PayPayが後払いサービスを提供開始!7月31日までは精算時手数料が無料!

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

PayPayで後払いサービスがスタート!

スマホ決済サービスのPayPayにて、一部ユーザーを対象にした後払いサービス「PayPayあと払い(一括のみ)」の提供が4月15日(水)から開始されました。

「PayPayあと払い(一括のみ)」は、ワイジェイカード株式会社が提供する後払いサービスであり、PayPayの利用料金を翌月にまとめて支払えます。

同サービスは、利用申し込みをした上で審査に通過すれば、全国のPayPay加盟店(オンライン支払いや請求書支払い等を除く)で利用可能です。

なお、現時点での申し込み対象者は一部ユーザーに限られており、申し込み対象となっている場合は、PayPayアプリを2.26.0以降の最新バージョンにアップデートすることでアプリトップに「あと払い」アイコンが表示されます。

申し込み対象者について明確な条件は開示されていないが、2020年夏以降は18歳以上(高校生)の全ユーザーが対象になる予定です。

7月31日までは精算時手数料無料キャンペーンが開催中!

現在、ワイジェイカード株式会社は「PayPayあと払い(一括のみ)」の提供開始に伴い、後払い精算時の手数料が無料になる「PayPayあと払い(一括のみ)清算手数料が無料」キャンペーンを開催中。

通常「PayPayあと払い(一括のみ)」は精算時に300円(税込)の手数料がかかるが、4月15日(水)〜7月31日(金)までの期間中は手数料が無料になります。

なお、同サービスの精算にはPayPay残高の「PayPayマネー」が利用でき、精算時に不足している場合に不足分をオートチャージする設定も可能です。

「PayPayあと払い(一括のみ)」はPayPay残高がなくてもチャージ不要で決済できる上、欲しいものをすぐに購入できるので、特にクレジットカードを持っていない方にとっては画期的なサービスだと言えるでしょう。

PayPayを使うならジャパンネット銀行を登録するのがおすすめ!

「PayPay残高」で支払いたい場合、「銀行口座を登録する」という方法がありますが…

PayPayに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

ジャパンネット銀行は毎月初月の1回は入出金共に手数料0円ですが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも無料。

なので、ある程度まとまった入出金をしていれば、コンビニのATMでも24時間手数料無料で便利に使っていけます!

なお、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもLINE Payやメルペイへのチャージにも対応しているので、複数のスマホ決済を活用している方であれば、そのチャージはジャパンネット銀行一つで一元管理もできちゃいます!

なのでこの機会に是非、お得で便利なネットバンクのジャパンネット銀行で口座開設してみてください。

もちろん発行手数料は無料で、最短5日でカードが届きます!

 

ジャパンネット銀行の概要

年会費
  • 永年無料
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATM net
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
ATM入出金手数料
  • ただし毎月1回目が0円
  • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
  • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
開催中キャンペーン
  • 新規口座開設で現金500円プレゼント
  • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
登録可能なスマホ決済サービス
  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Google Pay
  • pring

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

dカード+マイナポイントで最大50%還元