【最新】PayPayのコンビニでの使い方やチャージ方法【ファミマやセブンイレブンで支払い可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、PayPayが使えるコンビニや使い方、ポイント還元率、チャージ方法などについて解説します。
早速結論ですが、PayPayはローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニで利用でき、最大1.5%のポイント還元を受けられます!
なお、PayPay残高にチャージして還元を受けるなら、ジャパンネット銀行をPayPayに登録するのがおすすめです!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPay残高にチャージ可能で
セキュリティも万全なネット銀行の
ジャパンネット銀行がおすすめ!

※ペイペイジャンボの対象は
PayPay残高のみです...

これで最大1.5%のPayPay残高が貯められます▼

 

目次

    PayPay(ペイペイ)は主要なコンビニ全店で支払いに利用可能!

    早速ですが、PayPayはファミリーマートやローソン、セブンイレブンなどの主要なコンビニ全てで支払いに使えます。

    ローソン セブンイレブン ファミリーマート ミニストップ
    ポプラ セイコーマート デイリーヤマザキ

    コンビニでの支払いでわざわざ財布から小銭を取り出すの面倒くさいし、お釣りが小銭でジャラジャラと返ってくるのもなんか邪魔くさい…。

    と感じていたような方も、PayPayを利用すれば、これらのコンビニで現金のやり取りを不要にしてスマホひとつで支払いが即完了!

    さらに、セブンイレブンに設置されている「セブン銀行ATM」なら、残高へのチャージにも対応しています。※チャージ方法は後述します。

    ▶︎PayPayが使えるお店を一覧で確認したい方はこちら!

    PayPay(ペイペイ)をコンビニで使えば最大1.5%のポイント還元がある!

    PayPayは「PayPay残高」もしくはヤフーカードのいずれかで支払えば、最大1.5%のPayPay残高が還元されるよう設定されています。

    還元率の内訳は以下の通り。

      ・PayPay加盟店
    ・請求書払い
    ・Yahoo!JAPAN対象サービス
    基本還元率 0.5% 1%
    100円以上の決済回数を
    50回以上達成
    +0.5% +0.5%
    利用額10万円以上で +0.5% +0.5%
    合計還元率 1.5% 2%
    付与上限 7,500円/回
    15,000円/期間

    ご覧の通り、基本の還元率は0.5%ですが、100円以上の決済が50回以上で「+0.5%」、月の利用額が10万円以上で「+0.5%」が上乗せされるという仕組みです。

    コンビニで現金を使っても一切還元は受けられないので、少しでもお得に支払いたいと考えるなら、積極的にPayPayを使っていくと良いでしょう。

    コンビニでPayPayをお得に使う為に必須のネット銀行、もう持ってますか?

    というわけで、PayPayをコンビニで使って還元を得るなら、残高へのチャージが欠かせません。

    そこで…PayPay残高へチャージするなら、結論「ジャパンネット銀行」を使っていくのがおすすめです!

    編集長

    編集長もPayPayを使う時はずっとジャパンネット銀行からチャージしてますが、とにかく使い勝手が良くてお得です!
    しかも、取引の度にワンタイムパスワードが発行されるので、セキュリティ面も安心です!

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    あなたの近所にもあるであろう主要なコンビニATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料です。

     

    編集長
    なので、今まで「コンビニATMは手数料が勿体無いな…」とわざわざ遠くの銀行まで足を運んでいたような人も、ジャパンネット銀行を使えば大丈夫。

    ある程度まとまった入出金さえすれば、近くのコンビニや郵便局で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    複数のスマホ決済に対応しているからお金の管理が簡単

    そして、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    せっかく複数のスマホ決済を使い分けていても、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいますよね。

     

    編集長
    しかし、ジャパンネット銀行ならもうそんな心配は無用。各スマホ決済のチャージをジャパンネット銀行で一元管理すれば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然です!

    今ならVisaデビットを3回以上利用すれば1,000円がもらえる!

    それだけではありません。今ならジャパンネット銀行のVISAデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされます!

    ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、クレカしか使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

     

    編集長
    今後もPayPayを継続的に使っていきたいと考える方は、是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    PayPay(ペイペイ)のコンビニでの使い方

    では、PayPayを使ってコンビニで支払いする方法・チャージする方法を確認していきましょう。

    PayPayを使ってコンビニで支払いする方法

    コンビニでPayPayを使う方法は簡単で、レジで店員さんに「PayPayで!」と伝え、PayPayアプリの「支払う」をタップして表示されたバーコードを提示するだけ。

    スマホから「ペイペイ!」と音が鳴れば、支払いの完了です。

    PayPayの支払い方法は動画でも解説しています!▼

    PayPayにセブン銀行ATMからチャージする方法

    PayPayは、セブンイレブンに設置されている「セブン銀行ATM」からであれば残高へのチャージが可能です。※手数料無料

    その具体的な方法は、以下の通り。

    • 1:セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を洗濯して開始用のQRコードを表示する。
    • 2:PayPayのアプリから「セブン銀行ATM」を選択してATMに表示されたQRコードを読み取る。
    • 3:PayPayアプリに表示された番号をATMに入力する。
    • 4:チャージ金額を入金する。

    なお、セブン銀行ATMでの1回あたりのチャージ限度額は最大50万円となっており、過去30日間であれば合計200万円までチャージできます。

    PayPay(ペイペイ)はコンビニで公共料金の支払いに使える?

