【最新】PayPay(ペイペイ)とは?お得なキャンペーンやメリット・デメリットを解説!

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、今話題のPayPay(ペイペイ)のメリットやデメリット、そしてお得なキャンペーンについてを紹介していきます。

この記事を最後まで読めば、PayPayの最新のキャンペーンや、自分にどんなメリットがあるのかまでを知る事ができるので、ぜひ参考にしてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

目次

    キャッシュレス決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?

    PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資によって開発されたキャッシュレス決済アプリです。

    PayPayは昨年2018年10月に開始されたばかりの新しいキャッシュレス決済サービスであり、「100億円あげちゃうキャンペーン」といった大規模な還元キャンペーンで世間を賑わせました。

    なお、このPayPayを使えば現金不要でスマホ上のアプリから便利にお店で支払いを済ます事ができ、かつ現在もお得なキャンペーンが開催されています。

    PayPay(ペイペイ)を利用するメリット

    では、PayPayを利用するメリットを見ていきます。

    • 現金不要でスマホから決済する事が可能
    • 新規登録後の銀行口座登録でPayPay残高1,000円相当がプレゼント
    • PayPay(ペイペイ)での支払いで最大3%のポイントがキャッシュバックされる
    • 毎月お得なポイント還元キャンペーンを実施している

    現金不要でスマホアプリ上から決済する事が可能!

    PayPayを利用すれば、わざわざ現金を使う事なくスマホアプリ上から決済を行う事が可能です。

    例えば、コンビニでの買い物の代金を現金で支払う場合、お釣りが小銭でジャラジャラと返ってきて邪魔になる事が多くありますが、PayPayを利用すればアプリから1円単位で正確に支払いを完了させられます。

    なので、ちょっとした買い物であればもはや財布を持ち歩く必要すら無くなります。

    新規登録後の銀行口座登録でPayPay残高1,000円相当がプレゼント

    出典:PayPay

    PayPayに新規登録後、銀行口座登録をすれば、もれなくそのPayPay残高に1,000円相当がキャッシュバックされます。

    なので、新規登録後はその1,000円分をすぐ受け取り、チャージ不要で試しに支払いに使ってみる事も可能です。

    銀行口座登録は無料で、かつ数分で終わるくらいの手軽さなので、実質PayPayに登録するだけで1,000円分の金銭的なメリットが受けられるといえます。

    PayPayをお得に使うならジャパンネット銀行がおすすめ!

    PayPayを使ってお得に支払っていきたいとあなたがお考えなら...

    結論「ジャパンネット銀行」を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

     

    編集長

    編集長もPayPayを使う時はずっとジャパンネット銀行からチャージしてますが、とにかく使い勝手が良くてお得です!
    取引の度にワンタイムパスワードが発行されるので、セキュリティ面も安心です!

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    主要なコンビニATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料です。

     

    編集長
    今まで「コンビニATMは手数料が勿体無いな…」とわざわざ遠くの銀行まで足を運んでいたような人も、ジャパンネット銀行を使えば大丈夫。

    ある程度まとまった入出金さえすれば、近くのコンビニや郵便局で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    複数のスマホ決済に対応しているからお金の管理が簡単

    そして、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    せっかく複数のスマホ決済を使い分けていても、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいますよね。

     

    編集長
    しかし、ジャパンネット銀行ならそんな心配は無用。各スマホ決済のチャージをジャパンネット銀行で一元管理すれば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然です!

    今ならVisaデビットを3回以上利用すれば1,000円がもらえる!

    それだけではありません。今ならジャパンネット銀行のVISAデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされます!

    ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、クレカしか使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

     

    編集長
    是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    PayPay(ペイペイ)での支払いで1.5%のポイントがキャッシュバックされる

    PayPayで「PayPay残高・Yahoo!JAPANカード」に設定して支払いした場合、その支払い金額の1.5%がボーナスとしてPayPay残高へとキャッシュバックされます。

    なので、現金で支払い続けるのであれば、その支払いをPayPayに切り替える事でポイント還元分がお得といえます。これはクレジットカードの還元率よりも遥かにお得なので、使わない手はありません。

    PayPay(ペイペイ)を利用するデメリット

    次にPayPayを利用するデメリットを見ていきます。

    • チャージの際はYahoo!JAPAN IDとの連携が必要
    • 残高チャージに使えるクレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ

    PayPay(ペイペイ)残高にチャージする際はYahoo! JAPAN IDへの連携が必要

    PayPayに残高をチャージする場合、Yahoo!JAPAN IDへ登録して連携する必要があります。

    既にYahoo! IDを持っている人であれば良いですが、まだ登録していない人の場合はわざわざYahoo!JAPAN IDへと登録をしなければなりません。

    なお、PayPayへのチャージに金融機関の銀行口座を利用したい場合は、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座を選択する必要がある為、多少その手続きに面倒な部分もあります。

    残高チャージに使えるクレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ

    PayPay残高へのチャージに対応しているクレジットカードは現状「Yahoo!JAPANカード」のみとなっています。

    なので、Yahoo!JAPANカードを持っていない人はクレジットカードによるチャージができないという点がデメリットとなります。

    なお、少しややこしいですが、PayPay残高へのチャージではなくそのままPayPayでの支払いに利用するのであれば、Yahoo!JAPANカード以外にも、各種クレジットカードは使えるのでご安心ください。

    PayPay(ペイペイ)を使えるお店や加盟店は?

    PayPayで利用可能な店舗は以下の通りです。(※2019年時点)

    主要なコンビニはすべて網羅していますし、小規模な店舗でも導入しやすいこともあり、商店街のお店でPayPayが使えるケースも珍しくありません。多くの店舗で使いたいという方なら、PayPayは間違いなくおすすめです。

    コンビニ

    飲食店

    家電量販店

    交通

    宿泊

    ファッション

    他にもここに掲載しきれない程の対応店舗があるので、気になる方は以下のPayPayの公式サイトより詳細を確認してみてください。

    >>>PayPayの公式サイトで対応店舗をチェックするならこちら!

    マイナポイントにPayPay(ペイペイ)を登録すれば最大5,000円がもらえる!

    2020年7月1日より申込が開始された「マイナポイント」にPayPayを登録して残高チャージ&支払いをすれば、その金額に対して5,000円を上限とした25%のPayPay残高が付与されます。

    是非この機会に、PayPayでマイナポイントを登録してみてください!

    ▶︎マイナポイントについておさらいしたい方はこちら!

    PayPay(ペイペイ)のメリット・デメリットまとめ

    PayPayのメリット

    • 現金不要でスマホから決済する事が可能
    • 新規登録後の銀行口座登録でPayPay残高1,000円相当がプレゼント
    • PayPay(ペイペイ)での支払いで1.5%のポイントがキャッシュバックされる
    • 毎月お得なポイント還元キャンペーンを実施している

    PayPayのデメリット

    • チャージの際はYahoo!JAPAN IDとの連携が必要
    • 残高チャージに使えるクレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ

    以上がPayPayのメリットやデメリットについてでしたが、PayPayは現在お得なキャッシュバックキャンペーンが開催されている上、銀行口座登録すれば1,000円還元、そして支払いの1.5%の還元なども行われているので、PayPayを使えば現金で支払うよりも便利かつお得に決済する事が可能です。

    なお、あなたがPayPayを使って少しでもお得に決済したいとお考えなら、PayPay残高へチャージできるジャパンネット銀行がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金手数料が完全無料であり、今なら1,000円のキャッシュバックも受けられるんですよね。

    それにPayPay残高へチャージして支払えば、最大1.5%のポイント還元を受けられる上、お得なキャンペーンにも参加できます。

    なので、是非この機会にジャパンネット銀行をフル活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元