PayPay(ペイペイ)のアカウント登録方法|インストールから支払い方法登録まで

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayでのアカウント・銀行口座・クレジットカードといったあらゆる登録方法について解説します。

「PayPayを使ってみたいけど、登録方法がイマイチよく分かっていない…。」

と悩むあなたの為に、PayPayの各登録方法をしっかりと紹介するので、是非参考にしてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPayに登録して日々の決済を便利にしよう!

QRコードでスマホ決済ができるPayPayですが、PayPayで支払いすれば常時1.5%のキャッシュバックを受けたり、最大10%にも及ぶ超お得な還元キャンペーンなどを受けたりしながらお買い物ができます。

「最近、レジで財布から小銭を取り出すのが面倒くさいと感じるようになってきた…。」

「少しでもお得に買い物ができるなら、喜んでそうしたい…。」

こう考える方なら、PayPayの利用が最適でしょう。その登録方法は以下でじっくり解説します。

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で最大5%が還元される!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日以降、日本では政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」といった取り組みが実施されており、対象店舗でPayPayを含む「キャッシュレス決済」を行えば、その支払額の2%〜5%がキャッシュバックされるようになりました。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

同還元事業に登録している加盟店舗で決済すれば「最大5%」の還元を受けられますが、主に中小店舗は5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドなどは2%の還元とされています。

これにより、PayPayを使って対象店舗で決済すれば最大5%の還元が上乗せされる上、今なら期間限定のキャンペーンによって最大10%還元も実現可能です。

なので、日々のお支払いは現金よりPayPayのようなキャッシュレス決済でした方が断然オトクとなります!

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」の詳細はこちら!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)でアカウント登録をする方法

まずはPayPayのアプリをインストールし、「電話番号」と「パスワード」を入力して「新規登録」をタップしましょう。

その後、登録した電話番号の端末宛に4桁の認証コードがSMSで送られるので入力し、登録を完了させて下さい。

なお、「Yahoo!JAPAN ID」で登録を進めたい場合は「Yahoo!JAPAN IDで新規登録」をタップし、利用規約に同意してYahoo!JAPANにログイン後、電話番号を入力して登録を完了させましょう。

 

また、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方であれば、自身のソフトバンク・ワイモバイルのアカウントを利用して登録が可能です。

PayPay(ペイペイ)に銀行口座を登録する方法

次に、PayPayで銀行口座を登録する方法について見ていきます。

PayPay(ペイペイ)に登録できる銀行口座は?

PayPayに銀行口座を登録する場合、まずYahoo!JAPAN IDと連携し、Yahoo!ウォレットの「預金払い口座」に登録する必要がありますが、登録できる銀行口座は以下の通りです。※2019年8月30日現在

あ行

  • イオン銀行
  • 愛知銀行
  • 青森銀行
  • 秋田銀行
  • 足利銀行
  • 阿波銀行
  • イオン銀行
  • 池田泉州銀行
  • 伊予銀行
  • 岩手銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行

か行

  • 北日本銀行
  • 紀陽銀行
  • 京都銀行
  • 関西みらい銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行

さ行

  • 埼玉りそな銀行
  • 山陰合同銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 親和銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 十六銀行
  • 常陽銀行
  • スルガ銀行
  • 仙台銀行

た行

  • 大光銀行
  • 第三銀行
  • 大東銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中京銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 東北銀行
  • 徳島銀行
  • 鳥取銀行
  • トマト銀行
  • 富山銀行

な行

  • 長野銀行
  • 南都銀行
  • 西日本シティ銀行

は行

  • 八十二銀行(※現在登録不可)
  • 百五銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福井銀行
  • 福岡銀行
  • 北越銀行
  • 北洋銀行
  • 北陸銀行
  • 北海道銀行

ま行

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行(※現在登録不可)
  • 武蔵野銀行(※現在登録不可)

