PayPay(ペイペイ)のチャージや支払い、送金の上限金額はいくらまで?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPay(ペイペイ)のチャージや支払い、送金に関する上限金額について紹介していきます。

PayPayを使っていきたいけどチャージの上限額が気になる…。

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPay残高にチャージ可能で
セキュリティも万全なネット銀行の
ジャパンネット銀行がおすすめ!

※ペイペイジャンボの対象は
PayPay残高のみです...

これで最大1.5%のPayPay残高が貯められます▼

目次

    PayPay(ペイペイ)のチャージにおける上限金額はいくらまで?

    QRコードでスマホ決済ができ、お得なポイント還元やキャンペーンもあるPayPayですが、その上限金額はいくらまでとなっているのでしょうか?

    順番に見ていきましょう。

    銀行口座からPayPay(ペイペイ)残高へチャージする際の上限

    PayPayに登録した銀行口座からPayPay残高へとチャージする際の上限は以下です。

    過去24時間

    • 50万円

    過去30日間

    • 200万円

    ▶︎PayPayのチャージ方法に関する詳細はこちら!

    上記のように、銀行口座からのチャージであれば過去30日間で最大200万円までチャージできます。

    なので、「出来るだけたくさんの残高をPayPayにチャージしておきたい」と考えるのであれば、銀行口座からチャージするのがベストでしょう。

    なお、PayPayに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は毎月最初の1回は入出金共に手数料0円ですが、2回目以降も3万円以上の入出金であればいつでも何回でも無料なので、是非お得で便利なジャパンネット銀行で口座開設してみてください。

    ヤフーカードからチャージする際の上限

    PayPayに登録したヤフーカードからPayPay残高へとチャージする際の上限は、青いバッジが付与されているかどうかによって異なります。

    青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 25万円

    過去30日間

    • 25万円

    本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 2万円

    過去30日間

    • 5万円

    このように、本人認証の設定のみで青いバッチが付与されていないヤフーカードだと、その上限は過去30日間でたった5万円までとなっています。

    PayPayで高額な買い物をしたい場合、これだと上限が少ないと言えるでしょう。

    「というか、青いバッチって何…?そんなもの、表示されてないけど…。」

    と戸惑っている方も多いかと思います。

    青いバッチとは、ユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されるバッジのことで、アプリ内の「アカウント」をタップした後、画面に記載の表示名の横に出てきます。

    ですが、青いバッジの表示条件の詳細はセキュリティの都合上回答できないとされているので、明確に「これをすれば青バッジが付与される」という条件は不明です。

    ※参考:PayPay よくある質問

    その他のチャージ方法に関する上限

    では、そのほかのチャージ方法の上限を見ていきましょう。

    ヤフオク!の売上金からチャージする際の上限

    過去24時間

    • 50万円

    過去30日間

    • 200万円

    ソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払いからチャージする際の上限

    満12歳未満

    • 最大2千円/月

    満20歳未満

    • 最大2万円/月

    満20歳以上

    • 最大10万円/月

    なお、PayPayへお金をチャージする方法については以下のリンク先でしっかりと紹介しているので、各チャージ方法の上限を踏まえた上で、実際にチャージしてみてください!

    ▶︎PayPayのチャージ方法に関する詳細はこちら!

    PayPayをお得に使うならジャパンネット銀行がおすすめ!

    PayPayを使ってお得に支払っていきたいとあなたがお考えなら...

    結論「ジャパンネット銀行」を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

     

    編集長

    編集長もPayPayを使う時はずっとジャパンネット銀行からチャージしてますが、とにかく使い勝手が良くてお得です!
    取引の度にワンタイムパスワードが発行されるので、セキュリティ面も安心です!

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料!

    ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも手数料無料が無料です!

    主要なコンビニATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも、3万円以上なら手数料が完全無料です。

     

    編集長
    今まで「コンビニATMは手数料が勿体無いな…」とわざわざ遠くの銀行まで足を運んでいたような人も、ジャパンネット銀行を使えば大丈夫。

    ある程度まとまった入出金さえすれば、近くのコンビニや郵便局で”いつでも何回でも”手数料無料で便利に使えます!

    複数のスマホ決済に対応しているからお金の管理が簡単

    そして、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Pay、Google Payといったスマホ決済のチャージ&支払いにも対応しているので、複数のスマホ決済へのチャージを一つの銀行でまとめられます!

