PayPay(ペイペイ)のコンビニでの使い方やチャージ方法|ファミマやローソンで決済可能

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayを使えるコンビニやその使い方、ポイント還元率、チャージ方法などについて余すことなく解説していきます。

「PayPayってどのコンビニで使えるの…?」

「PayPayを使うとどれくらいのポイント還元があるの…?」

といった疑問を解決していくので、これからコンビニでお得にPayPayを使っていきたいと考えている方は、是非最後まで読み進めてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)を使って支払いできるコンビニは?

2018年10月よりサービスがスタートし、急激に利用ユーザーが増加しているスマホ決済アプリの「PayPay」ですが、PayPayはファミリーマートやローソン、セブンイレブンなどの大手コンビニで利用できます。

PayPayが使えるコンビニエンスストア

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • ミニストップ

※2019年11月現在

出典:PayPay

上記のように、PayPayは日本に存在するほぼ全てのコンビニエンスストアで利用することが可能です。

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)を使ってコンビニで決済するメリット

PayPayを使ってコンビニで決済するメリットを見ていきましょう。

  • スマホ一つで現金を使わずに決済する事が可能!
  • PayPayでの支払いで最大3%がキャッシュバックされる!
  • その他にもお得なキャンペーンが開催されている!

スマホ一つで現金を使わずに決済する事が可能!

PayPayを利用すれば、財布から現金を取り出す事なくスマホから決済を行う事が可能です。

「わざわざ会計で財布から小銭を取り出すの面倒くさいし、お釣りが小銭でジャラジャラと返ってくるのもなんか邪魔くさい…。」

コンビニで支払いを行う際、財布から小銭を取り出すのが「面倒だ」と感じていた方も、PayPayなら小銭の出し入れ不要で一円単位で決済可能であり、スマホ一台で買い物できます。

PayPayをコンビニで使えば最大3.5%のポイント還元がある!

PayPayは、その支払い方法を「PayPay残高・Yahoo! JAPANカード」に設定すれば、最大1.5%のポイント還元を得られます。

(※Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードの場合は対象外なので注意)

なお、PayPayのポイント還元率に加え、2019年10月〜2020年6月末までの期間中であれば、「キャッシュレス・消費者還元事業」によるキャンペーンによって2%〜5%のポイント還元が上乗せされます。

  • キャッシュレス・消費者還元事業とは?

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

▶︎キャッシュレス・消費者還元事業の詳細はこちら!

同キャンペーンによって大手コンビニでは2%のポイントが還元されますが、PayPayのポイント還元率を組み合わせれば合計3.5%の還元を受け取れます。

3.5%の還元率が付与されれば、コンビニに並んでいる商品が全て3.5%割引になったも同然となります。この、3.5%という数字は馬鹿にできません。

消費税5%から8%へと3%上昇した時には、誰もがそれを悲観的に見ていた事でしょう。

10月1日以降は消費税が8%から10%へと引き上げられましたが、PayPayを使えば消費税の増税分をカバーすることができるでしょう。たかが3.5%、されど3.5%なのです。

なので、PayPayの決済で購入する全てのものがディスカウントされると考えれば、PayPayはあなたにとってかなりのベネフィットを生むアプリケーションとなるでしょう。

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

その他にもお得なキャンペーンが開催されている!

PayPayではお得なキャンペーンも開催されています。

例えば、2019年10月1日〜11月30日までの期間であれば「まちかどペイペイ第1弾」と呼ばれるキャンペーンが開催されています。

期間中に「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟している5%還元対象店舗で決済すれば、なんと合計10%のPayPayボーナスが付与されます。

PayPayは「PayPay残高」または「Yahoo!JAPANカード」のいずれかの方法で決済すれば通常1.5%のポイント還元が得られますが、5%還元対象店舗だと還元率が10%となります。

是非PayPayをコンビニ以外でも活用してみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)はコンビニで公共料金の支払いに使える?

「PayPayってコンビニで公共料金の支払いに使えるの…?」

このような疑問を持つ方も多いでしょうが、結論PayPayは一部の公共料金の支払いに利用できます。

PayPayで公共料金の請求書に記載されているバーコードを読み取るだけで「24時間いつでもどこでも」支払いを完了させられるので、もはやコンビニに出向く必要もありません。

なお、その支払い可能な公共料金は以下の通り。

電気

  • 東京電力
  • 中国電力
  • 九州電力

ガス

  • 東京ガス
  • 広島ガス
  • 北海道ガス
  • 大阪ガス

水道

  • 東京都水道局
  • さいたま市水道局

他にもPayPayで支払い可能な公共料金はたくさんあり、その詳細は以下で解説しています。気になる方は是非チェックしておいてください!

▶︎PayPayの公共料金の支払いに関する詳細はこちら!

PayPay(ペイペイ)のコンビニでの使い方

コンビニで実際にPayPayを使って支払う方法ですが、まずは店舗のレジにて店員さんに「PayPayで」と伝え、アプリを起動しましょう。

アプリを起動すると、まず真ん中の「支払う」ボタンをタップし、QR/バーコードの画面を表示させましょう。

このコードを店員さんに読み取ってもらってください。

なお、PayPayでの支払い方法は以下の「支払い方法」から「PayPay残高・クレジットカード」の中から選んで変更する事が可能です。

PayPay(ペイペイ)をコンビニでチャージできる?

