【安全】PayPayへの銀行口座登録が“全く危険ではない”理由を徹底解剖!

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、PayPayに銀行口座を登録しても危険がないのかについて紹介していきます。
「PayPayで銀行口座を登録して危なくないの…?」と疑問に思ったかもしれませんが…
結論、PayPayではしっかりとセキュリティが強化されているので、銀行口座を登録しても危険ではありません。
その理由について徹底的に解説していくので、是非参考にしてみてください!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPay残高にチャージ可能で
セキュリティも万全なネット銀行の
ジャパンネット銀行がおすすめ!

※ペイペイジャンボの対象は
PayPay残高のみです...

これで最大1.5%のPayPay残高が貯められます▼


目次

    PayPayに銀行口座を登録するのが危険ではない理由

    PayPayはしっかりとセキュリティが強化されているので、銀行口座を登録しても”危険はない”と言えます。

    なぜなら、PayPayでは万全のセキュリティ対策がされているからです。

    もちろん100%安心できる訳ではありませんが、PayPayではそれなりの対策がなされており、万が一不正利用された場合の補償制度までしっかりと用意されています。

    では、そのセキュリティ対策について順に見ていきましょう。

    端末認証の設定

    PayPayは、アプリに端末認証を設定できます。

    事前に設定しておけばFace IDやTouch ID、パスワードなどを使用してPayPayにロックをかけられるので、万が一スマホを紛失した時も安心でしょう。

    SMSでの二段階認証

    そして、PayPayでは「SMSでの二段階認証」も実施されており、Webサービスやアプリのログイン時にIDやパスワードによる本人認証の他、SMSやメールなどで二段に分けて認証を行えます。

    二段階認証を設定すれば、万が一IDやパスワードが流出した時の第三者による不正なログインを防止できます。

    これにより、「アカウントを乗っ取られて登録した銀行口座のお金を他人に使われる」といったような危険は無くなるでしょう。

    登録した銀行口座情報やクレジットカード情報の暗号化

    PayPayでは銀行口座やクレジットカードに関する情報は支払い先に対して非開示となっており、業界標準の暗号化技術であるSSL(Secure Sockets Layer)を用いた通信が行われています。

    SSLとは、Webサイトとユーザーとの間で行われる通信を暗号化するための仕組みであり、SSLを用いれば、第三者に通信の中身を盗まれるリスクを防げます。

    この技術はネットバンクなどにも利用されているので、”信頼性はかなり高い”と言えるでしょう。

    専任スタッフによる取引の監視

    なお、PayPayでは不正利用の早期発見や対応を目的に、AIや専任のスタッフによってユーザーや店舗の取引が24時間365日しっかりと監視されています。

    24時間365日対応する相談窓口も設置されているので、万が一PayPayで不審に思ったことがあった際は問い合わせてみると良いでしょう。

    PayPayで銀行口座を登録して万が一不正利用されたらどうなるの?

    とはいえ万が一を考えるとやっぱり銀行口座を登録するのは心配…。

    と考える方も多いと思いますが、PayPayでは2019年8月28日以降、万が一カードの情報や銀行口座情報、アカウントなどが不正利用に使われて損失を被った場合に、その全額を補償するとされています。

    このように、銀行口座情報が不正利用された場合ももちろん対象。

    なお、PayPayで補償の対象とされているケースは以下の通りです。

    • PayPayアカウントに関する情報が盗取または詐取される等の事情に起因する、第三者による利用者の意図しないPayPay残高の不正利用
    • 利用者のカード情報、銀行口座情報等またはこれらが登録されたPayPayアカウントに関する情報が盗取または詐取される等の事情に起因する、第三者による利用者の意図しない当該カード情報または銀行口座情報等の不正利用

    引用:PayPay

    上記の項目が原因で、意図しないチャージや決済などの不正取引が行われれば「損害発生」と認められ、損失額が全て補償されます。

    なので、PayPayに銀行口座を登録して万が一不正利用されても、自身で金銭的リスクを背負う必要はありません。

    PayPayに銀行口座を登録するならジャパンネット銀行がおすすめ!

    というわけで、PayPayでは万全のセキュリティ対策が実施されている上、万が一の補償制度も付いているので、銀行口座を登録しても危険性は”全くない”と言えます。

     

    編集長
    そこで!あなたがPayPayに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金でATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」が断トツでおすすめです。

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    あなたの近所にもあるであろう主要なコンビニATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料です。

     

    編集長
    なので、今まで「コンビニATMは手数料が勿体無いな…」とわざわざ遠くの銀行まで足を運んでいたような人も、ジャパンネット銀行を使えば大丈夫。

    ある程度まとまった入出金さえすれば、近くのコンビニや郵便局で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    複数のスマホ決済に対応しているからお金の管理が簡単

    そして、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    せっかく複数のスマホ決済を使い分けていても、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいますよね。

     

    編集長
    しかし、ジャパンネット銀行ならもうそんな心配は無用。各スマホ決済のチャージをジャパンネット銀行で一元管理すれば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然です!

    今ならVisaデビットを3回以上利用すれば1,000円がもらえる!

    それだけではありません。今ならジャパンネット銀行のVISAデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされます!

    ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、クレカしか使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

     

    編集長
    さらに、ジャパンネット銀行のVISAデビットを利用すれば500円につき1JNBスター(1円相当)のポイント還元も受けられますよ。

    上述したように、PayPayに銀行口座を登録しても危険性はありません。この機会に是非ジャパンネット銀行を登録して便利に活用してみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    PayPay(ペイペイ)でセキュリティ設定を行う方法

    PayPayで実際にセキュリティの設定を行う方法ですが、PayPayアプリの「アカウント」から「セキュリティ」を選択し、「端末の認証を有効にする」を有効にしましょう。

    これで、アプリを起動する際にパスコード(Touch IDやFace IDなど)が要求されるようになるので、他人の不正利用防止に繋がります。

    まとめ:PayPayに銀行口座を登録しても危険性は低い

    PayPayへの銀行口座登録が“全く危険ではない”理由まとめ

    • 端末認証を設定できる
    • さらにSMSでの二段階認証も実施されている
    • 銀行口座やクレジットカード情報は暗号化されている
    • 専任スタッフによる取引の監視&365日24時間相談窓口設置の万全体制
    • 全額補償制度が完備されている

    以上、PayPayでは万全のセキュリティ対策が実施されている上、万が一登録した銀行口座を不正利用されてもその損失額は全額補償されます。

    なので、あなたがPayPayに銀行口座を登録してもその危険性は”全くない”と言って良いでしょう。銀行口座を登録すればPayPayの利便性がさらに高まるので、是非活用してみてくださいね。

    なお、あなたがPayPayに銀行口座を登録しようとお考えなら、3万円以上の入出金手数料が完全無料で今なら1,000円のキャッシュバックも受けられるジャパンネット銀行がおすすめです。

    この機会に是非PayPayへジャパンネット銀行を登録し、安心安全で便利なスマホ決済ライフを始めてみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元