や行

  • 山梨中央銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 横浜銀行

ら行

  • りそな銀行

銀行口座の登録の仕方

Yahoo!JAPAN IDに連携する

まずはPayPayのアプリをインストールして、ホーム画面右下にある「アカウント」をタップし、「外部連携」を選択して「Yahoo!JAPAN ID 連携する」をタップしましょう。

規約に同意後、連携するYahoo!JAPAN IDを設定、またはログインをすれば完了です。

Yahoo!ウォレットを登録する

ホーム画面にある「支払い管理」をタップして「Yahoo!マネーを登録する」をタップし、Yahoo!ウォレット/マネーの登録を始めてください。

自身の携帯電話番号を入力後、SMSに送信された認証コードを入力し、登録情報等を設定しましょう。

これで登録完了です。

銀行口座を登録する

ホーム画面にある「銀行口座登録」をタップし、自身の持つ銀行口座を選択後、各金融機関での登録方法に沿って登録を進めてください。

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録する方法

まずはPayPayのアプリをインストールして、ホーム画面右下にある「アカウント」をタップし、「お支払いの管理」を選択してください。

そして次に「クレジットカードの追加」をタップし、ここで自身のクレジットカードの情報を記載しましょう。

※カメラのアイコンをタップすればカードの情報を写真で読み取る事も可能です。

PayPayでクレジットカードを登録するなら本人認証をしておこう!

なお、PayPayでクレジットカードを登録する際は本人認証をしておきましょう。

PayPayでは、登録するクレカを安全に使用する為にクレジットカードの本人認証サービスが実施されており、本人認証をすればクレカによる支払いの上限が変わります。

本人認証をしていなければ、利用上限が30日で5千円のみとなってしまうので、しっかりと認証を終わらせておきましょう。

その方法は以下の4ステップです。

  • 1:ホーム画面の「支払い管理」をタップ
  • 2:カードを右へスワイプして本人認証を行いたいクレジットカードを表示
  • 3:「本人認証していません」をタップして、次の画面にて「本人認証を設定する」を選択
  • 4:クレジットカード会社のページへ移行し、案内に従って入力すれば完了

▶︎PayPayでおすすめのクレジットカードも知っておきたい方はこちら!

PayPay(ペイペイ)に登録できない場合に確認すること

「あれ、PayPayに登録することができない….。」

そんな方は、以下の内容を確認してみてください。

電話番号が登録できない場合

電話番号が登録できない場合、すでにその番号がPayPayに登録されている可能性があります。

なので、入力した番号を再度確認しておきましょう。

Yahoo! JAPAN IDで新規登録できない場合

Yahoo! JAPAN IDに新規登録できない場合も同じで、すでにIDがPayPayで連携されている可能性があります。

入力したYahoo!JAPAN IDを確認しましょう。

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードが登録できない場合に確認すること

次にPayPayでクレジットカードが登録できなかった場合ですが、以下の理由に該当していないかを確認しておきましょう。

クレジットカードの番号や有効期限が間違っている

クレカの番号や有効期限が間違っている場合は、当然ながらクレカの登録ができないと思うので、もう一度しっかりと確認してみてください。

※クレカの登録の際にカメラ機能を利用すれば、誤入力を防止できるのでおすすめです。

セキュリティコードの入力が間違っている

クレカの裏面に記載された3桁(または4桁)の番号を今一度確認し、記入してください。

プリペイドカードや海外発行のクレジットカードである

クレカ以外のプリペイドカードや、海外で発行されたクレカなどは、PayPayに登録することができません。他の支払い方法を選択しましょう。

まとめ:PayPay(ペイペイ)に登録してお得に決済しよう!

以上がPayPayの登録方法でしたが、これからスマホ決済を利用していくのであれば、圧倒的なユーザー基盤と店舗基盤を持っているPayPayがおすすめです。

なお、今なら「PayPay残高・Yahoo! JAPANカード」のいずれかの方法で決済すれば、10%〜20%のポイント還元も得られるので、PayPayなら現金よりも便利かつお得に決済することが可能でしょう。

是非この機会に、PayPayを活用してみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー