PayPay(ペイペイ)残高へのチャージに手数料はかかる?銀行口座やセブン銀行からの手数料は?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

 

編集長
本記事では、大手金融機関出身でFPの資格を持つ編集長が、PayPayへのチャージで手数料がかかるのかについて解説します。
結論ですが、PayPayは残高へチャージする際に一切手数料がかかりません。銀行口座やクレカ、セブン銀行ATM、いずれも手数料は無料です!
なお、PayPay残高にチャージして還元を受けるなら、ヤフーカードをPayPayに登録するのがおすすめです!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPay残高に"唯一"クレカでチャージ可能な
ヤフーカードがおすすめ!

※ペイペイジャンボは
ヤフーカード以外のクレカだと対象外です...

これで最大1.5%のPayPay残高が貯められます▼

 

目次

    PayPay(ペイペイ)残高へチャージする際に手数料はかかる?

    QRコードでスマホ決済ができ、お得なポイント還元やキャンペーンによるメリットも豊富なPayPayですが、残高へチャージする際は手数料がかかるのでしょうか?

    銀行口座からPayPay(ペイペイ)にチャージする際の手数料は?

    PayPayに登録した銀行口座からPayPay残高へチャージする際に手数料はかからないので、PayPayに提携している全ての銀行口座から完全無料で使えます。

     

    編集長
    そもそもチャージで毎回手数料がかかってたら、やってられませんよね…笑

    なお、PayPayに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    僕もジャパンネット銀行を愛用してるんですが、ジャパンネット銀行は毎月最初の1回は入出金共に手数料0円で、かつ2回目以降も3万円以上の入出金であればいつでも何回でも無料です。

    なので、ある程度まとまった入出金をしていれば、コンビニのATMでも24時間手数料無料で便利に使っていけます!

     

    編集長
    手数料が気になる方には特におすすめなので、この機会に是非、お得で便利なジャパンネット銀行で口座開設してみてください。

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    ヤフーカードからPayPay(ペイペイ)にチャージする際の手数料は?

    ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

    ヤフーカードからPayPayにチャージする際も、手数料は掛かりません。

     

    編集長
    ヤフーカードは唯一PayPay残高へチャージが可能なクレジットカードなので、PayPay残高へチャージして最大1.5%のポイント還元を受けられる上、お得なキャンペーンにも参加できるようになります!

    僕もヤフーカードをPayPayに登録してますが、クレカからチャージするの、めちゃくちゃ便利で楽なんですよね。

    なお、PayPayのキャンペーンでは「ヤフーカード以外のクレカは対象外」とされることが多いです。

    例えば、9月からはこんなキャンペーンが開催中ですが、そこには「PayPay残高でのお支払いなら」と記載がされてました…

     

    編集長
    ヤフーカードならPayPay残高へとチャージできるので、今後お得なキャンペーンに参加したいのであれば、ヤフーカードを一枚持っておいても損はないでしょう。

    PayPayをとにかく便利でかつポイント還元率も維持しながら支払いたい…。
    と考える方は、PayPayにヤフーカードを登録してみましょう。

     

    Yahoo! JAPANカードの概要

    還元率
    • 1.00〜3.00%
    年会費
    • 永年無料
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    対応電子マネー
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 動産・総合保険
    • 盗難保険
    • ショッピング補償またはプラチナ補償月額費490円(税抜)
    こんな人におすすめ!
    • PayPayで残高の還元やキャンペーンを受けていきたい人
    • 普段からTポイントを貯めている人
    • Yahoo!ショッピングで頻繁に買い物する人

    セブン銀行ATMからPayPay(ペイペイ)にチャージする際の手数料は?

    PayPayはセブン銀行のATMからチャージすることも可能ですが、もちろん手数料は一切掛かりません。

    セブン銀行のATMからPayPayへチャージする方法は、以下の4ステップです。

    • 1:セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を洗濯して開始用のQRコードを表示する。
    • 2:PayPayのアプリから「セブン銀行ATM」を選択してATMに表示されたQRコードを読み取る。
    • 3:PayPayアプリに表示された番号をATMに入力する。
    • 4:チャージ金額を入金する。

    PayPay(ペイペイ)へチャージする方法

    PayPayへチャージするのに手数料は一切かからないという結論でしたが、それを踏まえた上、実際にPayPayへとチャージする方法を紹介します。

    まずはYahoo! JAPAN IDと連携する

    まずPayPayをインストールし、以下の手順でYahoo!JAPAN IDとPayPayを連携させましょう。

    • 1:ホーム画面の「アカウント」をタップ
    • 2:「外部連携」をタップ
    • 3:「Yahoo!JAPAN ID 連携する」をタップ
    • 4:連携したいYahoo! JAPAN IDを設入力してログイン
    • 5:Yahoo! JAPAN IDの連携が完了

    銀行口座・Yahoo! JAPANカードを登録する

    次に「銀行口座」もしくは「Yahoo! JAPANカード」を登録しましょう。

    銀行口座を登録する

    • 1:ホーム画面の「銀行口座登録」をタップ
    • 2:該当する銀行口座を選択して登録手続きを行う

    Yahoo! JAPANカードを登録する

    ヤフーカードを登録する場合、ホーム画面から「カード追加」をタップして、クレジットカードをカメラから読み取ってください。(※読み取れない場合は直接番号やセキュリティコードを入力しましょう。)

    PayPay残高にチャージする

    PayPay残高にチャージする方法は以下です。

    • 1:「チャージ」をタップ
    • 2:チャージ手段を選択してチャージ金額を入力
    • 3:「チャージする」をタップすると完了

    なお、さらに詳しいPayPayへのチャージ方法は以下で紹介しています!

    ▶︎PayPayのチャージ方法に関する詳細はこちら!

    PayPay(ペイペイ)へのチャージする際の上限金額は?

    では最後に、PayPayの残高へチャージする際の上限金額について見ていきましょう。

    銀行口座からPayPay(ペイペイ)残高へチャージする際の上限

    PayPayに登録した銀行口座からPayPay残高へチャージする際の上限は以下です。

    過去24時間

    • 50万円

    過去30日間

    • 200万円

    Yahoo! JAPANカードからチャージする際の上限

    PayPayに登録したヤフーカードからPayPay残高へとチャージする際の上限は、青いバッジが付与されているかどうかによって異なります。

    青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 25万円

    過去30日間

    • 25万円

    本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 2万円

    過去30日間

    • 5万円

    本人認証の設定のみで青いバッチが付与されていないYahoo! JAPANカードだと、その上限は過去30日間でたった5万円までとなります。

    青いバッチとは、ユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されるバッジのことですが、青いバッジの表示条件の詳細はセキュリティの都合上回答できないとされているので、明確に「これをすれば青バッジが付与される」という条件は不明です。

    ※参考:PayPay よくある質問

    ▶︎PayPayのチャージ・支払い・送金の上限に関する詳細はこちら!

    まとめ:PayPay(ペイペイ)に無料でチャージしてお得に決済していこう!

    以上、PayPayではどの方法でチャージしても手数料は一切かからないという結論でした。

    PayPayを日々の支払いで利用していくことで、お得なポイント還元やキャンペーンにを受け取ることができる上、現金不要でスマホから決済ができるようになります。

    なお、あなたが銀行口座を使ってPayPay残高へチャージしたいとお考えなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Payでのチャージで使えるので、口座開設しておいて損はありません。

    是非ネット銀行を活用してスマホ決済を有効活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元