「PayPayはコンビニで現金を使ってチャージできるの…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、PayPayはコンビニでチャージする事ができません。

以前は「Yahoo!マネー」を経由してコンビニにてPayPay残高へチャージする方法がありましたが、2019年9月30日よりYahoo!マネーは「PayPayマネー」としてPayPayと統合されたので、実質コンビニでのチャージは不可能です。

セブン銀行ATMからであればPayPayへチャージが可能!

PayPayでは、セブン銀行ATMからのチャージも可能となりました。

  • 1:セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を洗濯して開始用のQRコードを表示する。
  • 2:PayPayのアプリから「セブン銀行ATM」を選択してATMに表示されたQRコードを読み取る。
  • 3:PayPayアプリに表示された番号をATMに入力する。
  • 4:チャージ金額を入金する。

なお、セブン銀行ATMでの1回あたりのチャージ限度額は最大50万円です。

PayPayの残高へチャージする方法は他にも4つある

PayPayの残高へとチャージする方法は、他にも以下の4通りがあります。

  • 銀行口座からチャージする
  • Yahoo!JAPANカードからチャージする
  • ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージする
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

なお、具体的なチャージ方法の手順は以下でしっかりと解説しているので、是非参考にしてみてください!

▶︎PayPayにチャージする方法の詳細はこちら!

コンビニでPayPay(ペイペイ)を使ってチケットを買えばお得になる!?

「PayPayはコンビニでのチケットの代金支払いに利用できるの…?」

多くの方がこういった疑問を持っていますが、結論PayPayはコンビニでチケットの支払いに利用できます。

例えば、ファミリーマートであれば以下のチケットをPayPayで購入できます。

  • 「チケットを探して買う」からお申込みいただいたチケット
  • 「申込んだチケットのお支払い・お受け取り」から申込んだチケット
  • チケットよしもと
  • 映画前売券
  • JTBチケット<高速バス・東京ディズニーリゾート・トラベル・レジャー等>

※参考:FamilyMart

過去にもPayPayでは「100億円あげちゃうキャンペーン」が開催されていましたが、その時にはTwitter上でも「コンビニでのチケット購入にPayPayを使ってポイントゲットできた」といった声が多くありました。

なお、ディズニーチケットもPayPayを使って購入できる模様。

ただし、ローソンではディズニーチケットがPayPayで購入できないとの事なので、注意しておきましょう。

一方、チケットの購入をPayPayで連続決済しようとすると、連続決済の制限がかかってしまうみたいなので、その点は注意が必要です。

通販の支払いをコンビニでPayPay(ペイペイ)を使ってできる?

PayPayでは、コンビニでの通販の支払いが現状できません。

例えばファミリーマートでは、PayPayなどの電子マネーでお支払いできない商品・サービスが以下のように示されています。(※2019年10月時点)

  • 公共料金等の各種代金お支払い
  • Famiポート取扱い商品・サービス (チケット※除く)
  • プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
  • 宅急便・宅急便コンパクト送料
  • 切手・はがき・印紙類
  • ゴミ処理券等の金券類
  • 一部の自治体指定ごみ袋
  • 電子マネーチャージ
  • コピー、FAX

※引用:ファミリーマート

ネット通販で購入したものをコンビニで支払う場合、基本的にコンビニの端末(Famiポートなど)から紙を取り出してレジで支払う形となります。

ですが、上記に記載のように、Famiポートの取り扱い商品はPayPayに対応していません。(ただしチケットを除く)

Amazonの支払いをコンビニでPayPay(ペイペイ)を使ってできる?

「PayPayはAmazonでの支払いにも使えるの…?」

といった疑問に関してですが、結論PayPayはAmazonでの支払いに利用する事はできません。※2019年8月現在

「じゃあ、Amazonの支払いをコンビニですればPayPayを使えるんじゃないの…?」

と思われますが、現状PayPayはコンビニでのAmazonの支払いにも利用できないとされています。

なお、どうしてもAmazonにポイント還元のある電子マネーを利用したい場合、ドコモユーザーの人なら「d払い」がおすすめです。

d払いならAmazonでの支払いで1%のdポイントが還元され、さらに随時お得なキャンペーンも開催されています。

▼詳しくはコチラで解説!

d払いのメリットや使い方についてはこちら!

まとめ:PayPay(ペイペイ)を使ってコンビニでお得に決済しよう!

PayPayのコンビニ決済についてのまとめ

  • PayPayはファミリーマートやローソンといった大手コンビニで利用可能
  • PayPayはコンビニの公共料金やAmazonなどの支払いには利用できないので注意
  • しかし、PayPayはコンビニでのチケットの購入は可能

以上、PayPayは大手コンビニでも利用することが可能であり、お得なキャンペーンやキャッシュバックもあります。

ただし、コンビニでもPayPayが利用できるものとできないものとがあるので、事前にしっかりとチェックしてから利用するようにしましょう。

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー