイを使っていくなら「銀行口座の登録」がおすすめです!

▶︎メルペイに対応している銀行口座や登録方法はこちら!

そして本人確認完了後は1,000円相当のポイントが付与されます。

この機会に是非以下の招待コードを入力し、1,000円分を使って買い物してみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

メルペイはメリットが盛りだくさんのスマホ決済アプリ

フリマアプリ「メルカリ」のアプリから利用できるスマホ決済サービスの「メルペイ」ですが、メルペイを使えばクーポンやポイント還元でお得に決済ができたり、メルカリの売上をそのまま決済に使ったりと、とにかくメリットが盛りだくさんです!

なお、メルペイにおけるメリット・デメリットの結論は以下です。

メルペイのメリット

  • スマホを財布代わりにできる
  • メルカリの売上金を使って決済できる
  • お得なキャッシュバックやキャンペーンが随時開催されている
  • 後払いサービスも利用できる

メルペイのデメリット

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも
  • クレジットカードを登録して支払うことができない
  • スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えなくなる

これらを順に解説していきます。

メルペイのメリット1「スマホを財布代わりにできる」

メルペイを使えば、「スマホを財布代わりにできる」というメリットがあります。

現金不要でスマホから決済できる

メルペイはアプリから実店舗での支払いができ、現金を不要にして一円単位から支払い可能です。

現金で支払う場合、会計時に財布を取り出してお札や小銭をレジで出さないといけませんでしたが、メルペイならその面倒なプロセスも省略化できます。

財布を持ち歩く必要がなくなる

メルペイを使えば、あなたは財布を持つ必要すらもなくなります

例えば、家からフラっと近くのコンビニやスーパー、ドラッグストアに行く際、メルペイがあればスマホ一台で外へ出かけて買い物できるようになるでしょう。

メルペイはApple Payを使った「iD支払い」も可能!

なお、メルペイは「iD」の支払いにも対応しており、Apple Payを使った決済もできます。

「iD」と言えば、NTTドコモが運営する電子決済サービスですが、iPhone7以上をお持ちの方なら、Apple Payにメルペイを追加して支払えます。(※現状Google Payの方には対応していません。)

なので、メルペイを使えるお店の範囲はかなり幅広いと言えます。

▶︎メルペイのiD払いに関する詳細はこちら!

メルペイのメリット2「メルカリの売上金を使って決済できる」

そして、メルペイはメルカリで得た売上金やポイントをそのままスマホ決済で利用できます。

これはメルカリを頻繁に使っているユーザーにとって、最大の魅力でありメリットとなるでしょう。

もともとメルカリでの売上金を利用する場合、一旦自身が登録した銀行口座へ振込して現金化する必要があり、なおかつ振込金額が1万円未満であれば210円の振込手数料も支払わなければなりませんでした。

しかし、メルペイを使えばメルカリでの売上金を現金化することなく、そのまま「コード払い」や「iD払い」を通して使えます。

メルペイのメリット3「随時お得なキャッシュバックやキャンペーンが開催されている」

今ならメルペイを使うだけで、とてもお得にキャッシュバックを受けられます。

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大5%が還元される

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日以降、日本では政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されており、対象店舗でメルペイを含む「キャッシュレス決済」を行えば、その支払額の2%〜5%がキャッシュバックされます。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

対象の加盟店舗で決済すれば、中小店舗では5%、フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドなどでは2%が還元されているので、メルペイで支払うだけで、現金で支払うよりもかなりお得に活用できます!

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」の詳細はこちら!

随時お得なクーポンがメルペイで使える

現状メルペイは、他社で独自で設定されているようなポイント還元率は定められていませんが、その代わりに随時お得なクーポンが発行されています。

クーポンの内容は随時変更していくので、最新のクーポン状況を是非チェックしておいてください!

メルペイのメリット4「後払いサービスも利用することができる」

メルペイあと払い

2019年4月23日より、メルペイではお店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」が利用可能となりました。

月の買い物の支払いを翌月に繰り越しできる

メルペイスマート払いを利用すれば、その月に購入した買い物の支払いを翌月に繰越せます。

「今買いたい商品があるけど、まとまったお金が無い…。」

そう考える方も、メルペイのあと払いを使えば、欲しいものをクレジットカード不要ですぐに購入可能です。

特にクレジットカードをお持ちでない方あれば、このサービスはかなり画期的なのではないでしょうか。

後払いにすれば支払いを一回で済ませられる

メルペイスマート払いを活用すれば、当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられます。

なので、利用者は現金を持っていなくてもメルペイを使って買い物が出来る上、その都度メルペイにチャージする手間を省く事が出来るようになります。

なお、当月支払い分の利用明細は翌月1日に通知され、1日から末日までの好きなタイミングで清算できます。

出典:メルカリガイド

このように、メルペイスマート払いを利用すれば、実質メルカリ側からお金を借りる事が可能となるのです。

▶︎メルペイスマート払いの詳しい使い方はこちら!

メルペイのデメリットや注意点は?

では、メルペイを利用するデメリットや注意点についても見ておきましょう。

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えない
  • スマホを取り出してアプリを起動するのが面倒なケースも
  • クレジットカードを登録して支払うことができない

メルペイは全てのお店で使えるわけではない

メルペイは現状全ての店舗で使えるわけではなく、「使えるお店もあれば、使えないお店もある」といった状況です。

全ての支払い場面でメルペイが使えるとは限らない為、事前にメルペイが使えるお店を確認しておきましょう。

なお、メルペイは「iD払い」と「コード払い」でそれぞれ使えるお店の種類が異なるので、それもあわせて確認しておいてください!

▶︎メルペイのコード払いが使えるお店の詳細はこちら!

スマホを取り出してアプリを起動するのが面倒なケースも

メルペイで支払う場合、一度アプリを起動してその支払い画面を店員さんに読み取ってもらったり、自分でコードを読み取ったりしなければならないので、場合によっては現金でさっと支払った方が早い場合もあるでしょう。

「iD払い」であればiPhoneから即座に行えますが、「コード払い」の場合は一度メルカリのアプリを起動してメルペイのコードを表示させる必要があります。

なので、まずは自分で実際に使ってみながら、メルペイでの支払いが便利かどうかを確かめてみてください!

メルペイはクレジットカードを登録して支払うことができない

メルペイはクレジットカードを登録して支払うことができません。

これは他のスマホ決済サービスと比較してデメリットとなる部分であり、メルペイで支払っていくには銀行口座を登録しておく必要があります。

その対応銀行口座数は2019年9月時点で70行を超えているので、気になる方は以下で確認してみてください!

▶︎メルペイに対応している銀行口座の一覧はこちら!

スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えなくなる

スマホを紛失したり端末が充電切れになったりした場合はメルペイを利用できません。

「スマホが財布代わりになる」ということは、スマホを落とせば財布を落としたことにほぼ等しくなります。

万が一メルペイの入ったスマホ端末を紛失した場合は、メルカリの「マイページ>お問い合わせ」へ連絡して「メルペイの利用を緊急停止したい」伝えましょう。

メルペイのメリット・デメリットのまとめ

メルペイのメリット

  • スマホを財布代わりにできる
  • メルカリの売上金を使って決済できる
  • お得なキャッシュバックやキャンペーンが随時開催されている
  • 後払いサービスも利用できる

メルペイのデメリット

  • 全てのお店で使えるわけではない
  • わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも
  • クレジットカードを登録して支払うことができない
  • スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えなくなる

以上がメルペイのメリット・デメリットについてでしたが、メルペイを使えば最大5%のポイント還元を得られる上、メルカリの売上金を利用したり、スマート払いサービスを使って支払いを繰越したりできます。

なので、この機会に是非メルカリをインストールして、メルペイを使ってみてください!

また、今なら招待コードを入力して本人確認を登録するだけで1,000円分のポイントが付与される「すすメルペイ」も開催中なので、無料で1,000ポイントをゲットして買い物したい方は、以下の招待コードをアプリから入力してみてください!

招待コードはこちら▼▼

KMCTYX

※メルカリのアプリを開いてご登録ください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー