【最大20%】PayPay(ペイペイ)のポイント還元率や使い方を徹底解説!

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、PayPay(ペイペイ)のポイント還元率について紹介していきます。

「PayPayを使えばどれくらい買い物がお得になるのかを知りたい…。」
「少しでも高いポイント還元率をキープできる方法を知っておきたい…。」

と考える方は、是非最後まで読み進めてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)を利用すると今なら最大20%のポイント還元キャンペーンを受けられる!

出典:PayPay

QRコードを使ったキャッシュレス決済が可能なスマホ決済アプリのPayPayですが、PayPayを対象の店舗や場所で利用するだけで、今なら最大20%のポイント還元を受けられます。

PayPayでは、2019年11月30日までにかけて「まちかどペイペイ第一弾」と呼ばれるキャンペーンが開催されており、対象店舗で一定の条件を満たすと最大10%のPayPayボーナスが付与されます!

さらに、PayPayを「B.LEAGUE」で利用すれば、最大20%もの還元をゲットすることも可能な上、配車アプリの「DiDi」でPayPayを利用するとタクシーが半額になるキャンペーンも開催中です。

今もっともお得でアツいスマホ決済サービスのPayPay。

あなたも、今すぐダウンロードして使ってみてください!

PayPay(ペイペイ)のポイント還元率は常時3%から1.5%へ改悪

PayPayでは、その支払い方法を「PayPay残高」または「Yahoo!JAPANカード」に設定することで常時3%のポイント還元が付与されていましたが、2019年10月1日よりそのポイント還元率は3%から1.5%へと改悪されました。

上記のように、2019年10月以降は還元率が改悪されている上、Yahoo!JAPANカードを除くクレジットカードでの支払いもポイント還元の対象外となっています。(※2019年9月30日までは0.5%)

PayPay(ペイペイ)でポイント還元を受けたいならPayPay残高から支払いしよう!

なので、PayPayでお得に1.5%のポイント還元を受け取りながら決済していきたいなら、「PayPay残高」または「Yahoo! JAPANカード」から支払いしていくのがベストでしょう。

PayPay残高から支払うにはYahoo!ウォレットに登録された銀行口座を使ってチャージする必要がありますが、その対象銀行口座は70以上とかなり豊富です。

※詳しくはこちらに記載されています。

この機会に是非PayPayへ銀行口座を登録してチャージしてみてください!

▶︎PayPayのチャージ方法に関する詳細はこちらで解説!

PayPay(ペイペイ)をクレジットカードで使うならポイント還元率の高い「Yahoo!JAPANカード」がおすすめ!


なお、あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいと思うのであれば、Yahoo!JAPANカードを使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

Yahoo!JAPANカードはPayPay残高へチャージ可能なので、常時1.5%のポイント還元を受け取れる上、Yahoo!JAPANカードでPayPay残高へチャージした際もさらに1%のTポイントが受け取れます。

つまり、Yahoo! JAPANカードをPayPayで使うだけで「1%+1.5%=2.5%」といったポイントの二重取りが実現します。

「とにかく高いポイント還元率を維持しながらスマホで便利に決済していきたい…。」

と考える方は、PayPayにYahoo! JAPANカードを登録してみましょう。

PayPayはヤフーカード以外のクレジットカードでのポイント二重取りはできない

上述した通り、PayPayではYahoo!JAPANカード以外のクレジットカードを登録して支払いしてもポイント還元の対象外となり、PayPay残高へのチャージにも使えません。

実際に、2019年10月以降にYahoo!JAPANカード以外のカードを使って決済しても、以下のようにポイントの付与はありませんでした。

なので、PayPayで少しでもポイント還元を受け取りたい人は、PayPay残高で支払うか、Yahoo!JAPANカードに登録して支払うようにしましょう。

「キャッシュレス・消費者還元事業」によってPayPayのポイント還元率は3.5〜10%に

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

通常1.5%のポイント還元があるPayPayですが、加えて今日本全国で開催されている「超お得なポイント還元キャンペーン」があることをご存知だったでしょうか?

それが「キャッシュレス・消費者還元事業」と呼ばれる、超特大キャンペーンです。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

「キャッシュレス・消費者還元事業」によるキャンペーン期間中、対象店舗でキャッシュレス決済をすると2%〜5%のポイント還元を受けることができます。

(※5%還元となる店舗は主に「中小・小規模の店舗」で、2%還元となる店舗は「フランチャイズチェーン・ガソリンスタンド」とされている。)

もちろん、これにはPayPayでの決済も含まれており、2%の対象店舗なら最大3.5%、そして5%の対象店舗なら期間限定で最大10%となります!

なお、ポイント還元の対象となる店舗は以下のマークがついているお店なので、是非今後注意して見ておいてください!

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」についてもっと知っておきたい方はこちらをご覧ください。

PayPay(ペイペイ)と他のスマホ決済のポイント還元率を徹底比較

では、「キャッシュレス・消費者還元事業」によるポイント還元を踏まえた上で、PayPay以外の各スマホ決済サービスで定められているポイント還元率を徹底比較していきましょう!(※還元率は2019年10月2日現在)

アプリ名 還元率
PayPay ・通常は1.5%
・2%還元の対象店舗なら3.5%
・5%還元の対象店舗なら10%(〜11/30)
LINE Pay ・通常は0.5〜2%
・2%還元の対象店舗なら最大4%
・5%還元の対象店舗なら最大7%
メルペイ ・通常はポイント還元無し
・2%還元の対象店舗なら2%
・5%還元の対象店舗なら5%
楽天ペイ ・全店舗で5%(〜12/2)
au PAY ・通常0.5%
・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
・2%還元の対象店舗なら2.5%(プレミアム会員は3.5%)
・5%還元の対象店舗なら5.5%(プレミアム会員は6.5%)
d払い ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で通常0.5%
・2%還元の対象店舗なら2.5%
・5%還元の対象店舗なら5.5%
ファミペイ ・2020年6月まで2.5%
Origami Pay ・通常銀行口座からの支払いなら3%(クレジットカードの場合は1%)
・2%還元の対象店舗なら最大5%
・5%還元の対象店舗なら最大8%
Apple Pay JCBカードWを設定して支払いすれば最大25%も可能
Google Pay JCBカードWを設定して支払いすれば最大25%も可能

楽天ペイなら期間中どこで支払いしても還元率5%

PayPay以外にも、今安定したポイント還元率が設定されているのが「楽天ペイ」です。

楽天ペイでも現在“アツい”キャンペーンが開催されており、2019年12月2日までの期間中であれば、楽天ペイで支払い可能な全ての店舗で5%が還元されます!

なので、楽天ペイなら「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟の有無や還元率に関わらず、全ての店舗で一律5%の還元をゲットできるんです!

例えば、

「2%還元となるコンビニなどでは楽天ペイを利用し、5%還元の対象店舗では最大10%の還元が設定されているPayPayを利用する。」

といったような使い分けもできるでしょう。

なお、楽天ペイでの支払いに 楽天カードを登録していれば、 楽天カードでも+1%の楽天ポイントが加算され、合計6%の還元を得られるようになります。

気になる方は、合わせて 楽天カードも登録して使ってみてください!

ApplePayやGooglePayで「JCBカードW」を使えば最大25%還元も可能に!

なお、PayPayや楽天ペイ以外にも、最大25%以上のキャッシュバックが受けられる“超激アツ”な支払い方法があったことをご存知でしょうか?

それが、Apple PayやGoogle Payに「JCBカードW」を設定して支払う方法です。

Apple PayやGoogle PayにJCBカードWを設定して支払えば、今なら期間限定で全員にもれなく20%がキャッシュバックされます!

国際ブランド JCB
年会費 年会費永年無料
ポイント還元率 20%(2019年8月16日〜12月15日まで)

※通常時は1,000円につき1ポイント(実質還元率0.3〜0.5%)

キャンペーン
  • Apple Pay、またはGoogle Payで決済するともれなく20%キャッシュバックキャンペーン
  • インターネット新規入会限定キャンペーン(最大14,000円分プレゼント)
  • 新規入会限定ポイント最大30倍キャンペーン
その他主な特典
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピングカード保険:最高100万円

JCBカードWは現在「20%キャッシュバック」という超大型キャンペーンを開催していますが、その20%に加えて「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗で決済すれば+2%〜5%が上乗せされます。

さらに!

今ならポイントが最大30倍となる期間限定キャンペーンも開催されている為、実質のポイント還元率をもっと底上げすることも可能です。

「Apple PayやGooglePayでとにかく高い還元率を維持しながら決済したい!」
「増税対策の為に、高い還元率をキープしておきたい!」

と考える方はJCBカードWを設定してみてください!

jcbバナー

PayPay(ペイペイ)で還元されたポイントの使い方

「そもそも、PayPayで還元されたポイントはどう受け取って、どう使えばいいの…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、ポイントの受け取り方や使い方は簡単です。

PayPayで還元されるポイントは厳密には「PayPayボーナス」と呼ばれますが、付与されたPayPayボーナスは特に何もせずとも自動的にPayPay残高へと反映されます。

なので、ホーム画面から「残高」をタップし、その付与履歴をチェックしておきましょう。

なお、反映されたPayPay残高を使いたい場合は、ホーム画面の中央にある「支払う」をタップし、支払い方法をPayPay残高に設定してから店員にコードを提示する、あるいは自分でQRコードを読み取るようにしてください。

PayPay(ペイペイ)でもらったポイントはいつから使える?

「PayPayで付与されるポイントっていつ使えるの…?」

PayPayの支払いによって得られるPayPayボーナスは、支払った後にすぐに付与されるわけではなく、決済の翌日20日前後に付与されます。

キャンペーンなどの特典のPayPayボーナスは、当該決済の翌月20日前後に進呈します。

なお、残高明細に「PayPay残高付与の保留」と表示されたPayPayボーナスは、進呈の対象外です。

※引用:PayPay

なので、支払い後に還元された残高を利用する為には、翌月の20日頃まで待つ必要があります。

まとめ:PayPay(ペイペイ)を使ってお得にポイント還元を受けよう!

  • PayPayのポイント還元率は通常1.5%
  • しかし「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大10%還元も実現可能
  • 他にも最大20%となる様々なキャンペーンが開催されている

以上がPayPayのポイント還元率についてでしたが、今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によるポイント還元と、PayPayで設定されているポイント還元をWで受け取れます。

なお、PayPayで1.5〜10%のポイント還元を受けるには「PayPay残高に銀行口座からチャージして支払う」もしくは「Yahoo!JAPANカードに登録して支払う」といった方法を取る必要があるので、忘れないよう準備しておいてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。