PayPay(ペイペイ)の送金は手数料無料!その3つの方法とは?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、PayPayで使える送金機能について解説していきます。

「PayPayで送金機能が使えるって聞いたんだけど、具体的にどうすれば良いの…?」

といったあなたの悩みを解決していくので、是非参考にしてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

 

PayPay(ペイペイ)は手数料無料で送金が可能!

QRコードを使ってキャッシュレス決済が可能なスマホ決済アプリのPayPayですが、支払い以外にも友人間で送金ができることをご存知だったでしょうか?

PayPayなら“手数料無料”で友達とお金のやり取りができるので、今まで銀行口座を経由して行っていたお金のやり取りも、全てPayPayで代替えできてしまいます!

まだPayPayをインストールしていない人は、今すぐインストールして送金の設定をしてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)で送金する3つの方法

PayPayで送金を行うには、

  • QRコードを読み取って送金する
  • 電話番号・PayPay IDを使って送金する
  • 受け取りリンクを作成して送金する

といった3つの方法がありますが、ホーム画面から「送る」をタップした後、以下の赤枠内にある各項目をそれぞれ選択します。

QRコードを読み取って送金する

QRコードを読み取って送金する場合、送金画面から「友だちのQRコードを読み取る」をタップし、受け取る側の人にQRコードを表示してもらいます。

(受け取り側はホーム画面の「受け取る」をタップすればQRコードを表示できます。)

その後はQRコードを読み取って送金したい金額を入力し、支払い方法を選択後「次へ」をタップしましょう。

内容を確認後は以下の赤枠をタップし、送金を完了させてください。

電話番号・PayPay IDを使って送金する

次に電話番号やPayPay IDを使って送金する方法ですが、お金を送りたい側の電話番号、もしくはPayPay IDを使って送金します。

【PayPay IDとは】

PayPay IDとは、各PayPayアカウントごとに設定できる固有のIDのことであり、一度IDを設定すると変更や削除はできない。

その手順ですが、まず送金画面にある以下の赤枠からお金を送りたい人のPayPay IDか電話番号を入力し、「検索する」をタップして金額を入力しましょう。

次に内容を確認して以下の赤枠をタップしすれば、送金は完了します。

受け取りリンクを作成して送金する

次に、リンクを作成して送金する方法ですが、この方法はSNSやメールを使ってお金を送れるので、LINEなどでやり取りしながら送金したいという方におすすめです。

その方法ですが、まず送金画面から「受け取りリンクを作成する」をタップし、金額を入力して「次へ」をタップしましょう。

内容を確認後は以下の赤枠をタップし、その後に作成されるリンクを受け取り側に伝えれば送金完了です。

PayPay(ペイペイ)でさらに便利に送金する方法

PayPayでもっと便利にかつ安全に送金していきたいのであれば、「メッセージを追加する方法」と「パスコードを設定する方法」の両方を覚えておきましょう。

メッセージを追加して送金する

送金する際に表示される確認画面内で、「メッセージを追加する」をタップすればメッセージを入力できます。

内容を確認して以下の赤枠をタップすれば、メッセージ付きで送金ができるようになります。

パスコードを設定して送金する

「間違って別の人に送金してしまわないか心配だな…。」

そんな方は、送金の際にパスコードを設定しておくのが良いでしょう。

パスコードを設定しておけば、万が一別の人へ送金してしまったとしても、受け取り側が設定したパスワードを知らないとお金が受け取れないようになります。

その方法ですが、送金する際に表示される確認画面内で「パスコードを設定する」をタップし、パスコードを設定してください。

内容を確認して送信が完了した後は、受け取り側にパスコードによる認証が要求されるので、受け取り側に自分が設定したパスコードを伝えましょう。

PayPay(ペイペイ)で送金を受け取りする方法

次に、PayPayで送られてきたお金を受け取りする方法について見ていきましょう。

アプリに受け取り依頼の通知が来た場合

受け取りの通知からお金を受け取る方法ですが、まずはホーム画面にある「受け取り待ちリスト」をタップして、自身が受け取りたい項目を選びましょう。

そして、内容を確認して「受け取る」をタップすれば受け取り完了です。(パスコードが設定されている場合は、支払い側の人からパスコードを教えてもらってください。)

SNSやメールで受け取りリンクが届いた場合

次にSNSやメールによるリンクから送られてきたお金を受け取る方法ですが、まずは相手から送られてきたリンクをタップし、内容を確認して「受け取る」をタップしてください。

これで受け取りは完了です。(パスコードが設定されている場合は、支払い側の人からパスコードを教えてもらってください。)

QRコードを見せて受け取る場合

ホーム画面の上にある「受け取る」をタップすれば、自分のQRコードを表示させることができます。

これを支払い側に読み取ってもらって、お金を受け取りましょう。

その後は通知が届くので、ホーム画面に表示されている「受け取り待ちリスト」からお金を受け取りましょう。

PayPay(ペイペイ)の送金における上限は?

PayPay残高を送金する際の上限金額は以下の通りです。

過去24時間

  • 10万円

過去30日間

  • 50万円

このように、過去30日間の上限は50万円までとなっているので、ちょっとした友人間でのお金のやり取りであれば、 特に上限で困ることもないでしょう。

▶︎PayPayのチャージや支払いに関する上限の詳細はこちら!

PayPay(ペイペイ)で受け取った送金を現金化する方法

PayPayで受け取った残高は、本人確認を完了していれば、指定の銀行口座へと出金できるようになります。

残高を出金したい場合、以下の5ステップで完了させられます。

  • 1.PayPayのホーム画面から「残高」をタップ
  • 2.残高画面の「銀行口座に出金」をタップ
  • 3.希望の銀行口座を選択する(まだ本人確認が済んでいない場合、ここで本人確認が求められます。)
  • 4.出金したい金額を入力して「出金する」をタップ
  • 5.振り込み予定日を確認して完了

なお、出金の際は100円の手数料がかかりますが、ジャパンネット銀行を利用すれば振り込み手数料0円で出金可能です。

▶︎PayPay残高を出金する方法の詳細はこちら!

PayPay(ペイペイ)では割り勘機能もついている!

PayPayでは、友人や同僚とお金を割り勘できる「割り勘機能」も備わっています。

「飲み会のお金をみんな均等に割り勘して支払いたい…。」

こんな悩みを抱えていた方は、PayPayの割り勘機能を使うのがおすすめです。

PayPayの割り勘機能を使えば、幹事のお金の管理が楽になり、参加者は一円単位で均等に支払いできるといったメリットがあります。

▶︎PayPayの割り勘機能のメリットや使い方の詳細はこちら!

まとめ:PayPay(ペイペイ)を使って便利に送金していこう!

  • PayPayは手数料無料で送金が可能
  • PayPayの送金における上限は過去30日間で50万円まで
  • PayPayは割り勘機能もついており、残高を出金することも可能

以上がPayPayの送金についてでしたが、これまで銀行口座を使って振り込み手数料を支払いながらお金のやり取りをしていたような方は、今日からPayPayを使ったお金のやり取りを行ってみてください。

PayPayなら、手数料も無料でLINEのメッセージを使ってお金を送ることも可能です。

わざわざ手数料を支払って銀行経由でお金のやり取りをするくらいなら、どう考えてもPayPayを使った方が合理的でしょう。

是非この機会に、PayPayをインストールして使ってみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー