【朗報】PayPayはデビットカードが使える【還元率や支払い方法の違いを解説】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayでデビットカードが使えるのかについてや、PayPayを使っていく上で最もお得となる支払い方法について紹介していきます。

「PayPayでデビットカードを使いたいと思っていた…。」

といった人は是非参考にしてみてください!


※PayPayを使うならデビットカード付帯のジャパンネット銀行を登録してチャージしていくのがおすすめ!


 

結論:PayPay(ペイペイ)はデビットカードで支払い可能!

QRコードを用いてスマホ決済ができるPayPayですが、結論PayPayはデビットカードにも登録して支払いできます。

基本的にPayPayでは「PayPay残高で支払う」「ヤフーカードで支払う」「クレジットカードで支払う」といった3つの支払い方法がありますが、デビットカードは3番目の「クレジットカードで支払う」に該当します。

なお、PayPayで登録できるデビットカード(クレジットカードも含む)は、以下の国際ブランドが付いた2種類。

  • VISA
  • MasterCard

現状上記2種類のカードの限定されており、「JCB」はヤフーカードのみの対応となっています。

PayPayでデビットカードから支払うのとPayPay残高から支払うのに違いはある?

「そもそも、PayPayでデビットカードを使って支払うのと、PayPay残高から支払うのって、何がどう違うの…?」

と思われたかもしれませんが、「PayPay残高」での支払いはPayPayに登録した銀行口座やヤフーカードから残高にチャージして支払う方法で、デビットカードやクレジットカードはPayPay残高にチャージするわけではなく、それを使って直接支払う方法です。

なお、それぞれの支払い方法における具体的な違いは以下です。

支払い方法 ポイント還元率
PayPay残高 銀行口座やヤフーカードからチャージして支払う 1.5%
ヤフーカード 銀行口座にチャージしてPayPay残高から支払う
またはヤフーカードから直接支払い
1.5%
デビットカード
(クレジットカード)
デビットカード(クレジットカード)から直接支払う 0%

PayPay(ペイペイ)でデビットカードから支払っても還元率は0%…

上記の図をみて、「ん?」と思ってしまった方も多いと思いますが、残念ながらPayPayでデビットカードを使った場合はポイント還元率が0%となります。

そもそもPayPayでは、支払い方法を「PayPay残高」または「ヤフーカード」に設定していれば最大1.5%のPayPay残高が還元されるように設定されています。

なお、元々はヤフーカード以外のデビットカードやクレジットカードでも0.5%のPayPay残高が付与されていましたが、2019年10月1日より対象外となってしまいました。

なので、あなたがPayPayで少しでもお得に支払いしていきたいのであれば、デビットカードではなく「PayPay残高払い」もしくは「ヤフーカード払い」に設定しておくのが良いでしょう。

もしあなたがデビットカードを既に持っているのであれば、その発行元である銀行の口座をPayPayに登録し、銀行口座からPayPay残高にチャージして支払ってみてください。

なお、PayPayに対応している銀行口座は、以下のリンク先から確認してみてください。

▶︎PayPayに対応している銀行口座の一覧はこちら!

PayPayで支払うならデビットカード付帯のジャパンネット銀行を使うのがおすすめ

というわけで、PayPayでお得に1.5%の還元を受けながら支払っていきたいのであれば、PayPayに銀行口座を登録してPayPay残高から支払っていくのがベストです。

そこで!

PayPayに登録する銀行口座で最もおすすめなのがジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行をPayPayに登録して残高へチャージしていれば、1.5%の還元があるPayPay残高から支払える他、ジャパンネット銀行PayPayで残高出金が手数料無料でできる“唯一の銀行”なんです!

 

ジャパンネット銀行

年会費
  • 永年無料
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATM net
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
ATM入出金手数料
  • ただし毎月1回目が0円
  • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
  • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
開催中キャンペーン
  • 新規口座開設で現金500円プレゼント
  • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
登録可能なスマホ決済サービス
  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Google Pay
  • pring

PayPayにジャパンネット銀行を登録する6つのメリット

PayPayに銀行口座を登録するならジャパンネット銀行が最適なわけですが、そのメリットは主に以下6つです。

  • 1. 3万円以上の入出金ならいつでも手数料無料
  • 2. PayPayマネーを手数料無料で出金できる
  • 3. Tポイントを現金に交換できる
  • 4. PayPay以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる
  • 5. 新規口座開設で現金500円がプレゼントされる
  • 6. Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる

1.ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料

3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

ジャパンネット銀行は入出金手数料が毎月最初の1回0円、そして2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも無料です!

主要なコンビニに設置されているATMでも3万円以上なら手数料が完全無料なので、「コンビニのATMだと手数料がかかっちゃう…。」とわざわざ遠くの地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、ジャパンネット銀行を使えば大丈夫。

ある程度まとまった入出金さえすれば、コンビニATMでも24時間手数料無料で便利に使えます!

2.PayPayマネーを手数料無料で出金できる

ジャパンネット銀行は、PayPayマネーを手数料無料で出金できる唯一の銀行です!

【PayPayマネーとは?】

PayPayで本人確認を完了したユーザーが銀行口座や「ヤフオク!」の売上金等からチャージした場合に適用される残高のこと。

▶︎PayPayマネーの詳細はこちらで解説!

