PayPay(ペイペイ)に対応する銀行口座一覧【登録/チャージ/出金方法を解説】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、PayPayに対応する銀行口座の一覧を紹介したうえで、銀行チャージのメリットや方法を解説していきます!
「PayPayに登録できる銀行口座やチャージ方法を確認したい…。」という方はぜひ参考にしてみてください!

【※PayPayをお得に使うなら※】

3万円以上の入出金手数料が”いつでも無料”な
PayPay銀行からの残高チャージがおすすめ!

※PayPayジャンボの対象は残高払いのみです…。

これで最大1.5%のPayPay残高が貯められます▼

目次

    PayPay(ペイペイ)は銀行口座に登録して手数料無料でチャージしよう!

    スマホ決済サービスの代表格として圧倒的知名度を誇るPayPayですが、PayPayは銀行口座を登録してPayPay残高へチャージすれば、お得かつ便利に決済できるようになります。

    もちろん、銀行口座からPayPay残高へチャージするのに手数料は一切かかりません!

    PayPay残高からチャージすれば最大1.5%が還元される!

    PayPayは「PayPay残高」もしくはヤフーカードのいずれかで支払えば、最大1.5%のPayPay残高が還元されるよう設定されています。

    還元率の内訳は以下の通り。

      ・PayPay加盟店
    ・請求書払い
    ・Yahoo!JAPAN対象サービス
    基本還元率 0.5% 1%
    100円以上の決済回数を
    50回以上達成
    +0.5% +0.5%
    利用額10万円以上で +0.5% +0.5%
    合計還元率 1.5% 2%
    付与上限 7,500円/回
    15,000円/期間

    ご覧の通り、基本の還元率は0.5%ですが、100円以上の決済が50回以上で「+0.5%」、月の利用額が10万円以上で「+0.5%」が上乗せされるという仕組みです。

    PayPayをお得に使うならPayPay銀行がおすすめ!

    PayPayを使ってお得に支払っていきたいとあなたがお考えなら...

    結論「PayPay銀行」を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

     

    編集長

    編集長もPayPayを使う時はずっとPayPay銀行からチャージしてますが、とにかく使い勝手が良くてお得!
    取引の度にワンタイムパスワードが発行されるので、セキュリティ面も安心です!

    ※2021年4月に「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」へ名称変更したため、現在はキャッシュカードのデザインも一新されています!

    PayPay銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    PayPay銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    主要なコンビニATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料です。

     

    編集長
    今まで「コンビニATMは手数料が勿体無いな…」とわざわざ遠くの銀行まで足を運んでいたような人も、PayPay銀行を使えば大丈夫。

    ある程度まとまった入出金さえすれば、近くのコンビニや郵便局で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    複数のスマホ決済に対応しているからお金の管理が簡単

    そして、PayPay銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    せっかく複数のスマホ決済を使い分けていても、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいますよね。

     

    編集長
    しかし、PayPay銀行ならそんな心配は無用。各スマホ決済のチャージをPayPay銀行で一元管理すれば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然です!

    Visaデビットを利用すれば毎月500円が当たるチャンス!

    それだけではありません。PayPay銀行では、Visaデビット機能を1ヶ月に2万円以上使うと、”毎月”抽選で500円が当たります!

    PayPay銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、クレカしか使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

     

    編集長
    ぜひこの機会にPayPay銀行を使ってみてくださいね!

     

    PayPay銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • 毎月1回目は0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
       
    • Visaデビットの利用で毎月抽選で500円が当たる
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    
    

    PayPay(ペイペイ)に登録できる銀行口座の一覧

    2021年4月現在、PayPayに対応している銀行口座は以下の一覧表の通りです。

    あ行
    愛知銀行 青森銀行 秋田銀行 足利銀行
    阿波銀行 イオン銀行 池田泉州銀行 伊予銀行
    岩手銀行 愛媛銀行 大分銀行 auじぶん銀行
    沖縄銀行 沖縄県労働金庫
    か行
    北日本銀行 紀陽銀行 京都銀行 関西みらい銀行
    熊本銀行 群馬銀行 京葉銀行 九州労働金庫
    近畿労働金庫
    さ行
    埼玉りそな銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行
    静岡銀行 七十七銀行 親和銀行 セブン銀行
    十六銀行 常陽銀行 スルガ銀行 仙台銀行
    住信SBIネット銀行 ソニー銀行 四国労働金庫 静岡県労働金庫
    た行
    大光銀行 第三銀行 大東銀行 千葉銀行
    千葉興行銀行 中京銀行 筑波銀行 東邦銀行
    東北銀行 徳島大正銀行 鳥取銀行 トマト銀行
    富山銀行 第四銀行 中央労働金庫 中国労働金庫
    東海労働金庫 東北労働金庫
    な行
    長野銀行 南都銀行 西日本シティ銀行 長野県労働金庫
    新潟県労働金庫
    は行
    八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 広島銀行
    福井銀行 福岡銀行 北海道労働金庫 北洋銀行
    北陸銀行 北海道銀行 北陸労働金庫 PayPay銀行
    ま行
    みずほ銀行 三井住友銀行 武蔵野銀行
    や行
    山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行
    ら行
    りそな銀行

    上記のように、PayPayは2021年4月時点で80を超える銀行口座に対応しており、2020年1月31日には主要なネット銀行の一つである住信SBIネット銀行にも対応されました。

    ▶︎PayPayで住信SBIネット銀行を登録する方法はこちら!

    PayPay(ペイペイ)で銀行口座を登録する方法

    銀行口座をPayPayに登録する場合、まずはホーム画面の「>」から「銀行口座登録」をタップし、自身の登録したい銀行を選択してください。

    今回はPayPay銀行を例に紹介します。※2021年4月に「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」へ名称変更したため、現在はキャッシュカードのデザインも一新されています!

    以下の画面に沿って「支店名・口座番号・名前・生年月日」を入力し、内容を確認して「登録手続きをする」をタップします。

    その後ジャパンネット銀行の画面に移動するので、ログインパスワードを入力してログインし、「口座振替契約」の許可を選択してください。

    口座登録が完了した後、続いて「本人確認をする」をタップします。

    そして「銀行口座の認証で確認する」をタップして、本人確認を進めていきましょう。(※顔認証を使って本人確認することも可能です。)

    その後は表示されるフォーマットに沿って必要事項を記入すれば本人確認が完了します。

    PayPay(ペイペイ)に銀行口座からチャージする方法

    銀行口座からPayPay残高へチャージする場合、ホーム画面から「チャージ」をタップし、「チャージ方法」で自身がチャージしたい銀行口座を選択します。

    その後チャージ金額を設定して、「チャージする」をタップしてください。

    ※チャージ金額の単位は1,000円〜100,000円まで選択が可能です。

    また、PayPayは銀行口座からのチャージ以外にも、

    • Yahoo!JAPANカードからチャージする
    • ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージする
    • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
    • セブン銀行ATMから現金でチャージする

    といった4つの方法があるので、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

    ▶︎PayPayにチャージする方法の詳細はこちら!

    PayPay(ペイペイ)残高を銀行口座に出金(払い出し)する方法

    PayPay残高には「PayPayマネーライト・PayPayボーナス・PayPayボーナスライト」の4種類がありますが、「PayPayマネー」であれば登録した銀行口座へ出金できます。

    【PayPayマネーとは?】

    PayPayで本人確認を完了したユーザーが、銀行口座や「ヤフオク!」の売上金等からチャージした場合に適用される残高のこと。

    PayPayマネーを出金したい場合、以下の5ステップで完了させられます。

    • 1.PayPayのホーム画面から「残高」をタップ
    • 2.残高画面の「銀行口座に出金」をタップ
    • 3.希望の銀行口座を選択する(まだ本人確認が済んでいない場合、ここで本人確認が求められます。)
    • 4.出金したい金額を入力して「出金する」をタップ
    • 5.振り込み予定日を確認して完了

    なお、出金の際は100円の手数料がかかりますが、PayPay銀行を利用すれば振り込み手数料0円で出金可能です。

    まとめ:PayPay(ペイペイ)に銀行口座を登録してお得に決済しよう

    以上、PayPayはチャージした「PayPay残高」から支払えば1.5%の還元が得られるので、お得に支払うなら銀行口座の登録が必須でしょう。

     

    編集長
    なお、今後PayPayで銀行口座を登録して本格的に使って行くのであれば、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”なPayPay銀行がおすすめです。

    コンビニのATMでの入出金に手数料がかかっていて困っていたような方であれば、PayPay銀行は最適でしょう。

    ぜひこの機会にPayPay銀行を活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元 クレジットカード診断 クレジットカード診断