    せっかく複数のスマホ決済を使い分けていても、それぞれ違った銀行でチャージしているとお金の管理が難しく、かえって不便さを生んでしまいますよね。

     

    編集長
    しかし、ジャパンネット銀行ならそんな心配は無用。各スマホ決済のチャージをジャパンネット銀行で一元管理すれば、どのスマホ決済にいつ・いくらチャージしたかが一目瞭然です!

    今ならVisaデビットを3回以上利用すれば1,000円がもらえる!

    それだけではありません。今ならジャパンネット銀行のVISAデビット機能を3回以上使えば、もれなく1,000円がキャッシュバックされます!

    ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAブランドのデビッドカードとしての機能も備わっているので、クレカしか使えないようなお店では直接デビッド決済するのも良いでしょう。

     

    編集長
    是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    PayPay(ペイペイ)で支払いする際の上限金額はいくらまで?

    次に、PayPayで支払いする際の上限額についても確認していきます。

    PayPay(ペイペイ)残高から支払いする際の上限金額

    PayPay残高から支払いする際の上限金額は以下の通りとなっています。

    過去24時間

    • 50万円

    過去30日間

    • 200万円

    PayPay残高からであれば、過去30日間で200万円まで利用することができるので、「ポイント還元やキャンペーンを狙って多めにPayPayを使って買い物していきたい!」といった方に最適でしょう。

    クレジットカードから支払いする際の上限金額

    PayPayでクレジットカードから支払いする際の上限金額は、青いバッジが付与されているかや、本人認証が完了しているかによって異なります。

    青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 25万円

    過去30日間

    • 25万円

    本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 2万円

    過去30日間

    • 5万円

    本人認証が未設定の場合

    過去24時間

    • 5千円

    過去30日間

    • 5千円

    青いバッチとは、ユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されるバッジだと冒頭でお伝えしましたが、これが無ければ過去30日間で5万円しか決済に利用することができなくなります。

    なお、クレジットカードの本人認証(3Dセキュア)を完了させていない場合、その利用上限が5千円までとなるので注意しておきましょう。

    出典:PayPay

    なので、クレジットカードを使ってPayPayで決済する際は、クレカの上限金額がどの程度となるのかを事前にチェックしておくことをおすすめします。

    でなければ、いざPayPayで支払う際に、

    「やばい、クレジットカードが上限だから払えないじゃん…。」

    という、ちょっと恥ずかしい事態にもなりかねませんからね。

    PayPay(ペイペイ)残高を送る際の上限金額

    PayPay残高を送る際の上限金額は以下の通りです。

    過去24時間

    • 10万円

    過去30日間

    • 50万円

    PayPayには便利かつお得にスマホ決済するだけでなく、友人や同僚とお金を割り勘できる「割り勘機能」や、個人間でのお金のやり取りができる「送金機能」が付いています。

    PayPayの送金機能を使えば、友達とのお金のやり取りを手数料無料で行うこともできるので、是非利用してみてください!

    ▶︎PayPayの割り勘機能や送金機能の詳細はこちら!

    マイナポイントにPayPay(ペイペイ)を登録すれば最大5,000円がもらえる!

    2020年7月1日より申込が開始された「マイナポイント」にPayPayを登録して残高チャージ&支払いをすれば、その金額に対して5,000円を上限とした25%のPayPay残高が付与されます。

    是非この機会に、PayPayでマイナポイントを登録してみてください!

    ▶︎マイナポイントについておさらいしたい方はこちら!

    PayPay(ペイペイ)のチャージにおける上限金額のまとめ

    チャージの上限金額まとめ

    チャージ方法 過去24時間 過去30日間
    銀行口座 50万円 200万円
    Yahoo! JAPANカード 最大25万円 最大25万円
    ヤフオク!の売上金 50万円 200万円
    ソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払い 最大10万円/月

    支払いの上限金額まとめ

    チャージ方法 過去24時間 過去30日間
    PayPay残高 50万円 200万円
    クレジットカード 最大25万円 最大25万円

    以上がPayPayのチャージ金額の上限についてでしたが、毎月数十万円、数百万円規模のお金をPayPayで支払いしていきたいと考えている方は、銀行口座からPayPayへとチャージし、PayPay残高で支払いしていくのが最適解となるでしょう。

    なお、あなたがPayPayを使って少しでもお得に決済したいとお考えなら、PayPay残高へチャージできるジャパンネット銀行がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金手数料が完全無料であり、今なら1,000円のキャッシュバックも受けられるんですよね。

    それにPayPay残高へチャージして支払えば、最大1.5%のポイント還元を受けられる上、お得なキャンペーンにも参加できます。

    なので、是非この機会にジャパンネット銀行をフル活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元
    ツイッターフォロー ツイッターフォロー

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元