PayPayで本人確認すればPayPayマネー(PayPay残高)を指定の銀行へ払い出し(出金)できます。

通常PayPayマネーを銀行口座へ出金する場合は一律100円の出金手数料が掛かりますが、ジャパンネット銀行なら手数料無料です。

なので、PayPayにチャージした残高を頻繁に銀行口座へ出金する可能性がある方は、ジャパンネット銀行が最適でしょう。

3.Tポイントを現金に交換できる

そしてジャパンネット銀行では、あなたの貯めたTポイントを現金に交換できる唯一の銀行でもあります。

たまったTポイントを現金に交換

交換単位は1,000ポイント以上で100ポイント単位、交換レートは「100ポイント=85円」となっているので、「貯めたTポイントをどうしても現金化したい」という方は是非ジャパンネット銀行を登録してみてください!

4.PayPay以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる

なお、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもLINE Payやメルペイといったスマホ決済のチャージに使えるので、複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できます。

各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける機会も多いと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージしていたらお金の管理がしにくくなりますよね。

なので、「複数のスマホ決済のチャージを1つの銀行で一元管理したい!」という方は、主要なスマホ決済に対応するジャパンネット銀行を選べば良いでしょう。

5.新規口座開設で現金500円がプレゼントされる

現在ジャパンネット銀行では新規口座開設で現金500円がプレゼントされるキャンペーンが開催されており、申し込み後本人確認をし、初期設定まで済ませれば完了します。

もちろんゲットした500円はPayPayですぐに使えるので、是非試してみてください!

6.Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバック

新規口座開設者限定 はじめの2ヶ月限定 Visaデビットを3回以上ご利用のお客さまへもれなく1,000円キャッシュバック! エントリー不要

さらに今ならジャパンネット銀行のVisaデビットを3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です!

ジャパンネット銀行はVisaブランドのデビットカードとしても使えるので、PayPayに対応していない店舗で代わりにデビットカードを使うのも良いでしょう。

PayPayにクレジットカードを登録するならヤフーカードもおすすめ

ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

なお、銀行口座からではなくクレジットカードを使ってお得にPayPayを使っていきたいのであれば、PayPayで使うと1.5%の還元が得られるヤフーカードを使っていくのがおすすめです!

通常PayPayでデビットカードやクレジットカードを使う場合はポイント還元が付与されませんが、ヤフーカードならクレジットカードからでも1.5%のPayPay残高が還元されます!

ヤフーカードならお店のPayPay決済で最大1.5%戻ってくる!

なお、ヤフーカードはPayPay残高へのチャージにも使えるので、「PayPay残高での支払いが対象」とされるようなキャンペーンにも対応できます。

なので、

「PayPayにクレジットカードを使いながらお得に支払っていきたい…。」

と考える方は、是非ヤフーカードを登録して使ってみてください!

 

Yahoo! JAPANカード

還元率
  • 1.00〜3.00%
年会費
  • 永年無料
開催中特典
  • 【JCB会員限定】JCB マジカル 2020
  • 【JCB会員限定】USJ ハロウィーン貸切キャンペーン 2020
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
  • 動産・総合保険
  • 盗難保険
  • ショッピング補償(月額490円)

PayPay(ペイペイ)にデビットカードを登録する方法

PayPayにデビットカード(クレジットカード)を登録する場合、まずホーム画面から「カード追加」をタップし、カードをカメラから読み取ってください。(※読み取れない場合は直接番号やセキュリティコードを入力しましょう。)

読み取った後は有効期限やセキュリティコードをフォーマットに入力し、本人認証(3Dセキュア)を行って利用上限額を増額しましょう。

これでデビットカードの登録は完了します!

PayPay(ペイペイ)に銀行口座を登録してチャージする方法

続いてPayPayに銀行口座を登録する方法ですが、まずはPayPayを開いて「銀行口座登録」をタップし、該当する銀行口座を選択します。

※今回はジャパンネット銀行を例にします。

以下の画面に沿いながら「支店名・口座番号・名前・生年月日」を入力し、内容を確認して「登録手続きをする」をタップします。

その後ジャパンネット銀行の画面に移動するので、ログインパスワードを入力してログインし、「口座振替契約」の許可をタップしてください。

これで口座登録が完了するので、そのまま「本人確認をする」をタップしてください。

そして「銀行口座の認証で確認する」をタップし、本人確認を進めていきます。(※顔認証を使って本人確認することも可能です。)

その後は表示されるフォーマットに沿って必要事項を記入していけば本人確認が完了します。

まとめ:PayPayを使うなら還元率が1.5%になるPayPay残高からの支払いを選ぼう!

  • PayPayはデビットカードを登録して支払い可能
  • PayPayで登録できるデビットカードはVISAかMasterCardのみ
  • ただし、デビットカードでPayPayを使ってもPayPay残高は還元されない

というわけで、PayPayはデビットカードを登録して支払えますが、デビットカードの場合だとPayPayで設定されている1.5%のボーナス還元は適用されないので注意が必要です。

なので、PayPayでデビットカードを使うなら、銀行口座を登録してPayPay残高へチャージして支払うのがベストでしょう。

PayPay残高から支払えば1.5%が還元されますが、PayPayで銀行口座を登録するなら圧倒的にジャパンネット銀行がおすすめです。

なんとっても、ヤフーカードPayPayで残高出金が手数料無料でできる“唯一の銀行”。

なのでこの機会に、是非ジャパンネット銀行も使ってみてください!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン