メルカリの売上金をメルペイで利用する方法【銀行口座を登録すると便利】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、メルカリの売上金を使ってメルペイで支払う方法について解説していきます。

メルカリの売上金をメルペイで使いたいと思っていた…。

といった方は、是非参考にしてみてください!


【※お得な還元情報※】

お得に支払いたいなら…
最大12,000円還元中の
三井住友カードがおすすめ!

しかも、今なら年会費が永年無料

▼詳細はこちらでチェック!

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

 

目次

    メルペイを使えばメルカリの売上金をお店での支払いに利用可能!

    メルカリの売上金はポイントに交換して使える!

    フリマアプリ「メルカリ」から使えるスマホ決済サービスの「メルペイ」ですが、メルペイならメルカリで得た売上を使って決済できます。

    メルカリの売上金を使ってお店で買い物しよう思った場合、従来であれば自身が登録した振込先口座に売上を一度出金して現金化する必要がありました。

    それに出金の際、振込金額が1万円未満なら210円の振込手数料が発生するので、「少額の売上を現金化するだけで手数料分が損になる」という不便さがあったのです。

    しかし、メルペイを使えば売上金を「iD決済」や「コード決済」から手数料無料で使えるので、数百円単位の売上でもそのままコンビニなどのお店で使えます。

    メルカリの売上金をSuicaへチャージすることも可能!

    Apple Payに対応するiPhoneをお持ちの方であれば、メルカリの売上金をそのままSuicaへチャージすることも可能です。

    例えばSuicaをお持ちで休日にふらっと電車を使って出かけたいといった場合に、メルカリの売上金を交通費に充てることもできるのです。

    その方法ですが、予めiPhoneのWalletアプリに登録しておいたSuicaを開いて「チャージ」を選択し、チャージ金額を入力後に「メルペイ」をタップすれば完了します。

    ▶︎メルペイでSuicaにチャージする手順の詳細はこちら!

    メルペイで使えるのは「売上金・ポイント・メルペイ残高」の3つ

    メルペイを利用する方法は、何もメルカリの売上金からだけではありません。

    結論、メルペイで使えるのは以下の3つです。

    • 売上金
    • メルペイ残高
    • ポイント
    売上金 メルペイ残高 ポイント
    獲得方法 メルカリ内で商品を販売して得られる メルペイに登録した銀行口座からチャージすると得られる メルカリの売上金を使って購入(交換)できる他、キャンペーンによるプロモーションやポイント還元などでも得られる
    利用可能範囲 メルカリ内での買い物やポイントへの交換に利用可能 メルカリ内での買い物やメルペイを使って支払いに利用できる メルカリ内での買い物やメルペイの支払いで利用できる

    上記のように、メルペイでは「売上金・メルペイ残高・ポイント」の3種類が存在していますが、売上金をメルペイで使っていく場合は一度ポイントへと交換する必要があり、「売上金→ポイントへ交換→お店で支払い」といった順番で進めなければなりません。

    なお、「メルカリで特に売上はないけど、継続的にメルペイを使ってお店での支払いやメルカリ内の買い物をしていきたい」という方は、メルペイに銀行口座を登録して「メルペイ残高」へチャージしていくのがおすすめでしょう。

    メルペイで銀行口座を登録すれば売上金をポイントに交換する必要がなくなる!

    メルペイにお支払い用の銀行口座をチャージしておけば、メルペイ残高へいつでもチャージができるようになる他、以下のようなメリットが生まれます。

    • メルカリの売上をポイントに交換する必要がなくなる
    • メルカリで得た売上の振込申請期限がなくなる
    • 「メルペイスマート払い」も利用できるようになる

    売上をわざわざポイントに交換する必要がなくなる

    お支払い用銀行口座を登録すれば、メルカリの売上金をポイントに交換することなくメルペイで支払えます。

    上述の通り、通常メルカリで得た売上はメルカリやメルペイで使えるポイントに交換してはじめて利用できる仕組みとなっていました。

    しかし、銀行口座を登録すれば売上をそのまま使えるようになるので、ポイントに交換する手間を省けます。

    メルカリで得た売上の振込申請期限がなくなる

    メルペイにお支払い用の銀行口座を登録すれば、メルカリで得た売上金の振込申請期限(180日間)が無くなります。

    今までだと、メルカリで得た売上を出金する場合に「180日間の申請期限」が設けられていました。

    ですが、銀行口座に登録しておけば、売上金の振込申請期間を気にせず残高を利用できるようになります。

    「メルペイスマート払い(あと払い)」も利用できる

    また、メルペイで「お支払い用銀行口座の登録」または「アプリによる本人確認」を完了していれば、お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い(後払い)」も利用可能です。

    メルペイスマート払いを使えば、当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられる上、月に何度使っても手数料は毎月の精算時に300円となっています。

    もちろんメルカリ内の商品も、スマート払いを利用すればクレジットカードのようなあと払いで買えるので、気になる方は是非詳細を確認してみてください!

    ▶︎メルペイスマート払いに関する詳細はこちら!

    メルペイで銀行口座を登録する方法

    メルカリのアプリを開いて「メルペイ」を選択し、「お支払い銀行口座を登録する」をタップして「銀行口座を登録する」を押してください。

    登録したい銀行を選択後は各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。

    ▶︎メルペイに対応している銀行口座の一覧はこちら!

    メルペイで売上金を使って支払いする方法

    メルカリの売上金を使ってメルペイで支払う方法ですが、まだメルペイに支払い用の銀行口座を登録していない方は、メルペイから「売上金を使用」または「メルペイ>売上金(ポイント購入)」を選択してポイントへの交換手続きを行ってください。

    その後はメルペイの「iD決済」「コード決済」のいずれかを使ってお店で支払えます。

    メルペイの「コード決済」を使って支払う

    メルカリのアプリを開いてメニュー欄にある「メルペイ」をタップし、「コード決済」を選択してください。

    次に設定したパスワードを入力し(Touch IDなども設定可能です)、QRコードを表示させましょう。

    支払い時に「メルペイで」と伝え、上記の支払い画面を店員さんに読み取ってもらい決済を完了させましょう。

    メルペイの「iD決済」を使って支払う

    メルペイ内で「iD決済」の設定を完了させた後、店員さんに「iD(あいでぃー)で」と伝え、ApplePayに追加したメルペイを表示させて支払い画面を決済端末にタッチすれば完了します。

    まとめ:メルカリで得た売上金はメルペイで便利に使っていこう

    • メルペイはメルカリの売上金を使って決済できる
    • メルカリの売上でSuicaへチャージすることもできる
    • 支払い用の銀行口座を登録すれば売上をポイントへ交換する必要がなくなる

    以上、メルペイはメルカリの売上金を使って便利に支払いに使えます。

    ただ支払いに使うだけではなく、Suicaへチャージしたり、メルペイスマート払いを設定してあと払いをしたりと、支払いのバリュエーションも豊富であることが特徴です。

    追伸:最大10,000円のキャッシュバックを"実質タダ"で受けたいあなたへ

    なお、今最もアツいとされているクレジットカードが、最大10,000円までの20%還元キャンペーンを開催しているVIASOカード

    現在VIASOカードでは最大10,000円が“もれなく”キャッシュバックされる20%還元キャンペーンが開催中であり、VIASOカードへ新規登録すれば、誰でも最大10,000円をゲットできます!

    新規入会の方限定!フレフレ2020キャッシュレス20%還元祭 対象ご入会期間2020.2.1(SAT.) - 6.30(TUE.) ご利用金額の20%を、もれなくキャッシュバック!(最大10,000円)

    しかも、貯まったポイントは自動的にカードの利用代金からキャッシュバックされるので、使い道に困る心配も不要。

    なので、VIASOカードの10,000円キャッシュバックでは煩わしいポイント交換の手続きなんてありませんし、もちろん年会費だって永年無料です。

    20%還元キャンペーンの期限は6月30日までなので、遅れないようにしましょう!

     

    三菱UFJニコス「VIASOカード」の概要

    還元率
    • 0.5%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • <新規入会特典>最大10,000円をキャッシュバック!※入会日から3ヶ月後末日まで
    国際ブランド
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
    • ショッピング保険サービス:年間100万円まで

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元