    PayPayってコンビニで公共料金の支払いに使えるの…?

    このような疑問を持つ方も多いでしょうが、コンビニの店頭で公共料金を支払う場合はPayPayが使えません。

    ただし、PayPayの「請求書払い」機能を使えば、請求書のバーコードをアプリで読み取るだけで、24時間”いつでもどこでも”公共料金の支払いが可能です!

    家にいたまま24時間支払い可能 公共料金や税金の支払いは PayPay請求書払いで!

    つまり、PayPayを使えば、公共料金の支払いにコンビニへ出向く必要はありません。

    なお、その支払い可能な公共料金は以下の通り。

    【電気】
    東京電力 関西電力 中国電力
    九州電力 沖縄電力
    【ガス】
    東京ガス 広島ガス 北海道ガス
    大阪ガス 京葉ガス
    【水道】
    東京水道局 さいたま市水道局 堺市上下水道局
    岡山市水道局 北九州市上下水道局 熊本市上下水道局

    他にもPayPayで支払い可能な公共料金はたくさんあり、その詳細は以下で解説しているので、気になる方は是非チェックしておいてください!

    ▶︎PayPayの公共料金の支払いに関する詳細はこちら!

    コンビニでPayPay(ペイペイ)を使ってネット通販の支払いはできる?

    現状PayPayでは、コンビニで通販の支払いができません。

    例えばファミリーマートでは、PayPayなどの電子マネーでお支払いできない商品・サービスが以下のように示されています。(※2020年10月時点)

    • 公共料金等の各種代金お支払い
    • Famiポート取扱い商品・サービス (チケット※除く)
    • プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
    • 切手・はがき・印紙類
    • ゴミ処理券等の金券類
    • 一部の自治体指定ごみ袋
    • 電子マネーチャージ
    • コピー、FAX

    通販の代金をコンビニで支払う場合、基本的にはコンビニの端末(Famiポートなど)から紙を取り出してレジで支払いますが、上記のように、Famiポートの取り扱い商品はPayPayに対応していません。※ただしチケットを除く

    ファミリーマートに限らず、PayPayによる通販の支払いは他のコンビニでも未対応なので、注意しておきましょう。

    PayPay(ペイペイ)を使ってコンビニでAmazonの支払いはできる?

    じゃあ、Amazonの支払いはどうなの…?

    と思われた方も多いかもしれませんが、結論PayPayはAmazonのコンビニ支払い及びネット決済にも対応していません。※2020年10月現在

    なお、どうしてもAmazonにスマホ決済を利用したい場合、ドコモユーザーの人なら「d払い」がおすすめです。

    d払いならAmazonでの支払いで1%のdポイントが還元される上、随時お得なキャンペーンも開催されているので、気になる方は以下をチェックしてみてください!

    ▶︎d払いのメリットや使い方についてはこちら!

    コンビニでPayPay(ペイペイ)を使ってチケットを買えばお得になる!?

    なお、PayPayはコンビニでチケットを購入する場合であれば、支払いに使えます。

    例えば、ファミリーマートでは以下のチケットをPayPayで購入できます。

    • 「チケットを探して買う」からお申込みいただいたチケット
    • 「申込んだチケットのお支払い・お受け取り」から申込んだチケット
    • チケットよしもと
    • 映画前売券
    • JTBチケット<高速バス・東京ディズニーリゾート・トラベル・レジャー等>

    もちろんチケットの支払いでも最大1.5%の還元率を得られるので、少しでもお得に購入したい方はPayPayを使うと良いでしょう。

    まとめ:PayPay(ペイペイ)を使ってコンビニでお得に決済しよう!

    • PayPayはファミリーマートやローソンといった主要なコンビニで利用可能
    • PayPayはコンビニでの公共料金やAmazonなどの支払いには利用できないので注意
    • しかし、PayPayはコンビニでのチケットの購入は可能

    以上、PayPayは主要なコンビニ全てで決済が可能であり、セブンイレブンであれば現金チャージも可能です。

    なお、あなたがPayPayを使って少しでもお得に決済したいとお考えなら、PayPay残高へチャージできるジャパンネット銀行がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金手数料が完全無料であり、今なら1,000円のキャッシュバックも受けられるんですよね。

    それにPayPay残高へチャージして支払えば、最大1.5%のポイント還元を受けられる上、お得なキャンペーンにも参加できます。

    なので、是非この機会にジャパンネット銀行をフル活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元