【現状なし】メルペイのポイント還元率は?【スマート払いも還元はある?】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、メルペイのポイント還元率について詳しく解説していきます。

メルペイを使ってみたいけど、ポイント還元率がどのくらいなのか気になる…。

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!


【※メルペイ利用者必見※】

メルペイで本人確認&残高チャージするなら…
3万円以上の入出金が無料ジャパンネット銀行一択!

しかも、PayPayやLINE Payでも使える。

▼“最短5日”ですぐに使えます!

 

目次

    メルペイのネット決済でポイント還元はある?

    結論ですが、現状メルペイにポイント還元率は定められていません…。

    以前は「メルペイフィーバー」「メルペイサンデー」といったキャンペーンが開催されていましたが、3月31日をもって終了しています。

    今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%の還元を得られる

    出典:キャッシュレス・消費者還元事業

    メルペイでのポイント還元は無いとお伝えしましたが、現在日本では「キャッシュレス・消費者還元事業」と呼ばれる還元事業が実施されており、対象店舗でメルペイを含む「キャッシュレス決済」を行えば、そこで支払額の2%〜5%が還元されるようになります!

    【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

    2020年6月までの間、政府がキャッシュレス決済の普及を促進すべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

    ▶︎詳しくはこちらで解説しています!

    対象加盟店舗で決済すれば中小店舗で5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどで2%が還元されるので、メルペイで支払えば実質2〜5%のポイント還元を受けられることとなります。

    随時お得なクーポンも発行されている

    なお、メルペイでは随時お得なクーポンが発行されています。

    クーポンの内容は一定ではなく毎回変更していくので、アプリから最新のクーポン情報をチェックしてみてください!

    メルペイをフル活用するなら銀行口座を登録しよう!

    今後メルペイにお金をチャージして使っていくなら、断トツで銀行口座がおすすめです!(銀行口座を登録すれば、自動的に本人確認が完了します。)

    そこで!メルペイにベストな銀行口座となるのがジャパンネット銀行

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料となります!

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    ジャパンネット銀行はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。

    メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非ジャパンネット銀行に登録してみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    メルペイ以外でポイント還元率の高いスマホ決済サービスは?

    「メルペイのポイント還元についてはよくわかったけど、他のスマホ決済の還元はどうなってるの…?」

    と疑問に感じた方も多いでしょう。

    そこで、メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスのおける還元率を以下で比較しました!(還元率は2020年2月時点)

    通常の還元率 「キャッシュレス・消費者還元事業」と合算した時の還元率
    1.5%
    ※支払い方法を「PayPay残高・Yahoo!JAPANカード」に設定すれば最大1.5%が付与される
    最大10%
    0.5〜2%
    ※マイカラープログラムによって還元率が異なる
    最大7%
    還元率なし
    ※ただし随時お得なキャンペーンやクーポンがある
    最大5%
    還元率なし 最大5%
    0.5%
    ※auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
    ※3/29までの一定期間は最大20%還元
    最大6.5%
    ネットでの決済:1%
    実店舗での決済:0.5%
    最大6%

    PayPayなら最大10%のポイント還元が得られる

    PayPayでは2020年4月30日まで「まちかどペイペイ第3弾」が開催されており、「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗でPayPayを使えば、+5%のPayPay残高が戻ってきます!

    消費者還元事業の5%還元対象店舗なら 合計最大10%戻ってくる!

    同キャンペーンの対象となる支払い方法は「PayPay残高」に限り、キャッシュレス還元の5%対象店舗で支払えば合計10%が還元される計算となります。

    PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

    LINE Payなら最大で7%の還元率を維持することも可能

    LINE Payは「マイカラー基本ポイント」と呼ばれるプログラムに応じて最大2%が還元されるので、「キャッシュレス・消費者還元事業」と合わせると最大7%のポイントが還元されます。

    なお、マイカラーは自身のLINE Payによる決済金額によって異なります。

    • 《グリーン》決済金額:10万円/月
    • 《ブルー》決済金額:5万円~9万9,999円/月
    • 《レッド》決済金額:1万円~4万9,999円/月
    • 《ホワイト》決済金額:0円~9,999円/月

    ※引用:LINE Pay公式ブログ

    特に毎月10万円以上をLINE Payで決済できるような方は、常時4〜7%のポイント還元率を維持できるLINE Payが有力でしょう。

    メルペイのポイント還元率に関するまとめ

    • 通常の支払いにはポイント還元率が定められていない
    • キャッシュレス・消費者還元事業で最大5%の還元を得られる
    • 3/1〜31は最大50%が還元されるメルペイフィーバー・メルペイサンデーも開催

    以上、メルペイは現状ポイント還元率が定められていませんが、メルカリの売上を使ってお店で支払いしていける上、メルペイスマート払いを使えば支払いを翌月に繰り越せたりもします。

    なお、あなたが今後継続的にメルペイの残高へチャージして支払いに使っていきたいのであれば、3万円以上の入出金が完全無料となるジャパンネット銀行を使うと良いでしょう。

    ジャパンネット銀行はメルペイ以外にもPayPayやLINE Payでも使えるスマホ決済に万能なネット銀行なので、各決済サービスの資金管理もまとめられて便利です!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン yモバイル